オーキド「そこに8人のヤリマン達がおるじゃろ?」サトシ「うん」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「そろそろ本気出す」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 22:42:59.16 ID:oPuLbI0m0

オーキド「ワシの最強セフレ達じゃよ」

サトシ「博士、俺にどの女をくれるんだ?」

オーキド「好きな女を選ぶといい」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 22:47:54.82 ID:oPuLbI0m0

オーキド「ん?可愛い子がいい?」

サトシ「当然の真理だろ」

オーキド「それは無理じゃ。お前にはタケシがお似合いじゃ。」

サトシはタケシを手に入れた

サトシ「えっ」

オーキド「これでお前はオカズに困ることはないのじゃぞ」

サトシ「ありがとう、博士」

オーキド「頑張ってお前好みに調教するのじゃ」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 22:51:01.34 ID:oPuLbI0m0

タケシ「ご主人様」

サトシ「ははっ、サトシでいいよ」

タケシ「サトシ様。何なりとお申し付けください。」

サトシ「まだレベル1か…」

タケシ レベル1

・乳首責め
・アナル舐め

サトシ「この2つしか技を持ってないんだよなぁ」

タケシ「サトシ様が育ててくれれば、レベルは上がります」

サトシ「よし!タケシ、俺が調教してやるよ!」

タケシ「///」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 22:56:45.88 ID:oPuLbI0m0

サトシ「さてと…ポケモンセンターにきてみたけど」

タケシ「…」

サトシ「ここで、調教を始めるぞ」

トゥルントゥルントゥルン

タケシ「ポケモンが現れました」

サトシ「ここポケモンセンターだぞ!?」

スイクン「……」

サトシ「しかも、伝説のポケモン…」

タケシ「サトシ様。どうしますか?」

サトシ「仕方ない……スイクンに乳首責めだ!」

タケシ「かしこまりました」

タケシはスイクンに乳首責めをした

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:05:36.72 ID:oPuLbI0m0

スイクン「ひゃん…」

スイクンはビクビクしている

タケシ「ぺろぺろぺろ!!」

スイクン「いやっ……やめてっ…!」

タケシ「身体は正直だな?」

スイクン「ビクンッビクッ…」

サトシ「よし、モンスターボール!」

サトシはスイクンへ向けてモンスターボールを投げた

スイクン「しまった…」

ポンポンポーン

サトシは見事にスイクンを捕まえることができた

サトシ「スイクン、ゲットだぜ!」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:09:00.24 ID:oPuLbI0m0

スイクン レベル82

・ソーラー肛門責め
・松葉崩し
・スカトロ
・乳首責め

サトシ「さ、さすが伝説のポケモン……技がえぐすぎる…」

タケシ「レベルが上がりました」

タケシ…レベル1→レベル8

タケシは「肛門舐め」を覚えた

サトシ「この調子でタケシのレベルを上げていくぜ!」

タケシ「にっこり」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:12:42.40 ID:oPuLbI0m0

ピカチュウ「サトシ…」

サトシ「えっと…どちら様ですか?」

ピカチュウ「ピカピカッ!!」

サトシ「何だコイツ………」

タケシ「仲間にしてみては、どうでしょうか?」

スイクン「この子も使えるかもしれないわ」

サトシ「なるほど…お前何レベルだ?」

ピカチュウ「10」

サトシ(タケシとあんまり変わんねーな……)

タケシ「どうしますか?」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:16:29.15 ID:oPuLbI0m0

サトシ「じゃあ、仲間にする」

ピカチュウが仲間に加わった

ピカチュウ「ピカピカ」

ピカチュウ レベル10

・乳首摘み
・10万電マ
・5万電マ
・1万電マ

サトシ「電マのオンパレードかよ」

ピカチュウ「調教屋に預けられたら、こんな技しか…」

サトシ「調教屋?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:21:35.50 ID:oPuLbI0m0

ピカチュウ「ポケモンを調教してくれるところだよ」

サトシ「へぇ…そりゃ便利だな」

タケシ「これから、仲間が増えればサトシ様の手がかかります」

スイクン「多くなれば調教屋に預ければいいってことね」

サトシ「調教屋は今度行ってみるか…」

タケシ「これから、どちらへ向かいますか?」

サトシ「うーん…もっと強いポケモンが欲しいな」

タケシ「それならば良い方法があります」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:28:08.96 ID:oPuLbI0m0

―137,5番どうろ―

短パン小僧「いやっ…んんっ!」

ぬぎぬぎ

サトシ「全裸に出来たか?」

タケシ「はい、性器が非常に固くなっています」

サトシ「その報告はいいから」

スイクン「これでモンスターボールを奪っていく訳ね」

サトシ「確かにポケモンを集めるには、効率がいいかもしれない」

短パン小僧「やめろ…やめろって!!」

ピカチュウ「関節外しとくか?」

スイクン「それは可哀想よ」

サトシ「お前の持ってるポケモン出せ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:33:58.35 ID:oPuLbI0m0

短パン小僧「俺のポケモンは絶対に渡さないぞ!」

スイクン「全裸で言われても迫力ないわよ」

サトシ「まぁ、大したポケモンは持ってないだろ」

ピカチュウ「ピカッ♪」

タケシ「モンスターボールが2つだけ虫取り箱の中に入ってました」

サトシ「ちょっくら、観賞させてもらおうか」

短パン小僧「やめろ!!」

ポーン

ブシャァァッ

コクーン レベル5

・ディープキス

サトシ「プッ…やっぱりこんな雑魚ポケモンしかいないな」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:40:11.36 ID:oPuLbI0m0

タケシ「もう1つ残ってます」

サトシ「どうせ、雑魚ポケモンだろ」

ポーン

プシャァァァ

ルギア レベル50

・アナルブラスト
・でんこうフェラせっか
・たいあたり
・かぜおこし
・ふきとばし

サトシ「る、ルギアかよ……」

ピカチュウ「かなり強い技を持ってるな」

タケシ「このポケモンこそ、究極の伝説ポケモンです」

サトシ「よーし!ルギアパクるぜ!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:44:10.00 ID:oPuLbI0m0

短パン小僧「ヒック…ヒック…」

スイクン「男のくせに情けないわね」

ピカチュウ「人生色々あるって!」

サトシ「へへっ、ルギアゲットだぜ」

スイクン「あと1匹ぐらいは欲しいわね」

サトシ「だよな〜どこかにポケモン落ちてないかなぁ」

???「サートシくん」

サトシ「お前は!?」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:48:55.67 ID:oPuLbI0m0

シゲル「サトシ、久し振りだな」

サトシ「シゲルはん……」

タケシ「この方はサトシ様のライバルだと勝手に思い込んでる人です」

スイクン「変な奴ね」

シゲル「黙れ!!」

サトシ「で、俺に何の用だよ?」

シゲル「君に、ぼくのポケモンを自慢しにきたんだ」

サトシ「嫌なやつだな……」

シゲル「やっと3匹のポケモンを集めることが出来たよ」

サトシ「見せてみろ」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:54:56.45 ID:oPuLbI0m0

シゲル「出て来い!」

プシャァァァァ!

ポッポレベル79 イワークレベル67 オーキド博士レベル19

シゲル「どうだ、これが僕の最強パーティだ」

サトシ「おい・・・1人変なの混じってるよ」

オーキド「ワシに変なのとは何じゃサトシ」

シゲル「おじい様は移動が大変だから、モンスターボールに入れて持ち運んでるんだ」

サトシ「モンスターボール便利だな」

オーキド「貴様等愚民トレーナーの様子を見にきてやったのじゃ」

シゲル「僕の方が強いですよね!?」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/19(土) 23:59:03.78 ID:oPuLbI0m0

サトシ「いや、俺の方が強いに決まってる!」

オーキド「それは今から対決して決めるのじゃぞ」

シゲル「ふふっ…面白い、どっちが上か決着つけようじゃないか」

サトシ「望む所だ…」メラメラ

シゲル「フィールドは?」

オーキド「ポケモンセンターじゃ」

―ポケモンセンター―

サトシ「やっと、この時がきたな」

シゲル「僕も待ち遠しかったよ…」

オーキド「これより…サトシVSシゲルを行う!始めェッァ!!!」

オーキドは太鼓を手でぶっ叩いた

ドンッ!という音が合図となり、両者最初のポケモンを出す

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:03:57.47 ID:N38erfif0

サトシ「俺の愛すべきポケモンよ…出て来い!!」

プシャァァァァ!!

ピカチュウ「いっちょ派手に暴れるか」

シゲル「奴に絶望を見せてやれ…出て来い!!」

プシャァァァァ!!

ポッポ「ポッポォ」

シゲル「いけ!ポッポ…したでなめる!」

サトシ「なにぃっ?」

ぺろぺろ

ピカチュウ「ひゃんっ…あぁっん……!」

サトシ「しまった!ピカチュウは乳首責めが弱点だったんだ!」

タケシ(自分のポケモンの弱点ぐらい把握しとけよ)

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:07:06.27 ID:N38erfif0

ピカチュウ「ヒッ…イクッ……」

サトシ「我慢しろピカチュウ!イッたら戦闘不能になるぞ!」

シゲル「ポッポ、しばらく舐め続けていろ」

ポッポ「ポォッ」

ぺろぺろ

ピカチュウ「ビクンッビクッ…」

オーキド(ムラムラ)

サトシ「クッ、このままじゃやられる…!!」

シゲル「さぁ…どうするサトシ!」

サトシ「ピカチュウ…!!10万電マだ!」

ピカチュウ「ピィカァァァ…チュゥゥゥゥ!!!!」

ビリビリビリッ!!!!!



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:12:19.10 ID:N38erfif0

シーーン

ポッポ「…ん?」

サトシ「バカな……まるで感じてない!?」

シゲル「サトシ、10万電マはメスのポケモンにしか通用しない!」

オーキド「このポッポはオスじゃ」

サトシ「クソッ…!!」

シゲル「トドメだ!ロケットずつきィァ!!!!」

ポッポ「ポォォォォォォ!!!!」

ドスーーーーーンッ!!

ピカチュウは吹っ飛ばされ、1回転した

ピカチュウ(イッちまえよ……俺…)

1回転の動作をしている間に、射精に至ってしまったピカチュウ

オーキド「ピカチュウ戦闘不能!」

サトシ「ウあああああああああああ!!!!」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:16:35.58 ID:N38erfif0

―ガンテツの家―

サトシ「…ここは」

タケシ「サトシ様の目の前が真っ白になられたので」

スイクン「自動的にガンテツの家に送られたのよ」

サトシ「ポケモンセンターじゃないのかよ…」

ルギア「貴様が負けたせいで、ピカチュウはシゲルの性奴隷となった」

サトシ「えっ!?」

スイクン「あれはオーキドの仕組んだ、闇のポケモンバトルだったのよ」

タケシ「負けたらポケモンを1匹失う…そんなバトルです」

サトシ「そんな……俺の大好きなピカチュウが…」

ガンテツ「目が覚めたか、ひよっ子共め」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:24:02.14 ID:N38erfif0

サトシ「あんたは…」

ガンテツ「人はガンテツと呼ぶ」

スイクン「ガンテツって、ホントにあのガンテツなの!?」

タケシ「嘘はついていないようです」

サトシ「そんなにすごい人なのか?」

ルギア「ガンテツは、かつてポケモンマスターであった」

サトシ「え」

スイクン「それに…どんぐりからオナホールを作ったのもガンテツよ」

サトシ「どんぐりからって無理だろ」

ガンテツ「それは昔のことだ。今はただのオナホール職人に成り下がった。」

ルギア「まさか、ガンテツをこの目で拝むことが出来るとはな」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:31:20.48 ID:N38erfif0

ガンテツ「お前はクズだ」

サトシ「…」

ガンテツ「大事なポケモンをとられて、よくそんな顔をしていられるな」

サトシ「取り返したいよ」

ガンテツ「気に入った、ワシも協力してやろう」

ルギア(はやっ)

ガンテツ「ワシが作れるのはオナホールだけではない」

スイクン「!?」

ルギア「そういえば聞いたことがある…」

ルギア「人間をポケモンに進化させることの出来る職人がいると…」

タケシ「それが、ガンテツ様という訳ですね」

ガンテツ「だが…失敗すればその人間が死んでしまう」

サトシ「!?」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:37:06.35 ID:N38erfif0

ガンテツ「お前が望む最強のポケモンに進化させてやろう」

サトシ「俺はミュウツーが欲しい!頼む!」

ガンテツ「ならば、人間を差し出せ」

サトシ「タケシ!君に決めた!」

スイクン「ひどいわ!仲間を売るなんて!」

ルギア「タケシなら失敗してもいいではないか」

サトシ「頼む、お前しかいないんだ」

タケシ「分かりました。」

ガンテツ「こいつでいいんだな?」

サトシ「ああ、頼んだぜ!」

タケシ「皆様と過ごせた短い時間、とても楽しかったです」

タケシ「旅を通じて…色んなポケモンと触れ合え」

タケシ「そして、多くのことを学ばせてもらいました」

タケシ「そんな私はとっても幸せ者です」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:41:30.35 ID:N38erfif0

―3年後―

サトシ「やっと、ガンテツから連絡が入ったよ」

ルギア「空白の3年間だったな」

スイクン「ちょっと背が伸びたんじゃない?」

サトシ「それより…タケシがミュウツーに進化したか楽しみだぜ」

ルギア「さぁ、乗れサトシ」

サトシ「ガンテツの家まで向かってくれ!」

バサッバサッ!!



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:47:17.11 ID:N38erfif0

バサッ

ルギア「到着」

サトシ「ご苦労だった」

ガンテツ「おぉ、来たか」

スイクン「タケシ…じゃなくてミュウツーはどこよ?」

ガンテツ「このモンスターボールの中に入っている」

スッ

サトシ「へへっ、その様子だと成功したみたいだな」

ガンテツ「…にっこり」

ガンテツは何も言わず、その場から立ち去った

サトシ「さぁて、早速出て来い!!ミュウツー!!」

プシャァァァァッ

カスミ「ん……」

サトシ「何か可愛い女の子になってるぞ!?」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:52:41.97 ID:N38erfif0

ガンテツは人間からポケモンに進化させるなどと嘘をつき

タケシの性別を女に変えてしまったのだ

問い詰めようと思ったが、既にガンテツは逃亡していた

俺は大切な仲間…タケシを失った

仲間は、簡単に売っちゃいけない

もしかしたら…タケシは既にあの時、気付いていたのかもしれない

自分が女の子にされることを

その日以来、俺は真面目に一般企業に就職した

END



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 00:56:50.97 ID:N38erfif0

ポケモンやったことない俺に続きは無理だ

すまない
支援アリガトウ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「約束、ですか……」