長門「就職が決まらない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみん達とシェルターに隠れてる間に人類が滅亡してた

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 07:34:41.53 ID:hKHggWCB0

駅前

キョン「ん? あれ、アレはもしかして長門じゃないか」

キョン「おーい、長門」

長門「……奇遇」

キョン「ああ、全くだ。ここんとこお互い連絡も取ってなかったしな」

キョン「どうした、スーツなんか着て、就活か?」

長門「……」コクリ

キョン「そうかー、お前も無い内定ってやつか。もう11月だし大変だな」

長門「…あなたは」

キョン「おれはまぁ、院に行くことにしたからもうちょい先かな」

長門「……そう」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 07:39:29.09 ID:hKHggWCB0

スタバ

キョン「で、最近どうなんだ、楽しくやってるか?」

長門「わからない、健康ではある」

キョン「なによりだ。就活に関しては、情報統合ウンタラは、アドバイスしてくれないのか?」

長門「……その話はもうやめて欲しい」

キョン「ハハ、すまん、ちょっと意地悪だったか」

長門「今の私はただのSF好きの大学生」

キョン「そうだったな。そう言えばお前が前言ってた映画見たぜ」

長門「どれ」

キョン「えーと、リベリオンじゃなくて……そう、ブレードランナー!」

長門「そう」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 07:46:13.82 ID:hKHggWCB0

長門「面白かった」

キョン「なんというか……よく分からなかったが、とにかく街がすごかったな、スターウォーズみたいで」

長門「……スターウォーズとはちがう」

キョン「そ、そうか、すまん」

長門「謝らないでほしい」

長門「……映画なら見てくれるの」

キョン「そうだな、少なくとも小説よりは、な」

長門「……ハイペリオン」

キョン「すまん」

長門「じゃあ次はエイリアンを見るといい」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 07:51:44.26 ID:hKHggWCB0

キョン「エイリアン? あのグチョグチョした気持ち悪いやつ?」

長門「一作目は言うほどグチョグチョしていない」

キョン「そうなのか。金曜ロードショーかなにかでチラチラとは見たことあるんだが、面白いのか?」

長門「……ユニーク。造形が」

キョン「造形……?」

長門「ブレードランナーと同じ監督」

キョン「へぇ……実はブレードランナーちょっと寝ちゃったんだが」

長門「……」

キョン「怒るなって」

長門「怒っていない。感性の違い」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 07:56:39.29 ID:hKHggWCB0

キョン「そもそもどうして俺に映画を見て欲しいんだ?」

長門「……私は話すのが苦手」

キョン「知ってるが」

長門「作品はコミュニケーションを仲介してくれる。私はあなたと楽しく話がしたい」

キョン「……まぁ、何となく分かる」

長門「私は話すのが苦手」

長門「あなたが私を宇宙人だと本当に信じこむくらいには」

キョン「今のはジョークだな?」

長門「わかってくれるのはあなたくらい」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:03:51.10 ID:hKHggWCB0

長門「あの頃の私は自分が対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドだと完全に信じていた」

長門「今でも半分はそう思っている」

キョン「さっきその話はよせって……」

長門「もう半分はそうじゃないと思っている」

キョン「お、おう、すまん」

長門「他の人がどうしてあんなに簡単に笑ったりできるのか分からない」

長門「でもそうしないと試験官には好意も意思も伝わらない」

長門「私は対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドとしても不良品かもしれない」

キョン「今のはジョークか?」

長門「半々」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:14:44.81 ID:hKHggWCB0

長門「4年前」

キョン「ん」

長門「あなたに告白してふられた時も、いろいろ考えた」

キョン「あー、うん」

長門「私の苦手なことのせいなのか、涼宮ハルヒの存在のせいなのか」

長門「もっと他の理由があるのか」

キョン「……」

長門「この話はやめる」

長門「涼宮ハルヒは、元気」

キョン「……アイツは死んだよ」

長門「………………………………そう」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:19:24.01 ID:hKHggWCB0

長門「どうして教えてくれなかったの」

キョン「死んだのは去年の冬だけど、タイミングを逃した」

キョン「言いづらくてさ」

長門「………少し恨む」

長門「事故、とか」

キョン「いや、心臓発作だそうだ。全くアイツは最後まで意味が分からん」

キョン「嵐のような奴だったよ、ホント」

長門「その嵐のような奴にあなたはベタ惚れだった」

キョン「違うぞ、断じて違う!」

キョン「大体アイツの方から付き合えって無理やり言い出したんだ」

長門「甲斐性なし」

キョン「ほっとけ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:25:49.25 ID:hKHggWCB0

長門「実感がわかない」

長門「涼宮ハルヒは恨んでいる」

長門「でも感謝もしている」

長門「高校時代は彼女のお陰で楽しかった」

キョン「まぁ仕方ないことだな。いきなり死んだって言われてもな」

長門「それに私は今でもあなたに好意を持っている」

キョン「………」

長門「どうしていいか分からない」

キョン「……さぁてね、俺にも分からん」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:34:25.39 ID:hKHggWCB0

長門「他の二人は」

長門「生きてるの」

キョン「ああ、それは大丈夫だ。古泉のやつはさっさと大手企業に内定取ったって連絡がきたし」

キョン「朝比奈さんが銀行の受付嬢をやってるのはお前も知ってるだろ」

長門「そう」

キョン「みんなバラバラだな。アイツがいなくなったせいかな」

長門「……」

長門「………私は」

長門「………」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:39:19.08 ID:hKHggWCB0

キョン「出るか」

長門「」コクリ


キョン「大分寒くなってきたな」

長門「」コクリ

キョン「スーツ薄そうだけど平気か」

長門「平気」

キョン「そうか」

長門「……」

キョン「……」

長門「私はまだあなたの側にいたい」

キョン「………」

長門「…私は嫌な女」

キョン「……んなこたない」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:54:13.29 ID:hKHggWCB0

長門「……今日、あなたの家」

キョン「こっから二駅ほどで下宿中だが、来るか?」

長門「」コクリ

キョン「よし、じゃあ酒を買って鍋でもやろう」

長門「豆乳鍋」

キョン「豆乳だな。酒は何がいい」

長門「梅酒」

キョン「決まりだな、スーパー寄ってこう」

長門「……ありがとう」

キョン「なに、長い付き合いだ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 08:57:08.02 ID:hKHggWCB0

夜まで残ってたら続き書くわ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「安価で事件解決する」