キョン「ハルヒって願望を実現出来るんだよな?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:竜宮レナの溜息

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 21:14:17.77 ID:tdAD78yxO

古泉「はい。神にも匹敵、いや神そのも」

キョン「じゃあ今日はハルヒが部室入ってきた瞬間にビンタする」

古泉「・・・はい?」

キョン「早くこねーかなハルヒ」

古泉「あの、今なんておっしゃいました?」

キョン「ハルヒ早くこねーかなって」

古泉「その前です」

キョン「ハルヒにビンタする」

古泉「その前は?」

キョン「ハルヒって願望を実現出来るんだよな」

古泉「文章としておかしいと思いませんか?なぜ涼宮さんがそういった力を持っt」

ガチャッ

ハルヒ「おーはー!れいもんd」

キョン「おらぁっ!」ビシュッ
古泉「ふもっふ!!」ガシッ
キョン「なにしやがる古泉!放せ!」
古泉「涼宮さん逃げてーーーーー!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 21:29:17.25 ID:tdAD78yxO

ハルヒ「・・・なにこれ・・・」

キョン「うぬぁー!!放しやがれーーー!!!」ドカドカ
古泉「な、なんてパワーだ!!なにしてるんです涼宮さん!!逃げて下さい!!!」

ハルヒ「えっ・・・なん・・・」

キョン「逃がすかりゃあっちゃああああ!!!」
古泉「誰か男の人呼んでーーーー!!」

ハルヒ「い・・・いやああああああああああああああああ!!」ダダダダッ

キョン「なんで邪魔するんだ古泉」

古泉「はぁ・・・はぁ・・・当たり前でしょう・・・そしてなに急に冷めてるんですか」

キョン「対象が逃げたからな」

古泉「対象って、怖い言い方しないで下さい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 21:39:23.01 ID:tdAD78yxO

古泉「突然なんなんですほんとに・・・次やったらスピニングトゥホールドしますよ」

キョン「違うんだ」

古泉「違う?」

キョン「ハルヒの願望は実現するんだろ」

古泉「えぇ」

キョン「だからな?俺がハルヒにビンタしたいと思うのはハルヒが願ったからなんだよ」

古泉「なるほど・・・ってそんなこと」

カチャッ

ハルヒ「・・・」ソォーッ…

キョン「来やがったなこの野郎!!」クワッ
古泉「やめてくださ・・・やめろ!!」ガッ

ハルヒ「ひぃっ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 21:43:25.67 ID:tdAD78yxO

ハルヒ「あわわわ・・・」

キョン「くぬっ!くぬっ!放しやがれ!!」
古泉「どうして戻ってきたんですか涼宮さん!!」

ハルヒ「だ、だって見間違いだろうと思って」

キョン「すきありっ!!」ビシュッ
古泉「させない!!」スパァン!

キョン「べぼっ!」ズサー
古泉「BOOOOOY!!!」グルングルン

キョン「ほぎゃあああああ!!!」

ハルヒ「きゃあああああああああああああああああああ!!!」ダダダダッ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 21:53:58.55 ID:tdAD78yxO

キョン「いてえ・・・確実に折れたこれ・・・」

古泉「折れてませんよ」

キョン「だってこんなに曲がるんだぜ・・・」クイッ

古泉「それは膝だからです」

キョン「まじか・・・よかった折れてなくて」

古泉「回転をおさえましたからね。しかしなぜそこまで涼宮さんを攻撃しようとするんです?」

キョン「ビンタをするのに理由がいるのか?」

古泉「かっこよくありませんから」

キョン「さっきも言っただろ?ハルヒの願望だって」

古泉「そんなわけ」

キョン「ないって言いきれるのか?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 22:02:40.54 ID:tdAD78yxO

古泉「それは・・・」

キョン「これはな、挑戦なんだよ」

古泉「挑戦ですか?」

キョン「あぁ・・・ハルヒの願望が叶っちまう世界、つまりハルヒが好き勝手出来る世界でお前はいいのか?」

古泉「・・・」

キョン「俺は嫌だよ。嫌だ。だから、誰かが証明しなくちゃならないんだよ」

キョン「誰かが、やらなくちゃいけないんだ。ハルヒの嫌がることをして、それが出来るって証明しなくちゃいけないんだ」

キョン「俺だってハルヒを殴りたくなんかない。でもな、もし俺がハルヒを殴れたとしたら・・・どうだ?」

キョン「それは、ハルヒの呪縛から逃れることが出来たと言えるんじゃないか?」

古泉「・・・」

キョン「実際、さっきハルヒは俺に殴られたくないと願った。だからお前という邪魔が入り、それが実現された」

古泉「まさか・・・っ!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 23:50:52.24 ID:tdAD78yxO

キョン「つまり、俺がハルヒを殴る=ハルヒの力を破ることが出来る、という証明になるわけだ」

古泉「僕は・・・僕はどうしたら・・・?」

キョン「もちろん全力で阻止してくれ。じゃないと意味がないからな」

古泉「しかし、それではあなたの膝が」

キョン「古泉!!」

古泉「は、はいっ!」

キョン「俺達は・・・仲間だろ?」

古泉「・・・・・・んふっ」

カチャッ……

ハルヒ「・・・?」ソロソロ

キョン「チェストォォォォォォォォォォォォォォ!!」ブワッ
古泉「地獄の凱旋門!!」ドグシャッ!

キョン「ほぎゃあああああああああああああああああああああああ!!!」

ハルヒ「にゃあああああああああああああああああああああ!!!」ダダダダッ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:04:32.64 ID:ua9Z4pXKO

キョン「いたい・・・肩が上がらなくなった・・・」クイッ

古泉「十分上がっていますよ」

キョン「いや・・・前は持っとこうガッといったのに・・・」

古泉「今も十分ガッといってますよ」

キョン「そうか・・・じゃあ大丈夫だ。しかしな、本気でこいとは言ったがやり過ぎじゃないか」

古泉「これもまた試練です」

キョン「試練かもしれん、な・・・」

古泉「・・・」

ガチャッ

「ほ、本当なんですか?」

「本当なの!だからほら、えいっ」ドンッ

みくる「きゃあっ!」ズテン

キョン「こんにちは朝比奈さん」

古泉「大丈夫ですか?」スッ

みくる「あ、あれ?普通・・・」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:12:29.97 ID:ua9Z4pXKO

キョン「どうしたんですか?」

みくる「え?あの・・・涼宮さぁん!」タタタッ

「あれ?涼宮さぁん?」

「こっちよみくるちゃん」

「あっ・・・キョンくんも古泉くんも普通でしたよ?」

「ほんとに?」

「はい、ほんとにです」

「さっきのはやっぱり夢だったのかな・・・」

「なにがあったんですか?」

「キョンが・・・ううん、なんでもない!さあ早く団活始めましょっ!」

ガチャッ

ハルヒ「おっはy」

キョン「岩山両斬破!!」シュバッ
古泉「肉のカーテン!!」ガシッ

ハルヒ「・・・ぁ・・・ぁゎ・・・」

みくる「なにやってるんですか涼宮さ・・・」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:19:00.06 ID:ua9Z4pXKO

キョン「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴ古泉「無駄無駄無駄無駄無駄無早く逃げて下さい涼宮さん駄ァ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

ハルヒ「ひ・・・ひぃ・・・」ガクガク

古泉「なにやってるんです早く!!」

キョン「ちょらっ!!」バキッ

古泉「べはぁっ!!」ドヌッ

みくる「こ、古泉くーーーん!!」

キョン「・・・やっと邪魔がいなくなったぜ・・・」

ハルヒ「あわわわわ・・・」ガクガク

キョン「さあいくぜハルヒ・・・覚悟はいいか?」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:26:41.48 ID:ua9Z4pXKO

古泉「に、逃げ・・・逃げて・・・」

ハルヒ「はわわわわ」

キョン「くらえ・・・アバンストラッシュビーンt」

ハルヒ「やあああああああああ」

みくる「と、時よ止まれ!!」

ドォーーーーーーーン

みくる「なんだかよくわからないけど涼宮さんを助けないと!」

みくる「よいしょ、よいしょ」ズルズル

ハルヒ「‐‐‐‐‐‐」ズルズル

みくる「ふぅ、ふぅ」ズルズル

ハルヒ「‐‐‐‐‐‐」ズルズル

みくる「よいしょ、あっ」ツルッ

ハルヒ「‐‐‐‐‐‐」ゴチン

みくる「あぁっ!は、歯が・・・ま、まあ一本くらいなら」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:32:04.12 ID:ua9Z4pXKO

みくる「よいしょ、よいしょ」ズルズル


みくる「ふぅ・・・そして時は動き出す」


キョン「タッ!」スカッ

キョン「なにっ!?」

古泉「どうやらまた涼宮さんの勝ちのようですね」

キョン「くっ・・・確実に殺ったと思ったのに」

古泉「やはり涼宮さんの願望・・・や、殺った?」

キョン「ん?」

古泉「いま殺ったって言いましたよね?」

キョン「ビンタをやった、って意味だぞ」

古泉「・・・絶対嘘だ」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:35:57.08 ID:ua9Z4pXKO



ハルヒ「ああああああ・・・あれ?」

みくる「どうしたんですかぁ?」

ハルヒ「い、いまあたし部室にいたはずよね!?」

みくる「え?ここでわたしとおしゃべりしてましたよぉ?」

ハルヒ「へぇあっ?そうだっけ?」

みくる「そうですよ」

ハルヒ「そっか・・・ん?」モゴモゴ

ハルヒ「・・・なんか痛い」モゴモゴ

みくる「き、気のせいですよ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:42:37.17 ID:ua9Z4pXKO

古泉「いたた・・・しかしちょっとやりすぎましたね」

キョン「お前のパンチも中々効いたぜ。首が360度くらい回った気がするもの」

古泉「360度なら一回転して問題ないですよ」

キョン「おぉ、確かに」

古泉「今日はもう休戦にしませんか?続きは明日ということで」

キョン「そうだな・・・そうするか」

ガチャッ

みくる「あ、あのぉ・・・」

キョン「どうしたんです?朝比奈さん」

古泉「どうやったかは聞きませんが、先程は涼宮さんを助けて頂いてありがとうございます」

みくる「いえ、そんな・・・あ、あのね」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:46:21.79 ID:ua9Z4pXKO

キョン「そういやハルヒはどうしたんですか?」

みくる「それが・・・」





キョン「ハルヒの」

古泉「歯を折った!?」

みくる「さっき助けた時に手が滑っちゃって、もちろんわざとじゃないですよ!?それで涼宮さんは病院に」

キョン「朝比奈さんあなたって人は・・・」

みくる「うぅごめんなさいごめんなさい」

キョン「・・・なんてすごい人なんだ!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:53:04.40 ID:ua9Z4pXKO

みくる「へっ?」

キョン「すごい・・・まさかそんな簡単にやってのけるなんて・・・」

古泉「いやはや・・・完敗です」

みくる「えっ?えっ?」

キョン「流石未来人!胴上げだ古泉!」

古泉「はいっ!さあ朝比奈さん!」グイッ

みくる「なっ、なにす、えぁっ!」

キョン「わーっしょい!わーっしょい!」ヒョイッ

古泉「わーっしょい!わーっしょい!」ヒョイッ

みくる「きゃあああああああああああああああああ!!」

キョン「わーっしょい!わしょしょい!」ヒョイッ

古泉「わーっしょい!わーっしょい!」ヒョイッ


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 00:56:20.92 ID:ua9Z4pXKO

みくる「おろしてくださあああああああああああい!!」

キョン「わーっしょい!ハルヒの奴ざまあないぜ!俺のアイス食った報いだ!」ヒョイッ

古泉「・・・なに?」

みくる「かぺっ!!」ゴキッ

みくる「かひっ・・・ひっ・・・」ビクッ……ビクッ……

古泉「今なんと・・・?」

キョン「俺のアイス食った報いだって」

古泉「・・・あなたは、自由の証明の為に戦っていたのではないんですか?」

キョン「あっやべっ」

みくる「・・・・・・ひっ・・・・・・ひっ・・・」ピクッピクッ

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 01:04:53.92 ID:ua9Z4pXKO

キョン「それはまあ、そうなんだけどさ」

古泉「まっすぐ目を見て言って下さい」

キョン「ほら、あれだよ言葉のあやってやつ?」

古泉「・・・・・・」

キョン「お、おいおいなにマジんなってんだYOいっちゃん。俺達ダチ公だろ?」

古泉「・・・粛正します」ザッザッ

キョン「じょ、冗談よしてくれYO!な?」

古泉「・・・」ザッザッ

キョン「ちぃっ!それ以上こっちに来るんじゃねえええ!!こいつがどうなってもいいのか!」ガシッ

みくる「‐‐‐‐‐‐」ブクブク

古泉「構いませんよ」ザッザッザッザッ

キョン「な、なんて非情なやつだ!男の風上にもおけねえ!」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 01:11:09.52 ID:ua9Z4pXKO

古泉「あなただけには言われたくありませんね」

キョン「こうなったら・・・長門ぉー!長門きてー!!」

古泉「なっ」

長門「来た」

キョン「古泉が俺を殺そうとするよー!助けてながえもーん!」

長門「わかった」

古泉「こ、この卑怯者!!あなたにはプライドってものが」

長門「えい」ペシッ

古泉「ぎゃああああああああああああああああああああああ!!!」ズドォォォォン!

キラッ☆


キョン「なんで吹っ飛ばされた敵って光るんだろうな」

長門「空気との摩擦で燃え尽きるから」

キョン「こわっ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 01:15:05.07 ID:ua9Z4pXKO

次の日


キョン「ようハルヒ、マスクなんかしてどうしたんだ?」

ハルヒ「うるさい!」

キョン「俺のアイス勝手に食ったからバチがあたったんじゃないか?」ニヤニヤ

ハルヒ「ばっかじゃないの!?バカ!!バカったらバカ!!」

キョン「そ、そんなに馬鹿馬鹿言うなよ・・・凹むだろ・・・」


放課後


キョン「あれ?今日は長門だけか」

長門「そう」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 01:18:55.09 ID:ua9Z4pXKO

キョン「古泉はともかく朝比奈さんは?」

長門「入院」

キョン「なんでまた」

長門「高いところから落ちたらしい」

キョン「それはお気の毒に・・・まああの人ドジだからな」



キョン「ハルヒも来ないのか」

長門「・・・」ペラッ

キョン「ちょっと言いすぎたかもしれんなー・・・あれ?そもそもなんでアイス食われたくらいであんなに頭に来たんだ?」

長門「・・・」ペラッ

キョン「まあいっか・・・」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 01:20:43.36 ID:ua9Z4pXKO



キョン「朝比奈さんも古泉もハルヒもいないと静かだなー・・・」

長門「・・・そう」ペラッ

キョン「暇だしな・・・長門はどうだ?楽しいか?」




長門「・・・わたしはこれでいい」


終わり

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/14(月) 01:23:06.66 ID:ua9Z4pXKO

いつもその場のノリだけでやるからわけわからんことになるな。じゃあの。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」