まる子「『まる子、安価で行動する』の巻」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「猫拾った」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:13:01.81 ID:r9rEKWEy0

まる子「おはよう、お母さん」

すみれ(母)「おはようじゃないわよ。さっさと朝ごはん食べて学校行きなさい」

すみれ「学校に遅刻しても知らないわよ」

まる子「はいはい」

まる子「じゃあ、とりあえず>>5しよっかな」

5 名前: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 【東北電 73.9 %】 [] 投稿日:2011/11/08(火) 00:15:59.05 ID:ubL3+xya0

水曜どうでしょうを見る

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:20:41.51 ID:r9rEKWEy0

まる子「さてと水曜どうでしょうでも見ようかねー」

すみれ「おばかっ! こんな時間にやってるわけないでしょ!」

すみれ「そもそものんきにテレビ見てる時間なんてないのに、なに言ってるんだろうねこの子は」

すみれ「どうやら、まだ寝ぼけてるようだね。どうやら完全に目を覚ますまで引っぱたいた方がいいようだね!」

まる子「ヒェー、ごめんなさぁーい……! すぐに朝ごはん食べて行くよ〜」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:25:38.33 ID:r9rEKWEy0

まる子「ごちそうさま」

すみれ「ほら、急ぎなさい」

友蔵「おい、まる子や」

まる子「なに、おじいちゃん。用事なら学校帰ってからにしてよ」

友蔵「玄関にお友達が来ておるぞ。一緒に学校へ行きたいんじゃと」

まる子「え、ほんと? 誰?」

友蔵「えーっと、確か>>16じゃ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/11/08(火) 00:27:25.01 ID:cXtjYniu0

阿部高和
無効なら下

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:27:34.74 ID:1piUdsJb0

インチキおじさん

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:33:14.79 ID:r9rEKWEy0

まる子「インチキおじさんっておじいちゃん……」

まる子「あたしの友達にそんな胡散臭いおじさんいないよ」

友蔵「え、本当かい!? でも確かインチキおじさんじゃと」

まる子「いいよ、直接あってくるから」

タッタッタ

インチキおじさん「やぁー、まるちゃん。インチキおじさんだよ!」

まる子「うそっ。ほ、本当にインチキおじさんだったよ。おなべの中から出てきちゃったのかね……!」

キートン:何を言うか

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:36:01.02 ID:r9rEKWEy0

インチキおじさん「というのはほんの冗談」

みまつや「インチキおじさんの正体は私だよ、じゃーん」

まる子「ゲッ、みまつやのおやじ……」

みまつや「あっはっは、驚いたかい」

まる子「なんで、みまつやさんがあたしと一緒に学校に行くの?」

みまつや「まぁまぁ、理由は歩きながらでも。とりあえず、一緒に学校に行こうまるちゃん」

まる子「う、うん」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:41:01.36 ID:r9rEKWEy0

みまつや「いやぁー、最近すっかり寒くなったねー」

まる子「そだね……」

まる子(なんたってあたしゃ、みまつやのおやじなんかと一緒に登校してるんだろうね)

まる子(恥ずかしいよ、トホホ)

まる子「それでさー、さっきも言ったけどみまつやさん」

みまつや「ああ、そうだったね。なんで急にまるちゃんと一緒に登校しようなんて言いだしたか、だったね」

まる子「うん」

みまつや「それはね、>>33だよ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:43:00.63 ID:yGF/LAWkO

106億横領するため

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:49:13.39 ID:r9rEKWEy0

みまつや「106億横領するためだよ」

まる子「おうりょう? なにそれ。難しい言葉よくわからないや」

みまつや「そうだね。横領っていうのは簡単にいうと」

みまつや「使っちゃいけないお金を自分のお金しちゃうことだよ」

まる子「えっ」

みまつや「おじさんはね、町内から預かった大事なお金106億円を横領しちゃおうと思ってるんだ」

まる子「えっ。それっていけないことじゃないの……!?」

みまつや「はっはっは、当たり前じゃないか」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 00:58:12.13 ID:r9rEKWEy0

みまつや「このことをまるちゃんに話すために今日はまるちゃんの家に行ったのさ」

まる子「なんでそんなことわざわざあたしなんかに……」

みまつや「まるちゃん、何か欲しいものはないかい」

みまつや「あったら何でも好きなだけ買ってあげるよ」

まる子「な、なんでも!?」

みまつや「まるちゃんだけじゃない。まるちゃんのお家の人にも同じことを言っておいてくれないか」

みまつや「さくらさんたちにはいつもお世話になってるからね」

まる子「みまつやさん……」

みまつや「でもそのかわり、おじさん、頼みたいことがあるんだ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:07:45.51 ID:r9rEKWEy0

みまつや「さくらさんたちの欲しいものを何でも買ってあげるかわりに」

みまつや「おじさんが高飛びする手伝いをして欲しいんだ」

まる子「えぇ、おじさん逃げるの!?」

みまつや「ああ。どうせすぐばれるだろうからね、明日あたりには海外に飛ぶ予定さ」

みまつや「なぁに、手伝うと言っても、逃げるまでちょっとお家で匿ってもらうとかその程度だから迷惑はかけないさ」

キートン:大迷惑である

みまつや「それだけで家族みんなの欲しいものがなんでも手に入っちゃうんだから、悪くない話だと思うよー」

まる子「うーん……どうしよう」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:17:41.57 ID:r9rEKWEy0

まる子(みまつやめ……。家族の中でもあたしから誘惑してくるなんて)

まる子(できるね!)

まる子(でもどうしよう、悪いことなんだよね。安請け合いするのも気が引けるけど)

まる子(引き受ければ、欲しいものが何でも手に入る。あー、どうしよー!)

まる子「おじさん、もうしばらくだけ考えさせてくれない」

みまつや「いいとも。じゃあ隠れながら校門の前で待ってるから、放課後までにはちゃんと決めてね」

みまつや「あとこのことはくれぐれも他のお友達とか先生に言っちゃダメだからね」

まる子「うん」

まる子(でもさすがにあたし一人じゃ荷が重いね。学校に着いたら>>68にだけ相談しよう)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/11/08(火) 01:18:55.12 ID:cXtjYniu0

山田

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:25:06.47 ID:r9rEKWEy0

まる子「案外、山田とかに相談したらいい案出してくれるかもしれないね。よしっ」

学校

まる子「おーい、山田」

山田「あ゛ぁwwwざくらwwwwなんだい?wwwwww」

山田「オイラに何か用かい?wwwwwwwww」

まる子「うん、ちょっとね。教室じゃなんだから、体育館の裏行こう」

山田「なんでwwwwwここじゃwwwwwダメなんだいwwwwね゛ぇさくらwwww」

まる子「いいから、早くきてってば」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:31:22.40 ID:r9rEKWEy0

体育館裏

まる子「山田、落ち着いて聞いてよ」

山田「わかったじょーwwwwwwwww今、落ち着くからちょっと待っておくれwwwwwwwww」

山田「深呼吸wwwwwwwwずーwwwwばーwwwずーwwwばーwwww」

山田「よしwwwwwww落ち着いたじょwwwwwwいいよざくらぁwwwwwww」

まる子「みまつやのおやじいるじゃん? 実はね、106億円横領しちゃったんだって」

山田「うわあああwwwwwwwwwwすごいじょーwwwwww」

山田「ところで横領ってなんだい?wwwwwwwww」

まる子「まったく。あんたそんなことも知らないの? 横領なんて言葉常識だよ」

キートン:あんたも知らなかったであろう

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:38:06.80 ID:r9rEKWEy0

まる子「使っちゃいけない大事なお金を勝手に使っちゃうことだよ」

山田「それっていけないことなのかい?wwwwwwwww」

まる子「そりゃそうだよ! 使っちゃいけないお金なんだから」

山田「そうかーwwwwwwwじゃあ、どのくらいいけないことなのかい!?wwwwwww」

まる子「えっ」

山田「横領っていう゛のはwwwwお巡りさんに捕まっちゃうくらい悪いことなのかなぁwwwwwww」

まる子「うーん、そういえばみまつやのおやじは悪い悪いって言ってたけど」

まる子「別に捕まるほど悪いかどうかは言ってなかったなぁ……」

山田「そんな大事なことを言わなかったってことはwwwwwwwきっとそんなに悪いことじゃないんだじょwwwwww」

山田「だから気にすることなんかwwwwwぜーんぜっんないじょーwwwwwwww」

まる子「なるほど、それもそうだねぇ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:48:00.23 ID:r9rEKWEy0

まる子「そう思ったら、なんだか気持ちが軽くなってきたよ」

まる子「ばれたらばれたで、別にいーじゃん」

まる子「欲しいものが手に入ればこっちものだよ、シッシッシ」

まる子「ありがとう、山田。これでみまつやと契約する決心がついたよ」

山田「よかったな゛ぁwwwwwwwwwwざくらwwwwwwwww」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:51:17.31 ID:r9rEKWEy0

戸川先生「おや、さくらさんに山田君。休み時間に体育館裏なんかで何をしているのですか?」

まる子「ゲッ、先生!」

まる子(ま、まずいね、ばれても何てことないとは言ったけど)

まる子(せめて、みまつやに欲しいもの買ってもらった後じゃないと!)

まる子(それに相手は先生だし)

まる子(とにかく何とか誤魔化そう……!)

戸川「さくらさん?」

まる子「え、えっと……その」

山田「>>102wwwwwwwwwwwwwww」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 01:53:00.12 ID:AX0P05TO0

これからセックスする

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 02:01:48.63 ID:r9rEKWEy0

山田「これからセックスするwwwwwwwwwww」

戸川「えっ、えー、あの。山田君、もう一度よろしいですか」

山田「これからセックスするwwwwwwwwwww」

戸川「や、山田君、ふざけてもそんなこと言ってはいけませんよ」

山田「ウソじゃないじょーwwwwwwwwwこれからさくらとセックスするんだじょwwwwww」

まる子「ちょっ、山田何いってんのー!! そもそもなんでいきなりそんな話に」

まる子(あっ、待てよ。もしかして今の言葉は山田なりの心遣いなんじゃ!)

まる子(横領の話をしないために。となると、あたしも山田の心遣いにしっかりのってやらないとね)

山田「ワーイワーイwwwwwwwwwwセックスセックスwwwwwwwwwww」

戸川「こ、困りましたねー」

まる子「先生! >>120!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/11/08(火) 02:04:41.82 ID:cXtjYniu0

セックスではありません。双方合意の下での子作りです。

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 02:20:40.26 ID:r9rEKWEy0

まる子「先生! セックスではありません。双方合意の下での子作りです」

戸川「さくらさん? 本気でおっしゃってるのですか!?」

まる子「はい!」

山田「オイラもさくらもwwwwwwwセックスしたがってるからwwwwww」

山田「何も問題ないじょwwwwwwwwwww」

山田「よーしwwwwwwwwさくらぁwwwwww」

山田「こさえよwwwwwwwwこさえよwwwwwww」

戸川「……えっと」

戸川「わかりました。お二人はおままごとごっこをしていたのですね」

まる子「え、えっとそんなところです……はい」

戸川「それは仲が良くていいですね」

戸川「でも次から、セックスや子作りなどそういったいかがわしい言葉を人前で使うのは極力控えるようにしてください」

まる子「どうもすみませんでした……」

山田「どうもすみませんでしだぁーwwwwwwwwwww」

山田「じゃあさくら゛ぁwwwwwww気を取り直してセックスしようwwwwwwwwww」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 02:28:51.65 ID:r9rEKWEy0

教室

キートン:そして次の休み時間

まる子(ふぅ、とりあえず横領の話が先生にばれなくて良かった)

山田「セックスwwwwwwwセックスwwwwwwww」

山田「子作りwwwwwwwww子作りwwwwwwwww」

まる子(山田、相当気に入ったようだね……)

まる子(とりあえず、放課後まで横領の話は絶対誰にもしゃべるんじゃないよ、山田)

みぎわ「あらやだ、山田君。そんないかがわしいこと大声で言うなんて不潔よ」

山田「いいじゃないかwwwwwwwみぎわはセックスしたくないのかいwwwwwwwwww」

みぎわ「>>154

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 02:30:26.92 ID:qzbQ0hCXP

みまつやのおじさんとならしたいわねぇ

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2011/11/08(火) 02:31:58.43 ID:cXtjYniu0

>>147

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 02:45:16.82 ID:r9rEKWEy0

みぎわ「みまつやのおじさんとならしたいわねぇ」

まる子「ちょ、ちょいとみぎわさん何言ってるの!?」

みぎわ「なにさくらさん、あたしがみまつやのおじさんとセックスしたがっちゃ悪いわけ!?」

まる子「い、いや、別に悪いとは言わないけど……」

まる子(どうしてよりによってみまつや……?)

まる子「大体、花輪君はどうしたのさ」

みぎわ「もちろん、本命は花輪君よ」

みぎわ「でもこの前見たのよ、ヒデ爺とみまつやのおじさんが仲良く話しているところを」

みぎわ「そこであたし思いついたの。まずみまつやとセックスして仲良くなって、花輪君ちのヒデ爺に近づく」

みぎわ「そして今度はヒデ爺とセックスして仲良くなって、花輪君と距離を縮める。そして最後は花輪とセックスしてめでたくゴールよ」

みぎわ「どう完璧でしょ?」

まる子「そ、そうだね」

みぎわ「あーあ、みまつやさんに会いたくなってきちゃったわ」

まる子(ま、まずい。みまつやの話になってきてる)

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 02:55:59.70 ID:r9rEKWEy0

山田「みまつやwwwwwwみまつやwwwwwww横領だじょwwwwwww」

まる子「バ、バカ山田ぁー!!」

みぎわ「みまつやが横領? どういうことよ?」

まる子「き、きっと山田ふざけてるんだよ。気にすることないって、みぎわさん」

永沢「横領か。山田君にしては難しい言葉知ってるな」

藤木「本当、意外だね。それにしてもみまつやが横領ってどういうことかな」

藤木「もしかして言葉どおり、みまつや横領してるのかな?」

永沢「まさか。でもまぁ、卑怯な君ならやりかねないだろうけどね」

藤木「>>185

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:00:36.62 ID:NrHmKSEz0

おい、タマネギ。また家燃やすぞ

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:01:42.08 ID:G9/KXfA80

>>181

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:12:36.80 ID:r9rEKWEy0

藤木「おい、タマネギ。また家燃やすぞ」

永沢「なんだって!? まさか藤木君、僕の家の隣の家に火を放ったのは君だったのかい!」

藤木「うわあぁ、ごめんよぉ! 誤解だよ! また卑怯って言われてついカッとなって」

藤木「心にもないことを言っちゃっただけだよ!」

永沢「フンッ、どうだか。卑怯な君ならもしかしたら」

藤木「いくら僕でも放火なんてしないよ! そもそも永沢君は僕のこと卑怯扱いしすぎるんだよ」

永沢「君はみまつやが横領したようなこと言って、みまつやまでを卑怯者に仕立て上げようとしてたじゃないか」

藤木「でも山田君が言ってたんだから、もしかして本当のことかもしれないじゃないか」

永沢「よし、だったら、放課後みまつやのおやじに会って確かめてみようじゃないか」

永沢「これでみまつやと君どっちが卑怯者か決めようぜ」

まる子「えーっ、それはやめた方が」

永沢「なんだよ。さくらには関係ないだろ」

まる子「そりゃそうだけど……」

藤木「うん、わかったよ。放課後、確かめに行こう」

まる子(まずいことになったね、こりゃ)

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:19:25.88 ID:r9rEKWEy0

キートン:そして、放課後

永沢「よし、じゃあ行こうか」

藤木「うん」

まる子(まずいなぁ。校門でみまつやさん待ってるって言ってたし)

まる子(永沢と藤木に捕まったら厄介なことになりそうだね)

まる子(こうなったら先回りして、二人より先にみまつやに会って逃げないと)

まる子「そうと決まれば、いそげ」

前田「ちょっと待ってよさくらさん」

まる子「なに?」

前田「今日、あなた掃除当番でしょ? ちゃんと掃除してから帰ってよ」

まる子「あ、忘れてた。ごめん、前田さん。あたし急な用事ができたから先に帰っちゃダメ?」

前田「ダメに決まってるじゃない。いいから早く掃除しなさいよ」

まる子「ヒェー、どうしよう……!!」


>>208

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:23:24.31 ID:Cv+T2ZLw0

前田を撲殺

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:31:33.56 ID:r9rEKWEy0

前田「ほら早く、モップ持って」

まる子「今日だけだから。明日ちゃんと掃除やるから。お願い前田さん!」

前田「しつこいわね。ダメっていったらダメよ!」

まる子「もういいじゃん!」

キートン:業を煮やしたまる子は前田さんめがけて、モップの柄を思い切り振り下ろした

ドスッ

前田「がっ」

前田「」

まる子「ふぅ、これでよしと」

まる子「おっとそれどころじゃない、みまつやみまつや〜」

キートン:後半へ続く

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:41:37.43 ID:r9rEKWEy0

キートン:後半の脚本は>>240に委任するようである

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 03:47:46.09 ID:NrHmKSEz0

>>240>>229に委任するようである



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「最近変な夢ばかり見る・・・」