勝俣「アッコさんすげぇ!雛見沢連続怪死事件に挑戦する気だ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:元太「大変だ!コナンが記憶喪失になっちまった!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:03:15.95 ID:HPUu39Cy0

梨花「東京に帰れ」

アッコ「なんやこの小娘」

竹山「でもなんかこの子雰囲気とかやばくないっすか!?」

出川「やべえよぉ…帰りましょうよアッコさぁん」

梨花(なんなのよコイツら…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:07:03.11 ID:HPUu39Cy0

勝俣「アッコさんアッコさん!今日はこの村で大きい祭りがあるらしいッスよ!」

アッコ「おう、じゃあそれ行ってから帰るか」

梨花「…どうなっても知らないわよアンタら」

出川「ひぃ!」

アッコ「何やってんだ出川−、祭りに行くぞー」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:09:09.96 ID:HPUu39Cy0

ザワザワ ザワザワ

アッコ「お前ら道開けろ!東京モン様のお通りだぞ!」

出川「やべえよアッコさんすげぇ酔ってるよ…」

勝俣「アッコさんすげぇー!雛見沢村、早くも侵略っすかー!」



圭一「おーいレナー、どこだー!? …?なんだあの騒ぎ?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:11:51.09 ID:HPUu39Cy0

圭一「うわぁ… すっげぇ背高いオバサンだなぁ」

アッコ「おい小僧!お前オバサンとか言っただろ聞こえてんだぞ!」

圭一「な、なんだこの迫力…!」

出川「アッコさぁん、明日も収録あって朝早く帰らないといけないんだからもう宿に戻りましょうよぉ」

アッコ「おぅ、そうだな、帰るぞー!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:13:27.89 ID:HPUu39Cy0

勝俣「あれぇ!?竹山さんがいないぞ!?」

アッコ「気にしなくていいで、アイツにも宿の場所は教えてるからな」

出川「早く寝ましょうよぉ疲れましたぁ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:15:23.19 ID:HPUu39Cy0

翌日

コンコン コンコン

アッコ「こんな朝早くから来客とはいい度胸やな おい勝俣ァ!お前出ろ!」

勝俣「はぁい!」ガチャ

大石「んっふっふ どうもぉ興宮署の大石と申しますぅ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:18:55.66 ID:HPUu39Cy0

勝俣「はぇ〜 で、俺達になんか用スか!?」

大石「えぇっとぉ この男について何かご存じですかぁ?」

勝俣「はい!カンニングの竹山さんッス!」

大石「大変申し上げにくいんですが… この人、今日首をかきむしって死んでる死体が発見されたんですよぉ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:22:24.75 ID:HPUu39Cy0

勝俣「えぇ!?し、死んでたってぇ!?」

大石「お悔み申しあげます、それで貴方達にお願いが」ピロロロロ

大石「おぉっと失礼します」

勝俣「はい!」

大石「ん?はぁ?首をかきむしって死んでる仏さんがもう1人!?あぁ、すぐ行く」カチャ

大石「すみませぇん、急用が出来ました また後で連絡しますぅ」ドンッ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:23:34.92 ID:HPUu39Cy0

勝俣「アッコさん!竹山さんが死んでたらしいッスよ!」

アッコ「お、そうか」

勝俣「なんで興味なさそうなんスかぁ!」

出川「これがオヤシロ様の祟り… やべえよやべえよ…」

アッコ「ん?なんやそれ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:25:39.86 ID:HPUu39Cy0

出川「なんか祭りの日に、金髪の人から聞いたんすけど…」

出川「あの祭りの日に、必ず1人死んで1人行方不明になるらしいッスよ…」

アッコ「迷信か、ばかばかしい」

出川「現に竹山さんが死んでるじゃないっすか!やべえよ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:27:40.40 ID:HPUu39Cy0

アッコ「とりあえず警察沙汰になった以上今日は帰れへん、あと何日かは滞在するで」

出川「しゅ、収録はどうするんすかぁ!」

勝俣「アッコさんの言うことは聞けないテレビ局なんてありませんからね!アッコさんすげぇー!」

アッコ「そういうことや、出川 お前も付き合え」

出川「やべぇよ…」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:30:33.64 ID:HPUu39Cy0

―――…

圭一「と、富竹さんが死んだぁ!?」

大石「えぇ、…この人、竹山さんもお亡くなりになられています」

圭一(この男は…、確かあのオバサンにくっついてた…)

大石「そこで前原さぁん、お願い事があるんですがぁ」

圭一「な、なんですか?」

大石「オヤシロ様に関する情報を手に入れ次第、すぐに私に知らせてほしいんですよぉ」

圭一「は、はぁ…」

大石「特に、園崎魅音さんには気を付けてください」

圭一「…!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:33:46.88 ID:HPUu39Cy0

―――…

出川「は、犯人捜し!?」

アッコ「そうや、オヤシロ様なんているわけあらへん ウチらで犯人見つけるで」

勝俣「流石アッコさん!すげぇー!」

アッコ「まずは聞き込みから始めようや」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:36:14.81 ID:HPUu39Cy0

数十分後

勝俣「なんで誰も話すら聞いてくれないんですかね!?」

出川「よそ者には厳しい…帰りてぇよ…」

アッコ「お、次はアイツに聞くで」

圭一「あ、あんたらは…!」

アッコ「よく見たらあん時の小僧やないか…!」

出川「アッコさん抑えて抑えて!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:41:07.12 ID:HPUu39Cy0

圭一「…なんか用ですか」

アッコ「オヤシロ様について調べててな」

圭一(オヤシロ様…!)

出川「何か知ってたら教えてくださいよぉ」

圭一「何も知りません」スタスタスタ

アッコ「なんや無愛想なガキやなぁ」

勝俣「アッコさんアッコさん!あの刑事がもう1人死んでたとか言ってたんすけどそっちも調べましょうよ!」

圭一「…」ピクッ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:44:56.17 ID:HPUu39Cy0

アッコ「そいつの名前は?」

勝俣「し、知りません!スミマセン!許してください!」

圭一「富竹ジロウ…」

アッコ「ん?」

圭一「…名前は、富竹です」

アッコ「お前富竹って名前なんか!私は和田アキ子や!」

圭一「いやそうじゃなくて」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:46:23.52 ID:HPUu39Cy0

圭一「俺の名前は前原圭一です」

アッコ「いやそんなん興味ないわ 富竹っていうのは?」

圭一「…その殺された人の名前です」

アッコ「おい富竹、お前が知ってる事全部話そうか」

圭一「だから俺の名前は」

アッコ「富竹早くしろよ」

圭一「…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:50:07.69 ID:HPUu39Cy0

アッコ「要約すると、お前はそいつの知り合いってだけやな?」

圭一「…はい」

アッコ「なんやつまらん、出川、勝俣、もう飽きたし宿帰るで」

勝俣「ハーイ!!!!!」

アッコ「そうや富竹、これウチらの止まってる宿や 困ったことがあったらたずねな」

圭一「は、はい」

圭一(悪い人じゃないんだな…)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:53:21.94 ID:HPUu39Cy0

圭一「あ、もうこんな時間か… 帰らないと」

圭一「ん…?アレは…!」

レナ「圭一くーん!こんなところで何やってるのー?」タタタタ

圭一(レ、レナ………!?)

レナ「さっき話してた人は誰なのかな?かな?」

圭一「知、知らない人だよ」

レナ「嘘だッ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:54:51.69 ID:HPUu39Cy0

レナ「圭一くんは、どうして嘘つくのかな?」

圭一「う、ぁ…う……!」

レナ「だってあの人有名人じゃ

圭一「うわあああああああああああああああああああ!」ダダダダダダダ

レナ「ま、待ってよ圭一くん!」

圭一「来るな!来るなぁああああああ!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:56:35.48 ID:HPUu39Cy0

圭一「違う…!アレはレナなんかじゃない…!」ダダダダダ

レナ「待ってよ圭一くーん!鬼ごっこでもしてるのー!?」タッタッタッタ

圭一「お、追いかけてくる!いやだ!来るな!」ダダダダダダ

圭一「あの眼… あの眼は人間の眼なんかじゃなかった…!」

圭一「オ、オヤシロ様に憑りつかれてる…!?」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:59:40.97 ID:HPUu39Cy0

(アッコ「困ったことがあったらたずねな」)

圭一「あ、あの人のところに…!」

圭一「そ、そうだあの人達もまだ帰ってる途中のはず!」

圭一「そうと決まれば…、引き返すッ!」ザッ

レナ「やっと止まってくれたぁ… 圭一くん、これは何の遊び

圭一「う、じゃ、邪魔だぁあああああッ!!」ドン

レナ「きゃ、きゃあ!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:01:54.63 ID:HPUu39Cy0

魅音「お、レナじゃーん!…って何でこんなところに座ってるの?」

レナ「け、圭一くんが急に…」

魅音「圭ちゃんがぁ!?いくら遊びとはいえ女の子に手をあげるのは感心しないねぇ」

魅音「待ってなレナ!おじさんが圭ちゃんここに連れてきて謝らしてやるから!」ダダダダダダ



圭一「レナはもう追いかけてこない… ってあ、ありゃあ…!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:05:12.01 ID:HPUu39Cy0

魅音「圭ちゃぁああああん!」ダダダダダ

(大石「園崎魅音さんには気を付けてください」)

圭一「魅音もレナの仲間…!そうだ、こいつらは最初から俺を『転校』させる気だったんだ…!」

圭一「く、くそぉおおおおおおおおお!」ダダダダダダ

魅音「ねぇなんで逃げるのー!?」

圭一「何言ってるのかわからないけどおそらくあれは脅し、脅迫だ…!」

圭一「止まらなければ殺す、そう言ってるに違いないッ…!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:09:25.24 ID:HPUu39Cy0

圭一「あの後姿は、…オバサン!」

アッコ「うっさいなぁ どうしたんや」

圭一「た、助けてください!オヤシロ様が…ぁ…!)

出川「オヤシロ様ぁ!?」

アッコ「大丈夫や富竹 何が来てもワシが噛み殺しちゃる」

勝俣「アッコさんすげぇー!オヤシロ様に宣戦布告だぁー!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:13:10.17 ID:HPUu39Cy0

魅音「やっと追いついたよ圭ちゃーん!」

圭一「ひ、ぅゎ、あ…!」

アッコ「ただの小娘に何をビビってるんや自分は」

勝俣「アッコさんすげぇー!オヤシロ様にも物怖じしてねえー!」

出川「でもちょっと可愛い…」

魅音「和田アキ子さん!?それに、勝俣さんに出川さん!」

アッコ「そうやで」

勝俣「アッコさんすげー!オヤシロ様に対しても圧倒的な知名度だぁー!!」

圭一「魅音…、なんで名前なんか…」

圭一「そうか…!こいつらも、グル…!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:15:34.62 ID:HPUu39Cy0

魅音「ファンなんです!握手してください!」

アッコ「おう、構へんで」

アッコ「おい富竹!こんなええ子がオヤシロ様なわけ…ってアイツどこいった?」

魅音「あ、圭ちゃんまた逃げて…もー!」

レナ「魅ぃちゃん早いよー… って和田アキ子さん!?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:16:49.35 ID:HPUu39Cy0

アキ子「じゃあワシらはもう宿帰るから、アイツ捕まえときや」

魅音「アッコさんに言われちゃ捕まえないわけにはいかないねぇ…!」

レナ「レナも頑張るよー!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:19:04.02 ID:HPUu39Cy0

圭一「しまった… バットがない…!」

圭一「学校に、学校に取りにいかないと…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:20:10.99 ID:HPUu39Cy0

学校

圭一「あった、バットだ… これでレナ達も…!ははは、ははははは!」

梨花「…みぃ」

圭一「…梨花ちゃん」

梨花「それを、何に使うつもりなのですか?」

圭一「逆に聞くようで悪いけど、梨花ちゃんもアイツらの仲間なのか…!?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:21:55.73 ID:HPUu39Cy0

梨花「違うますなのですよ、にぱー☆」

圭一「ならいいんだ、俺は帰る 梨花ちゃんも早く下校したほうがいいぜ…」ガタッ

梨花(…惨劇は免れないようね 不確定要素も入ったようだけどやはり無駄だった)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:24:06.54 ID:HPUu39Cy0

圭一「見つからないように…」ガラッ

レナ「あ、いたー!圭一くんだー!」

魅音「やっぱり悟史のバットを取りにいったんだねぇ… それ、使うのやめてって言ってるよね?」

圭一「…」タッ

魅音「無視ってひどくない!?」

圭一(あいつらは敵あいつらは敵あいつらは敵あいつらは敵あいつらは敵)

レナ「追いかけよ、魅ぃちゃん!」

魅音「うん!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:26:41.16 ID:HPUu39Cy0

圭一「あいつら追いかけてくる… やっぱり俺を殺すつもりだッ…!」

ザザザザッ

圭一「な、なんだお前…!俺とやろうっていうのか!?」

男「…」タタタタ

圭一「ち、近づくなぁ!」ブン ブンブン

男2「…」タタタタ ドン

圭一「も、もう1人いた、のかよぉ…」ガクン

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:29:24.62 ID:HPUu39Cy0

―――…

小此木「三佐ー、ちょいと報告が」

鷹野「ちょっと小此木ぃ!」

小此木「へいへい」

鷹野「どういうことよ!ジロウさんともう1人末期症状で死んでるじゃないの!これじゃあ祟りにカウントされないじゃない!」

小此木「そのことに関しちゃすみません、ウチらの注意不足ですわ」

鷹野「…で、何よ 報告って」

小此木「末期患者と思われし少年がいると報告が入りました ウチらですぐ回収に向かいますんで」

鷹野「ミスは2度と許されないわよ…!」

小此木「承知してますって」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:33:33.70 ID:HPUu39Cy0

―――…

圭一「……、ぅ…」

レナ「あ、圭一くん目覚ましたよー!」

魅音「鬼ごっこは圭ちゃんの負けだねぇ…?」キラン

圭一「な、何する気だよ魅音、その手に持ってるものは…」

レナ「富竹さんと同じ目に合ってもらうだけだよねー!」

魅音「そういうこと さっきレナに酷いことした分酷いことになっちゃうよー?」

圭一「う、ぁ、…ぐ、うわぁあああああああああああああああああああああッ!」バッ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:37:23.48 ID:HPUu39Cy0

―――…

出川(オヤシロ様対策にナイフ買っといてよかったー!これで夜を過ごせる…!)

勝俣「アッコさんすげぇー!革命返しじゃないすかー!」

アッコ「ワシャ大富豪も芸能界一やからな」

勝俣「すげぇー!」

出川「あ、俺ちょっとトイレ行ってきます!」

アッコ「おう、次のゲームやるから早くしろよ」

出川「わかってますってば!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:39:07.10 ID:HPUu39Cy0

出川「ふぅ〜すっきりしたぁ〜」

出川「お待たせしましたぁー!」

アッコ「おい出川、これはなんや」

出川「そ、それはオヤシロ様対策に買った…」

アッコ「嘘つけ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:41:54.25 ID:HPUu39Cy0

アッコ「ワシを殺して芸能界の頂点を奪うつもりだったんやろ、なぁ?」

出川「そ、そんなつもりは…!」

アッコ「フンッ」グサッ

出川「う、な、なんじゃこりゃあああああ」バタン

勝俣「ア、ア、アッコさんすげ

アッコ「お前もや勝俣 お前も出川の仲間なんやろ?」

勝俣「違いますよ!なんで僕がアッコさんに歯を向ける必要なんてあるん

アッコ「うっさいわ 死ねボケ」グサッ

アッコ「他に誰がワシのこと狙ってるかわからん ここを出るとしよう」ガタッ


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:44:51.09 ID:HPUu39Cy0

宿の外の茂み

雲雀13「ヒャッハ!クール!こちら雲雀13!」ピッ

小此木『こちら小此木 どうした?』

雲雀13「園崎魅音らと接触していた部外者、末期症状を発症してやがりますぜ!」

小此木『そうか、やはりマークをしていて正解だったようだな 奴は今どこに?』

雲雀13「今部屋から逃げ出しました」

小此木『追跡をしろ 後で回収する』

雲雀13「ラジャー!」ガチャ

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:46:53.57 ID:HPUu39Cy0

雲雀13「これで俺も手柄!昇進が楽しみだぜぇ!」

アッコ「おいお前」

雲雀13「へ、へ?」

アッコ「お前人の部屋覗いていい度胸やなぁ?」

雲雀13「お、おやめなさいな そんな刃物をちらつかせてたら怖いですぜ…?」

アッコ「死に晒せやぁ!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 18:49:27.07 ID:HPUu39Cy0

男「小此木隊長!雲雀13の信号が途絶えました!」

小此木「クソが、あの女に見つかりやがったか…!」

男「し、指示を!」

小此木「今動けて武術の心得があるやつは何人いる?」

男「え、えっと、3人です!」

小此木「チッ… 前原圭一の確保に5人も6人も人数を割くべきじゃなかったか…!」

小此木「まぁいい、その3人は俺と和田アキ子の確保に動くぞ!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:07:59.63 ID:HPUu39Cy0

前原宅前

入江「…無残でしたね」

山狗1「いったん診療所に戻りましょう」

入江「え、えぇ 車を出していただけますか?」

山狗2「了解です」

山狗3「ぐ、ぐお」グイッ

アッコ「静かにせいや、見つかるやろが」

山狗3(ナ、ナイフ…)

ブロロロロロロロ

山狗3「あ、車がぁ…」

アッコ「大丈夫や、ワシの質問に素直に答えれば悪いようにはせんで」

山狗3「な、なんだってんだ…」

アッコ「さっきから喉が痒いんや どうやったら治るか教えてくれや」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:12:24.70 ID:HPUu39Cy0

山狗3「し、診療所にC120という注射がある、それで治るはずだ…」

アッコ「それは本当か?」

山狗3「ほ、本当だ!神にも誓える!」

アッコ「なら死ねや」グサッ

アッコ「お、こいつ銃なんてもん持っとるで 日本も危険になったもんやなぁ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:15:39.74 ID:HPUu39Cy0

入江診療所

入江「では指示が出るまで待ちましょう」

山狗一同「了解!」

ガシャーン

山狗1「し、侵入者か!?」

山狗2「くそ、全員!戦うぞー!」

山狗4「所長はここでお待ちを」

入江「え、えぇ…」

山狗全員「撃てー!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:17:45.01 ID:HPUu39Cy0

パパパパパパン パパパパン
ウワァー パパパパン ウワァー パパパン



入江「静かになった…?」

アッコ「おう、ワシの勝ちみたいやな」

入江「…、ここまでか…!」パン

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:20:20.87 ID:HPUu39Cy0

………

アッコ「ふぅ〜 この注射で大分具合がよくなったで」

アッコ「もうこの村にもいれないし、徒歩で帰るしかあらへんな」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:24:57.95 ID:HPUu39Cy0

―――…

勝俣「…」ピクッ

勝俣「いててて…」

勝俣「刺さった場所がよかったせいで俺生きてる!俺すげぇー!」ゲホゲホ

勝俣「と、とりあえず宿の人を…!」ガチャ

勝俣「アッコさんすげぇー!こんな短期間で従業員皆殺しにしてる!」

勝俣「診療所行くしかないかなぁー!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:29:19.08 ID:HPUu39Cy0

―――…

圭一「ぜぇ…ぜぇ…!」

大石「前原さん!大丈夫ですか!?」

圭一「犯人はオヤシロ様、オヤシロ様、オヤシロ様オヤシロ様オヤシロ様」

大石「前原さん!落ち着いてください!」

アッコ「おい富竹、オヤシロ様なんて存在せぇへんで」

圭一「あ、あんたはぁ…!」

大石「どうしたんです前原さん!誰と話してるんですか!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:31:38.71 ID:HPUu39Cy0

圭一「そんなこと言っていいのかよ、あんたはレナ魅音、オヤシロ様信者の仲間なんだろ…?」

アッコ「なんでそんなやつらの仲間にワシがなるんや」

圭一「う、うぉおおおおおおおおあああああああッ!」タッ ブンッ

アッコ「いきなり危ないやつやな!金属バットは振り回すもんやないで!」シュン

圭一「うるさいうるさいうるさいうるさい!」ブンブンブンブン

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:34:01.80 ID:HPUu39Cy0

アッコ「悪ガキには少し仕置きが必要みたいやな」カチャ

圭一「じゅ、銃…!」

アッコ「さっきまでの威勢はどうしたんや」ジリジリ

圭一「ぐ…!」

小此木「そこまでだ!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:37:15.81 ID:HPUu39Cy0

小此木「こんなところでつるんでるとはなぁ」

圭一「ま、またアンタらかよ…!」

小此木「おい、やれ!」

男1「了解!」

男2「了解!」

男3「了解!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:41:32.90 ID:HPUu39Cy0

圭一「あ、あああああああああああああ!」ブンブン

男1「…」ガキィン

圭一「止められた、あああ!?」

男2「おい」

男3「用意出来ました」

小此木「やれ」

圭一「な、なんだその布は!?」シュー ガクン

男1「確保完了であります」

小此木「ごくろう」

小此木「さて、次は貴様だ和田アキ子!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:45:10.49 ID:HPUu39Cy0

アッコ「…」パパパーン

男「ぐっ」

男2「あっ」

男3「ぐぇっ」

小此木「あ、アンタ…!」

アッコ「これで装填されてる弾はもうないで」

小此木「俺と、拳で勝負しようってのか…!」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:55:42.06 ID:HPUu39Cy0

小此木「まずは小手調べだァ!」ダッ

アッコ「フンッ」グッ

小此木「チッ… このパンチを身じろぎ1つ変えずに受け止めるなんてなぁ…!」

アッコ「芸能界にはアンタより強いやつなんて山ほどいるで」

小此木「へへはははは…!言ってくれるじゃねぇの…!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:57:19.09 ID:HPUu39Cy0

小此木「だがな… 俺は、山狗の隊長 俺は山狗の小此木だァ!」ダッ ズン

アッコ「…」バキッ

小此木(入った…!確実に肋骨は何本か貰ったはず…!)

アッコ「そりゃよかったな」

小此木「…え?」

アッコ「自分、給料いくらや!」グイッ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 19:58:28.28 ID:HPUu39Cy0

アッコ「オラァ!」ブンッ

小此木「ぐ、ぐぉおおあ!」バキッ

小此木「ハァ…ハァ… 俺を持ち上げて…、壁に投げつけるとはな…!」

アッコ「これで終わりか?終わりなら死ねや」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:00:43.25 ID:HPUu39Cy0

小此木「悪いな 今回は退却させて貰うぜ…」ズッ

アッコ「自分逃げるのか?」

小此木「予定変更だ…!終末作戦は今日発動する…!」ガチャ

ブロロロロロロロロロ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:04:16.73 ID:HPUu39Cy0

鷹野『どういうことよ小此木!』

小此木「和田アキ子… アイツはウチらの手に負えませんぜ」

鷹野『だからと言って終末作戦を使ってついでに殺すっていうの!?』

小此木「そういうことですんね」

鷹野『女王感染者は!?』

小此木「今から仕留めに行きますんで 三佐は作戦発動を他の隊員に伝えてくれりゃ結構です」ピッ

小此木「…チッ 何から何までめちゃくちゃだな」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:08:24.73 ID:HPUu39Cy0

―――…

梨花「おかしいわね… なんでこの日に私を殺そうとするやつが来るっていうの?」

羽入「あうあうあう〜」

沙都子「ん… 梨花ぁ… こんな夜中に誰と話しているんですの?」

梨花「なんでもないですのよ、にぱ〜☆」

沙都子「そうですの…」

梨花「沙都子、隠れてくださいなのです」

沙都子「え…?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:11:40.38 ID:HPUu39Cy0

梨花「早くなのです!押入れに隠れてくださいなのです」

沙都子「え、えぇ…」

梨花「ボクが帰って来るまで絶対に開けちゃだめなのです」

沙都子「わ、わかりましたわ…」

梨花「…」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:13:22.21 ID:HPUu39Cy0

―――…

梨花「何の用かしら」

小此木「自分から出てきてくるとは手間が省けますわ」

梨花「わかってるわ、私を殺すつもりでしょ?」

小此木「ちょいと痛いだけです 我慢してください」

梨花「来なさいよ…!人殺し…!」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:20:03.51 ID:HPUu39Cy0

小此木「作業終了っと… さて報告報告」ピッ

小此木「…?」ピッ ピッ

小此木「ったく ようがない時にはうるさいくらいかけてくんのに用があると返事しねえんだもんなぁ」

小此木「仕方ねえ、基地に帰って直接伝えるしかねえな」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:23:48.30 ID:HPUu39Cy0

―――…
ブロロロロロロ

小此木「到着到着…、ってなんだこりゃあ!?」

小此木「診療所の前でみんな殺されてやがる…、クソ、まさか!?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:29:56.61 ID:HPUu39Cy0

アッコ「そのまさかやで」カチャ

小此木「クソがぁ!」カチャ

パーン パーン

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:30:31.63 ID:HPUu39Cy0

大石「前原さん…!」

熊谷「もう到着します!」

大石「もっと早く!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:32:13.54 ID:HPUu39Cy0

勝俣「診療所… 診療所… やっとついたぁー!」

勝俣「ってアッコさん死んでる!すげぇー!」

勝俣「他にもみんな倒れてるしアッコさんすげぇー!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 20:33:58.05 ID:HPUu39Cy0

ウーウー ウーウー

勝俣「なんだあのサイレン!」

大石「おいお前!これ、お前がやったのか!コラ!」

勝俣「ちがいますってば!」

大石「熊ちゃん!手錠!」

熊谷「は、はい!」

大石「午後11時45分、確保!」

こうして雛見沢連続怪死事件の犯人は捕まった 完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「プーン、パチッ!」