しんのすけ「いじめられっこ、だゾ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ジャビット「マスコット集合!!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:15:50.15 ID:8YjKjQ5D0

しんのすけは中学生となった
小学校までは風間君達と同じだったが
見事綺麗に学区がちがかった
中学で別れてしまったしんのすけ
しんのすけは1人で中学校デビューした

しんのすけ入学から3週間後

A「オラッアッ!!しんのすけ死ねやッ!!」ガスッ
しんのすけ「ッッハアッ!!」
B「おいおいwwww手加減しろよなーw」

しんのすけは苛められていた

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:19:59.55 ID:8YjKjQ5D0

ガララッ!
教室の戸が勢いよく開いた
先生だ、先生はしんのすけ達に眼をやったが
直ぐに視点を変えてまるで何も見てないような
感じで本を読み始めた

先生「1時間目の道徳は自習なー」

A「しんのすけ!俺たちがたっぷり個人授業してやるよ!オラッアアッ!!」ガス!
しんのすけ「やめ…や」
B「命乞いって奴?おもしれーwwこんなんじゃシナネーよなww」ボスッ!
C「へいっ!みぞうち連打ーwwww」ドスドスドス!
しんのすけ「ッッ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:23:27.75 ID:8YjKjQ5D0

しんのすけ「オゲエエエッロオオッ」ドボボオ
C「きったね!こいつ吐きやがった!!」
A「…いい事考えたわ!いや〜俺ってば
 リサイクルとか目ぇつけてるからさ」
Aはしんのすけの坊主頭を掴む

A「人間掃除機〜」
しんのすけの顔はゲロに叩き付けられた
B「おwwもしwwれwwえwwwしんちゃんちゃんと掃除してねーww」
A「ほれほれ」グリグリ

べちゃべちゃ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:28:07.12 ID:8YjKjQ5D0

――――――
―――――
―――


ガチャ
しんのすけ「…ただいま…」
みさえ「おかえりーって!あんた
    又泥だらけじゃない!!」
しんのすけ「いやあ・・・友達と遊んでてさ・・・」
みさえ「…もう!さっさとシャワー浴びてきなさい」
しんのすけ「ほ〜い…」


実際、しんのすけは強い、だが
苛めの張本人Aの父親は
ひろしの会社の社長である
つまりAが少し野原家の事を言ったら…
最愛の息子の事は何だって聞くであろう、間違いなくひろしはクビ
だからしんのすけは抵抗しない

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:30:42.10 ID:8YjKjQ5D0

翌日

ガラッ

A「よーうwwwしんちゃーん!おっはよー!」
しんのすけ(いやに上機嫌だな…)
Aはしんのすけの耳元で囁いた

放課後アクション公園のトイレに来い

しんのすけには嫌な予感しかしなかった


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:34:56.18 ID:8YjKjQ5D0

放課後

しんのすけは言われたとおりに
アクション公園のトイレにつったていた
だが、1時間2時間たっても人は来ない
「帰ろう」としんのすけが思った直後奴らの声がした

ABC「元気イー?しんのすけえぃ?ww」
やはり上機嫌だった
しんのすけ「で、なんのよう?」
A「チッ!」ドスッ!
Aはしんのすけの腹にストレートを決めた
A「今日は上機嫌だからこれで済ましてやるよ」
BC「んで、しんのすけ!お前におきゃくさんだ!
  ガチムチせんぱあああい!!」

しんのすけの後ろには身長178ぐらいの巨漢が立っていた


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:37:59.67 ID:8YjKjQ5D0

ガチムチ先輩「あっら〜!可愛い子じゃない!私と同じ
       ぼ・う・ずだし!あんた達良くやったわ〜!ほらお金よ」

ガチムチ先輩はAたちに向かった封筒を投げつけた
ABCは一礼すると闇に消えていった

ガチムチ先輩「それじゃあしんちゃあん!ソコのトイレで
       楽しみましょう!!」

しんのすけ「ああ・・・・アアああああああ!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:47:57.60 ID:8YjKjQ5D0

ガチムチ「しんちゃんっ…」

ガチムチはしんのすけの頭を掴み
無理やり唇をむさぼった
しんのすけも抵抗するが
その抵抗も巨漢の前では儚い物、
ムチュッ…レロオッ…
舌を絡ませてきた、トイレの個室には官能的な音で
溢れていた
ヌチュウ・・・
ガチムチ「ムチュ・・・ぷはあっ!たまらないわ!こんな濃厚な
     キス、久し振り、じゃあ次はしんちゃんのペニスに
     キスね・・・」
ガチムチはしんのすけの股間に手をかける
ズボン越しに、しょぼくれたペニスも、手のひらで刺激を受ければ
反応する、ガチムチはズボン越しからしんのすけのペニスを擦る、
やさしく、華のように、擦る時々、ヌチュと聞こえ始めてきた
ガチムチ「そろそろかしら…」
ガチムチはしんのすけのズボンを下ろし一目散にしゃぶりついた
ガチムチ「ムハアッ…おっきくてお口に入りきらないわ」
ヌチュウヌポオ・・・ガチムチはしんのすけの
亀頭を舌で刺激し始めてきた、時に吸い付き、
舌でじらす、そして一気に、咥え、しゃぶりつくす
しんのすけ「うわああああっ!!」

   ドビュル
しんのすけは射精してしまった

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:52:27.30 ID:8YjKjQ5D0

ガチムチ「あっは!!濃いわあッ!!最高よしんちゃん!」
ガチムチは手で皿を作りしんのすけの精子をソコに吐き出し
ジュボオオル!飲み干すっ!
ガチムチ「もう我慢できないわ!!しんちゃんの菊はどうなんでしょう!?」
ガチムチはしんのすけの肛門に手をかけた
しんのすけの精液をローション代わりに、ガチムチは
自分のペニスに塗りたくる
ガチムチ「さっ、いくわよ」

しんのすけ「わアアアアアアアアアッ!!!!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:54:27.94 ID:8YjKjQ5D0


しんのすけはあの後何百回を
犯された、ガチムチ先輩は満足したようで
メルアドを書いた紙をしんのすけに渡した、
しんのすけはもう息する人形になっていた
涙は枯れたようだ

レイプEND

ひまわりENDとかあるよ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:56:29.47 ID:8YjKjQ5D0

ひまわりEND行きマース

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 22:59:21.87 ID:8YjKjQ5D0

A「君、ひまわりちゃんだよね」
ひまわり「うん!そうだよお?お兄ちゃんは?」
A「俺?俺は中学生だよ!」
ひまわり「!お兄ちゃんとおんなじだ!」
A「ちょっときて欲しいんだお兄ちゃんの所にね」
ひまわり「わあ!おにいちゃんの所いけるの?わーい!」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 23:02:23.07 ID:8YjKjQ5D0

廃工場

B「おらよッ!!」ドスッ
C「フンッ!」ボギャアッベキン
しんのすけ「ウウッ・・・」

ひまわり「・・お兄ちゃんッ?!」
しんのすけ「!??!?え?ひまわり!?」
ひまわり「酷い・・・!!お兄ちゃんをなんで殴るの!?」
B「そりゃあうざいからね…」
C「右に同じ」
ひまわり「…おにいちゃん大丈夫?帰ろう!
     Aさんも肩貸してください!!」

A「は?

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 23:09:06.33 ID:8YjKjQ5D0

しんのすけ「ひま…逃げろ…」
B「ラアッ!!」ドスッ!!

Bの蹴りでしんのすけは吹き飛ばされた

ひまわり「お兄ちゃん!?」

Cは近くにあったドラム缶にしんのすけを縛り付けた

A「ククク…ひまわりちゃん…交渉だ」
ひまわり「あんた達なんて大ッ嫌い!!」

Aは顎をクいっと指図するようにあげると
BとCはしんのすけを殴り始めた
ひまわり「やめてやめてやめてえええ!!お兄ちゃんを苛めないで!!」
BとCの動きは止まった
A「ここで交渉だ、ひまちゃん、お兄さん達と
  遊んでくれたら、お兄ちゃんを解放するよ」
ひま「わかったよ…お兄ちゃんの為なら!」
しんのすけ「…だめだ…ひま…」
B「眠れオラアッ!!」ドスゴッ!
しんのすけは軽く脳震盪を起こしたようで気絶した
ひま「・・・・おにいちゃんごめんね・・・」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 23:17:03.99 ID:8YjKjQ5D0

A「さ、ひまわりちゃん、口あけて」
ひま「ん、むあ」

ためらもなく、ひまわりは口を開けた
だが、ひまわりの目には兄を守るという
決心がわかるように輝いている

ムチュ…レロ・・・
Aは唾液も絡ませてくる、Aはひまわりの舌を
搾り取るうようにキスをしていた
Bはひまわりの服を少し脱がし、
桜色の幼い乳首を舐めわしていた、皿に残った
汚れを舐めるように、Cは何故か家に帰っていた
Aは舌を絡ませつつも手を徐々に下にスライドさせていき
ひまわり「ヒャアッ!!」
女性性器に手をかけていた

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 23:19:21.10 ID:8YjKjQ5D0

なんか気分悪くなったんで
書くのやめます
続きを誰も期待していないようなので

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/27(木) 23:21:55.30 ID:8YjKjQ5D0

なんで、
妻が死んで10年目ナのに
こんなんしてんだろ
あほらしすぎる



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「ハルヒお茶買ってきなさい」