佐々木「まるまるもりもり みんなたべるよ〜♪」キョン「……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カツオ「かおりちゃんのオマンコの味」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:48:36.07 ID:lgYeSsdZ0


-某デパート-




佐々木「つるつるてかてか あしたもはれるかな〜〜♪」

キョン「……!!!!」


佐々木「だばでゅあ、じゃばだば♪」


佐々木「だばでゅあ、じゃばだば♪でゅあっ」




キョン(……とんでもないものを見てしまった)






佐々木「おおきくなったらおそ〜らに〜〜…」



2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:51:14.60 ID:lgYeSsdZ0


キョン(なんてこった。夕飯の買い物に来たら佐々木が鼻歌でマルマルモリモリを…)

キョン(神様ありがとう、ハルヒ様ありがとう)



佐々木「あれ?おそ〜らに……えーと…」



キョン(どうやら歌詞を忘れてしまったようだ。よし、佐々木は俺に気付いていないみたいだし…)




――――――――――――――

 To: 佐々木

 件名: 無題


 本文: 声 が 届 く か な


――――――――――――――


キョン(…送信っと)ピッ


3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:51:53.12 ID:lgYeSsdZ0


キョン(……)ドキドキ

佐々木「おや、メールだ。……え。キョンから…?」


佐々木「な、なんだろう……突然メールなんか寄越して」ドキドキ



佐々木「えいっ、開封」ピッ


キョン「!」


4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:52:18.59 ID:lgYeSsdZ0




佐々木「」






5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:52:48.55 ID:lgYeSsdZ0



佐々木「―――――ッッ!!!!????////////」




キョン「っし」グッ


佐々木「」キョロ

佐々木「」キョロキョロ


佐々木(どっ、どういうことだ……近くには見当たらないけど)


佐々木「もしかしてキョンに見られていたのか?僕の醜態を…………」

キョン(バッチリ見てました)

佐々木「――――――うぁぁぁああ…///」


6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:53:18.52 ID:lgYeSsdZ0


佐々木「うう……」カチカチ


キョン「…む。メールか」



――――――――――――――――

 From: 佐々木

 件名: どいいうことだい


 本文: 早急に簡潔に説明したまえキョン

    まさか見ていたのか?


――――――――――――――――


キョン「焦って打ち間違える佐々木かわいい」


7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:53:45.08 ID:lgYeSsdZ0


キョン「よし、返信」ピッ




―――――――――――――――――

 To: 佐々木

 件名: まあ落ち着け




 本文: いつまででもいっしょだよ



―――――――――――――――――



佐々木「……!?」


8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:54:12.98 ID:lgYeSsdZ0


――――――――――――――――

 From: 佐々木

 件名: 君が落ち着くんだ


 本文: 意味がわからないよ

    一体何のつもりだいキョン、僕をからかっているのか


――――――――――――――――


キョン「……」


キョン「」ピッ



―――――――――――――――――


 To: 佐々木

 件名: 明日も晴れるかなぁ

 本文: なし


―――――――――――――――――


佐々木「キョンがおかしくなった…」


9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:54:40.45 ID:lgYeSsdZ0


佐々木「ええい、こうなったらもう電話だ」prrr


キョン「ん、佐々木のやつ直接電話をかけてきたか…」prrr






キョン『もしもし、どちら様ですか?』


佐々木『分かってるだろう。どこから見ているんだい』


キョン『その声は佐々木か。何の話だ?』

佐々木『…ほう、どうやら君はとことん僕をからかうつもりらしいね』

キョン『何の話だ?まるもり』

佐々木『待ちたまえ』


11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:55:57.94 ID:lgYeSsdZ0


佐々木『キョン、そういうのは君のキャラじゃない。もうやめにしよう』

キョン『……』


キョン『そうだな。悪い佐々木、少し悪ふざけが過ぎた』

佐々木『分かってくれたなら良いんだよ。とりあえず、出てきてくれないか?近くにいるんだろう』

キョン『分かった。でゅあっ』

佐々木『全然分かってないじゃないか』


12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:56:26.21 ID:lgYeSsdZ0



キョン「よう佐々木、久しぶりだな」


佐々木「キョン……君は高校に入って少し変わってしまったね」

キョン「そんなことはないぞ?中学時代のままだ。もりもり♪」

佐々木「もしもし橘さん?突然なのだが、涼宮さんの力を移す話、今すぐ実行してくれないか。キョンを改変したい」

キョン「待て待て待て待て俺が悪かった!」


14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:56:53.38 ID:lgYeSsdZ0


佐々木「まったく……。もう一度やったら君との付き合いを考え直すからね」

キョン「いや、本当に悪かった。なかなか見れるものじゃなかったから興奮しちまった」

佐々木「くっ、やっぱりあれを見られていたのか……数日は立ち直れそうにないよ」

キョン「すまん。声をかけようとも思ったんだが、あれを止めるのはかなり惜しくてな」

佐々木「…まあいいさ。僕に注意力が足りなかったのも一因だ」


15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 18:57:37.82 ID:lgYeSsdZ0


佐々木「ところでキョン、今日は夕飯の買い出しかい?」


キョン「当たりだ。あとは会計を済ますだけだが」

佐々木「ふむふむ。その具材からすると、今日の献立はカレーかな」

キョン「今日は家に俺一人なんでな、時間かけてとことん料理してやろうってわけだ」

佐々木「それはいいね。僕もカレーはよく作るんだが、やはりじっくり作った方が断然美味しくなる」


佐々木「だけどキョン、流石に一人でカレー一鍋は多くないかい?」

キョン「そうなんだよな。まあ明日は土曜だし、不思議探索の後に長門でも呼べば――――…」


キョン「そうだ、佐々木お前今夜空いてるか?」

キョン「さっきの詫びと言ったら何なんだが、よかったら一緒に晩飯でも食べないか」


佐々木「え…」


16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/10/27(木) 19:03:00.48 ID:lgYeSsdZ0

あとはまかせた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「おねいさん、ロボットなの?」なの「@!?」