のび太「退屈だな……何か面白いこと起きないかな?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「ちょっと工藤くん…ふざけるのもいい加減に…っんぅ!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/10/14(金) 15:08:42.09 ID:nDu7l1k60

のび太「はぁ……」

ガタガタガタガタガタ……

のび太「……?」

ガタガタガタガタガタガタガタガタ……

のび太「引き出しが……」

ガタガタガタガタガタ…………

シーン

のび太「なんだ?」

ガラッ!!

のび太「―――うっ!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:11:44.51 ID:nDu7l1k60

のび太「いたた……鳩尾に入った……」

のび太「引き出しが勝手に開いたぞ……?」

のび太「……」

美少女「……(ヌッ」

のび太「……ん!?!?」

美少女「んんーーー!?!?!?」

のび太「ぷはぁああ!!?!?」

美少女「やだ……いきなりキス……されちゃった……」

のび太「き、きみは……!?」

ドラえもん「あ、僕、ドラえもんです。22世紀からやってきました、美少女猫耳ロボットです」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:15:09.38 ID:nDu7l1k60

のび太「……」

ドラえもん「どっこいせ」

のび太「ちょ……え……?」

ドラえもん「はぁ〜♪」

のび太「ちょっと。座布団の上で丸くならないでよ」

ドラえもん「なんでですか?」

のび太「いや……」

ドラえもん「ふわぁぁ……」

のび太「ちょっと!!君はなんなの!?」

ドラえもん「美少女猫耳ロボットですって」

のび太「ちがうよ!そういうことを聞いてないよ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:18:11.48 ID:nDu7l1k60

ドラえもん「……?」

のび太「なんなの!?なんで引き出しからでてきたの!?」

ドラえもん「はあ……」

のび太「君はここに何しに来たの!?!」

ドラえもん「えっと……まあ、あの……貴方の子孫がですね」

のび太「……」

ドラえもん「あ、なんか信じてないからいいです」

のび太「いや、とりあえず話してよ!!」

ドラえもん「えー?」

のび太「えーじゃないよ!!こっちは混乱しっぱなしなんだから!!!」

ドラえもん「はぁ」

のび太「はぁじゃないよ!!説明してよ!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:21:35.55 ID:nDu7l1k60

ドラえもん「貴方の子孫がですね。まあ、えっと、どうしようもないダメな貴方を更生させるために僕をここに向かわしたんです」

のび太「……」

ドラえもん「はい」

のび太「以上ってこと?」

ドラえもん「はい」

のび太「証拠はあるの?」

ドラえもん「証拠、ですか……ちょっと待ってくださいね。このポケットに……よ」

のび太「それは?」

ドラえもん「未来の貴方が写ってますよ?」

のび太「アルバムか……どれどれ?」

ドラえもん「ジャイ子さんと結婚することになってますね」

のび太「ぶっふぅーーー!!!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:23:41.32 ID:nDu7l1k60

ドラえもん「はい。信じてもらえましたか?」

のび太「まあ、うん……」

ドラえもん「じゃあ、寝ますね」

のび太「……」

ドラえもん「すやすや……」

のび太「……僕も寝よう」



のび太「―――ん」

のび太「……」

ドラえもん「……あは♪」

のび太「夢じゃなかった……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:26:09.34 ID:nDu7l1k60

ママ「のびちゃーん、ごはんよー」

のび太「!?」

ドラえもん「おぉ」

のび太「押し入れに隠れて!!」

ドラえもん「え?」

のび太「早く!!」

ドラえもん「はいはい」

ガラッ

のび太「出てきちゃ、ダメだからね!!」

ドラえもん「あ、はい」

ピシャ!!

ママ「どうしたの?」

のび太「な、なんでもないよ……さあ、ごはんだー」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:29:02.19 ID:nDu7l1k60

のび太「―――はぁ」

ドラえもん「あ、おかえりなさい」

のび太「……ふう」

ドラえもん「あは♪」

のび太「君は何がしたいのさ」

ドラえもん「貴方を更生させたいんです」

のび太「……」

ドラえもん「にゃん♪」

のび太「……かわいい」

ドラえもん「まあ、はい。22世紀の美少女猫耳ロボットなんで」

のび太「思ったんだけど……君がいればお嫁さんとかいらないよね?」

ドラえもん「え?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:31:44.43 ID:nDu7l1k60

のび太「……」

ドラえもん「ちょ……僕、ロボット……」

のび太「……」

ドラえもん「あ……だめ……」

のび太「その下はどうなっているの……?」

ドラえもん「や、やだ……」

のび太「……はぁ……はぁ……」

ドラえもん「ロボット法でロボットに欲情したものは50万円以下の罰金に―――」

のび太「はぁ……はぁ……」

ドラえもん「ひぃ……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/14(金) 15:35:06.21 ID:nDu7l1k60

のび太「はぁ……はぁ……」

パンパン

ドラえもん「あっ……あっ……」

のび太「出すよ……出すよ……」

ドラえもん「あっ……だめ……そ、とに……」

のび太「―――うっ!!」

ドビュルルル……

ドラえもん「あ、ん……♪」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ジャイアン「スネ夫くん、俺を歌手デビューさせてくれよ」スネ夫「」