長門「あなたに襲われても私は決して抵抗しない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒたちの夜 「黄昏症候群」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:02:56.49 ID:9F8UWJwc0

キョン「襲ったりしないから安心しろ」

長門「心配はしていない、ただあなたに私が抵抗しないという事を知って貰いたいだけ」

キョン「それは俺に襲って欲しいわけか?」

長門「肯定はしない」

キョン「そうか・・・」

カチャッ

キョン「鍵は閉めたからもう誰も入って来れないぞ」

長門「そう・・・」ドキドキ

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:05:00.32 ID:9F8UWJwc0

キョン「お前の尻ってさわり心地いいな」

国木田「やっやっぱりダメ!」

キョン「お前から誘ったんだろ、今更ダメは無いだろ」

国木田「その・・・やっぱり心の準備がまだ出来てないんだよ!」

キョン「俺をその気にさせといてそれはないだろ」

国木田「でも・・・」

キョン「俺に任せておけよ、悪いようにはしないから、な?」

国木田「キョン・・・優しくして」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:08:04.52 ID:9F8UWJwc0

キョン「優しくするに決まってるだろ」

古泉「でも、あなたの表情がいつもと違うもので・・・」

キョン「大丈夫、優しくするから、な?」

古泉「服は自分で脱げますから・・・あっ」

キョン「可愛い乳首じゃないか」

古泉「そんな事言わないでください、あっ」

キョン「チュパッチュパッ・・・しかも美味しいじゃないか」

古泉「あっ・・あああ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:11:49.83 ID:9F8UWJwc0

ハルヒ「乳首ばっかり吸ってんじゃないわよ!」

キョン「じゃあどこを吸って欲しいんだ?」

ハルヒ「ばっ馬鹿!」

キョン「どこを吸って欲しいんだ?」

ハルヒ「あんたいいかげんん・・・ん!」

キョン「ン・・・ちゅ・・・ちゅっ・・・」

ハルヒ「んんんー!」

キョン「唇を吸って欲しかったんだろ?」

ハルヒ「次いきなり唇を吸ったら殺すからね!」

キョン「いきなりじゃなかったらいいんだな?」

ハルヒ「それは・・・その・・・うん」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:17:34.66 ID:9F8UWJwc0

キョン「じゃあ次は下を脱ごうか、自分で脱げるんだろ?」

ベジータ「ふざけやがって・・・」

キョン「そう言いながら自分で脱ぐんだな、可愛いな」

ベジータ「俺様が可愛いだと?」

キョン「ああ、可愛いよ、キスするぞ、いきなりじゃないからいいんだろ?」

ベジータ「かっ勝手にしやがれ!」

キョン「ふふっじゃあ遠慮なくキスさせてもらおう、ちゅっ」

ベジータ「んっ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:28:17.86 ID:9F8UWJwc0

ベジータ「・・・もっとキスして欲しい」

ナッパ「ん、聞こえなかったぞ、もう一度言ってくれねぇか?」

ベジータ「もっと俺にキスをしろと言ったんだ!」

ナッパ「ほぅ、ベジータからそう言ってくるとはな、いいぜ、たっぷりキスしてやる」

ベジータ「早く!ほら!んっ・・・ちゅちゅぱっ」

ナッパ(うおっ、ベジータの舌が絡みついてきやがるぜ!)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:31:21.80 ID:9F8UWJwc0

ナッパ「どこでこんな淫らなキスを覚えたんだ?」

長門「本で読んだ」

ナッパ「本にこんな事書いてるわけないだろ」

長門「本当はインターネットを介してキスに関する情報を収集して実践してみた」

ナッパ「ほぅ、他にはどんな情報を実践してくれるんだ?」

長門「それは・・・」

ナッパ「それは下半身を使った実践だろ?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:36:10.12 ID:9F8UWJwc0

ドラえもん「下半身を使った実践だなんて、下品な言い方だなぁ」

のび太「だって僕もう我慢できないんだよ!」

ドラえもん「あらあら、僕とのキスでこんなにアソコを大きくしちゃって」

のび太「いいんでしょ?入れさせてくれるんでしょ?」

ドラえもん「入れてもいいけど、いつも僕とできるとは思わないでね」

のび太「うん、わかったから早く!」

ドラえもん(本当にわかってるのかな・・・まぁいいか)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:38:39.61 ID:9F8UWJwc0

ドラえもん「ん・・・結構大きい・・・動かないでっ!」

ナッパ「中はキツキツだな」

ドラえもん「動かないでって言ったでしょ!」

ナッパ「そういわれても俺はもう我慢できないぞ!」

ドラえもん「でも・・・じゃあ僕とキスをして」

ナッパ「キスしたら我慢できるっていうのか?」

ドラえもん「・・・うん、我慢するよ」

ナッパ「ふふっ可愛い事言うじゃねぇか、たっぷりキスしてやらねぇとな」

ドラえもん「んっ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/12(水) 00:53:53.49 ID:9F8UWJwc0

長門は爆発した





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:服部「工藤!工藤!工藤!工藤!工藤!工藤!」