アスカ「カヲル、だめぇ…シンジにバレちゃう…あっ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョンとハルヒの子供が母親譲りのワガママ娘だったら

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 06:44:29.98 ID:YGVhXnlo0

カヲル「たまにはリリンの♀でも弄くって遊ぼうかな」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 06:55:37.61 ID:YGVhXnlo0

ネルフ〜

カヲル「やあ、こんにちは惣流さん。ちょうど良かった」

アスカ「は? なによフィフィス。シンジならあっちで…」

カヲル「今日はシンジ君じゃなく、君に用があるんだ」

アスカ「ふぅん…珍しいわね。何?」

カヲル「ちょっとした相談事さ。場所を変えてもいいかな?」

アスカ「いいけど、手早く済ませなさいよ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 07:07:27.56 ID:YGVhXnlo0

カヲル「ここら辺でいいかな」

アスカ「あんたが私に相談ねえ…普段、ろくに話しかけもしないくせに」

カヲル「すまないね。シンジ君には無理なお願いだから」

アスカ「?」

カヲル「実は、僕に女性のことを学ばせて欲しいんだ」

アスカ「はあ??」

カヲル「失礼」

アスカ「きゃっ!? ちょ、ちょっと、なにすんのよこの……ん、んんっ!??」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 07:29:49.26 ID:YGVhXnlo0

アスカ「ん〜っ!!」ジタバタ

アスカ(ななな、何すんのよこのど変態!!!)

カヲル「ん…」

アスカ「ぷは、このぉ!!」

カヲル「おっと。危ないな、暴れないで」

アスカ「いっ! いきなりキスしといて、なに言ってんのよっっ」

カヲル「お願いだよ、『アスカ』」

アスカ「!」ドキッ

カヲル「……」

アスカ「き、、、気安く名前呼んでんじゃ」

アスカ(うぅ…なんて目で見んのよ、こいつ)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 07:31:12.12 ID:YGVhXnlo0

カヲル「じっとしていて」

アスカ「あ……! ヤ…ぃやぁ…」

アスカ(また近づいてくる。避けないと……)

カヲル「…」

アスカ(キレイな顔…)


アスカ「ん、んん」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 07:45:53.56 ID:YGVhXnlo0

シンジ「あ、カヲル君。アスカ見なかった?」

カヲル「惣流さんなら…向こうのベンチに座ってたよ」

シンジ「ありがとう」

テクテクテク

シンジ「アスカ。僕のほうの調整も全部終わったよ。帰ろう」

アスカ「…ハァ」

シンジ「アスカ?」

アスカ「えっ。あ、シ、シンジ!? なによ突然、脅かさないでよ」

シンジ「脅かすって……普通に歩いてきたんだけど」

アスカ「そ、そう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 07:46:23.31 ID:YGVhXnlo0

シンジ「どしたの、ぼーっとして。疲れた?」

アスカ「そんなわけないでしょ! こ、この私が。なんともないわよ!」

シンジ「なにムキになってんだよ。終わったから帰ろうってば」

アスカ「あ…そうね。さっさと行きましょ」

シンジ「???」


カヲル(さて……リリンの♀はどう反応するのかな)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 07:57:03.64 ID:YGVhXnlo0

家〜

ミサト「おやすみなさぁい」

アスカ「ふん。おやすみ」

パタン

ドサッ

アスカ(今日は不覚だったわ…あんな男に)

アスカ(ちょぉ〜っと顔がいいからって調子に乗って、あいつ…)

アスカ(明日会ったら、問答無用でぶん殴ってやる!)

アスカ(明日会ったら…)

アスカ「……ハァ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 08:08:29.29 ID:YGVhXnlo0

ミサト「シンちゃんももう寝たら?」

シンジ「あとちょっと…台所キレイにしてから寝ます」

ミサト「うう、いつもすまないわねえ」

シンジ「ミサトさんに任せるよりマシですから」



アスカ「…ハァ、ハァ」クチュクチュ

アスカ(あ、あ、どうして私、こんな……っ)

アスカ「ん、ハァ、ハァ」クチュチュッ

アスカ(熱い…カラダ、熱くて、とまんない…!)

『アスカ』

アスカ(なんで、あんなヤツの声、、、思い出して…)

アスカ「いや、ぁ、んぁ、ハァ、ぁぁ―――っ!」

アスカ「〜〜〜!!!」ビククッ


アスカ(イ……ちゃ、った……私)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 08:18:57.01 ID:YGVhXnlo0

学校〜

アスカ(殴ってやる殴ってやる殴ってやる殴ってやる)

ヒカリ「ア、アスカ? どうしたの? 怖い顔して」

アスカ「え。そ、そぅお? フツーよフツー」

カヲル「お早う」

アスカ「!」ビクッ

ヒカリ「あ、おはよう。渚君」

アスカ「あ…フィ、フィフス」

カヲル「あれ、『惣流さん』は挨拶を返してはくれないのかい?」

アスカ「え……ぁ、えっと…」

ヒカリ「ダメよアスカ、挨拶はちゃんと…って。どうかしたの?」

カヲル「顔が真っ赤だよ」

アスカ「///」

ヒカリ「???」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 08:27:27.56 ID:YGVhXnlo0

カヲル「ところで洞木さん。始業までまだ時間があるし、少しいいかな」

ヒカリ「なに?」

カヲル「学校のことで聞きたいことがあってね。僕はまだ、転校してきて間もないから」

ヒカリ「あ、うん。何でも聞いて」

カヲル「向こうにあった貼り紙のことなんだけど―――」

アスカ「…」

カヲル「ちょっと、掲示板のところまで一緒に来てくれないかな。見ながら質問するよ」

ヒカリ「分かった。アスカ、また後でね」

カヲル「それじゃね、惣流さん」

アスカ「あ…」

テクテクテク

アスカ(な、なによあいつ…昨日はいきなりあんな事しといて…)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 08:45:34.17 ID:YGVhXnlo0

テクテクテク

ヒカリ「渚君、どこまで行くの? 掲示板ってさっきのじゃ…?」

カヲル「ゴメンね洞木さん。本当の用件は別にあるんだ」

ヒカリ「え?」

カヲル「人のいないところで聞いて欲しくてね―――ここなら大丈夫かな」

ヒカリ「な、なに?」

カヲル「……ふっ」

ヒカリ「……」

カヲル「洞木さん」

ヒカリ「う、うん」ドキドキ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 08:54:22.90 ID:YGVhXnlo0

カヲル「…」ジー

ヒカリ「あ…」ドキドキドキ

カヲル「君は、鈴原くんの事が好きなのかい?」

ヒカリ「!?」

カヲル「どうして?って顔をしているね。見ていれば分かるさ」

ヒカリ「そ、それは、えっと……ご、誤解よ! 私あんなやつ」

カヲル「嘘をつかなくてもいいよ。大丈夫。誰かに話したりはしない」

ヒカリ「……皆には黙っててね?」

カヲル「もちろん。ただ」

ヒカリ「ただ、なに…? あっ!?」

ぎゅぅ

ヒカリ「!! な、、、なぎさ君、、、、???」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:00:16.53 ID:YGVhXnlo0

カヲル「ただ―――」

ヒカリ「ぁっ」

ヒカリ(み、耳元で…)

カヲル「僕のことも、少しだけ気にして欲しいな」

ヒカリ「え、あ…っ、え?」

カヲル「…お願いだよ」

ぎゅぅ

ヒカリ「んっ」



カヲル「そろそろ先生が来てしまうね。戻ろうか」

ヒカリ「あ……うん」ポーッ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:17:49.26 ID:YGVhXnlo0

ほーかご

シンジ「カヲル君! たまには一緒に帰らない?」

カヲル「そうだね―――」チラッ

アスカ「っ」ドキ

カヲル「いや、遠慮しておくよ。僕が一緒だと惣流さんが嫌がるだろうから」

シンジ「パイロット仲間だし、それじゃダメだと思うけど…ねえアスカ、たまにはいいよね?」

アスカ「わ、私は……」

カヲル「…」

アスカ「イ、イヤに決まってるじゃない! ほらさっさと帰るわよバカシンジっ」

シンジ「ちぇ、なんだよ。ごめんカヲル君、また今度」

カヲル「ああ、気にしないで。じゃあねシンジ君」

アスカ「ふんっ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:20:56.48 ID:YGVhXnlo0

カヲル「さて―――」


テクテクテク

レイ「…」

カヲル「…」

テクテクテク

レイ「…」

カヲル「…」

レイ「……どこまで付いてくるつもり?」

カヲル「君の家までさ」

レイ「どうして?」

カヲル「着いてから話すよ。気にするかい?」

レイ「別に。構わないわ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:36:57.39 ID:YGVhXnlo0

レイの部屋〜

カヲル「綾波レイ…いや、リリス。君は気づいてるだろうけど、僕はリリンとは違う」

レイ「…」

カヲル「だから今、リリンの世界で生きていくために、リリンの女性について勉強しているんだ」

レイ「…」

カヲル「信じてくれるかい?」

レイ「興味ないわ」

カヲル「つれないね。でも僕としては、同じくリリンと異なる生命体である君に、頼みごとをしたい」

レイ「なに?」

カヲル「性行為の練習台になってくれないかな? 一度だけでいいから」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:51:04.72 ID:YGVhXnlo0

カヲル「僕らの肉体そのものは、リリンと大きな違いがあるわけじゃない。だから…」

レイ「嫌」

カヲル「……性行為が上手なほうが、シンジ君を気持ちよくしてあげられるよ」

レイ「っ」ピク

カヲル「君はおそらく、性的な知識は学校の授業でしか知らない」

レイ「ええ」

カヲル「リリス……レイ。それではシンジ君を悦ばせてあげられないよ」

レイ「…本当に?」

カヲル「シンジ君に関することで、僕が嘘を言うと思うかい?」

レイ「…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:51:29.11 ID:YGVhXnlo0

カヲル「だから僕が教えてあげる。リリンの快楽をね」

レイ「実験では無かったの?」

カヲル「どれだけの快楽を与えられるか、得られるかの実験さ」

レイ「……」

カヲル「いいね? 僕は僕のため、君はシンジ君のために」

レイ「…」コク

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/09(日) 09:56:03.33 ID:YGVhXnlo0

ミサトの家〜

シンジ「あれ? アスカ。どこ行くの?」

アスカ「…」

シンジ「アスカ?」

アスカ「うっさいわね。ちょ、ちょっと友達のところに出かけてくるだけよ」

シンジ「あんまり遅くなっちゃダメだよ? 暗くなっても、僕、迎えに行けないかも知れないし」

アスカ「ガードがつくから大丈夫よ、バァカ」

シンジ「いってらっしゃい」

アスカ「…いってきます」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 10:02:37.91 ID:YGVhXnlo0

休憩



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「だから…捜査のお手伝い…してもいい…明智警視?」