エド「ここが磯野家か…」アル「そうだね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスラン「キラってうざくね?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 19:57:00.03 ID:bkKZS8St0

エド「大佐の話だと、この家の誰かが賢者の石を持ってるみたいなんだが…」

アル「そんな風に見えないよね」

エド「ああ、俺もそう思う」

タラヲ「ぶーーーん!!」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:03:41.53 ID:bkKZS8St0

エド「この家の子供か?」

アル「兄さん!あの子が右手に持ってるのって…」

エド「はっ…賢者の石!?」

アル「ど、どうするの兄さん?」

エド「追いかけるぞ…」

アル「あんな小さな子を!?」

エド「うるせーっ!!先手必勝だ!!」

アル(いい表情だね)

タッタッタ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:12:05.82 ID:bkKZS8St0

エド「おい、待て…!」

ガシッ

タラオ「ふぎゃっ」

アル「兄さん、ダメだよ!」

ドスッ!

アルはエドの顔面にハイキックを入れ込んだ

エド「ぐはっ……」

アル「小さい子にはもっと優しくしなきゃ」

タラオ「誰ですかぁ?」

アル「僕はアルフォンス。このちっちゃい人の弟さ」

エド「ちっちゃい言うなァッ!!!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:21:34.53 ID:bkKZS8St0

タラ「違うですぅ。」

アル「あれ?」

エド「って、ただのいちごじゃねーか!!」

タラ「お兄ちゃん達が勘違いしたですぅ」

エド「ったく…アルの勘違いにも困るぜ」

アル「あはは、ごめんね?赤い物見ると敏感に反応しちゃって」

エド「この間は赤信号を石と間違えてたよな?」

アル「うん」

タラ「賢者の石なんて、僕知らないですぅ」

エド(そりゃそうだよな…)

タラ「でもノリスケおじさんなら知ってるかもしれないですぅ!」

アル「ノリスケおじさん?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:24:28.29 ID:bkKZS8St0

―ノリスケ第5研究所―

コンコン

ノリスケ「はい?」

タラ「ノリスケおじさーん」

ノリスケ「タラちゃん!!どうしたんだい1人で来るなんて」

タラ「1人じゃないですぅ」

ノリスケ「ん?」

エド「あ…お邪魔します」

アル「僕達、賢者の石について調べてて…」

ノリスケ「賢者の石…」

エド「何か知ってるのか!?」

ノリスケ「ダメだ……あれは、悪魔の石だ……ッ!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:27:38.28 ID:bkKZS8St0

エド「悪魔の石って何だよ…」

ノリスケ「作り方は知ってるのか?」

アル「ええ、材料は人間だってことも…」

ノリスケ「だったら尚更ダメだ…!!」

エド「知ってるって、地獄ならとうに見てるよ」

ノリスケ「なぜそこまで石を求めるんだい?」

アル「兄さん…」

エド「ああ、分かってる。全部話すよ。」

それから5時間後

エドはこれまで起きたことを全て話した

人体練成の話ももちろん…

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:32:00.70 ID:bkKZS8St0

ノリスケ「そうか…それで石を」

エド「それで今、世界中旅して石を探してるって訳なんだ」

ノリスケ「石か。」

アル「場所さえ分かれば早いんですけど…」

ノリスケ「そういえば、マスオさんが通販で買ったって言ってたな…」

エド「マスオさん?」

ノリスケ「タラちゃんのお父さんさ。」

アル「その人なら、何か知ってるかもしれないですね」

ノリスケ「ああ…石について何か知ってるのは間違いないよ」

タイコ「あら、お客様かしら」

エド「こ…こんにちは」

アル「お邪魔させてもらってます…」

タイコ「ごめんなさいね、この人役に立たなくって」

ノリスケ「タイコひどいじゃないかぁ〜」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:35:46.14 ID:bkKZS8St0

ノリスケ「そうだ、今日は君たちに夕食をご馳走しようじゃないか!」

エド「え?」

アル「でも…子供さんもいるんですよね?迷惑じゃないですか?」

ノリスケ「ハハハッ!そんなの気にしなくていいさ、食事はみんなで食べるほうが美味しいに決まってるよ!」

タイコ「それじゃあ…今日はお寿司にしましょうか」

エド「なんか…石のこと聞きにきただけなのにすいません…」

タイコ「いいのよ…何だか、イクラと貴方が似ていて…」

エド「イクラ?」

ノリスケ「実はね…僕の息子のイクラは、先月亡くなったんだ」

アル「!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:41:57.91 ID:bkKZS8St0

アル「す…すいません、僕何も知らなくて…!」

ノリスケ「いいんだ気にしないでくれ」

タイコ「タラちゃんと同じ年だったわ…ホントに、優しい子で明るくて自己中な子だったわ」

ノリスケ「エド君。君をどうしてもイクラと重ねて見てしまうんだ」

エド「は、はぁ…」

タイコ「まだ信じられないの…イクラがいなくなっちゃうなんて…」

アル(師匠が死を説明するのは難しいって言ってたっけ……)

ノリスケ「さぁ、暗い話はここまでにしよう!」

タラ「夕食が出来る前に、僕の家に行くですぅ!」

エド「そ…そうだな!今の内に、マスオさんとやらに話を聞いてみっか!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:46:56.84 ID:bkKZS8St0

タラ「こっちですぅ」

アル「兄さん」

エド「どうしたんだ?」

アル「あの人達も…僕達みたいに人体練成しようなんて思ってないよね…?」

エド「大丈夫だろ、そこまで精神的にきてるようには見えなかったしな」

アル「僕の考えすぎかな」

タッタッタ

カツオ「あれ?タラちゃん?」

ワカメ「タラちゃん探してたのよ〜」

タラ「お兄ちゃん達と遊んでたですぅ」

エド(また子供かよ…)

カツオ「ハハッ!!ミニチュアみたいな人だね!」

エド「ぶちっ……」

ドスッドスッ!!

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 20:51:55.20 ID:bkKZS8St0

―磯野家―
カツオ「ただいまー」

タッタッタ

サザエ「あら、遅かったじゃない〜」

ワカメ「タラちゃんを探してたのよ」

フネ「後の方はお客さんかい?」

エド「どうも」

アル「お邪魔します」

フネ「いいオートメイルしてるじゃないか」

エド「!?」

アル「ど、どうして兄さんがオートメイルって…?」

フネ「僅かなズレで分かるもんだよ」

サザエ「それで、何か用かしら?」

エド「マスオさんって人に用があって…」

ワカメ「マスオさんならさっき出かけたわ」

タラ「とんだ無駄足ですぅ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:01:53.96 ID:bkKZS8St0

エド「そんじゃ、ノリスケさんの所に戻ってみるか」

サザエ「マスオさんが帰ってきたら電話するわね」

エド達は再びノリスケ家へ

警察官A「これで2人目ですよ」

警察官B「またアイツの仕業か?」

アル「兄さん、事件みたいだね」

エド「そうみたいだけど…アイツって誰だよ?」

警察官A「ややっ!!これは鋼の錬金術師殿!」

エド「何かあったんですか?」

警察官A「殺人事件ですよ、これで2人目ですがね」

アル「物騒な時代ですね」

警察官A「犯人の目撃情報は聞いています。お二方もどうか気をつけてくだされ。」

エド「なんか犯人の特徴的な部分を言ってくれねーと…」

警察官A「我々の間では、メガネの男と呼んでいます」

アル「メガネの男?」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:06:41.06 ID:bkKZS8St0

警察官A「特徴的な部分がメガネをかけているとしか分かっていません」

警察官B「奴もただの犯罪者とは違います、お気をつけてください」

アル「わざわざありがとうございます。」

警官2人は再び現場にへと戻った

エド「メガネの男って、ただのスカー気取りなんじゃねーの?」

アル「どうだろうね…目撃情報なんて曖昧でアテにならないしね」

エド「でも、この街にいるのは確かだろうな…」

アル「あ!もうこんな時間だよ!」

エド「やっべ…夕食の準備してくれてるんだった…!」

タッタッタ


イササカ「き、君は…」

???「…!!」

ゴシャッ!!

イササカ「グァッ……」

???「…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:11:18.52 ID:bkKZS8St0

―ノリスケ家―

コンコン

エド「ノリスケさーん?」

アル「……」

エド「おっかしーな、誰もいないのか?」

アル「そんなハズないよ。僕達が戻ってくるの知ってたんだから」

コンコン

エド「ノリスケさーん?エドワードです!!」


マスオ「ああ、すまないね。」

佐川急便「4280円です」

マスオ「いつもご苦労様」

佐川急便「毎度ありがとうございました!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:15:01.93 ID:bkKZS8St0

ガチャッ

アル「ん」

エド「って、開きっ放しかよ…」

アル「電気もついてないけど、ホントに誰もいないのかな?」

エド「中に入ってみるか」

アル「土足でいいよ。」


花沢「マスオさん」

マスオ「やぁ、花沢さん」

花沢「今月分の賢者の石…」

マスオ「分かってるよ。1つ500円だよ。」

花沢「早くッ……!!!石をッ…!!!!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:20:48.82 ID:bkKZS8St0

花沢「バリバリッ」

花沢「美味しいわ賢者の石ッ!!」

マスオ「食べ続ければ、世界一の美貌が手に入るさ」

花沢「磯野ぐんにっ!!振り向いてもらう!!!!!」

マスオ「そうそう…その調子だよ」


エド「おいおい、誰もいないどころか…」

アル「部屋がめちゃくちゃに荒らされてるよね」

エド「強盗にでも入られたのか?」

アル「可能性としては無くはないね」

エド「これじゃ、今度はノリスケさん達を探さないとな…」

アル「兄さん…このノート」

エド「ん?」

アルに手渡されたのは机の上に置いてあった古いノート





53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:25:52.24 ID:bkKZS8St0

エド「ノリスケわくわくノート?」

アル「すごくボロボロだね。」

エド「どれ、中を見てみるか」

パラッ

7月2日…

今日はイクラとタラちゃんが遊んでいた
毎回思うのだが、なぜイクラは「バブー」と「ハァイ」しか喋らないんだろう

エド「これって…」

アル「ノリスケさんの日記だよね」

エド「何か分かるかもしれねーな」

7月19日…

タラちゃんとの差を感じる
イクラの方が顔もかっこいいし、髪色もかっこいいのに
どうしてタラちゃんなんだろう?



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:32:57.44 ID:bkKZS8St0

エド「ノリスケさん色々と悩んでたんだな」

アル「ツイッター気取りじゃない?」

エド「それなのに、あんなに明るく俺達に話してくれたなんて…」


8月13日…

イクラが死んだ

エド「!?」

アル「この日がイクラちゃんの…」

エド「まだノートは続いてるな……」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:33:16.03 ID:bkKZS8St0

パラッ

8月19日

どうして、イクラなんだろう
何か僕達は悪いことでもしただろうか?
ああ・・・神よ

アル「段々と鬱になってきてるね」

エド「手がかりはないか…」

ペラッ

8月25日…

ある方から(僕からすれば神)と話をした
もしかすると…イクラは戻ってくるかもしれない

アル「兄さん……戻ってくるって」

エド「まさか、あの2人…人体練成をするつもりなのか!?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:40:00.05 ID:bkKZS8St0

アル「次で最後のページかな?」

エド「ああ、ノートは次で終わってるな」

ペラッ

9月28日…

見 た な

エド「!?」

最後のページの字は血で書かれていた

アル「ノリスケさん…何をするつもりで…」

エド「見たなって、どういうことだよ…」

アル「9月28日で終わってるんだね?」

エド「ああ、日記はな」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:47:50.75 ID:bkKZS8St0

アル「あ、電話かかってきたよ」

エド「きっとサザエさんからだろ。」

アル「はい、もしもし。こちらアルフォンス」

ザーーーーーッ
アル「はい?どちら様ですか?」

エド「繋がってないのか?」

アル「そうじゃなくて…ノイズがひどいんだよ」

コンコン

エド「こんな時に誰だよ…」

アル「もしもーし?いたずらなら殴りますよ〜?」

アル「…28日………?」

ふと、アルは玄関のカレンダーに視線を走らせた

エド「今、ノリスケさんは…」

エドがドアノブに手をかけた

アル「兄さん!!!!!開けちゃダメだっ!!!!」

ドスーーーーーンッ!!!!!

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:52:26.46 ID:bkKZS8St0

エド「げほっ…ぐっ……」

アル「兄さん、大丈夫!?」

エド「心配いらねーよ…それより、いきなりドアがぶち破られた…」

ノリスコ「ゴァァァァァ!!!」

アル「キメラ!?」

エド「しかもキメラかよ…」

ノリスコ「ギョァァァァ!!!」

エド「ちっ、どうやら俺達を駆除するつもりだな」

パンッ
バチバチッ

エド「やるしかねーな…」

アル(うわっ、またセンスの無い武器を…)

エド「つーか何でキメラが…」

アル「僕の推測なんだけど…あのキメラは……タイコさんとノリスケさんだよ」

エド「!?」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 21:57:06.02 ID:bkKZS8St0

アル「日記見たでしょ?28日って今日のことなんだ」

エド「今日って…じゃあ、あの最後の血も…」

アル「どちらかのだろうね…」

エド「どうして、キメラなんかに!!そんなことしてもイクラちゃんは…!」

ノリスコ「ダマレ小僧」

エド「の・・・ノリスケさん?」

ノリスコ「あの方が、教えてくれたんだ!!!!こうすればイクラが戻ってくるって!!」

アル「そんな…有り得ない話を…」

ノリスコ「可能さ!!あの方の言うことならば!!!」

エド「クッ……こんなこと、イクラちゃんが望んでる訳ないだろっ……!」

ノリスコ「イ…ク………ラ…」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:02:04.36 ID:bkKZS8St0

アル「死を受け入れてください…」

エド「俺達だって、あんた達と同じ気持ちを味わってるんだ…!」

ノリスコ「…す、まない」

エド「…」

アル「貴方達の身体も…石があれば戻る可能性は…」

ノリスコ「いや…いい」

エド「え?」

ノリスコ「なぜなら、イクラを殺したのは…僕達2人だからね……」

アル「!?」

ノリスコ「だから…これ以上、長く生きる資格はない………」

エド「どういうことだよ……自分の息子を親のあんた達が殺したって言うのかよ!!?」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:07:53.08 ID:bkKZS8St0

ノリスコ「フふふふふふふふフ!!!!!」

アル「…!」

ノリスコ「親が子供に何をしても構わないだろ?えぇ!?」

エド「っ…テメェ!!!」

ガシッ

エドはノリスケの首元を掴んだ

ノリスコ「うぐっ……ハハハハハ!!!いい表情だねエドくん!!!」

エド「黙れ!!!!」

アル「どうしてイクラちゃんを……」

ノリスコ「タラちゃんに劣っていたからさ…人体実験をして超人的なイクラを作ろうとしたまでさ」

アル「失敗の代償が…イクラちゃんの命なんですね…」

ノリスコ「ああ、安いモンだよ。あんなの。」

エド「……それなのによくも不幸ぶってやがってな…クソ野郎が!!」

ノリスコ「ふふふふふふふ!!!!親なら許されるんだよ!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:13:49.86 ID:bkKZS8St0

エド「うあああああ!!!!」

エドの怒りが頂点に達し
顔面をボコボコにしようとした時

アルが先に、ノリスコに蹴りを入れた

アル「バカバカ!!!」

ドスドスッ

ノリスコ「グッォッア!!!」

エド「…アルやめろ!!それ以上やったらノリスコが…!!」

ノリスコ「貴様ッ…何を…!!」

アル「子も守れない親に、親を語る資格なんてないよ」

ドスドスッ!!!!

ノリスコ「うああああぁああああああ!!!!」

エド「アルやめろ!!!!マジでやめろって!!!!」

その後、1時間ほどアルのラッシュを食らったノリスコは気絶

処理は警察官達に任せることに



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:19:13.74 ID:bkKZS8St0

アル「兄さん…人間って怖いね」

エド「何を今更言ってるんだよ。それでも決めたんだろ?俺達は進むって」

アル「うん…」

エド「俺達は先に進まなきゃいけないんだ」

アル「もう1度、サザエさんの家に行こう」

2人は決意を固めて、再び磯野家へ


―駅前―

???「腹減っタ…」

ウキエ「行き倒れとかいつの時代だよ」

???「うぅっ……」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:25:01.82 ID:bkKZS8St0

サブ「いらっしゃーい、賢者の石だよ〜」

子供A「おじさん僕にちょうだい!!」

子供B「僕は8個ちょうだい!!」

サブ「はいはい、押さないでね」

エド「賢者の石屋?」

アル「すごい便利な時代になったね兄さん」

サブちゃん「はーい、今日は売り切れ!また明日来てね」

子供A「ちぇ〜」

子供達は諦めて帰宅

サブ「おや?お兄さんたちも石が欲しいのかな?」

エド「いや俺達は…って、何であんたが賢者の石を!?」

サブ「ははっ、ただの石に赤い絵の具で塗っただけさ」

アル「それで1つ20円なんですね」

サブ「ちょっと駄菓子屋気分で売ってみたくてね」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:29:43.80 ID:bkKZS8St0

アル「でも、賢者の石知ってるんですね」

サブ「いやぁ…僕も石を知ったのはつい最近だからね」

エド「どうやって調べたんだ?」

サブ「ウィキペディアでたまたま見つけてね…興味を持ったんだ」

アル「1つ20円じゃ儲からないですよ」

サブ「賢者の石の掴み取りとかあるから問題ないよ」

エド「あんたは、本物の石が欲しいと思うか?」

サブ「いい質問だね…そりゃ、欲しいさ。」

エド「理由があるんだな」

サブ「ああ、石が必要になってしまったんだ」

アル「どうして?」

サブ「ふふっ…話し過ぎたね。もう話すことはないよ」

エド「お、おい!待てよ!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:43:03.65 ID:bkKZS8St0

アル「怪しいね」

エド「ああ、一応…な」


―磯野家―

エド「遅くなりましたーエドワードです」

サザエ「あら、待ってたわ」

マスオ「えぇ!?もしかして君みたいな豆粒が国家錬金術師だって言うのかい!?」

エド「うるせーーーーっ!!」

ドスッ!!

マスオ「ぐはっ」

アル「マスオさん、ちょっとお話があって」

マスオ「それじゃあ…近くの公園で話そうか」

エド「あ、はい…」

アル(妙に落ち着いた人だね)

エド(怪しいっつーか、何か知ってるって顔だな)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:48:27.32 ID:bkKZS8St0

―公園―
マスオ「それで、話ってのは…石のことかい?」

エド「!!」

アル(やっぱり…この人は知ってる…!!)

エド「だったら話が早いぜ」

マスオ「だが断る」

エド「いや、まだ何も言ってねーけど…」

アル「僕達…元の身体に戻りたくて」

マスオ「石以外でも戻る可能性はあるかもしれないだろ…」

エド「それはそうだけど…」

マスオ「つまり、君たちは見たんだろ。扉を。」

アル「!」

エド「あ…あんた、どうしてそれを?」

マスオ「若い頃は僕もサークル仲間を集めてやっていたからね」

エド「人体練成をか!?」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 22:55:06.07 ID:bkKZS8St0

アル「どこか持っていかれましたよね…」

マスオ「僕は人体練成には参加していない。仲間が勝手にやっただけさ。」

エド「何だよそのサークル…」

マスオ「僕はね、ただ真理というのが本当にあるのか見てみたかっただけなんだ」

アル「真理…」

マスオ「真理は容赦なく、僕の仲間に罰を与えたよ。」

エド「当然だ…それが等価交換の原則だ…」

マスオ「さて、僕が話せるのはこのぐらいだ」

アル「え…まだ何にも教えてくれないじゃないですか」

マスオ「気をつけた方がいい。」

エド「は?」

マスオ「この街は、何かがおかしい」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:00:25.10 ID:bkKZS8St0

マスオ「この街に踏み入った瞬間、違和感を感じなかったかい?」

エド「いや…」

アル「汚い街だなーとしか思いませんでした…」

マスオ「そうか、その方がいいかもしれない」

エド「待ってくれ…話が見えてこねぇ」

マスオ「真理を見た君たちなら分かるだろう?知らなくて良いこともあるんだ」

スタスタ

マスオ「それじゃあ僕はこれで」

そのままマスオは帰宅

アル「大して情報は掴めなかったね…」

エド「この街がおかしい…ってどういうことなんだよ…」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:11:03.50 ID:bkKZS8St0

アル「これからどうするの?」

エド「あんなこと言われたからには探ってみねーとな」

アル「大佐も調べれるだけ調べてこいって言ってたしね」

エド「あ、メガネの男だ。」

アル「もしかして捕まえる気?」

エド「この街にそんな危ない奴放置しておくのもな…」

アル「やっと国家錬金術師らしくなってきたね!」

エド「へへっ、俺も大人に成長してるってことだな」

アル(兄さんその身長でよく言えるね)


中島「ヒャッホー」

カツオ「中島、何してんだよ?」

中島「人体練成ごっこだよ!!」

かおり「痛いわ中島くん…」

中島「こうやって練成陣を書いてね…」

カツオ「お、おい僕達はやらないよ!?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:15:58.45 ID:bkKZS8St0

花沢「いぞのぐん」

カツオ「は…花沢さん?」

かおり「顔色がすごく悪いわ…」

花沢「ちょっと気合入れすぎちゃったかしら」

中島「化け物はいつでも化け物だよ!」

花沢「よくも言ったわねこのダメガネ!!」

ドスッドスッ

カツオ「2人共喧嘩はやめなよ!!」

花沢「あがっ…グッオ…」

かおり「きゃっ…花沢さんの腕がボロボロに…」

花沢「な、なんじゃこりゃぁ…」

中島「ヒィィッ…!!」

カツオ「花沢さん…」

花沢「いや…そんな目で見ないで…化け物を見るような目で見ないでッ!!!!!!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:22:52.27 ID:bkKZS8St0

中島「磯野ー!撤退しようぜー!」

花沢「まっ…でっ…!!」

スッ

メガネの男「醜いものは、消えろ」

グシャッ!!

花沢「うっ…ぁ…」

甚六「やれやれ、ブスを見ると僕の右腕が疼いちゃうよ」

カツオ「じ…んろくさん?」

甚六「やぁカツオ君」

中島「まさかあのメガネが最近の殺人事件の!?」

甚六「そうさ、僕がメガネの男(メガネ)さ」

カツオ「メガネ…呼び方そのまんま……」

甚六「僕の右腕はちょっと特殊でね…物質を破壊することができるんだ」

甚六「だから醜い君たちの顔を綺麗に整形してあげるよ^^」

カツオ「う、嘘だ!!甚六さんが犯人だなんて!!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:32:45.52 ID:bkKZS8St0

甚六「さぁ、僕がタダで整形してあげるよ」

中島「僕はもうイケメンだから必要ないさ!」

カツオ「バカ言うなよ、クリーチャーみたいな顔しやがって!」

甚六「ブスッ!!」

グシャッ!

かおり「がはっ…」

カツオ「かおりちゃん!!かおりちゃんが…!!」

甚六「安心しなよ、君たちもすぐに彼女の元へ行けるんだから」

中島「うっ…嫌だ死にたくないよおおお!!!」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:35:15.54 ID:bkKZS8St0

キィンッ!

???「ハーイ、間に合ったネ」

カツオ「だ…誰?」

リン「ン?オレはリン・ヤオだヨ^^」

中島「とにかくあのメガネをやっつけてよ!」

リン「それじゃ、助けたお礼に一飯頼むヨ…っ!」

甚六「クッ…こいつ!!!」

リン「メガネさん、隙だらけサ!」

グサッ!!

リンの剣が、甚六の右肩を突き刺す

甚六「グっァ…!!いてぇえっぇぇええ!!!!」

リン「こわっ」

カツオ「豹変し過ぎだよ甚六さん」

甚六「うるっせぇぇぇぇ!!!ブサイク以外この世にいらねーーんだよ!!!」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:42:15.83 ID:bkKZS8St0

リン「あんたは…ホムンクルス達に比べると楽勝だヨ」

甚六「ダッマッレ!!」

リン「えー…まだ闘うの…?」

中島「へいへい甚六ビビってるーー!!」

甚六「てめぇ…メガネのくせに!!」

リン「おっと、手出しはしないでくれヨ?」

甚六の腹部を鋭い剣が突き刺さった

バタッ

リン「ふぅ、これで一件落着だネ」

カツオ「甚六さん生きてるかな?」

リン「かる〜く刺したから大丈夫だヨ」

警察官A「いたぞ!!あいつが不法入国した男だ!」

リン「げっ…もう追ってきた…」

タッタッタ

警察官B「おい、逃がすな追え!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:46:36.66 ID:bkKZS8St0

エド「あ、お前たちまだ遊んでたのかよ?」

カツオ「違うよ。僕達襲われてたんだ」

アル「誰に?」

中島「メガネの男だよ!!」

アル「え、2人共大丈夫!?」

カツオ「えーっと…糸目のお兄さんが倒してくれたんだ」

エド「糸目?」

アル「誰だろ…」

中島「それにしてもこの街は最近こんなのばっかりだよ!」

エド「ん、何がだ?」

カツオ「突然身体の一部が変貌して暴れ出したりするんだ」

アル「怖いね…」

中島「そーいう奴は決まって石を食べた奴なんだけどね」

エド「賢者の石か……?」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:51:06.97 ID:bkKZS8St0

中島「まぁね」

カツオ「この街では賢者の石が普通にスーパーとかで売ってたりするんだ」

アル「あ、そういえばさっきの店でも…」

エド「誰がこの街に石を?」

中島「それが分かれば苦労しないさ!」

カツオ「デパートでは賢者の石のバーゲンとかもやってるぐらいなんだ」

エド「石のバーゲンって…何だよそれ…」

中島「正月には福袋に大量に入った賢者の石袋とかも売られるのさ」

アル「変わった街だね」

カツオ「街を繁盛させようとしてるのか分からないや…」

中島「おい磯野ォ、あの話してやれよ」

エド「なんだ?」

カツオ「あれは都市伝説だろ?有り得ないよ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/28(水) 23:55:25.05 ID:bkKZS8St0

中島「いいから、話してやれよ」

アル「どんな話でも僕達、聞くよ?」

カツオ「それじゃあ…」

数週間前

メガネの男と同じ時期に

「死なない人間」がこの街にいると噂されている

エド「死なない人間って…」

アル「ホムンクルス…?」

中島「なぁんだ!お兄さん達知ってるんじゃないか!」

カツオ「ホムンクルスがこの街にいるんだよ」

エド「死なない人間ねぇ…」

アル「エンヴィー達かな?」

エド「どうだろうな…あいつは化ける能力持ってるしよ」

アル「他のホムンクルスって可能性もあるよね」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/29(木) 00:01:13.03 ID:WHW0Sq1O0

マスオ「時間が…時間が無い……」

タラ「クスクス…」

フネ「食べてイイ?」

波平「ダメよフネ、食べちゃダメ」

フネ「ぶーっ…」

キング・中島「お父様、準備が出来ました」

???「そうか…我々の計画もいよいよ最終段階へ移る」

マスオ(すまん…エドワードくん)

アナゴ「ハハハハハハッ!!!このアナゴ様がグチャグチャにしてやるよ!!」

サザエ「めん…ど…くせー……」

堂々の完結!!!

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/29(木) 00:01:30.23 ID:WHW0Sq1O0

支援ありがとう。終わりです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「脱スイーツ・・ようこそ肉食系」