涼宮ハルヒの絶体絶命都市 キョンver


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「博士、おれペドになっちまったぜ」

ツイート

1 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/25(日) 20:16:46 ID:OSS3ueX60

俺はキョン。この町のタクシードライバーだ。

先週から降り続いている雨はいっこうに止まない……

店員「いらっしゃいませー」

キョン「知事の式典はどこだったかなぁ?」

若者「あぁ、羽白ジオセクションですよ」

キョン「羽白ジオセクションか……」

キョン「そろそろ仕事するか……」

俺は立ち読みしていたHな本を閉じて店を出た。

ブロロロ……「おっ!第一村人発見…いや、乗客発見!」

乗客「羽白ジオセクションまで頼む。急いでくれ!」

ブロロロ……キィー

乗客「あぁ、もうここでいいよ。」

キョン「580円です」

乗客「君は運転が上手いねぇ。ありがとう」

そう言うと、乗客は急いで走っていった。

乗客B「おや、久しぶりですね」

キョン「その声は!」

乗客B「えぇ。あの古泉一樹ですよ」

古泉「僕はジャーナリストになりました」

キョン「そうかい。で、どこに行きたいんだ?」

古泉「これは失礼。それでは羽白マンションまでお願いします」

2 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/25(日) 20:57:43 ID:OSS3ueX60

ブロロロ……キィ

古泉「おや、もう到着しましたか。意外と早かったですね」

キョン「ここで何かあったのか?」

古泉「ええ。殺人事件がありました」

キョン「いったい誰が殺されたんだ?」

古泉「朝倉さんですよ。しかも、長門さんが殺しました」

キョン「おい!嘘だろ!」

古泉「残念ながら真実です。彼女はもう一般人ですので能力もありません」

俺は絶句した。 あの長門が人殺しだつて?そんなわけない。絶対何かあるはずだ。

キョン「おい古泉。俺もその事件の調査に協力させてくれ」

古泉「いいでしょう。しかし、仕事はどうするのですか?」

キョン「その事は気にするな。このタクシー会社は水に流されたからな!」

古泉「サラリと凄い事を言いますね……」

3 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/25(日) 21:19:47 ID:OSS3ueX60

とりあえず人物の説明をしておく。

キョン(25才) 高校卒業後、羽白タクシーに就職する。

古泉(25) 大学卒業後、「週刊現在」の記者となる。今は羽白マンション殺人事件について取材している。



このSSは、絶体絶命都市2 凍てついた記憶達 が元ネタです。

4 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:39:09 ID:7/Lfz3EY0

古泉「それでは僕が下見に行ってきます。警察の方がいますから」

キョン「そうか。じゃあ頼んだぞ」

キョン「…………遅いな……」

古泉「すいません。部屋には入れませんでした。ちょっと会社に連絡します」

古泉「はい。富田研究所ですね。了解しました」

ピッ

キョン「終わったか?」

古泉「ええ。お待たせしました」

キョン「次は富田研究所だな」

ブロロロ……

5 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 18:07:32 ID:7/Lfz3EY0

ラジオ「先週から降り続いている大雨の影響で、羽白川が決壊しました」

キョン「だってよ。どうする古泉」

古泉「研究所は大丈夫ですよ」

ブロロロ……キィ

    --17:15 研究所駐車場--

古泉「誰もいませんね。まぁ偽の避難命令を出したからですけどね」

キョン「古泉、これからどこに行くんだ?」

古泉「僕についてくればわかります」

ーーー研究所一階ーーー

キョン「ハルヒの能力はどうなった?」

古泉「彼女の能力は自然消滅しました。それと同時に機関も解散しました」

キョン「だから最近ハルヒに会わなくなったのか」

古泉「到着しました。ここが最後の砦です」

キョン「扉が開いているな。ラッキー!」

古泉「ではこの書類を車に運んでください」

キョン「やれやれ。どんだけ持っていくんだ?」

古泉「これが最後ですから頑張ってください」

キョン「へいへい」

古泉「この資料は!」

6 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 18:29:44 ID:7/Lfz3EY0

プシュ-バタン!

キョン「どうした古泉!」

古泉「僕としたことが…何たる失態」

キョン「クソッ!開かない……」

古泉「パスワードを入力しないと開きません。この研究所の方を呼ばないと…」

キョン「誰を呼べばいい?」

古泉「鶴屋さんです。彼女なら分かってくれます」

キョン「どこに居るんだ?」

古泉「羽白ショッピング街だと思います」

キョン「わかった!待ってろ!」

ブロロロ……

7 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 18:43:59 ID:7/Lfz3EY0

ブロロロ……

キョン「あっ!鶴屋さん発見」

キョン「おーい!鶴屋さーん!」

鶴屋「おや?キョン君じゃないか!」

キョン「実は…カクカクシカジカ」

鶴屋「そっか!それは大変だね!でもね、キョン君に連れて行ってくれたい所があるんだ♪」

キョン「こっちの用事が先だ!」

カチャ

キョン「なっ!つ、鶴屋さん?」

鶴屋「悪いけど私の用事が先だよ」

キョン「ど、どこに行きますか?」

鶴屋「羽白ダムだよ♪なるべく急いでね」

キョン「は、はい!」

ブロロロ…… 「鶴屋さんがあんな事を…恐ろしいな…」

キョン「あのー。鶴屋さんって“〜にょろ”って言ったましたね」

鶴屋「今はその口癖を直したんだ。だから不思議でしょ?」

キョン「そうだったんですか……」

ブロロロ……

8 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 19:38:39 ID:7/Lfz3EY0

18:00 羽白ダム

鶴屋「ふぅ〜やっと到着」

キョン「俺は待ってますから!」

鶴屋「わかったよ〜♪」

キョン「古泉は大丈夫だろうか……」

ドドドド……

キョン「な、何が起きているんだ!」

鶴屋「お待たせ〜キョン君♪」

キョン「用事は済みましたか?」

鶴屋「うん♪恨みも晴らしたから」

キョン「う、恨み?」

鶴屋「朝倉さんが殺されたのは知っているよね」

キョン「ええ。もちろん」

鶴屋「あの犯人は長門有希とされていたけど、本当は違う。犯人は谷口なの」

キョン「谷口が?何でアイツが?」

鶴屋「詳しい事は言えないけど犯人は谷口だよ。だから…」

キョン「もう止めてください!」

鶴屋「!……ごめんねキョン君」

キョン「……じゃあ研究所に行きますよ」

ブロロロ……

9 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 20:00:53 ID:7/Lfz3EY0

19:00 富田研究所

キョン「この部屋です」

鶴屋「待ってて。すぐ開けるから」

プシュ-

古泉「ハァ、ハァ…お、遅いですよ」

キョン「スマン古泉。ちょっとヤボ用が出来てな」

古泉「そ…うですか。では僕達もこの町から逃げましょう。水がここまで来ました」

キョン「あぁ。そうだな」

ラジオ「羽白市の南部が水没しました。住民の方は一刻も早く避難してください」

キ•鶴•古「…………………」

キョン「じゃあ出発します」

ブロロロ……

10 名前:世界一のインポ[] 投稿日:2011/09/26(月) 21:13:11 ID:7/Lfz3EY0

ドガシャ-ンドドドドドドドドド

キョン「濁流が来た!」

ブロロロロロロロロ………

20:00 羽白中央ロータリー

古泉「そこの駐車場に止めてください」

ブロロロ キィ-

古泉「ここが僕の働いていた会社です。今は誰もいません」

鶴屋「私もここでお別れだね。キョン君、古泉君。ありがとう」

古泉「それではまたどこかで会いましょう」

古泉「では中に入りましょう」

古泉「おや?明かりがついていますね」

古泉「あ、須藤先輩!」

須藤「古泉君!まだこの町にいたのか!」

古泉「先輩、ちょっと見てもらいたい物が…」

須藤「………なるほど。そうだったのか…」

古泉「ええ。これもあなたのお陰ですよ」

キョン「顔を近づけるな。気持ち悪いぞ」

古泉「これは失礼」

須藤「これからどうするつもりだ?」

キョン「これから古泉と脱出しようと思っています」

須藤「そうか。それなら僕も連れて行ってくれないか?」

キョン「はい。いいですよ」

……こうして俺、古泉、須藤さん3人で水没する羽白市を脱出した……

鶴屋さんはあれから音沙汰がない。恐らく亡くなったのだろう…

涼宮ハルヒの絶体絶命都市 キョンver終了



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:dハルヒの机の中身全部男子トイレに流したwwwwwww