キョン「もう我慢できないカチャカチャ」ハルヒ「なっなにしてんのよ///」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「解毒剤に必要なものを揃えて欲しいの」

ツイート

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:38:42.38 ID:xXtTrtfU0

キョン「さぁハルヒ、早く脱げよ」


ハルヒ「あんた!部室に私達しかいないからって!調子乗るんじゃないわよ!」


キョン「いいだろ?お前の事が好き過ぎて仕方がないんだよ…」


ハルヒ「…その言葉本当よね?」ドキドキ


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:46:47.14 ID:xXtTrtfU0

キョン「あぁ、本当だ。だから股間がこんなんになってるぞ」


ハルヒ「…///で、これをどうすればいいのかしら?」


キョン「…そうだな。とりあえず、口で咥えて貰おうか」


ハルヒ「…///バッカ!そんな事出来る訳ないじゃない!一回死になさいよ!」


キョン「なんだ?できないのか?俺はお前の事が好きなのに、お前は俺が嫌いなのか?」


ハルヒ「…わかったわよ…やってやろうじゃない…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:52:10.83 ID:xXtTrtfU0

キョン「…うっ、凄く気持ちいい。童貞の俺にはヤバすぎる…」


ハルヒ「あんた、さっきまで強気だったのにどうしたのかしら?まさかこんなのでイっちゃうわけ?」チュプチュプ


キョン「だって…お前の舌使いが上手いから…凄くムズムズする…」


ハルヒ「私はね、こう言う状況になるのを考えて、バナナで練習してるのよ」チュプチュプ


キョン「何故それを想定しているんだ…」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:05:27.01 ID:xXtTrtfU0

ハルヒ「私みたいな、美少女にはあるかもしれないでしょ?みくるちゃんにもバナナで練習させているわ」チュプチュプ


キョン「…朝比奈さんのおしゃぶり…してもらいたいな…」


ハルヒ「なに!?私に不満があるの?そんな悪い奴はこうしてやる!」グイッ!


キョン「お前…ナニしてんだよ!痛いだろ!」


ハルヒ「ナニってナニを踏んでお仕置きしてあげているのよ。なにか文句ある?」


キョン「…別にないが」(ハルヒにチンコ踏まれるなんてご褒美だな)





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:09:55.34 ID:xXtTrtfU0

ハルヒ「うわ!気持ち悪!なにあんたニヤニヤ笑っているのよ!」


キョン「いや…ご褒美だなと思いつつだな…ウッ…やばい」


ハルヒ「最低の豚ね。あんたみたいな豚は早くイってしまいなさい!」


キョン「すまん、ハルヒ…でる!」ドピュ!


ハルヒ「気持ち悪!女の子のニーソにブチまけるなんて最低ね」

キョン「いやぁ〜それ程でも」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:14:16.53 ID:xXtTrtfU0

ハルヒ「全然褒めてないわよ!早く死ね!飛び降りて死ね!」


ハルヒ(キョンのナニがあんなに大きいなんて…しかもピンピンしてる…)


キョン(オナ禁効果凄いよ!童貞卒業できるんじゃないか!?ここは一つ…)


キョン「なぁハルヒ、お前は俺の事好きか?正直に答えてくれ」


ハルヒ「…///バカ!あんたなんでそんな事聞くのよ!…好きに決まっているじゃない…」





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:17:42.77 ID:xXtTrtfU0

キョン(ktkrこれは童貞捨てれるぞ!長い童貞生活だった…)


キョン「ならさ…ハルヒ///このまま交わらないか?」


ハルヒ「えっ………///」カア-ッ


ハルヒ「バカ!やっぱり死ね!って言いたいけど…あんたなら別にいいわよ///」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:20:34.39 ID:xXtTrtfU0

キョン「本当にいいのか?後悔しても知らんぞ」


ハルヒ「初めてがキョンとなら後悔するはずがないじゃない///だって…好きだから」


キョン「わかった…とりあえず、財布からゴムとってくる!」



ハルヒ「キョン!」


ハルヒ「別にゴム無しでも…生でしてもいいわよ…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:24:13.13 ID:xXtTrtfU0

キョン「わかった。とりあえず童貞の俺にアソコ見せて貰えるか?」


ハルヒ「なに言ってんのよ…バカ」


ハルヒ「ちょっとだけ後ろ向いていなさい」ヌギヌギ


ハルヒ「…脱いだわよ。これでいい?///」


キョン「お、おう…」(ハルヒのアソコピンク色で綺麗だな)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:31:37.22 ID:xXtTrtfU0

キョン「女の子アソコ初めて見た」スーハー


ハルヒ「あんまり近づいてジロジロ見ないで///恥ずかしんだから」


キョン「そんな事言われても…この匂い…ムスコをそそりたたせるな」


ハルヒ「臭くて悪かったわね!」


キョン「いや、そんな事はない。食べたくなってきた」ペロペロ


ハルヒ「ちょっ///やめなさい!」アッ!


因みにSSは初めてです。よろしくお願いします

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:56:06.88 ID:xXtTrtfU0

キョン「ハルヒのおまんこ…今まで味わった事のない、癖になりそうな味がする…」


ハルヒ「あんた…やめなさいよ!あっ気持ち良すぎて変になりそうよ!」


キョン「それはハルヒがそれだけ敏感なんだよ。可愛いな〜」


ハルヒ「かっ///可愛いなんて言うんじゃないわよ///アッ…!」


キョン「ほら感じてて、可愛いじゃないか。さすがハルヒだな。可愛い声だ」


ハルヒ「キョン!気持ちいい!イく!イっちゃうぅぅぅぅ!」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:56:41.10 ID:xXtTrtfU0

ハルヒ「ハァッ…………ハァッ」


キョン「ハルヒ、まだまだだぞ。今から俺のナニがお前の膣に入るんだ」


ハルヒ「そんな太い奴、無理に決まっているじゃない!」


キョン「無理じゃない!二人の気持ちがあれば、どんな痛みも乗り越えて行けるさ」


ハルヒ「…バカ///」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:57:05.76 ID:xXtTrtfU0

キョン「ハルヒ、心の準備はできたか?」



ハルヒ「少し待ちなさい、待ちなさいよ…///」


ハルヒ「よし、覚悟はついたわ」

ハルヒ「後悔しないから…」


キョン「わかった。初めてだからゆっくり挿れるぞ」


みくる「すいませ〜ん、遅れました〜」


キョン「」ハルヒ「」




ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「キョン君…」