キョン「朝倉、手を組まないか?」 朝倉「はあ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「朝比奈さんの肛門、綺麗ですね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:30:27.73 ID:I2Uivwgd0

朝倉「急にどうしたのよ?」

キョン「いや、おまえ以前言ってたじゃないか」

キョン「変化の起きない毎日はうんざりだって」

朝倉「あ〜言ったわね」

朝倉「で、それがどうしてあなたと手を組むことになるのかしら?」

キョン「俺が変化させてやる」

朝倉「え?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:33:24.48 ID:I2Uivwgd0

キョン「だから俺がハルヒを変えてやるっつってんだよ」

朝倉「出来るの?」

キョン「もちろん。でもそれにはお前の協力が必要なんだ」

朝倉「……いいわ。どうやったら涼宮さんが変えわるのか興味もあるし、
   協力してあげる」

キョン「そうか」ニヤッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:35:38.83 ID:I2Uivwgd0

キョン「じゃあ早速ステップワン!」グイッ

朝倉「きゃっ!?」

キョン「フフフフフフフ」

朝倉「ちょっと急にどうしたのよ、腕なんか組んで!」

キョン「ハルヒを変えよう!大作戦ステップ1」

キョン「朝倉と腕組み」

朝倉「はあ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:39:03.15 ID:I2Uivwgd0

キョン「いいから今日は1日この状態だ」

キョン「ただしハルヒの前ではしないよう注意してだぞ」

朝倉「それじゃ監視にならないじゃない」

キョン「あまい、あまいぞ朝倉!」

キョン「急にハルヒにこんなの見せたら世界崩壊もんだ」

キョン「あいつを変えるためにはまず下ごしらえが必要なんだ」

朝倉「そ、そう……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:42:13.70 ID:I2Uivwgd0

キョン「何事もステップが必要なんだよ」

キョン「まずは噂になるところから始めよう!」グアッ

朝倉「あなた、こんな暑苦しいキャラだったっけ?」

キョン「野望の為には多少のキャラ崩壊も辞さない覚悟だ」

朝倉「野望ってなによ、野望って」

キョン「おっと、つい口が……ま、まあ良いじゃないか」

キョン「結果的にハルヒが変われば朝倉も嬉しいだろ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:45:27.03 ID:I2Uivwgd0

朝倉「そりゃあ変わってくれたら嬉しいけど……本当にこんなので変わるの?」

キョン「変わるさ!」

キョン「たとえこれで変わらなくとも、絶対に俺が変えてやるから
    安心して任せてくれ!」

朝倉「そこまで言うなら……いいけど。不安だわ」

キョン「クククククククク」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:47:11.80 ID:I2Uivwgd0

翌日!


谷口「おいキョン!どういうこった!」

キョン「なんだ谷口か、朝っぱらからどうした?」

谷口「どうしたもこうしたもあるか!」

谷口「おまえ、いつの間に朝倉涼子と付き合ってたんだよ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:50:14.38 ID:I2Uivwgd0

キョン「俺が朝倉と?おいおい寝ぼけてんじゃないのか」

谷口「だったらなんで腕組んで楽しそうにおしゃべりしてんだよ!
   おかしいじゃねえか!」

キョン「なっ、し、知ってたのか?」

谷口「証人は俺だけじゃねーぞ!学校中の噂だよ!」

谷口「俺らのアイドルを奪いやがって!!!」ギギギ

キョン(計画通り!)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:52:58.24 ID:I2Uivwgd0

谷口「なんとか言えよ、キョン!」

谷口「いつからだ、いつから付き合ってたんだ!」

キョン「やれやれ、仕方ねえな。友達に隠し事はよくないか、やっぱり」

谷口「!?」

谷口「じゃ、じゃあやっぱり……」

キョン「ああ、昨日からな」

谷口「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 06:55:33.26 ID:I2Uivwgd0

キョン「お前に黙ってたのは悪かったよ。でも、中々言いだせなくてさ」

谷口「……」

キョン「すまん」

谷口「いや、俺の方こそ熱くなりすぎた。悪かった」

キョン「谷口」

谷口「童貞って、こんなふうに減ってくんだな」

キョン「谷口…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:00:50.97 ID:I2Uivwgd0

谷口「ま、おまえに彼女が出来てよかったよ」

谷口「あんな変な団に入ってたら、おちおち青春満喫できねーもんな!」

谷口「おめでとさん」

キョン「サンキュ」

谷口「じゃあな」ザッ

キョン「おいちょっと待て。ドコに行くつもりだ、授業始まるぞ?」

谷口「ふう……いや、風俗だよ」ニカッ

キョン「そのまま言い止まっとけよ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:03:34.71 ID:I2Uivwgd0

昼休み!


キョン「ということが今朝あった」

朝倉「それで谷口がいなかったのね、納得」

キョン「ああ」

朝倉「それよりいつの間にあたし、あなたと付き合ってる事になってるの?」

キョン「噂によると昨日かららしいぞ」

朝倉「そうじゃなくて!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:07:22.54 ID:I2Uivwgd0

朝倉「手を組みはしたけど付き合ってなんかないでしょ、あたし達!」

キョン「似たようなもんだし良いじゃないか」

朝倉「良くない!」

キョン「why?」

朝倉「下手に噂立てられると動きづらくなるでしょ、どうするのよ」

朝倉「実は付き合ってるのが嘘だって、涼宮さんにばれたら一巻の
   終わりよ?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:10:17.53 ID:I2Uivwgd0

キョン「なんだそんな事か」

キョン「だったら心配は無用だ朝倉」

朝倉「え?」

キョン「今は説明しても分からんだろうが、俺を信じろ」ニカッ

朝倉「……」

キョン「んじゃ噂も広がったみたいだし、ステップ2行くか!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:12:58.84 ID:I2Uivwgd0

キョン「ハルヒを変えよう!大作戦ステップ2」

キョン「抱きしめ合う」



朝倉「……ねえ」ギュー

キョン「なんだ?」ギュー

朝倉「ちょっと恥ずかしいんだけど」ギュー

キョン「心配すんな、気の所為だ」ギュー

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:16:45.51 ID:I2Uivwgd0

ザワザワザワザワ


朝倉「いえ、気のせいじゃないわ」

朝倉「すんごいザワついてるわよ、周り」

キョン「ざわつかせときゃいいさ。どうせざわついてる奴らは彼女と
    抱きしめあえない童貞ばっかなんだから」

朝倉「なにその理屈」

朝倉「というより、こんな校舎の中で抱きしめあうとか恥ずかしいって
   あたしは言ってるんだけど」

キョン「俺は嬉しい」

朝倉「へんたい」

キョン「フヒヒ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:21:07.82 ID:I2Uivwgd0

翌日!


古泉「なに考えてんですか、あなたは!」

キョン「どうしたんだよ古泉、そんなにボロボロになって」

古泉「ボロボロになって!?誰のせいだと思ってんですか、誰の!」

キョン「皆目見当つかんな」

古泉「あなたのせいでしょう!」クアッ

キョン「そんな怒るなよ、みんな見てるぞ。あと顔が近い」

古泉「くっ!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:26:24.55 ID:I2Uivwgd0

古泉「説明を要求します!」

キョン「説明っつわれてもなあ。俺と朝倉がつきあう事になった、以上」

古泉「はあっ!?」ゴォッ

キョン「いや、はあ!?とか言われてもな」

キョン「本当にそれだけなんだが……っておい古泉?」

古泉「はっ!?」

古泉「も、申し訳ありません。少し精神が崩壊してますたたたたた」ガタガタガタ

キョン「いいから落ち着け」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:33:38.95 ID:I2Uivwgd0

放課後!


古泉「落ち着きました」

キョン「長かったな、落ち着くのに」

古泉「途中バイトの電話もありましたし」

キョン「それでか」

古泉「というより、今日も朝倉涼子と抱き合ってたようですね」

キョン「うん!」サァァァァ

古泉「なんですか、その笑顔。すっごいぶっ飛ばしたいん衝動に
   駆られるんですが」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:35:44.22 ID:I2Uivwgd0

キョン「だから落ち着け」

キョン「ここで俺と揉めてもおまえに得な事はないだろう」

古泉「くっ…」

キョン「それで?俺と朝倉がつきあってる事には納得してくれたのか?」

古泉「出来るはずないでしょう」

キョン「やっぱりか」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:38:03.92 ID:I2Uivwgd0

古泉「だいたいあなた、涼宮さんというものがありながら、他の人と!」

古泉「しかも宇宙人と付き合うなんてどういう事なんですか!」

キョン「俺が好きな相手がたまたま宇宙人だった」

キョン「それだけだろ」

古泉「納得できません」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:39:33.26 ID:I2Uivwgd0

古泉「だいたいあなた!朝倉涼子には以前一度殺されかけてる
   じゃないですか」

古泉「そんな彼女のどこに惚れるっt」

キョン「太もも!」

古泉「……え?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:41:41.11 ID:I2Uivwgd0

キョン「だから太もも!あとおっぱい!それから眉毛!」

古泉「え?え?」

キョン「朝倉に惚れた場所さ」

古泉「いやいやいやいやいや」

古泉「はあ?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:45:41.96 ID:I2Uivwgd0

キョン「理解不能って顔してるな」

古泉「当り前でしょう!たかが太ももやおっぱいのせいで世界崩壊
   なんて誰が納得できるんですか!!!」

キョン「たかが太ももやおっぱいだと?ふざけるなよ、あと
    眉毛が入ってないぞ」

古泉「すみません、眉毛も入れておきます……ってそうじゃなくて!」

キョン「なんだよ」

古泉「本当にたったそれだけのために朝倉涼子と付き合うことに
   したんですか、あなたは?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:53:00.42 ID:I2Uivwgd0

キョン「言葉を慎めよ、古泉」クアッ

古泉「!?」

キョン「太ももやおっぱい、眉毛をたったそれだけだと?」

キョン「おまえは男のロマンをなにも分かっちゃいない」

古泉「そんなの分かりたくもありませんよ!」

古泉「それに太ももやおっぱいなら涼宮さんのでも良いじゃないですか!」

古泉「大きさが足りないなら朝比奈みくるでも!」

古泉「なんでよりによって朝倉涼子なんですか!?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:54:42.96 ID:I2Uivwgd0

キョン「バカ野郎!」ビシッ

古泉「ぐはっ!」

キョン「あのパーツはなあ!朝倉が持ってるからこそ素晴らしいんだ!」

キョン「他の何物にも代えはきかないんだよ!」

古泉「そんな……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 07:57:00.48 ID:I2Uivwgd0

翌日!


キョン「という事が昨日あってな」

朝倉「おかしい、いろいろとおかしい」

キョン「どこがだよ」

朝倉「全部に決まってるでしょ!」

朝倉「だいたい、あたしあなたと付き合ってるワケじゃないんだからね?」

キョン「またまた御冗談を…」サワッ

朝倉「当然のようにお尻さわるのやめてくれない?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:00:33.18 ID:I2Uivwgd0

キョン「やめれない〜とまらない〜」サワサワサワサワ

朝倉「かっぱえびせんじゃないから!」

キョン「でもおまえのお尻はかっぱえびせんのように病みつきになる
    さわり心地だよな」ムチムチ

朝倉「こ、こら!揉まないでよ」

キョン「すまん、手が勝手に…」モミモミモミモ

朝倉「あっ……ちょ、ちょっと待って…」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:03:16.14 ID:I2Uivwgd0

キョン「フヒヒ」モミモミモミモモミ

朝倉「ま、待てって言ってるでしょ、このへんたい!」ドカッ

キョン「ぐはっ!?」

朝倉「ったくもう!」ハァハァハァ

キョン「……すまん、我を見失ってた」ムクリ

朝倉「どうせならそのまま気を失ってれば良かったのに」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:08:40.60 ID:I2Uivwgd0

キョン「いや、おまえの為にも俺はハルヒを変えなくちゃならないからな」

キョン「眠ってなんかいられないさ」

朝倉「当初の目的を忘れてないようで安心はしたわ」

キョン「愛するおまえのためだからな」

朝倉「言ってないで、さっさと次のプラン発表してくれないかしら」

キョン「おう」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:15:15.28 ID:I2Uivwgd0

キョン「ハルヒを変えよう!大作戦ステップ3」

キョン「いっしょに登下校」



朝倉「……ねえ」

キョン「なんだ?」

朝倉「順番おかしくない?」

キョン「こんなもんだろ、ここからじわじわハルヒの目に留まるよう
    行動するぞ」

朝倉「ああ、やっとなのね」

キョン「噂は十分にたったみたいだからな」

キョン「存分にハルヒに俺たちのらぶらぶっぷりを見せつけてやろうぜ!」

朝倉「大丈夫かしら…」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:20:45.24 ID:I2Uivwgd0

翌日!


ハルヒ「ねえ」

朝倉「あら涼宮さん、おはよう。どうしたの?」

ハルヒ「あんた、さいきん、妙にキョンと仲が良いらしいじゃない」

ハルヒ「どういう風のふきまわし?」

朝倉「え…」

ハルヒ「言っとくけど!あいつは典型的なダメ男だからね!」

ハルヒ「あんたもあんなのに手を出すより、他の男の方がよっぽど
    マシだって後で思い知ることになるわ!」

朝倉「え、え〜と」

ハルヒ「あたしが言いたかったのはそれだけだから!」

ハルヒ「じゃあね!……ふん!」スタスタスタ

朝倉「……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:24:40.49 ID:I2Uivwgd0

昼休み


朝倉「ってことが今朝あったわ」

キョン「ハルヒがおまえの席に行って何してたのかと思ったがそれか」

朝倉「うん」

キョン「よしよし、ちゃんと変わってきてるな」

朝倉「みたいね」

キョン「どうだ、俺って頼りになるだろ?」ニカッ

朝倉「でもなんだか、あんまり良い気分じゃないんだけど」

キョン「大丈夫。いまはハルヒもあんなけど、いつかは
    分かってくれるって」

朝倉「だと良いけど」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:28:54.52 ID:I2Uivwgd0

朝倉「って、分かってもらう必要なんかないわ!」

朝倉「べつにあなたと付き合ってるわけじゃないんだし!」

キョン「ま、今はそれでもいいさ」

キョン「んじゃハルヒを変えよう大作戦!ステップ4行っとくか」

朝倉「ちょっと展開早すぎない?」

キョン「外堀、外堀」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:34:04.72 ID:I2Uivwgd0

翌日!



キョン「いや〜、涼子の作ってくれた弁当は上手いなあ!」ガツガツガツ

朝倉「そんなに褒めないでよ。みんな見てるじゃない、恥ずかしいわ」

キョン「だって凄い上手いんだから仕方ないだろ」ガツガツガツ

朝倉「もう、キョン君ったら」



ハルヒ「……」ジー イライライライラ

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:39:50.11 ID:I2Uivwgd0

ハルヒ「なにあれ、なにあれ、なにあれ?」ブツブツブツブツ

ハルヒ「あんの糞マユゲ、キョンに餌付けとか何考えてんの?」ブツブツブツ

ハルヒ「あのバカ、単純だからそんなことされたら勘違いしちゃう
    じゃない!」ブツブツブツブツ

ハルヒ「これは由々しき事態だわ、なんとかしないと!」ブツブツブツ


そのころ

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふ!」

古泉「はぁはぁはぁ……数が、へらない…」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:39:50.11 ID:I2Uivwgd0

ハルヒ「なにあれ、なにあれ、なにあれ?」ブツブツブツブツ

ハルヒ「あんの糞マユゲ、キョンに餌付けとか何考えてんの?」ブツブツブツ

ハルヒ「あのバカ、単純だからそんなことされたら勘違いしちゃう
    じゃない!」ブツブツブツブツ

ハルヒ「これは由々しき事態だわ、なんとかしないと!」ブツブツブツ


そのころ

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふ!」

古泉「はぁはぁはぁ……数が、へらない…」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:43:21.05 ID:I2Uivwgd0

放課後!


キョン「さてと……」スッ

ハルヒ「ちょ、ちょっとキョン!」

キョン「ん、どうしたハルヒ?」

ハルヒ「ちょっと話があるの、いっしょに帰るわよ!」

キョン「いや、俺いっしょに帰る約束してる奴いるし」

ハルヒ「な、誰よそれ!」

キョン「あさ……秘密」

ハルヒ「はあ?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:48:03.49 ID:I2Uivwgd0

キョン「俺がおまえにどやされるのは構わないが、俺のせいでそいつに
    迷惑かかるのは嫌だからな」

キョン「だから秘密だ」

ハルヒ「あ、あたしがその子に迷惑かけると思ってんの?」

ハルヒ「そんな事しないわ!」

キョン「そうじゃなかったとしても、あんまり人のプライベート
    に触ってやんなよ」

キョン「俺はまあ別に構わんが、自分の知らない所でぺちゃくちゃ
    自分の事言いふらされたりしたら、あんまり良い気しないだろう?」

ハルヒ「む……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:52:50.90 ID:I2Uivwgd0

キョン「んじゃ、俺帰るな」ガチャ バタン

ハルヒ「あっ、ま、待ちなさい!」ダダダ



朝倉「キョン君、おそーい」

キョン「ははっ、ごめんごめん」

キョン「じゃあ帰るか」

朝倉「うん♪」ギュ




ハルヒ「あ……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 08:57:28.10 ID:I2Uivwgd0

キョン「今日さー……」ワイワイ

朝倉「へー…」ペチャクチャ

キョン「でさあ…」

朝倉「うんうん」




ハルヒ「あ、あぁぁぁぁぁぁ……」




古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっ……あれ?神人が大人しく?」

古泉「これはいったい…」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:02:37.63 ID:I2Uivwgd0

翌日!


朝倉「ねえ」

キョン「ああ、朝倉か」

朝倉「ああ、朝倉か、じゃないでしょ!」

朝倉「涼宮さんが学校来てないんだけど」

キョン「そのようだな」

朝倉「これじゃ監視どころの騒ぎじゃないわ。どうするの?」

キョン「俺も困ってる。まさかこれほどとは……完全に想定外だ」

朝倉「はあ?」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:06:07.52 ID:I2Uivwgd0

キョン「いや、ちゃんとステップ踏んだはずなんだけどなあ」

キョン「まずは俺と朝倉が腕組んでる噂だろ?次に抱き合ってる噂」

キョン「でもこれはあくまでも只の噂でハルヒ自体は目撃してない」

キョン「そんで登下校からじわじわ見るようになって弁当、ニックネーム…」

キョン「順調に行ってたよな?な?」

朝倉「あたしに聞かないでよ、そんなの」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:10:20.70 ID:I2Uivwgd0

キョン「おっかしいな〜、一緒に朝倉と帰ってるの見ただけで学校
    休むとかあいつの性格上ありえないハズなんだが…」

朝倉「ねえ、さっきから聞いてるとあなたが涼宮さんを変えるって
   あたしに言った方法が、ただ彼女をじわじわ虐めたかっただけ
   に聞こえるんだけど」

キョン「んなわけないだろ」

キョン「俺はただお前と一緒にいたくて仕方なくだなあ」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:12:08.11 ID:I2Uivwgd0

ハルヒ「そう、やっぱりキョンは朝倉と一緒にいたかったんだ」

キョン「!?」

朝倉「涼宮さん!?どうしてここに…」

ハルヒ「そっか、やっぱりあたしじゃなくて朝倉なんだ」

ハルヒ「あたしじゃないんだ」ポロポロポロ

キョン「ハルヒ…」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:16:25.22 ID:I2Uivwgd0

ハルヒ「だったら、最初っからそう言えばいいじゃない!」

ハルヒ「なんでこんな回りくどいやり方したのよ!」ポロポロポロ

ハルヒ「あたしがあんた達の邪魔をすると思ったの!?」

キョン「それは……」

ハルヒ「もう嫌!キョンなんて大っ嫌い!朝倉も!古泉くんも!」ボロボロボロ

ハルヒ「みんなみんな大っ嫌い!こんな世界なんて大っ嫌い!」ボロボロボロ

キョン「おい、ハルh…」

ハルヒ「こんな世界なんかて消えちゃえばいいのよぉ!!!!!!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:18:19.52 ID:I2Uivwgd0

…………
……



キョン「朝倉、手を組まないか?」

朝倉「はあ?」

朝倉「急にどうしたのよ?」

キョン「いや、おまえ以前言ってたじゃないか」

キョン「変化の起きない毎日はうんざりだって」

朝倉「あ〜言ったわね」

朝倉「で、それがどうしてあなたと手を組むことになるのかしら?」

キョン「俺が変化させてやる」

朝倉「え?」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:19:17.09 ID:I2Uivwgd0

キョン「だから俺がハルヒを変えてやるっつってんだよ」

朝倉「出来るの?」

キョン「もちろん。でもそれにはお前の協力が必要なんだ」

朝倉「……いいわ。どうやったら涼宮さんが変わるのか興味もあるし、
   協力してあげる」

キョン「そうか」ニヤッ

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:20:56.30 ID:I2Uivwgd0

キョン「じゃあ早速ステップワン!」グイッ

朝倉「きゃっ!?」

キョン「フフフフフフフ」

朝倉「ちょっと急にどうしたのよ、腕なんか組んで!」

キョン「ハルヒを変えよう!大作戦ステップ1」

キョン「朝倉と腕組み」

朝倉「はあ?頭おかしいんじゃない」

朝倉「こんなので涼宮さんが変わるの?」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:23:44.00 ID:I2Uivwgd0

キョン「変わるさ!なんたって脚本演出すべて俺だぞ」

キョン「任せとけって」

朝倉「すごく不安だわ」

キョン「まあまあ、それより今日は1日この状態だからな」

朝倉「ええっ?」

キョン「ただしハルヒの前ではしないよう注意してだ、抜かるなよ?」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:27:06.83 ID:I2Uivwgd0

朝倉「なんでそんなに面倒くさい事を…」

朝倉「それにそれじゃ監視にならないじゃない」

キョン「あまい、あまいぞ朝倉!」

朝倉「?」

キョン「急にハルヒにこんなの見せたら世界崩壊もんだ」

キョン「あいつを変えるためにはまず下ごしらえが必要なんだ」クアッ

キョン「これも俺とお前が結ばれる為の下準備、理解してくれ」

朝倉「そ、そう……」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:30:10.31 ID:I2Uivwgd0

朝倉「って、どうしてあなたとあたしが結ばれる為に協力しなくちゃ
   ならないのよ」

朝倉「涼宮さんを変えるのがあなたの目的じゃないの?」

キョン「あれ、なんで本音が……」

キョン「まあ良い、そんなわけだからヨロシクな、朝倉」ギュ

朝倉「ちょっと……はあ、分かったわよ」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:34:54.15 ID:I2Uivwgd0

翌日!


谷口「おいキョン!どういうこった!」

キョン「なんだ谷口か、朝っぱらからどうした?」

谷口「どうしたもこうしたもあるか!」

谷口「おまえ、いつの間に朝倉涼子と付き合ってたんだよ!」

キョン「俺が朝倉と?おいおいまだ寝ぼけてんのか?」

谷口「寝ぼけてねーよ!それに俺の目は節穴じぇねーぞ!なんでお前が
   朝倉と腕組んで楽しそうにおしゃべりしてんだよ! 」

キョン「なっ、し、知ってたのか?」

谷口「証人は俺だけじゃねー!学校中の噂だよ!」

谷口「俺らのアイドルを奪いやがって!!!」ギギギ

キョン(よし、計画通りだな!)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:43:21.66 ID:I2Uivwgd0

谷口「なんとか言えよ、キョン!」

谷口「いつからだ、いつから付き合ってたんだ!」

キョン「あ〜うるさいな。耳元で叫ぶな、なにがお前をそんなに
    怒らせてるんだ」

谷口「おまえのせいで、おまえのせいで俺はあんなおっさんに初めてを!!!」

キョン「?」

キョン「意味が分からん、大丈夫かお前」

谷口「大丈夫だよ!何故か知らんが今朝がた変な夢を見たせいだ!」

谷口「いや、おまえのせいだ!」

キョン「どんな理屈だ、どんな」

キョン「まあいい。黙っててもいずればれるだろうし言っとくよ。
    昨日からだ。事後報告にはなるが、俺達つきあう事になったんだ」

谷口「知ってるよ、チクショウめい!」 ボロボロボロボロ

キョン「だから何故泣く」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:47:29.99 ID:I2Uivwgd0

昼休み!


キョン「ということが今朝あったんだ」

朝倉「それで谷口がずっと泣いてたのね、納得」

朝倉「なんで泣いてたのかは全然分かんないけど」

キョン「ああ、あいつ本当に大丈夫なのかな」

朝倉「まあ、あんな監視対象じゃない人間なんか別にどうでもいいけど…」

キョン「まあな」

朝倉「それよりいつの間にあたし、あなたと付き合ってる事になってるの?」

キョン「噂によると昨日かららしいな」

朝倉「自分で流したくせに白々しいわね。でもあたしが聞きたいのは
   そうじゃなくて!」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:51:38.16 ID:I2Uivwgd0

キョン「なんだよ」

朝倉「手を組みはしたけど付き合ってなんかないでしょ、あたし達」

キョン「またまた、そう言ってまんざらでもないくせに」

朝倉「はあ、死なないかなこいつ」

キョン「フヒヒ」

朝倉「……」

キョン「ま、それはそうとそろそろステップ2行きますか」

朝倉「相変わらず展開早いのね」

キョン「まあな……あれ?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:54:48.68 ID:I2Uivwgd0

朝倉「なに?」

キョン「相変わらずって、俺達今回初めて手を組んだんだよな?」

朝倉「当り前でしょ」

キョン「じゃあなんで相変わらずなんだよ、まるで一回こんな事やった
    みたいじゃないか」

朝倉「そう言われてみれば、そうね」

朝倉「でも何故かしら。なんかしっくり来たのよねこの台詞が」

キョン「不思議なこともあるもんだ」

朝倉「デジャブってやつかしら」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 09:58:36.11 ID:I2Uivwgd0

キョン「どっちかというとジャメヴじゃないか?」

キョン「今回が初体験なんだから」

朝倉「けど、それにしたら……って、卑猥な表現使わないでくれる?」

キョン「フヒヒ」

朝倉「はあ、こんなので本当に大丈夫かしら」

キョン「任せとけって」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:04:12.84 ID:I2Uivwgd0

キョン「そんなわけでハルヒを変えよう!大作戦ステップ2」

キョン「朝倉の眉毛で遊ぶ」

朝倉「ちょっと待って」

キョン「なんだよ、今忙しいからあとにしてくれ」サワサワ

朝倉「こっちの方が緊急よ。というより、眉毛いじりながら会話
   しないでくれる?」

キョン「いいじゃないか、減るもんでもなし」サワサワ

朝倉「そういう問題じゃないから」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:08:06.91 ID:I2Uivwgd0

ザワザワザワザワ


朝倉「ほら、あなたが教室で突然こんな事し出すから、すんごい
   ザワついてるわよ」

キョン「ざわつかせときゃいいさ。どうせざわついてる奴らは彼女の
    眉毛もいじって遊べない童貞ばっかなんだから」

朝倉「ごめん。人間って恋人の眉毛をいじって遊ぶものなの?」

朝倉「そんなデータないんだけど」

キョン「俺は楽しい」

朝倉「おかしいわよ、あなた」

キョン「フヒヒ」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:10:45.98 ID:I2Uivwgd0

翌日!


ハルヒ「……」モッサ

キョン「……」

ハルヒ「ねえ」

キョン「なんだ、ハルヒ。それよりなんだ、その眉毛」

ハルヒ「いい眉毛だと思わない?」サワッ

キョン「ぶふっ!」

ハルヒ「……な、笑うことないでしょ!」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:14:13.78 ID:I2Uivwgd0

キョン「す、すまん……だが」チラッ

ハルヒ「…」もっさ!

キョン「ぶほっ!」

ハルヒ「……」プルプルプル

キョン「げほげほげほ!」

ハルヒ「帰る!」

キョン「ちょ……は、ハルヒ?」ゲラゲラゲラ

ハルヒ「うるさい!今日はSOS団も休みだからね!じゃあ!」バタン


キョン「……ハルヒ」ゲラゲラゲラ

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:17:51.98 ID:I2Uivwgd0

翌日!


古泉「なに考えてんですか、あなたは!」

キョン「どうしたんだよ古泉、そんなにボロボロになって」

古泉「ボロボロになって!?誰のせいだと思ってんですか、誰の!」

キョン「皆目見当つかんな」

古泉「あなたのせいでしょう!」クアッ

キョン「そんな怒るなよ、みんな見てるぞ。あと顔が近い」

古泉「くっ!」

キョン「やれやれ」

古泉「きのう、涼宮さんの眉毛を笑ったそうですね」

キョン「まあな」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:21:40.53 ID:I2Uivwgd0

古泉「あなたのその配慮のない笑いのおかげで、いったいどれほどの
   人間が傷ついたと思ってるんですか!」

キョン「それは素直にすまないと思ってる」

キョン「だがな、古泉」

古泉「はい」

キョン「前日までふつうの眉毛だった奴が、次の日突然こち亀の
    両さんみたいな眉毛になってんだぞ」

キョン「しかも『いい眉毛だと思わない?』とか言って眉毛をなでるんだぞ」

キョン「笑うなという方がムリだとは思わんか?」

古泉「それは……」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:27:44.43 ID:I2Uivwgd0

古泉「でもそれもあなたに構って欲しくてやってしまった可愛らしい
   乙女心のあらわれ!」

古泉「それを笑うなんて!」

キョン「俺はあんな眉毛のすごい奴を前に笑わないでいる自信はないが…」

キョン「そんなに言うんならお前は笑わないでいられるのか、あのハルヒを見て」

古泉「当然です」

キョン「じゃあホラ、きのう谷口が撮ったハルヒの写メ」スッ

古泉「ぶふっ!」

キョン「まるでダメじゃないか」

古泉「不意打ち過ぎです、卑怯ですよ!」

キョン「んなの教室に入って真っ先に見ちまった俺の方が
    不意打ちだったから」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:29:58.50 ID:I2Uivwgd0

古泉「くっ!」

古泉「でも涼宮さんにはちゃんと謝っておいてくださいよ?」

古泉「頼みますからね?」ズイッ

キョン「あいあい、わぁったよ」ヒラヒラ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:34:26.50 ID:I2Uivwgd0

翌日!


キョン「という事が昨日あってな」

朝倉「まあ、命がけの闘いの理由が眉毛じゃ怒りたくなる気持ちも
   分からなくないわ」

キョン「あれ、そこは眉毛の擁護しないのか」

朝倉「眉毛の擁護ってなによ?」

朝倉「それに、あたしそんなに眉毛太くないんだからっ!勝手に
   眉毛キャラにしないで!」

キョン「またまた御冗談を…」サワッ

朝倉「当然のように眉毛さわるのやめてくれない?」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:36:13.80 ID:I2Uivwgd0

キョン「やめれない〜とまらない〜」サワサワサワサワ

朝倉「かっぱえびせんじゃないから!」

キョン「でもおまえの眉毛はかっぱえびせんのように病みつきになる
    さわり心地だよな」サワサワ ブチッ

朝倉「いだっ!?こ、こら!抜かないでよ」

キョン「すまん、手が勝手に…」サワサワ ブチブチ サワサワ

朝倉「あっ……ちょ、ちょっと待って…」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:37:48.41 ID:I2Uivwgd0

キョン「フヒヒ」ブチブチブチブチ

朝倉「ま、待てって言ってるでしょ、このへんたい!」ドカッ

キョン「ぐはっ!?」

朝倉「ったくもう!」ハァハァハァ

キョン「……すまん、我を見失ってた」ムクリ

朝倉「どうせならそのまま気を失ってれば良かったのに」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 10:40:01.73 ID:I2Uivwgd0

キョン「いや、おまえの為にも俺はハルヒを変えなくちゃならないからな」

キョン「眠ってなんかいられないさ」

朝倉「当初の目的を忘れてないようで安心はしたけど眉毛を抜いたのは
   許さないからね」

キョン「やっぱり眉毛大切なんじゃないか」

朝倉「痛かったから言ってんの!」

朝倉「それよりさっさと次のプラン発表してくれないかしら」

キョン「おう」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 11:31:44.49 ID:I2Uivwgd0

キョン「ハルヒを変えよう!大作戦ステップ3」

キョン「席替え」



朝倉「……ねえ、それって意味あるの?」

キョン「あるとも」

朝倉「本当かしら?こんなので涼宮さんが変わるなんてとても」

キョン「いいからやってみようぜ。これで変われば恩の字じゃないか」

朝倉「それはそうだけど…」

朝倉「でも逆にこんなので変わったら今までの努力がなんだったのか
   むなしくなるわね」

キョン「ま、ま、そうおっしゃらずに。一つ情報操作で頼みますよ」

朝倉「はあ、分かったわよ…」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 11:39:16.88 ID:I2Uivwgd0

翌日!


ハルヒ「ねえ、ちょっと」

朝倉「あら涼宮さん、おはよう。どうしたの?」

ハルヒ「あんた、さいきん妙にキョンと仲が良いらしいじゃない」

ハルヒ「席もちゃっかりキョンの後ろになってるしどういうつもり?」

朝倉「ど、どういうつもりと言われても…」

ハルヒ「まさかとは思うけどあんたあのクジに何かしたんじゃ…」

朝倉「や、やだなあ。そんなことする筈ないじゃない」

朝倉「変な勘繰りはやめてよ」

ハルヒ「…………そう」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 11:41:07.98 ID:I2Uivwgd0

ハルヒ「でもこれだけは言っとくわ」

ハルヒ「あいつは典型的なダメ男よ!あんたもあんなのに手を出すより、
    他の男の方がよっぽどマシだって後で思い知ることになるわ!」

朝倉「え、え〜と」

ハルヒ「あたしが言いたかったのはそれだけだから!」

ハルヒ「じゃあね!……ふん!」スタスタスタ

朝倉「……」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 11:44:49.77 ID:I2Uivwgd0

昼休み


朝倉「ってことが今朝あったわ」

キョン「ハルヒがおまえの席に行って何してたのかと思ったがそれか」モグモグ

朝倉「うん」

キョン「席替え程度で効果あるのかなと半信半疑だったけど
    ちゃんと変わってきてるじゃないか」モグモグ

朝倉「なにそれ、確信があってしたんじゃないの?」

キョン「ははは、ま、結果オーライって奴だな」モグモグモグ

朝倉「いまいち頼りないわね」ヒョイ パクッ

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 11:51:55.80 ID:I2Uivwgd0

キョン「でもこのままいけばきっとハルヒも俺たちの仲を認めてくれるさ。
    おっ、この里芋の煮っ転がし上手い」モグモグ

朝倉「あたしは別にあなたとの仲を認めてもらいたくてしてる
   んじゃないんだけど」

朝倉「それ、上手く出来たと我ながら自信作だったのよね」モグモグ

キョン「でもハルヒが他人の恋路を認められるようになるのは随分
    と進歩じゃないか」モグモグ

朝倉「そう言われればそうだけど、相手があなたってのがちょっと
   不満かな」モグモグ

キョン「なにそれ酷い」モグモグ

朝倉「冗談よ、冗談。落ち込まないで」モグモグ



ハルヒ「…………なによ、あいつら。いちゃついちゃって」

ハルヒ「あたしに対する当て付け?」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 11:55:59.28 ID:I2Uivwgd0

そのころ!


古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふ!」

古泉「はぁはぁはぁ…」

古泉「せーの!」

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふ!」

古泉「はぁはぁはぁ…」

古泉「せ、せーの!」

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

古泉「……」ピクピクピク

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:02:32.19 ID:I2Uivwgd0

2日後!


朝倉「ねえキョン君」

キョン「なんだい涼子?」サヤッ

朝倉「最近、涼宮さんが凄い睨んでくるんだけどなんとか
   ならないかしら」

キョン「せっかく変化したんだから良いじゃないか」

キョン「それにどうせ、ほっとけばその内おさまるさ」

朝倉「とてもそうは思えなんだけど…」



ハルヒ「……」ジー キリキリキリキリ



キョン「……だ、大丈夫さ。きっと」クルッ

朝倉「目をそらさないでよっ」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:04:58.21 ID:I2Uivwgd0

キョン「だって凄い怖いんだもん」

朝倉「可愛らしく言ってもダメ!それにあたし、あの状態の涼宮さん
   から四六時中睨まれてるのよ?」

朝倉「これじゃどっちが監視してるのか分からないわ」

キョン「はははははは…」

朝倉「ちょっと聞いてる?」

キョン「聞いてる、聞いてるさ」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:08:34.00 ID:I2Uivwgd0

朝倉「だったらなんとかしてくれない?ノイローゼになりそうなのよ」

キョン「宇宙人でもノイローゼになるんだな」

朝倉「茶化してないでさっさと何とかしなさいよ」

朝倉「もし出来なかったら座席元に戻すからね?」

キョン「それは困る」

朝倉「じゃあお願い」

キョン「仕方ないな…」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:11:13.29 ID:I2Uivwgd0

キョン「おいハルヒ」

ハルヒ「!!!」ビクッ

ハルヒ「ひゃ、ひゃい!?ひょん!」アセアセアセアセ

キョン「はあ?」

ハルヒ「ひょ、ひょっほまっへ」アセアセアセアセ

キョン「なんか知らんが少し落ち着け」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:14:25.37 ID:I2Uivwgd0

ハルヒ「すーはーすーはー」

キョン「……」

ハルヒ「あえいうえおあお!かけきくけこかこ!させしすせそさそ!」

ハルヒ「うんっ!」

キョン「大丈夫か?」

ハルヒ「うんっ!もう平気!」

キョン「そうか、なら良かった」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:18:24.49 ID:I2Uivwgd0

キョン「ところでお前に頼みというかお願いがあるんだが…」

ハルヒ「お、お願い!?キョンがあたしにっ!?」ガバッ

キョン「あ、ああ」

ハルヒ「なになにっ!?キョンの頼みごとならあたしなんでも聞いて
    あげるわよっ!任せといて!」

キョン「そ、そうか」

ハルヒ「うんうんっ、なんでも言って!」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:21:10.02 ID:I2Uivwgd0

キョン「えーと、実は朝倉がおまえに睨むのをやめt」

ハルヒ「朝倉?」パチクリ

キョン「ん、そうだけどそれがd」

ハルヒ「朝倉のヤツ、わざわざあたしのキョンをこんな小間使い
    みたいにしてたのね」

キョン「おい、ハルh」

ハルヒ「許せない!ぜったいに許せないわ!」ギリギリギリ



朝倉「!?」ゾゾゾゾゾオォ

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:24:31.77 ID:I2Uivwgd0

キョン「あのハルヒ?ハルヒさん?」

ハルヒ「キョン、大丈夫だからね?キョンはあの眉毛に良いように
    使われてるだけだもんね?」

ハルヒ「でも絶対にあたしがキョンを救い出してあげるから!」

ハルヒ「だからキョンは安心してあたしに任せといて!」

ハルヒ「あの眉毛、いつか全部抜いてやるんだから…」ブツブツブツ

キョン「……」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:28:21.81 ID:I2Uivwgd0

朝倉「お帰り。どうだった?」

キョン「……上手くいったよ」


ハルヒ「……」ジー ギリギリギリギリ



朝倉「とてもそうは見えないんだけど…」

キョン「すまん」

朝倉「はあ……また睨まれ続けるのね。胃が痛いわ」

キョン「本当にすまん。それから朝倉」

朝倉「なに?」

キョン「眉毛に注意しとけよ」

朝倉「意味分かんない」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:32:01.55 ID:I2Uivwgd0

キョン「いいから注意しとけ」

キョン「もしかしたらお前の眉毛が、毛根ごとこの世から消え去るかも
    しれないんだからな」

朝倉「えぇっ!?」ササッ

キョン「……」

朝倉「ちょっとキョン君!涼宮さんになに言ったのよ?」

キョン「……」

朝倉「キョン君?」

キョン「すまん、朝倉。もしお前の眉毛が世界から消えたら、きっと
    それは俺のせいだ」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:38:44.03 ID:I2Uivwgd0




     翌日、この世界から眉毛と朝倉涼子が姿を消した。





255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:43:02.49 ID:I2Uivwgd0

キョン「俺の、せいだ」ボロボロボロ

キョン「俺が朝倉と結ばれたいからって、朝倉とイチャイチャしたかった
    からってハルヒに逆らったからこんなことになったんだ!」ボロボロボロボロ

キョン「こんな世界、こんな朝倉も眉毛もいない世界なんか!!!」ボロボロ

キョン「うわあああああああああああああああああああああああ!!!!!」



そして、俺はビルの屋上から飛び降りた。

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:44:24.44 ID:I2Uivwgd0

…………
……



キョン「朝倉、手を組まないか?」

朝倉「はあ?」

朝倉「急にどうしたのよ?」

キョン「いや、おまえ以前言ってたじゃないか」

キョン「変化の起きない毎日はうんざりだって」

朝倉「あ〜言ったわね」

朝倉「で、それがどうしてあなたと手を組むことになるのかしら?」

キョン「俺が変化させてやる」

朝倉「え?」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/23(金) 12:58:55.12 ID:I2Uivwgd0

キョン「だから俺がハルヒを変えてやると言ってるんだ」

朝倉「あなたに出来るの?」

キョン「もちろん。でもそれにはお前の協力が必要なんだ」

朝倉「……いいわ。どうやったら涼宮さんが変わるのか興味もあるし、
   協力してあげる」

キョン「よしっ」ニヤッ

朝倉「で、一体どうやって涼宮さんを変えるのかしら?」

キョン「ふふふ、それはな……」



こうして、俺たちは相変わらず何も変わらない、変えられない日常を
変えようと、ひたすらあがき続けるんだった。

これが今までに何億回と繰り返され、この先何兆回と繰り返される
ループだと気付くのはまだ先のお話。


ただ、今日はもう疲れたのでこの話の続きはまた今度とする。


つづく



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「家族と信頼」