長門「これであなたのセックスの誘いを誰も断れなくなった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「色仕掛けなんかに負けはしない(キリッ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 17:43:42.18 ID:f6WSiewX0

キョン「本当か?」

長門「本当」

キョン「必ずセックスできるんだな?」

長門「できる」

キョン「ちょっと緊張してきた」

長門「身近な人物で試してみて欲しい、例えばわたs」

キョン「よし、国木田で試してみよう」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 17:46:44.94 ID:f6WSiewX0

キョン「国木田、ちょっといいか?」

国木田「何?」

キョン「今日俺とセックスしよう」

国木田「え、キョンってホモなの?」

キョン「ホモとかどうとかって問題じゃない、俺とセックスしようと言ってるんだ」

国木田「急にそんな事言われても心の準備ができてないよ・・・僕の事好きなの?」

キョン「好きとか嫌いとかじゃない、お前とセックスしたいんだ」

国木田「強引だね、でもそういうのちょっと好きかも・・・」

キョン「じゃあセックスしてもいいんだな?」

国木田「うん・・・教室で待ってるから帰る時に声かけて」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 17:50:12.59 ID:f6WSiewX0

キョン「本当だ、俺のセックスの誘いを断らなかった」

長門「その事であなたに謝らないといけない事がある」

キョン「なんだ長門、まだいたのか?」

長門「・・・さっきあなたに言った事、誰もセックスの誘いを断らないという事について」

キョン「それなら大丈夫だ、効果抜群だな」

長門「あれは、あなたが最初に誘う相手を前もって予測していたため真実をありのまま伝えてなかった」

キョン「細かい事はいいんだ、俺はこの力をもっと試したいんだよ」

長門「単刀直入に言うと、あなたに施したその力は実はうs」

キョン「あっ鶴屋さんだ!おーい鶴屋さんセックスしましょう!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 17:52:36.51 ID:f6WSiewX0

鶴屋「なっ何を言うのさ!」

キョン「だから俺とセックスしましょうよ、いいでしょ?」

鶴屋「そんな冗談みくるの前で言わないでくれよ」

キョン「えっ?」

みくる「えーっと・・・その・・・」

鶴屋「ほら、今にも泣き出しそうじゃないか」

キョン「丁度よかった、朝比奈さんも一緒にセックスしませんか?」

みくる「え!?」

鶴屋「ねぇキョンくん、私にそういう冗談言うのなら構わないんだけど、みくるに対してそう言うこと言うとゆるさないよ」

みくる「・・・はい、しましょう」

キョン「よかった、それじゃ3人でがんばりましょう」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 17:55:34.33 ID:f6WSiewX0

鶴屋「ちょっと、みくるはそれでいいのかい?」

みくる「二人っきりなら不安だけど、3人ならいいかなって」

キョン「ありがとうございます、鶴屋さんもいいんですよね?」

鶴屋「はぁ・・・しょうがない、みくるがそう言うのなら私もやるよ。二人まとめてかかってこい!」

キョン「それは頼もしいです」

みくる「私達は校門の前で待ってますから、帰るときは声をかけてくださいね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 17:58:51.57 ID:f6WSiewX0

キョン「すごい、本当に誰も断らないぞ!」

長門「その辺で止めておいたほうがいい」

キョン「長門まだいたのか」

長門「・・・あなたのその力は偶然が起こしたもの」

キョン「偶然じゃなくてお前の力だろ?」

長門「それはあなたが最初にセックスに誘う相手を予想していたので手を抜いていた、そして予想が外れた」

キョン「最初に誘う相手?」

長門「そう」

キョン「・・・ハルヒか!」

長門「・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:02:56.04 ID:f6WSiewX0

キョン「ハルヒはどこだ?」

国木田「キョン!今からいいの?どこでする?」

キョン「国木田ちょっと待て、その前にハルヒを探しているんだが、見なかったか?」

国木田「さっきまでいたけど、帰っちゃったんじゃないの?」

キョン「そうか、今追いかければ間に合うかもしれんな」

国木田「涼宮さんに何か用事なの?」

キョン「ああ、ハルヒをセックスに誘おうと思ってな」

国木田「えっ・・・ひどいよキョン、僕だけじゃなかったの?」

キョン「お前ともセックスするし、ハルヒともセックスする、何か問題あるのか?」

国木田「そう・・・強引だね、でもそう言うところやっぱり好きかも・・・」

キョン「それじゃちょっと待ってろ、ハルヒを探してくる」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:07:57.61 ID:f6WSiewX0

キョン「おーいハルヒ!」

朝倉「廊下は走っちゃだめよ」

キョン「朝倉か、ハルヒを見なかったか?」

朝倉「さっき入り口付近にいたような気がしたけど、何か急ぎの用事なの?」

キョン「ああ、ちょっとな・・・そうだ、朝倉俺とセックスしないか?」

朝倉「気は確か?女の子にそういう冗談は言っちゃダメでしょ?」

キョン「冗談を言ってるつもりはないが」

朝倉「・・・そう、私にナイフでブスリと刺される前に私をブスリと刺したいわけね」

キョン「下品な言い回しだな・・・」

朝倉「あら、今から私に下品な事する人がいうセリフ?」

キョン「と言う事はOKでいいんだな?」

朝倉「もちろん、涼宮さんの用事が済んだら声かけてね、まってるから」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:15:28.22 ID:f6WSiewX0

長門「待って欲しい」

キョン「なんだまだいたのか」

長門「・・・とにかく私の話を聞いて欲しい」

キョン「ハルヒをセックスに誘った後でいいか?」

長門「あなたが涼宮ハルヒをセックスに誘うと、大きな情報爆発が起こる恐れがある」

キョン「どういう事だ?」

長門「涼宮ハルヒはあなたからセックスの誘いがあることをまったく予測していない」

キョン「大丈夫大丈夫、セックスしてみんな上手くいくはずだ」

長門「しかし・・・」

キョン「そうだ、長門に頼みたい事があるんだがいいか?」

長門「何でも言って欲しい、どんな期待にも必ず答える自信がある」

キョン「そうか、なら今日お前の部屋を貸してくれないか?」

長門「・・・」

キョン「五人相手だからな、お前の所なら結構広いから丁度いいんだ」
長門「・・・」
キョン「とりあえずハルヒも誘ってくるから、お前は入り口のところでまってろ」
長門「・・・わかった」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:19:43.10 ID:f6WSiewX0

みくる「キョンくん、今からいいんですか?」

鶴屋「私、さっきはああ言ったけど、実はだんだんドキドキしてきてるんだよ」

キョン「ちょっと待ってください、ハルヒもセックスに誘いたいんですよ」

鶴屋「え、4P?」

キョン「いえ、朝倉と国木田もいますから6Pですね」

鶴屋「国木田くんも来るのかい!?」

キョン「いけませんか?」

みくる「大勢の方が楽しいかもしれませんし、私は構いませんよ」

キョン「ありがとうございます、鶴屋さんもいいですよね?」

鶴屋「・・・ごっ5人まとめてかかってこい!!」

キョン「決まりですね、それじゃハルヒ探してくるんでもう少し待っててください」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:22:03.21 ID:f6WSiewX0

キョン「ハルヒはどこにいったんだ?」

古泉「おや、まだ帰ってなかったんですか?」

キョン「ああ、ハルヒを探してるんだが、お前見なかったか?」

古泉「そうですね、さっき帰ると言ってましたがもう帰ったのではないかと」

キョン「そうか、一足遅かったか・・・」

古泉「何か私に言いたそうですけど、何かあったんですか?」

キョン「いや、何もないが」

古泉「そうですか」

キョン「それじゃまた明日」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:29:50.06 ID:f6WSiewX0

キョン「まさかハルヒが帰ってしまってたとはなぁ・・・」

国木田「ねぇキョン、やっぱり僕が入れられる方なんだよね?」

鶴屋「みくるが一番この中では一番おっぱいが大きいんだから自信もちなよ!」

みくる「うん、がんばる・・・」

朝倉「できれば私が最初がいいんだけど、だめ?」

長門「・・・」

キョン「そうだ、長門、コンドーム買ってきてくれ」

長門「わかった」

国木田「そうだ、ローションも買ってきて」

鶴屋「ドラッグストアーいくならお菓子とかジュースとかもお願いね」

みくる「その・・・勢いをつけたいからお酒も」

朝倉「あら、なら私は牛乳が欲しいわね、なんに使うかは今は秘密」

長門「・・・わかった」

キョン「長門歩くなダッシュダッシュ!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:29:41.07 ID:2vQojxMc0

古泉の私ってなんだよ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/16(金) 18:30:43.66 ID:f6WSiewX0

>>49
しまった、またやったか
一人称は僕だとわかってるのに何故か私って書いてしまうんだよな・・・残念



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:中島「ごめんな磯野、俺達政府の人間なんだ」