シンジ「君もエヴァに乗るの?」シンジ「それは使えるポケモンか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「な、なによこいつ……」

ツイート

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 03:36:20.70 ID:X4rS11zm0

シンジ「急に呼び出して何の用だ、親父」

ゲンドウ「その初号機に乗って、使徒を倒せ、シンジ」

シンジ「断る。オレはポケモンの厳選で忙しいんだ。ロボット遊びにつき合う暇はない」

ゲンドウ「ならば帰れ」

シンジ「そうさせてもらう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 03:39:57.13 ID:X4rS11zm0

綾波「はぁ……はぁ……」

シンジ「……こんな怪我人を戦わせるんですか?」

ミサト「パイロットが他にいないのよ」

シンジ「……」

シンジ「使えないな」

ミサト「え?」

シンジ「オレが乗ります。怪我人よりはマシです」

ミサト「ありがとう、シンジくん」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 03:44:24.41 ID:X4rS11zm0

シンジ「初号機、バトルスタンバイ!」

リツコ『まずは歩くことだけを考えて』

シンジ「了解しました。歩け、初号機」

・・・・・・

シンジ「聞こえないのか初号機。歩け」

・・・・・・

シンジ「トレーナーであるオレの言うことを聞かない……? 馬鹿な、オレのレベルが足りないって言うのか!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 03:50:33.61 ID:X4rS11zm0

ミサト『シンジくん! 何やってるの!』

シンジ「動け初号機、動け!」

サキエル「……」

シンジ「うわっ!?」

ギリギリ…グシャッ

シンジ「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!」

ミサト『あなたの腕じゃないのよ! 落ち着いて!』

シンジ「トレーナーがダメージを受けるなんて、そんな馬鹿な……!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 03:56:11.04 ID:X4rS11zm0

初号機「ウオォォォォォォォ……!」

シンジ「なんだ!?」

リツコ「暴走!?」

ドカッ! バキッ! グシャ!

シンジ「……!」

サキエル「……」ニュルン

ミサト「自爆する気!?」

シンジ「!? 待て! 最後の一体で自爆するのは反則――」

ドカーン!

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 04:03:22.27 ID:X4rS11zm0

シンジ(知らない天井だ……)

シンジ(初号機は……?)



シンジ「ここにいたのか」

初号機「……」

シンジ「トレーナーの指示は無視。戦い方もまるでなってない。まったく、使えないやつだ」

初号機「……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/12(月) 04:07:42.47 ID:X4rS11zm0

シンジ「だが、ピンチに見せたあの力。あの力さえ使いこなせれば、お前は最強になれる」

初号機「……」

シンジ「オレについてくるか?」

初号機「……」

ミサト(シンジくん……爆発のショックで頭が……)

この後、シンジが初号機でポケモンリーグを制覇するのは別のお話。

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「このクズ」アスカ「はぁ?」