朝倉「キョンくん、私を抱いてくれないかしら?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「日記をつけてるのあたし」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/05(月) 19:28:14.50 ID:bgv6++5v0

キョン「お前、本気か?」

朝倉「本気に決まってるでしょ、冗談に聞こえた?」

キョン「突然変な事言うからびっくりしたぞ!」

朝倉「あのね、突然でも変な事でもないのよ、あなたを懐柔するためにはセックスしかないと前々から思ってたの」

キョン「いいのか?俺にそんな事言ったら意味なくなるだろ」

朝倉「あなた妙に鋭いから、どうせ気づくでしょうし、それにセックスしてしまえば私に情が移るでしょ?」

キョン「そんなの知らん!」

朝倉「あなた童貞だったのね、まぁ私もしたことないけどそういうものらしいわよ」

キョン「ああ、そうかい」

朝倉「今夜マンションで待ってるから絶対来てよね、場所は長門さんと同じマンションよ、知ってるでしょ?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/05(月) 19:35:59.52 ID:bgv6++5v0

キョン(朝倉とセックスか・・・でも、あいつもなんたらインターフェイスで人間じゃないんだよな・・・)

長門「・・・」

キョン「おい長門、ちょっといいか?」

長門「何?」

キョン「お前はセックスできるのか?」

長門「・・・」

キョン「質問が悪かったな、お前は人間の男と人間の女がするようなセックスを行う事は可能なのか?」

長門「可能」

キョン「そうか、変な質問して悪かったな」

長門「私の心の準備はできている」

キョン「え?」

長門「今夜公園で待ってる」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/05(月) 19:42:44.55 ID:bgv6++5v0

キョン「こうなるとは思わなかったな、長門と朝倉とどっちとするべきか・・・いやそういう問題じゃないな」

みくる「キョンくん今から帰るの?」

キョン「はい、朝比奈さんはまだ学校に残るんですか?」

みくる「ちょっと用事があるんですよ、キョンくんはまっすぐ家に戻るの?」

キョン「いえ、途中でセックスを」

みくる「ふぇ!?」

キョン「いや・・・えーっと、俺も若い男ですから、誰かとセックスしてみたいなぁってあははは」

みくる「・・・いいですよ」

キョン「え?」

みくる「普通なら禁則事項なんですが、あなたの方からそれを望む場合は免除されるんですよ」

キョン「免除・・・ですか?」

みくる「はい、上の人達は私とキョン君がそういう関係になる事を望んでいるんです」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/05(月) 20:03:44.89 ID:bgv6++5v0

キョン「朝倉、長門、朝比奈さんの3人なら誰にするべきか・・・」

ハルヒ「遅い!」

キョン「ハルヒ、お前まだ帰ってなかったのか」

ハルヒ「あんたがいつまでたっても来ないから・・・いや何でもないわ!」

キョン「お前もしかして俺を待ってたのか?」

ハルヒ「ちっ違うわよ!それよりも何悩んでるのよ、まぁどうせ大した悩みじゃないんだろうけど」

キョン「何でそんな事わかるんだよ、勝手に決めるな」

ハルヒ「じゃあ何よ!」

キョン「俺は今日中に3人の中から一人選んでセックスしないといけないんだよ!」

ハルヒ「・・・何それ・・・その中で誰か決めたの?」

キョン「国木田」

国木田「え、僕?嬉しい・・・」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「みくるちゃんはほんっとうに可愛いわね!」