シンジ「……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「巨人になる力…か」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/13(土) 22:45:45.29 ID:vC6YOUe8o

SS初心者です

色々間違った部分があるかもしれませんがよろしくお願いします

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 00:31:32.16 ID:OnFmfMSEo

僕はなんとか病院を退院することができ、ミサトさんとすむことになった。それがいけなかったんだ……

シンジ「お、お邪魔します…」

ミサト「何言ってるのよ、ここはあなたの家なのよ?」

シンジ「す、すいません」

シンジ「じゃあ、た、ただいま…」

ミサト「おかりなさい」
テクテク
シンジ「って!うわあ!!」

ミサト「あ、ごめんね〜ちょっちちらかってるから」

シンジ「これがちょっと…」

ミサト「あ、シンジ君それ冷蔵庫にいれておいて〜!」

シンジ「は、はい!」

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 00:50:03.81 ID:OnFmfMSEo

ミサト「じゃあシンジ君、先お風呂入っていいわよ」

シンジ「わかりました、じゃあお言葉に甘えて」
テクテク ガチャ バタン!
*ペンペンの所はカットです
シンジ(ミサトさんか…)

シンジ(悪い人ではなさそうだな)

シンジ(もしかしたら…)

シンジ(ミサトさんとなら本当の家族みたいになれるかもしれないな…)

〜数分後〜


シンジ「ミサトさんお風呂、次いいですよ」

ミサト「そう、わかったわ」
ガチャ バタン!
シンジ「あ、そういえばシャンプー使いきっちゃったんだ」

シンジ「確かここに予備が…」
ガチャ
シンジ「あったあった」
テクテク

この時もしわたしに行ってなかったらどうなってたんだろ…

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 01:08:22.07 ID:OnFmfMSEo

ミサト「シンジ君は碇司令に利用されてるだけ」

ミサト「だからネルフの道具…」

ミサト「よって、ネルフ社員の私の道具でもある」

ミサト「――――――か」







シンジ「え」

ミサト(でも私は彼を自分の家族として)


ミサト(一人の人間として一緒に暮らすことを決めた)

ミサト(だから私はどんな時でも味方よ、シンジ君)
タッタッタッタッタ ガチャ バタン!!
ミサト(ん?今玄関の方から音がしたような…)

ミサト(気のせいかしら?)

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 02:22:26.43 ID:OnFmfMSEo

シンジ「なんだあれなんだあれなんだあれなんだあれなんだあれ!!!」

シンジ「ミサトさんの道具!?ネルフの道具!?父さんの道具!?」

シンジ「ふざけんなよ!!!!」

シンジ「僕を!!よくも僕を!!!」

シンジ「信じてたのに!!!」

シンジ「僕の気持ちを裏切ったな!!!!」

――その頃―――

ミサト「ええ、そうよ、わかったわまた後で」

ミサト「シンジ君…どこいっちゃったのよ…」



14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 03:00:47.06 ID:OnFmfMSEo

冬月「シナリオより少し早かったな」

ゲンドウ「シナリオ通りに変わりはない」

冬月「そうだな。だが何故逃げたのか検討がつかん」

ゲンドウ「あいつのことだ、シトとの戦いを思い出したのだろう」

冬月「しかし、本当にそうかね…耐えられると思ったのだが」

ゲンドウ「深く考えても意味があるまい」

冬月「…そうだな」

―それから1日―

シンジ(……あの時やっぱり一人で暮らすって断ればよかった……)
テクテク
シンジ(そうすれば…こうならずにすんだのに…)
テクテク
シンジ(行く場所も帰る場所もない……)
テクテク
シンジ(日が暮れてきた……)
テクテク ピタ
シンジ(もういいや…ここで寝よう……)



15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 03:56:30.96 ID:OnFmfMSEo

――二日目――
ミサト「二日たっても見つけられないなんて〇〇班は何してるのよ!!!」
〇〇←なんて名前か忘れました
すいません
ミサト「言い訳は聞きたくないわ!!!」
ガチャ!!←電話機の受話器置いた音

ミサト「…シンジ君…どこよ…」

―その頃―


シンジ「……」
テクテク ボソッ
シンジ「…もう夜か……」
パッ←ライトがつく音
パッ
シンジ「!!」

『初号機パイロットを発見しました、これより保護します』

タッタッタッタッタ!!
『待てぇ!!』

シンジ「ハァハァ…ハァハァ」
タッタッタッタッ!
ガシッ←捕まえる音
シンジ「離せ!!離せよ!!僕は道具なんかじゃない!!!離nうっ!……」

『今、睡眠薬を注入しました』

『これより本部に移動します』

――一方ネルフでは――

ゲンドウ「うむ、ご苦労だった」

ゲンドウ「安全に移動してくれ」

『了解』
プツン―
冬月「なんとかシトが来る前に回収できたな」

ゲンドウ「ああ」


16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 09:00:15.09 ID:OnFmfMSEo

ガチャ バタン!
ミサト「………今から、いくつか質問に答えててもらうわよ」

シンジ「…………」

ミサト「いままで何処に行ってたの?」

シンジ「…………」

ミサト「シンジ君!」

シンジ「…………」

ミサト「……じゃあ、質問を変えるわ…」

ミサト「何故、逃げたの?」

シンジ「…………」

ミサト「パイロットに乗りたくないの?お父さんが嫌いなの?」



ミサト「それとも、私が嫌い?」


シンジ「…………」

ミサト「シンジ君!答えて!」




シンジ「………全部…ですよ…」


ミサト「え?」


シンジ「だから!!全部です!!!」

シンジ「パイロットが嫌いで!父さんが嫌いで!ネルフも嫌いで!」


シンジ「ミサトさんが嫌い何ですよ!!!」






17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 09:08:03.38 ID:OnFmfMSEo



シンジ「僕は道具なんかじゃない!!」

シンジ「人間なんだ!!」

シンジ「なのに皆!!僕を道具としか見てないんだ!!!」

シンジ「だから!!嫌い何ですよ!!」







ミサト「……なんで………そう思うの………」


シンジ「ミサトさんが!そう言ったんじゃないですか!!」


ミサト「…何…言ってるの……」


シンジ「風呂でそう言ってるのを聞きましたよ!」

ミサト「え!?あ、あれは違うの!!」

シンジ「何が違うんですか!!」



ミサト「あれは!!私がシンジ君を守るって決める時に!」
ブー!ブー!ブー!ブー!←ブザーの音
『非戦闘員はただちに避難してください繰り返します非ぃ………』

ミサト「クッ…こんな時に…」

シンジ「ほら…早く行きましょうよ」

ミサト「え、えぇ…」

18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 11:16:48.84 ID:zbJQGssoo

シンジ「……」

シンジ(またシトと戦わなきゃいけない……)

シンジ(今度は死ぬかもしれないな……)

シンジ(まあいいか、僕が死んでも悲しむ人なんていないし……)

ゲンドウ「出撃だ」

ミサト(守るって決めたのに…)

ゲンドウ「どうした?」

ミサト(守るどころか逆に傷つけてしまった…)

ゲンドウ「葛城一佐!」
パッ
ミサト「は、はい何でしょう」

ゲンドウ「出撃だと言っている」

ミサト「も、申し訳ありません」


ミサト「発進!!」


シンジ「……」

ミサト(家族失格ね………)

19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 12:15:34.21 ID:yWPPUyuwo

ミサト「シンジ君、まずはパレッガンで先手をとって!」

マヤ「会話、あちらがわからカットされました!」

ミサト「何ですって!?」

リツコ「彼は何を考えてるのかしら?」

―その頃―

シンジ「うぉおおお!!!」
ババババババン!!
シンジ「ハァハァ…ハァハァ…」
シュッ!バシ!
シンジ「うわぁああ!!!」
バン!!
シンジ「くそっ!!…」

シンジ「お前みたいな…ハァハァ…お前みたいに…」

シンジ「お前みたいに他人のことを考えない奴が居るから!!!」

マヤ「シンクロ率90%を越えました!!」

リツコ「たった二回目で90!?」

マヤ「94…97…101
現在シンクロ率101%です!!」

ミサト「シンジ君…あなたは何を…」

シンジ「うわぁああああ!!!!」

20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 13:48:09.41 ID:KgecnkS5o

初号機が一瞬で起き上がり、シトにタックルをした
シトが倒れた瞬間にパレッガンを構えコワに向けて連射するも
A.T フィールドを展開され当たらない

シンジ「くそ!!当たれよ!!」
シュッ! バシ!!
シンジ「うわぁあ!!」
ヒューーン ズドーン!!!

初号機は攻撃をくらい
山に飛ばされたのだ、早く立たなければ危ないと思い立とうと手を動かそうとした瞬間、シンジは気づいた
指先に二人の男子がいたことに

だがシンジに悩んでいる時間はない
頭を回転させ、シンジは乗せることを決意した

シンジ「そこの二人!乗って!!」

そう言い、エントリープラグが初号機から出てくる

ミサト「何してるのよ!シンジ君は!」


リツコ「……」

リツコ(今の最善策を尽くしたって所かしらね…)

ミサト「こんなことをしたらシンクロ率が下がってしまうわ…危険よ…」

マヤ「二人とも乗り終わりました
………!?」

リツコ「どうしたのマヤ?」

マヤ「シンジ君のシンクロ率、下がりません!!」

リツコ「彼は…一体……」

21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 14:32:13.30 ID:KgecnkS5o

トウジ「み、水!?」

ケンスケ「カメラが!」

シンジ「少し黙ってて!!」

「「はい……」」

黙らせたつかの間

シュッ! ザク!!
シンジ「うぅぉわああ!!ぐぅわああ!!!」

二人はシンジを見てることしかできなかった
その直後

ピ√ ̄\_____

マヤ「パイロット、意識不明!!これ以上は危険です!!」

ミサト「シンジ君!!」

ゲンドウ「神経接続すべてカットだ!」
「了u …」
ピー――√\/\√ ̄\√\/

マヤ「っ!?……………パイロット…正常位に戻りました……」

ゲンドウ「………」

冬月「どういうことだ…」

リツコ「まさか……暴走!?」

ミサト「シンジ君…」

22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 14:47:53.83 ID:CmpMfcBIo

そしてシトは頭にむかって攻撃をしかけた

ミサト「シンジ君!!避けて!!」

その瞬間

キーン!!



ゲンドウ「!……」

リツコ「嘘……」

ミサト「え……」

その他「!?」


シンジは






A.T フィールドを展開していた


そして初号機は力いっぱい飛び


シトのコア目掛けて


飛びげりを喰らわした

一瞬のできごとにシトはA.T フィールドをはれなかった


「シト……賃滅」



この状況のなかでわかったことは



初号機は









暴走していなかった

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 19:00:37.84 ID:CMCp9F16o

そのあと、ネルフによる迎えがきて
初号機の中から三人をだした

ケンスケ、トウジは気を失っていたもののシンジだけは起きていた


改めて暴走ではないとわかった

シンジはネルフにつくもすぐ気を失い病院施設に送られた

ケンスケ、トウジは目が覚めると共に自宅へ送られた


―後日―

シンジ「ここは…」

ミサト「病院よ」

シンジ「ミサトさんですか…」

シンジ「父さんの命令かなにかで来てるんですか……」

ミサト「違う!私はいま自分の意思でここに来てる」

シンジ「そうですか…ご自由に…」

ミサト「今日はシンジ君に話したいことがあって来たの」

シンジ「何ですか」

ミサト「あなたが言ってたお風呂の件なんだけど…」

ミサト「貴方は誤解してる!」

ミサト「たしかにお風呂でそう言ったわ」

ミサト「でも――――――――」


25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 19:18:47.74 ID:CMCp9F16o

ミサト「―――――――なのよ」

シンジ「それを信じろと?」

ミサト「ええ…」





シンジ「信じられるわけ無いじゃないですか!!」


ミサト「でもこれが真実よ……!」









シンジ「仮にそれが本当だとしても」

シンジ「どっちにしろ僕はネルフの道具じゃないですか!」

ミサト「それは……」


シンジ「帰って下さい……」


ミサト「シンジ君……」



シンジ「帰って下さい!!!!」




ミサト「――――――わかったわ」

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 19:54:59.26 ID:GJrTHcUvo

ガラッ! バタン


シンジ(こんなことになるなら
人と関わんなきゃいいんだ………)


シンジ「…これで…いいんだ……これで……」
スースースースー←いびき











『本当にそれでいいの?』


………いいんだよ


『本当にそれでいいの?』


言ってるじゃないか……


『本当にそれでいいの?』






――――――――いいんだよ!!!




『何故?』




人と関わらなきゃこんな事にはならなかったんだ!!


『一生そうやって生きていくの?』




そうさ!人とはもう親しくならない…



『知らない人でも?』





そうさ 親しくならなければ裏切られないですむからね』

29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 20:19:38.30 ID:GJrTHcUvo

『碇司令でも?』




!!……………………




『碇司令にもそうやって接するの?』






―――――――――そうさ

父さんは僕を利用してるんだ…

だから 親しくなっていつ捨てられるか分からないからね…


『僕みたいにね』


君は?



『僕は君だよ』




………そう




『でも、逃げてても何も始まらないよ?』






…逃げてる訳じゃないさ






『じゃあ、何をしているの?』








…人から距離を置いてるだけさ




『そう』
カンカンカンカンカン…―




パッ
シンジ「夢…か…」





30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/14(日) 23:40:11.50 ID:GJrTHcUvo

コンコン!
『入っていいかしら』

シンジ「いいですよ…」
ガラッ バタン!
「様子はどう?」

シンジ「平気ですよ…リツコさん」

シンジ「なんの用ですか」

リツコ「今からいくつかの質問に答えてもらうわ」

シンジ「質問…ですか」

リツコ「そうよ、まず
何故会話をカットしたの?」

シンジ「ごちゃごちゃ言われたら集中出来ないので…」

リツコ「あら、そう
でもそれはいけないことなのよ?」

シンジ「すいません」

リツコ「まあいいわ、では次の質問よ」

リツコ「何故市民をプラグ内へ入れたのかしら」

リツコ(彼の口から聞きたいわね)

シンジ「あの時、これが最善だったと思い行動を実行しました」

リツコ「そう」

リツコ(やはり私と同じ考えね)

74 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 20:55:46.54 ID:PGpPTMHuo

リツコ「何故、貴方はA.T フィールドを」




リツコ「展開できたの?」

シンジ「…」


リツコ「貴方にはまだ展開方法を
教えてないはずよ?」


シンジ「僕、実は……



スパイなんですよ」

リツコ「え!?」

76 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/17(水) 21:09:02.61 ID:PGpPTMHuo

シンジ「なんちゃって」

リツコ「ふざけないで!」






シンジ「…………すいません」

シンジ「まだ起きたばかりだから
きっと混乱してるんですよ…僕…」

リツコ「……」

シンジ「すいません……

何も分からないんです」

リツコ「……」

32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 00:12:38.47 ID:Z8kgvXpZo

リツコ「分からない?」

シンジ「はい…あの時のこと…思い出せないんです…」

リツコ「…」

シンジ「すいません…」

リツコ「……そうわかったわ」


リツコ「協力に感謝するわ」


リツコ「それじゃあ、安静にしていてね」
テクテク

シンジ「リツコさん…!」
ピタ
リツコ「なに、シンジ君?」

シンジ「これは…父さんの命令か何かですか…?」


リツコ「いいえ、違うわ」

リツコ「個人としての質問よ」

シンジ「そうですか…ありがとうございます」
テクテク ガラッ バタン!

シンジ「何を考えてるんだ…」

34 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 10:38:09.25 ID:4kNo4DZBo

シンジ(考えても仕方ないか…)


『何故A.T フィールドを展開のさせたのかしら』





――――――――か

シンジ(…………)




――――――――――
――――――――
――――――
―――――
――――
―――
――




シンジ「うぅぉわああ!!ぐぅわああ!!!」
ザク!ザク!
トウジ「お、おい!どうしたんや!?」

ケンスケ「おい!…」

シンジ「うぅぐぅうう!!痛い!!痛いよ!」ザク!
ザク!
シンジ「痛い…!死ぬ……!」
ザク!
シンジ「ぅうう……!!!」

ガタッ!

ケンスケ「…し、死ぬ……!ヒ、ヒィイ!」
バタン!
トウジ「お、おい!!ケンスケ!」



35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 11:07:22.35 ID:4kNo4DZBo



あれ、ここは?



『エヴァの中よ』





…………そう







『貴方は今、意識を失ってるの』








……?何で?




『シトに負けたからよ』









負けた…?じゃあ、僕は死んだの?



36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 18:58:07.02 ID:qJzx64Ako

『簡単に言うとそうよ』






……そうなんだ







『悲しい?』






…悲しくわないよ




『それじゃあ、悔しい?』





………うん 悔しみはある…

結局僕は利用されて死んだんだって





『それじゃあ、死にたくない?』





………いいんだ…もう

もう生きるのに疲れたんだ…




37 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 19:45:30.93 ID:qJzx64Ako

『じゃあ、世界がどうなってもいいの?』





…うん、もうどうでもいいんだ

こんな世界…




『じゃあ、何故この子達を助けたの?』





それは……見殺しなんて出来なかったから…




『じゃあ、ここであきらめたら
みんな死ぬのよ』




……………




『私からすればそれだけじゃない、
貴方には死んで欲しくないの』





!!……………何で?




『貴方は私の大切な人、死んで欲しくないし、世界も救って欲しいの』





―――――――わかった

…でも、大切な人って……



『ありがとう』



……………!!まさか!!




『シンジ』


母さん!!?母さんなの!!?

待ってよ!!行かないでよ!!




『大丈夫、私はいつも貴方の
側に居るわ』
…………………………………―――

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 20:07:26.50 ID:qJzx64Ako

パッ!
シンジ「ハッ!………ここは…エヴァ…そうか…生きてるんだ……」

シンジ「…いつも…側に居る……」

シンジ「!……わかったよ、母さん」

シンジ「母さんがどこに居るか!」
シューー― キィン!!

シンジ「だから、見ててよ
母さん!」
ダッ!
シンジ「僕!」
ヒューー―ン!

シンジ「頑張るから!」
バキーーン!!


「…シト……賃滅」

―――――――――――
――――――――――
―――――――――
――――――――
―――――――
――――――
―――――
――――
―――
――


シンジ「――――――――思い出した―――」

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 21:16:24.48 ID:qJzx64Ako

シンジはその後、退院しミサトの家へ送り込まれた…

ミサト「…お帰りなさい」

シンジ「……」
テクテク ガラッ バタン!

ミサト「……」

シンジ(特にやることなんてないな…)ガチャ ♪〜

ミサト(もうダメなのかしら……)

―次の日―

シンジ(一応、学校には行くかな)

シンジ(弁当……作るか…)

―数十分後―

シンジ「よし、完成だな」
ガラッ テクテク
ミサト「し、シンジ君!?これ貴方が作ったの?」

シンジ「はい、一応当番ですから」

ミサト「あ、ありがとう」

シンジ「じゃあ、僕は行きます」

ミサト「い、いってらっしゃい」
ガチャッ バタン!
ミサト「シンジ君…貴方がよく分からないわ……」

41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 22:14:19.83 ID:qJzx64Ako

*ちなみに今日が転校日です
シンジ「新しい学校生活か…」

シンジ「友達……は、要らなな………」

―学校―

先生「今日はこのクラスに転校生が来ることになりました」
ワイワイガヤガヤ!
綾波「……」

先生「お静かに!」
シーン
先生「ゴッホン…えーそれでは紹介します」

先生「碇シンジ君です」
ガラッ テクテク
シンジ「〇〇〇から来ました
碇シンジです」

シンジ「よろしk…」
「「ぁああああああ!!」」
ビクッ!
先生「ど、どうしたんだね!!」

「「お前はあの時の!!」」

シンジ「……どーも…」
シリアイナノカシラ…ヒソヒソ…
先生「なんじゃ、お前ら知り合いか?」

「「はい!命の恩人です!!」」
エ?イノチノオンジン? ヒソヒソ ドーユーイミー?


42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 23:32:29.54 ID:qJzx64Ako

ケンスケ「ほら、前に俺らがシェルターから無断で出た時に」

ケンスケ「エヴァに助けられたって話たじゃないか」

トウジ「そのパイロットがこいつなんや!」
エー!?ナニソレスゴーイ! キャーカッコイイ!! ワイワイガヤガヤ!
シンジ「……」

先生「こら!静かにせんか!碇君が困ってるじゃろ!」
ワイワイガヤガヤ!
先生「はぁ〜しょうがないのう
すまんの碇君」

シンジ「いえ、別にいいです」

先生「とりあえず、え〜そこの席でいいかの?」

シンジ「はい」
ワイワイガヤガヤ!

―休み時間―

トウジ「転校生!あの時は礼を言ってなかったな、ホンマおおきに」

ケンスケ「ありがとな!」

シンジ「いいよ、別に」


43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 09:45:22.09 ID:kIpSmeVeo

トウジ「そや!転校生!今日放課後あいてるかいな?ゲーセン行かへん?」

シンジ「………今日は訓練があるんだ」

トウジ「そりゃ残念やな、じゃあいつでも誘ってくれてかまへんからな」

シンジ「…」

ケンスケ「ところで、その訓練ってどういうことするんだ?」

シンジ「シミュレーションするんだ」


ケンスケ「へーすごいな」

シンジ「……そろそろ休み時間が終わるよ」
スタスタ ギギー

ケンスケ「あ、ああ本当だ」



44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 13:20:25.85 ID:kIpSmeVeo

―昼休み―

トウジ「転校生!一緒に食べへんか?」

シンジ「……いや、いいよ一人で食べるから」

トウジ「?まあ、そう言わずに食べようや」

シンジ「気を使わなくてもいいよ、別に」

トウジ「別に気わ使ってないで?」

ケンスケ「トウジ、いいじゃないか、本人がそう言ってるんだから」


トウジ「……わかった、すまんかったな」
スタスタ

シンジ「…」
パクパク イカリクーンイッショニタベナイー
シンジ「いや、いいよ」
エーザンネン…
シンジ「…」
パクパク

47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 13:25:05.13 ID:kIpSmeVeo

―放課後―

シンジ(やっと終わったか)



48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 13:39:08.23 ID:kIpSmeVeo

トウジ「じゃな、転校生」

ケンスケ「またな、碇!」

シンジ(気なんて使わなくていいのに…)
スタスタ
スタスタ
スタスタ
シンジ(あ、綾波だ…)
スタスタ

―数分後―


シンジ(やっと着いたよ)

50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 20:34:54.19 ID:0DH75Nqvo

では、

綾波「…」
スタスタ
シンジ「…」
スタスタ
ウイーン
リツコ「来たわね、それじゃあ
プラグスーツに着替えて」

リツコ「着替え終わったら、シミュレーション室に来て頂戴」

綾波「分かりました」
スタスタ ウイーン
シンジ「…」
スタスタ ウイーン

―数分後ー

マヤ「それにしても、良く訓練を受けてくれましたね」

リツコ「さぁ、何故受けたのかしらね?」

ミサト(エヴァに乗るのを嫌ってたのに……何故…)
ボソッ
シンジ「絶対に救う…」

51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 08:04:37.21 ID:uWN6PY6zo

ミサト「二人ともお疲れ様……」

ミサト「それじゃあ、着替えたら帰っていいわよ…」

綾波「はい」

ミサト「それと、シンジ君」

シンジ「何です」

ミサト「今日は帰れそうにないの」

シンジ「別に…帰れないんなら帰ってこなくていいですよ」

ミサト「…」

リツコ「あら?ケンカでもしてるの?」





シンジ「他人には関係ありませをよ…特に…ネルフ社員にはね…」


ミサト「!ッいい加減にしなさい!リツコにそんなことを言わなくていいでしょう!?」

リツコ「いいわよ、別に」

ミサト「リツコ……」

シンジ「すいませんね、僕が言うことの聞かない道具で」
スタスタウイーン
綾波「……」
スタスタ ウイーン

52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 10:35:54.48 ID:uWN6PY6zo

リツコ「彼、いったいどうしたのよ?」

リツコ「まるで別人じゃない」

ミサト「その事なんだけど―――」



53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 10:55:45.16 ID:uWN6PY6zo

ミサト「――――――ってことがあったの…」

リツコ「……そう」

ミサト「守るって決めたのに……
逆に傷つけてしまった…」

リツコ「……」

ミサト「家族失格よね……」

リツコ「……私からはなんとも言えないけど、これだけは言える」


54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 11:06:57.73 ID:uWN6PY6zo



リツコ「貴方は悪くないわ…」

リツコ「だってそれは、彼の
ためにやった事なんでしょ?」



ミサト「…リツコ……」


リツコ「貴方がそんなじゃ、いつまで
経っても何も変わらないわよ」

ミサト「………」



ミサト「……そうね…いつまで経っても変わらないわね」






55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 11:11:53.74 ID:uWN6PY6zo

ミサト「そうよ、リツコ言うとうりだわ!」

ミサト「ありがとう、なんだか元気が出てきたわ!」



リツコ「それでこそ、ミサトね」






56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 11:20:56.61 ID:uWN6PY6zo

―その頃―

シンジ「…」
スタスタ
綾波「……」
スタスタ
スタスタ
綾波「…貴方は……」
ピタ
シンジ「…」
スタスタ ピタ


綾波「自分がネルフの道具だと思ってるの?…」

シンジ「……そうだね」
スタスタ
綾波「……」




綾波「…碇司令からも?」



57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 11:34:12.22 ID:uWN6PY6zo

シンジ「………」
スタスタ ピタ

綾波「碇司令からも…道具としか見られてないと思ってるの?」

シンジ「…そうだよ」



綾波「……そう。私と同じね……」


58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 11:40:56.20 ID:uWN6PY6zo

シンジ「何言ってるんだよ」

シンジ「君は父さんと楽しそうに話てたじゃないか」

シンジ「かってな事言うなよ」




綾波「碇司令は、私を見てるんじゃないわ…」

シンジ「は?何いってるんだよ」




59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 11:46:11.79 ID:uWN6PY6zo

綾波「貴方と同じ…」






綾波「私も利用価値があるだけよ……」


シンジ「!…………」

64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 14:11:05.97 ID:uWN6PY6zo

シンジ(綾波も…僕と…同じ…)

シンジ「……話しはそれだけ?」

綾波「うん」

シンジ「じゃあ、行くから…」
スタスタ スタスタ ウイーン
綾波「……」
スタスタスタスタウイーン

65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/17(水) 15:39:39.82 ID:PGpPTMHuo

その後シンジは制服に着替え
家に帰り
一晩をすごした


66 名前:!ninja[] 投稿日:2011/08/17(水) 16:15:45.99 ID:PGpPTMHuo

シンジ「ん、もう朝か」ゴシゴシ
*今日休みです



67 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/17(水) 16:30:01.21 ID:PGpPTMHuo

シンジ「とりあえず、朝食でも作るか」
ガラッ バタン! スタスタ

―数分後―

シンジ「もう、腹一杯だな」

スタスタスッ ポトン

シンジ(特にやることもn…)
ブゥ―――ゥン!ブゥー―――――ゥン!

70 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 17:52:56.56 ID:PGpPTMHuo

シンジ「……サイレン」

シンジ「…使徒だ」

タッタッ ガチャ バタン! カチカチ





71 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/17(水) 18:28:58.12 ID:PGpPTMHuo

シンジ「…ハァ…ハァ…」
タッタッ タッタッタッタッ
シンジ(迎えだ……!)
タッタッ ガチャ
シンジ「お願いします!」

「了解」
ガチャ キキー!ブゥゥー―――ン!!

84 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/18(木) 07:17:11.94 ID:1GA81x+5o

ブーブーブーブーブー!

ゲンドウ「実験は中止、パイロットが来しだい、直ちに出撃せよ!」

ミサト「了解!」

86 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/18(木) 22:57:05.01 ID:5wIJ7zSVo

―数分後―

87 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/18(木) 23:05:45.03 ID:5wIJ7zSVo


ミサト「発進!」
ギッガチャ!ヒュゥーー――ン!




88 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/18(木) 23:24:43.91 ID:5wIJ7zSVo

ガチャ!

シンジ「あいつか……」





マコト「目標に!高エネルギー反応!」


ミサト「だめ! 避けて!」


シンジ「くっ!!……」


ピカーン!!

キーン!!





89 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/18(木) 23:34:43.76 ID:5wIJ7zSVo


マヤ「初号機、A.T フィールドを展開!」


リツコ「また!?……」

ゲンドウ「……」

シンジ「くぅ!……………うぅ…」

マヤ「ダメです!耐えきれません!!」


バーン!!
シンジ「くぅうわあああああああ!!!」


ミサト「シンジ君!!」

ミサト「戻して!早く!!」

91 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/18(木) 23:56:51.08 ID:5wIJ7zSVo


マヤ「初号機回収! 第7ケージへ!」


ミサト「ハッチを開けて! 早く!」
プシュゥ…―

シンジ「…うぅ………」


ミサト「シンジ君!!大丈夫!?シンジ君!!」


リツコ「救護班! 早く!!」
タッタッタッタッタ

………………………………―――

92 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/19(金) 00:19:50.92 ID:PwyIkeeJo

シンジ「ハッ!…」
ガタッ

93 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/19(金) 00:32:30.82 ID:PwyIkeeJo

綾波「気が付いた…?」


シンジ「……」


シンジ「……何の用」


レイ「明日、午前0時より発動される、ヤシマ作戦のスケジュールを伝えます」
  

94 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/19(金) 00:50:21.87 ID:PwyIkeeJo

綾波「碇、綾波の両パイロットは、本日、17時30分、ケイジに集合」

綾波「18時、初号機、及び、零号機、起動」


綾波「18時5分、発進
   18時30分、二子山仮設基地に」


綾波「到以降は別命あるまで待機」

95 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/19(金) 01:25:56.91 ID:PwyIkeeJo

シンジ「……分かった」

綾波「それじゃあ…」
スタスタ ウイーン




シンジ「僕は…」


シンジ「やられたのか………」

107 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/19(金) 17:37:40.30 ID:2T6Xdamno

―その頃―



ミサト「―――――の理由によりこの自走陽電子砲は、本日15時より
特務機関ネルフが徴発いたします」


「そ、そんな!無茶苦茶なぁ!」


ミサト「可能なかぎり形をとどめて返却いたしますので、ご協力感謝します」


「………」



111 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage ] 投稿日:2011/08/19(金) 19:08:17.20 ID:2T6Xdamno

―数分後―


マコト「しかし、ATフィールドをも貫くエネルギー算出量は、最低1億8千万キロワット」


マコト「それだけの大電力を、どこから集めてくるんですか?」




ミサト「……決まってるじゃない、日本中からよ」


113 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage ] 投稿日:2011/08/19(金) 19:17:51.41 ID:2T6Xdamno

その後、作戦会議により


ヤシマ作戦という

日本中の電力を使い

使徒を沈黙させるという作戦が



立てられた――――――

114 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/19(金) 23:30:59.00 ID:2T6Xdamno

そして時間が過ぎていき…









ミサト「シンジくんは初号機で砲手を担当
レイは零号機で防御を担当して」


シンジ「何でですか……」


リツコ「これはシンジくんと初号機のシンクロ率がの方が高いからよ。
    今回はより精度の高いオペレーションが必要なの。
    正確にコア一点を狙い打つのよ」


121 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/20(土) 07:23:03.88 ID:KcAFM2qwo

シンジ「……もし外して、敵が打ち返してきたら?」


リツコ「今は余計な事は考えず、一撃で撃破する事だけを考えなさい」

シンジ「……」



レイ「私は……私は初号機を守ればいいのね。」


リツコ「ええそうよ」


ミサト「時間よ、二人とも着替えてちょうだい」

122 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/20(土) 08:14:39.65 ID:KcAFM2qwo

―数分後―
シンジ「…綾波は何でエヴァに乗るの?父さんからの命令…?」


綾波「…それもあるけど、みんなとの繋がりだから」


シンジ「……」



綾波「私には…これしか無いから…」


136 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/26(金) 02:11:18.90 ID:mauWvw2po

皆さんすいません、書くのが遅くなりました





シンジ「……」

綾波「………そろそろ時間よ、行きましょう」
スタスタ

綾波「…さよなら」
ギュイン バタン!



シンジ「……さよならって…」



―数分後―



ミサト「シンジ君!日本中のエネルギーすべてあなたに預けるわ!」


シンジ「……」


マコト「全エネルギーをポジトロンライフルへ!」




マヤ「目標に高エネルギー反応!」


リツコ「なんですって!?」


ミサト「発射!!」



137 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/26(金) 02:25:56.33 ID:mauWvw2po


ドッバ――――――――ン!!!



シンジ「ッ!外した!?」


ミサト「くッ!!第二射!!急いで!!」


マコト「再充填開始!砲身却!!」


マヤ「目標に再び高エネルギー反応!」


ミサト「シンジ君!!」



138 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[] 投稿日:2011/08/26(金) 05:51:12.17 ID:mauWvw2po

ピカッ!


シンジ「ッ!!」

キーン!!




綾波「!………くぅ……!」



シンジ「……綾波……!!」



マヤ「零号機、盾溶解まで後14秒!!」


日向「ポジトロンライフル充填完了まで、後17秒!」


シンジ「くそッ!!」

144 名前: 1 [] 投稿日:2011/08/29(月) 18:37:11.06 ID:2Rq3qkbyo

リツコ「盾が持たない!」

ミサト「まだなの!!?」

マコト「充填まであと10秒!!」

マヤ「零号機、盾翌翌翌溶解まで後3秒!!」

ミサト「ッ!シンジ君!!レイ!!」


シンジ「早く…!綾波が!」

151 名前: 1 [saga ] 投稿日:2011/08/30(火) 00:42:32.74 ID:M56fHLlFo

マヤ「盾、溶解します!!」


バーーン!!

綾波「くうぅ…!!!」

シンジ「綾波ッ!!」

ミサト「後、何秒!!?」

マコト「充填完了まで後、3秒!!」


シンジ「早く!!」

リツコ「このままじゃ、彼女が!」


マコト「ポジトロンライフル充填完了!!」



154 名前: 1 [saga ] 投稿日:2011/08/30(火) 07:49:19.37 ID:M56fHLlFo

ミサト「発射!!」

シンジ「当たれ!!」

ドオーーーーン!!!


マヤ「目標に直撃!使徒、完全に沈黙しました!!」

ミサト「…ありがとう…二人共…」

ギュイン
シンジ「綾波ッ!!」
タッタッタッタッタ!

ジュウゥ
シンジ「ぅ!…うぅ!!」
ギュイン ギュイン ジュウゥ!

シンジ「綾波!大丈夫!?」

156 名前:1[saga ] 投稿日:2011/08/30(火) 15:52:07.67 ID:oglpAZzbo

綾波「…うぅ………」

シンジ「綾波!」

綾波「ぅ……碇………君………?」

シンジ「……良かった…」

綾波「………」

綾波「…いき……てる……」

シンジ「綾波…?」

綾波「…私…生きてるのね…」

シンジ「?…そうだよ」

綾波「………」

綾波「何故…また生きてるの…?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!スカルファックするわよ!」