まる子「あたしゃ魔王を倒すよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ブラックジャック「メソッド演技?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:46:34.31 ID:4Mz4iyYq0

まる子「もう放っちゃおけないね」

友蔵「まる子や…本当に行ってしまうのかい…?」

まる子「あたしゃやると決めたらやるよ」

ヒロシ「いいじゃねーかじいさんwww、かわいい子には旅をさせよ、だwwwwww」

ヒロシ「おいまる子、おみやげ頼んだぞwwww」

さきこ(姉)「家にいるとうるさいからいいわよ」

すみれ(母)「まあ夏休みだしねぇ…まる子、ダンジョンに落ちてるもの拾い食いしたらダメよ」

まる子「そうと決まれば早速出発するよ」ダッ

友蔵「まる子ぉぉーーーー!待ってくれーー!おじいちゃんを置いてかないでくれえぇーーーー!!」ダダッ

ヒロシ「あーあwwwじいさんまで行っちまったよwwwwwww」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:47:53.53 ID:4Mz4iyYq0

キートン山田「こうしてまる子と友蔵は家を出、仲間を探し始めた」

まる子「やっぱり仲間にするには大野くんとか杉山くんみたいな人がいいよね」

友蔵「その二人なら安心じゃのう」



藤木「あれ、あそこにいるのさくらじゃない?」

永沢「うん、じいさんも一緒だね」

藤木「呼んでみようか。おーい!さくらーー!」タタッ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:49:14.46 ID:4Mz4iyYq0

まる子「あれ、藤木に永沢」

藤木「いま仲間がなんとか、って話してなかった?遊びにいくんなら僕も仲間に入れてよ」

永沢「僕らも、だろ…。自分だけ仲間に入ろうだなんて君は本当に卑怯だな…」

まる子「やだねこの人は、仲間っていっても魔王を倒す仲間だよ」

藤木「ええっ!そ、そういうことなら僕は遠慮しておくよ…」

永沢「僕もそんな仲間にはなりたくないね」

藤木・永沢「じゃ、また」ササッ

まる子「頼んでもいないのに断られたよ…トホホ…」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:50:31.21 ID:4Mz4iyYq0

キートン山田「まる子と友蔵が魔王を倒す旅に出ることを知った町内会は大きなお別れ会を催した」

たまちゃん「まるちゃん、ごめんね。一緒に行きたいけどピアノのお稽古が忙しくて…。体に気をつけてね」

丸尾「ズバリさくらさんこそ子供の鑑でしょう!みなさんもさくらさんを見習いましょう!」

関口「学級委員ならお前も一緒に行けよー」

丸尾「そ、それとこれとは話が違うでしょう…」ソソクサ

花輪「ヘイベイビー、僕にできることはこれくらいだよ。頑張りたまえ」

 ▽まる子は10000円受け取った

はまじ「さくら、お前勇気あるな」

ブー太郎「さくら頑張るブー」

みぎわ「あなたは私のライバルなんだから勝手に死んだら許さないわよ」

まる子「ライバルって…花輪くんはあんたにやるよ…」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:52:17.16 ID:4Mz4iyYq0

野口「……」

野口「さくらさん…私も一緒に行くよ……」ボソッ

まる子「ホント!?野口さんなら歓迎するよ」

野口「クックック…」

笹山「野口さんも勇気あるわねえ。かっこいいわ」

藤木(ぼ、僕もさくらの仲間になれば笹山さんに尊敬されるかも…)

永沢「藤木くん、気持ち悪い顔してどうかしたのかい?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:53:40.24 ID:4Mz4iyYq0

藤木「ぼ、僕m」山田「オレもいくじょ〜〜wwww!」

みんな「おお〜山田やるなあ!頑張れよ!カッコイイぞ!」

永沢「藤木くん、キミ、いつもよりクチビル青いよ」

藤木(山田め…後で見てろよ…)

まる子「(山田か…)とりあえず決まったね。じゃあ明日の正午に校門前に集合だよ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:55:06.95 ID:4Mz4iyYq0

キートン山田「その夜」

山田「アハハ〜アハハ〜〜オレが世界を救うじょ〜〜〜wwwwwwww」テクテク

山田「アレ?藤木くんバットなんか持ってどうしたんだじょ〜〜?もう夜だじょ〜」

藤木「……」スタスタ

藤木「お前のせいでっ…!」ブオッ

グシャァ ドゴッ メキャア バキッ メメタァ

山田「いだいじょ〜〜〜!!!なにをずるんだじょ〜〜〜〜!!!!」

藤木「まだしゃべれる元気が残ってたか」

ゴシャア ズムッ ドピュ ザクッ ニチャッ

山田「カア…チャン……」ドサア

藤木「まだ息があるな…まあいい。これで旅はできないだろう」スタスタ



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:56:56.01 ID:4Mz4iyYq0

キートン山田「次の日の正午」

まる子「山田遅いなあ」

藤木「やあ遅れてごめん」スタタ

まる子「藤木じゃん。山田はどうしたのさ?」

藤木「なんか急に調子が悪くなったみたいでさ。僕が代わりに行くよ」

笹山「藤木くんもなかなか男ね」

藤木(やった!オレ尊敬されてる!山田を殺ったかいがあったよ)

まる子「…まあいいや。それじゃ行こうかね」

友蔵「……」ボケー

キートン山田「こうして一行はようやく出発した」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 16:58:41.16 ID:4Mz4iyYq0

ダーマ神官「ここは転職を司るダーマ神殿じゃ」

まる子「てんしょく?あのクリスマスの時期に点いてる明かりのこと?」

野口「クックック…それはでんしょく…」

友蔵「ワシは"賢者"というものに一度なってみたくてのう」

ダーマ神官「よかろう。〜〜〜。よし、これよりそなたは賢者として生きるがよい」

藤木「俺はやっぱり戦士かなあ」

ダーマ神官「よかろう。〜〜〜。よし、これよりそなたは戦士として生きるがよい」

野口「私は僧侶だよ…似合わないね…クックック……」

ダーマ神官「よかろう。〜〜〜。よし、これよりそなたは僧侶として生きるがよい」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:01:27.14 ID:4Mz4iyYq0

まる子「じゃあ行こうかね」

友蔵「まる子は転職しなくていいのかね?」

まる子「わたしゃ勇者に決まってるから転職する必要なんてないじゃん」

 ニア つよさ → ニア まる子 職業:すっぴん

野口(実はすっぴんだなんて言えやしないよ…クックック…)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:03:18.36 ID:4Mz4iyYq0

藤木「あっスライムだ」

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

野口「…ドラキー…来るよ…」

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

まる子「うわっももんじゃだ」

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:04:50.34 ID:4Mz4iyYq0

藤木「おっ!はぐれメタルだ!!」

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

 ▽ミス!

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

 ▽ミス!

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

 ▽ミス!

友蔵「はあ…はあ…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:05:48.97 ID:4Mz4iyYq0

藤木「引っ込んでなじいさん!魔神斬り!」ブオンッ

 ▽ミス!

野口「……」ブスッ

 ▽はぐれメタルの息の根を止めた

野口「フッ…」ニヤリ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:07:29.60 ID:4Mz4iyYq0

藤木「なぁさくら、君だけ特技とか呪文とかほとんど覚えてなくないか?」

まる子「やだねぇ、勇者は覚えるまで時間がかかるんだよ」

野口(すっぴんだけどね…クックック…)

友蔵「じゃあとりあえず自己流で編み出してみたらどうじゃ?」

まる子「自己流…」パアア

まる子「それいいね。そうと決まればちょっと練習してくるかね」スタスタ

藤木「ふう…もうすぐ魔王の城か…」

藤木「野口さんの毒針の異常な精度のおかげで俺たちもうずいぶんレベル高いし、行けそうな気がするぞ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:09:13.59 ID:4Mz4iyYq0

キートン山田「そしてついに魔王の城に入った勇者一行」

野口「…ベリアルだよ…」

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

ベリアル「ギャオオアー!!」カッ ババババァン!!

まる子「クッ、どっちのイオナズンだかわかりゃしないよ!」

藤木「……」スッ

ベリアル「! ギャシャー!!」ブオン

藤木「馬鹿め、後ろだ」ドグシャア

 ▽ベリアルをやっつけた

まる子「さすが藤木、後ろから殺るとはニクいねこのこのっ!」

野口「さすが卑怯だね…」ボソッ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:11:12.50 ID:4Mz4iyYq0

藤木「うお、ワイトキングだ」

友蔵「イオナズンじゃーーー!!」カッ ババババァン!!

野口「…グランドクロス」シュッ シュバアア ドグオオン!!

まる子「アルテマソード」フワアア ザグッ パリィイン!!

まる子「ギガディン」バリバリバリィイン!!

まる子「かがやく息」ヒュゴオオ!!

 ▽ワイトキングをやっつけた

藤木「さくら、いつの間に…」

友蔵「立派になったのうまる子や…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:13:05.41 ID:4Mz4iyYq0

野口「このドアを開けたら…決戦だよ…」

友蔵「やっとここまできたのう」

藤木(俺、この戦いが終わったら笹山さんにプロポーズするんだ…)

まる子「うわっ、コレ出がらしじゃん!!」ペッ

野口「…行くよ…」カチャ

 ▽魔王の間のドアを開けた

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:15:32.38 ID:4Mz4iyYq0

魔王「フハハハハ。よく来たな人間ども」

野口「ゴタクはいい…さっさと始めようよ…」シャキ

魔王「フハハ、言いおる。ではいくぞ!!」

 ▽魔王が現れた

まる子「おじいちゃん、MPは温存してよ!」

友蔵「メラゾーマじゃーーー!!」ブオッゴオオォオォ!!

友蔵「メラゾーマじゃーーー!!」ブオッゴオオォオォ!!

友蔵「メラゾーマじゃーーー!!」ブオッゴオオォオォ!!

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:16:56.55 ID:4Mz4iyYq0

 ▽魔王はマホカンタを使った

 ▽魔法は跳ね返された

友蔵「ぬわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」バタッ

 ▽友蔵は死んでしまった

 ▽マホカンタの効果が切れた

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:18:11.19 ID:4Mz4iyYq0

まる子「おじいちゃあーーーん!!」

まる子「よくも…許しゃしないよあたしゃ」

まる子「アルテマソード!」フワアア ザグッ パリィイン!!

まる子「ギガディン!」バリバリバリィイン!!

まる子「かがやく息!」ヒュゴオオ!!

まる子「うおお!マダンテ!!!」グオッ ドグワアアオオン!!!!

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:19:54.88 ID:4Mz4iyYq0

魔王「グオッ、ちょこざいな!くらうがいい!!」

 ▽魔王の攻撃!痛恨の一撃!

まる子「そりゃないよ…」バタッ

 ▽まる子は死んでしまった

野口「クッ、ザオラルッ、ザオラルッ…!」

 ▽ミス!ミス!

魔王「……」ブオン!

藤木「野口さん!危ない!!」ダッ

 ザグッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:21:43.98 ID:4Mz4iyYq0

藤木「……」ポタポタ

藤木「…はは、僕らしくもないことしちゃったな…」

藤木「でも、仲間を必死で生き返らそうとしてるキミを放っておいたら、笹山さんに幻滅されちゃうだろ?」

藤木「しっぽ巻いて逃げるより、ずっとマシだとおm」魔王「フンッ、消えろ」グシャ

藤木「……ックソッ」バタッ

 ▽藤木は死んでしまった

野口「……!」

野口「…ふう…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:23:24.40 ID:4Mz4iyYq0

野口「これだけは使わないでおこうと思ったんだけどねえ…」

 ▽野口は身につけていた呪いの武具を外した

野口「…強すぎる力ってのは自分の身をも滅ぼすものだから…」

 ▽野口の賢さが上がった

 ▽野口のMPが上がった

 ▽上級呪文がアンロックされた

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:26:03.02 ID:4Mz4iyYq0

魔王「クッ、これは…!」

野口「ジゴスパーク」ヴァリヴァリヴァリ!!

野口「グランドクロス」シュッ シュバアア ドグオオン!!

野口「ビッグバン」ヒュウウ ドガガガバァアン

野口「マダンテ」グオッ ドグワアアオオン!!!!

魔王「グワッ、おの…れ……」

野口「……」ブスッ

 ▽魔王の息の根を止めた

野口「"魔王に一撃必殺は効かない"なんて誰が決めたかもわからないルールに従うなんて御免だよ…」ニヤリ

 ▽魔王をやっつけた

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:28:34.33 ID:4Mz4iyYq0

野口「さて…」

 ▽野口はザオリクを使った

 ▽まる子が生き返った

 ▽野口はザオリクを使った

 ▽友蔵が生き返った

 ▽野口はザオリクを使った

 ▽藤木が生き返った

野口「クックック…もう全部終わったよ…」

まる子「魔王にとどめを刺せないなんてあたしゃ勇者として情けないよ…トホホ…」

友蔵(マホカンタ 我の呪文を 返しけり 友蔵心の一句)

藤木「俺、笹山さんにふさわしい男になれたかな……」

キートン山田「こうして清水に平和が戻った」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 17:29:47.12 ID:4Mz4iyYq0

キートン山田「このあと、山田が藤木への憎しみで魔王になるが、それはまた別のお話」

 おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……」唯「隣いいですか?」