シンジ「ただいまー……アスカがまた増殖してる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「取り返しのつかないくらい乳首が開発された」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 00:28:52.62 ID:QIUhHX0j0

アスカ「帰りが遅いわよバカ」

アスカ「シンジ、ご飯まだぁ?」

アスカ「おなか減ったわ」

アスカ「シンジこれ洗っといて」

アスカ「冷蔵庫のプリン食べたけどいいわよね?」

アスカ「肩叩いて」

アスカ「ねーシンジ」

アスカ「ちょっと聞いてんのバカシンジ」


シンジ「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 00:43:26.44 ID:QIUhHX0j0

アスカ「暇ね」

アスカ「退屈〜」

アスカ「シンジあんた何か考えなさいよ」

アスカ「そうよシンジ」

シンジ「…………じゃあまた暇つぶしにキスでもする?」

アスカ「……」

アスカ「……」

シンジ「怒らないでよ、冗談だって。ええと、その、ゲームしてたら?」

アスカ「ま、まぁいいわよ? キスくらい。キスくらいなら。一回しちゃってるんだし」

アスカ「そ、、そうよね。じゃあ私がキスしてみるから他の私達はゲームしてなさい」

アスカ「なんであんたがすんのよ」

アスカ「全部私なんだから誰でもいいじゃない。だからしょーがないから私が」

アスカ「ほらバカシンジ、こっち向きなさい」

アスカ「シンジぃ」

シンジ「……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 00:53:01.07 ID:QIUhHX0j0

アスカ「ごちそーさま」

アスカ「まぁまぁね」

アスカ「まぁまぁだったわ」

シンジ「……どういたしまして」

アスカ「でもいつもの夕食よりちょっと手抜きじゃない?」

アスカ「そうよ、どういう事よシンジ」

シンジ「今日はまた急に増えてたから、おかずが間に合わなかったんだよ」

アスカ「ふーん」

アスカ「ダメね、男なら自分の仕事に言い訳は無用!」

アスカ「そうそう」

アスカ「まぁまぁだったわ」

シンジ「はあ。次は事前に言ってよ、『今日は増えるかも』って」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:03:21.50 ID:QIUhHX0j0

シンジ「そもそもなんで増えるの? どういうきっかけ?」

アスカ「知らないわよそんなの」

アスカ「なんとなくよ」

アスカ「哲学的な問いかけね」

シンジ「哲学は関係ない、と思うけど……」

アスカ「なによーいいじゃない。こぉんな美少女が目の前に何人もいるんだから」

アスカ「そうよバカシンジ」

アスカ「むしろ飛び上がって喜ぶべきよね」

シンジ「増えても全部アスカじゃないか」

アスカ「だから何よ、贅沢ね」

シンジ「それに、こんなに女の子がいるのに結局僕ばっかり家事してるし……」

アスカ「増えても全部私だからよ」

アスカ「そうそう」

シンジ「うう、もう何でもいいや」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:17:31.30 ID:QIUhHX0j0

アスカ「あ、ドラマ見なきゃ」

アスカ「シンジも来なさい」

シンジ「僕も?」

アスカ「あんたいっつもオジン臭い番組しか見ないでしょ」

アスカ「もっと若者向けの文化にも親しまなきゃダメよ」

アスカ「そうそう」

シンジ「……分かったよ」

ペンペン「クエェ」

シンジ「あ、ペンペンも一緒に見る?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:24:13.34 ID:QIUhHX0j0

ドラマ視聴中〜

シンジ「……」

ペンペン「クェ」

アスカ「……」

アスカ「……」

シンジ「? どうしたの」

アスカ「別にー。ペンペンって、しょっちゅうあんたの膝の上に乗ってるなぁと思って」

アスカ「座り心地がいいのかも」

アスカ「ふん、バカシンジのくせに」

シンジ「な、なんだよ」

アスカ「……試しに座ってみよっかなー」

アスカ「そ、、そうね、なにごとも試しに」

シンジ「ええぇ」

アスカ「じゃ、私が座ってみる。ほらペンペン、どきなさい」

ペンペン「……クゥ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:37:57.73 ID:QIUhHX0j0

シンジ「座るって、なんで……? アスカ、人数増えてますます押しが強くなってない?」

アスカ「いいじゃないそんなの。んしょ」

ふにょん

シンジ「!」ビクッ

アスカ「……」ドキドキ

シンジ(や、柔らかい……女の子の匂いがする)

アスカ「むぅ。なに黙ってんのよ私のくせに」

アスカ「そうよー、何か言いなさいよ」

アスカ「す、座り心地は、ま、まぁまぁね。しょせんバカシンジだけど」

ふにふに

アスカ「でもペンペンの気持ちを知るために、しばらくこうしてあげててもいいかなーなんて」

アスカ「ていっ!」ドンッ

アスカ「痛っ!? なにすんのよ私!」

アスカ「一人で座ってちゃ分からないでしょ。次は私ー」

アスカ「その次が私ね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:44:46.66 ID:QIUhHX0j0

アスカ「ちょっとシンジ、なにモゾモゾしてんのよ」

シンジ「だって……あの、ドラマは……」

アスカ「あんた、どうせ大して興味ないんでしょ?」

アスカ「なら無理に見なくたっていいじゃない」

シンジ「アスカ、それさっきと言ってること違」

ふにょん

シンジ「っ」

アスカ「ふ、ふーん、そっか……バカシンジの膝はこんな感じかぁ」

アスカ「後がつかえてるんだから早く降りなさいよ」

アスカ「そうそう」

アスカ「で、私の番ね。んしょっと」

ふにん

シンジ「うぅぅ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:54:21.14 ID:QIUhHX0j0

シンジ(降りたり座ったり繰り返すから、か、感触が……!ってマズイ、変なこと考えちゃダメだ)

アスカ「むっ」

アスカ「むむっ」

アスカ「どうしたの?」

アスカ「シンジがすけべな事を考えてる気配がするわ」

シンジ「!!!」

アスカ「私もそんな気がする」

アスカ「同じく」

アスカ「あ、今ビクッとした。図星っぽいわね」

シンジ「い……いや、だってあの」

アスカ「スケベ」

アスカ「えっちね」

アスカ「バカシンジ」

シンジ「く……ああ、もう! 降りてよ、僕は洗濯とかしてくるから!」

ドタドタドタ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 01:55:18.83 ID:QIUhHX0j0

アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「からかいすぎたかな」

アスカ「なによぉ。怒ることないじゃない」

アスカ「そうよ、バカシンジのバカ」

ペンペン「クエエ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 02:11:27.58 ID:QIUhHX0j0

シンジ(はぁ、なんだか疲れたな)

アスカ「シンジ」

シンジ「……なんだよ」

アスカ「ヤな態度。あれくらいでふて腐れてたら、人生つまんないわよ?」

シンジ「……テレビは?」

アスカ「他の皆は観てるけど」

シンジ「どいてよ。僕、まだすることあるから、アスカもテレビ観てたら?」

アスカ「なーによ、慰めてやりに来たのに」

シンジ「……」

アスカ「さっきは結局キスしなかったし、今してあげてもいいわよ」

シンジ「やめてよもう、そういうの」

アスカ「ふんっ」

ガタッ

シンジ「うわ、ちょっ!?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 02:37:48.80 ID:QIUhHX0j0

シンジ「アス、んむぐっ」

アスカ「ん、ちゅ……ンン、ん……♥ はぁぁ」

シンジ「は、ぁ……っ」ドキドキ

アスカ「んフフ、拗ねてみせたって、もう真っ赤になってるじゃない」

シンジ「ア、アスカだって……」

アスカ「ねえ。せっかくだし、もっと慰めて欲しくない……?」

シンジ「い、いや、でもさ」

アスカ「……まだ怒ってんの?」

シンジ「そうじゃなくて。アスカって、皆同じこと考えるわけだから―――」

アスカ「シンジー」

アスカ「シンジ。さっきのだけど……」

アスカ「ちょっと、なにやってんのよ」

シンジ「ほら」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 02:48:46.09 ID:QIUhHX0j0

アスカ「ちっ」

アスカ「なにが『ちっ』よ!」

アスカ「二人だけでこっそり、いやらしいったら」

アスカ「なによ、どうせあんた達も同じことしに来たくせに」

アスカ「むぅ〜」

シンジ「ちょっと待って、アスカ同士でケンカしないでよ」

アスカ「うっさい! 当然あんたもよ、バカシンジ!」

アスカ「そうよっ、少し顔貸しなさい……んっ」

シンジ「っっ!?」

アスカ「ちゅぅ、んむ……ぷはぁ。いい、あんたには、一人とキスしたら全員とする義務があるのよ?」

シンジ「なんでっ」

アスカ「なんでもも!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 02:55:45.85 ID:QIUhHX0j0

アスカ「どんな経験でも分かち合うってのが、増えた私達のあり方なんだからしょーがないでしょ」

アスカ「え、そうだっけ」

シンジ「『そうだっけ』とか言ってるけど……」

アスカ「とにかく、私なんてまだ膝にも乗ってみてないんだから」

アスカ「ひと通りやり直しね」

アスカ「さ、リビングに戻るわよー」

アスカ「観念しなさい、バカシンジ」

シンジ「あああああ」ズルズル

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 03:02:29.11 ID:QIUhHX0j0

ミサト「ただいまぁ」

アスカ「おかえりミサト」

ミサト「あれ、シンちゃんは?」

アスカ「そこで力尽きてるわよ」

シンジ「……」グッタリ

ミサト「ホントね。でもなんかニヤついてるように見えない?」

アスカ「シラナーイ。なにかお得なことでもあったんじゃなの」

ミサト「お得……??」

シンジ「……フヘヘ」

ミサト「うーん。ねえ、何があったのよ。知ってんでしょ」

アスカ「なんでもいいじゃない。あえて言えば、今日も増えて、また戻っただけ」

ミサト「????」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 03:10:36.23 ID:QIUhHX0j0

学校〜

トウジ「センセ、今日は上機嫌やな」

ケンスケ「なにか良い事でもあったか?」

シンジ「えっ。べべ別に何もないけど」

ケンスケ「ふーん」

シンジ「……あのさ。ところで、人って―――」

トウジ「?」

シンジ(増殖したりするのかな、って。聞いたらバカだと思われるかな)

ケンスケ「人がなんだよ」

シンジ「人ってなぜ争うんだろう」

トウジ「はぁ?」

シンジ「ゴメン。忘れて」


シンジ(綾波だったら笑わずに聞いてくれるかな……?)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 03:16:34.91 ID:QIUhHX0j0

シンジ「あ。ねえ、綾波、ちょっといい?」

レイ「なに?」

シンジ「聞いてみたいことがあるんだけど。人間が増えたりするのって、ありえると思う?」

レイ「人類は増えるわ」

シンジ「いやあの、子供が生まれて……とかじゃなくて。なんていうか、同じ人間が何人もに」

レイ「!!」ビクッ

シンジ「―――綾波?」

レイ「碇君……どうして、それを」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 03:31:18.81 ID:QIUhHX0j0

レイ「地下に降りた……いえ、誰かに教えられた……?」

シンジ「?」

レイ「確かに増やす事はできる―――私の肉体の代わりは沢山あるわ。でも」

シンジ「あっ、あああ綾波も!??」

レイ「『も』?」

シンジ「だって、肉体が沢山って。綾波って、増えるのっ??」

レイ「……ええ。正確には、既に増殖されて保管されているわ」

シンジ「そんな」

レイ「碇君。どうして知ったのかは分からないけれど、あまりその事に踏み込んでは駄目」

シンジ「え」

レイ「危険だから。お願い」

シンジ「わ、分かった」

レイ「……それじゃ」スタスタ



シンジ(綾波はウソ言わないよな。人間って、やっぱり増えるんだ……)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 04:07:53.71 ID:QIUhHX0j0

下校中〜

シンジ(でも、普通はやっぱり増えないよなぁ、多分。綾波も秘密っぽく言ってたし)

アスカ「それでね、ヒカリが」

シンジ(アスカと綾波……エヴァのパイロット? じゃあ僕もいつか?)

アスカ「だけど私はバターチキンのほうが」

シンジ(あ、そしたら家事分担できて楽になるかも)

アスカ「カバーにまで飛び跳ねちゃって」

シンジ(それに沢山いたら、一人くらい父さんとも仲良くなれたりして)

アスカ「とりゃっ」

シンジ「イテッ。なんだよいきなり」

アスカ「あんた、話全然聞いてなかったでしょ」

シンジ「え、ゴメン」

アスカ「ニヤニヤしちゃって、何考えてたのよ」

シンジ「なにって。今日、綾波と話して―――」

アスカ「!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/30(土) 04:21:02.75 ID:QIUhHX0j0

シンジ(って、危険だから踏み込むなって言われたんだっけ)

アスカ「……ファーストと話して、それがどうしたのよ」

シンジ「いや……その、内容は口止めされてるから」

アスカ「なにそれ! 言いなさいよっ」

シンジ「別にいいだろ。聞いてなかったのは悪かったけど、ちょっと妄想してただけだよ」

アスカ「!!!」

シンジ「……?」

アスカ「ファーストと……口止めされて……妄想……?」プルプル

シンジ「ア、アスカ?」

アスカ「それで私を無視してニヤついてたってえの、あんたはっ!!」

シンジ「えええっ」

アスカ「昨日あんだけサービスしてやったっていうのに、このスケベ変態浮気者、性欲魔人ッッ!」

シンジ「うぁ、待ってアス」

ごしゃっ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ただのうんこをする人には興味ありません」