カツオ「姉さん大変だよ!玄関にアナゴさんが全裸で立ってるよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:藤木「永沢くん、明日は卒業式だね…」永沢「うん」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:17:30.19 ID:4UVVqrGs0

サザエ「あらやだ気持ち悪いわね」

舟「白目剥いて立ってるわねぇ〜」

ワカメ「お母さん…早く110番しようよぉ」

マスオ「アナゴ君〜君は露出狂だったのかい?」

アナゴ「……」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:21:06.40 ID:4UVVqrGs0

カツオ「立ったまま微動だにしないね」

アナゴ「ぶるぅぅぅああああああ!!!」

一同「うっわあああ!!」

アナゴ「ごほん…ごほん…」

マスオ「あ、アナゴ君大丈夫なのかい??」

アナゴ「僕はアナゴ君じゃない…2038年から来たアナゴ-800だ」

一同「アナゴ-800!?」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:28:15.99 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「いやぁ、急に驚かせてすいませんねぇ」

マスオ「すると君はアナゴ君とは別人の?」

アナゴ-800「アナゴ-800だ」

台所では…

サザエ「アナゴさんに何お出ししようかしら」

舟「サザエ…!あんな頭の狂ってる人には何も出さなくていいです」

サザエ「あら、そうかしら〜?」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:30:18.34 ID:4UVVqrGs0

カツオ「アナゴさん全裸のままでいいの?」

アナゴ-800「全裸の方が何も捕らわれなくていいんだ〜」

マスオ「君はどうしてこの時代に?」

ワカメ「タイムマシンなんてすごいわぁ!」

タラ「僕も乗りたいですぅ♪」

アナゴ「僕もよく覚えてないんだ、勝手にこの時代に送り込まれてしまって…」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:33:44.56 ID:4UVVqrGs0

サザエ「それにしても目的もないのにこの時代に来るなんてねぇ」

アナゴ-800「一応目的はあるんですよオクサーン」

マスオ「どんな目的なんだい?」

アナゴ-800「実はカツオくーん、君は2038年では英雄として称えられるんだ」

カツオ「ぼ、僕が!!?」

舟「どうして出来の悪いカツオが英雄なんですか!」

カツオ「……」

アナゴ-800「カツオくーんが抵抗軍のリーダーとなって殺人ロボット達と戦うんです」

一同「殺人ロボット!!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:39:17.21 ID:4UVVqrGs0

マスオ「そ、その殺人ロボットってのはなんだい?」

アナゴ-800「今から5年後に人工知能を備え付けたスカイネットが創られるのさ」

カツオ「スカイネット?」

アナゴ-800「ようは殺人マシーンさ、人類は機械軍との戦争を余儀なくされ何十年も戦争が続いてるんだ」

サザエ「あら怖いわね」

ワカメ「機械と戦争なんて勝ち目薄いに決まってるわ〜」

タラ「ドラえもんですぅ♪」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:43:24.29 ID:4UVVqrGs0

マスオ「なぜそのスカイネットが暴れ出したんだい?」

アナゴ「奴等は自己のためを最優先し自らを破壊しようとする人間を敵と見なし完全抹殺を目的としたんだ」

ワカメ「こわぁ〜い…」

舟「物騒な時代になりましたわね」

カツオ「そんな時代のリーダーなんて僕嫌だよぅ!」

マスオ「アナゴ君もスカイネットなのかい?」

アナゴ-800「のんのん…」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:45:44.89 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「僕はスカイネットによって量産された人間抹殺用のアンドロイドさ」

マスオ「そ、そんな君も抹殺を?」

アナゴ-800「だが抵抗軍に捕まりチップを入れ替えられしまってる」

サザエ「便利な時代ねぇ」

カツオ「それで勝手に送り込まれてきたんだ」

舟「迷惑な話ですよアナゴさん」

アナゴ-800「カツオくんをもう1体のターミネーターから護るとプログラムはされている」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:49:55.31 ID:4UVVqrGs0

ワカメ「アナゴさん以外にも来てるの〜?」

マスオ「何だか怖くなってきたねぇ」

アナゴ-800「もう1体はT-1000と呼ばれる僕よりも性能の高いターミネーターさ」

サザエ「でもアナゴさんなら勝てるんじゃないかしら?」

アナゴ-800「残念ですが、性能も違いすぎるので勝てる可能性はほとんどないです」

カツオ「じゃあ何で来たのさ!!!もっと性能のいいターミネーターが良かったよ!!」

タッタッタ(家から出て行く)

サザエ「コラカツオお待ち!アナゴ-800さんに失礼でしょ!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:53:44.35 ID:4UVVqrGs0

舟「サザエも出て行ったわね」

マスオ「ぼかぁ、アナゴ君が嘘をついてるとは思いませんよ」

ワカメ「私も信じる!」

舟「私もちょっと気が狂ってると思いましたけど…まぁ信じましょう」

アナゴ-800「ありがとうございますみなさーん」

マスオ「あ、アナゴ君全裸で土下座はよしてくれよ〜」

タラ「僕は信じないですぅ♪」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 11:57:56.25 ID:4UVVqrGs0

マスオ「ところで、もう1対のターミネーターの居場所は分からないのかい?」

アナゴ-800「この時代に来てるのは確かなんだふぐたーくぅーん」

ワカメ「性能って何が違うのかしら?」

アナゴ-800「まず傷を負っても再生する力や、肉弾戦ではまず勝てない液体金属性もボディを持つのさ」

マスオ「アナゴくんもきっと勝てるさ」

アナゴ-800「僕は再生する力なんて持っていないし、勝てる気がしないんだ」

タラ「情けないターミネーターですぅ」

舟「こらタラちゃん!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:02:04.70 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「1つ注意して欲しいことがあるんですみなさーん」

ワカメ「なぁに?」

アナゴ-800「T-1000は自分と同じ背丈の物に擬態できる能力があるのさ」

マスオ「そ、それじゃあ誰かに化けられたりした分からないじゃないか」

アナゴ-800「だから注意してほしーんだ」

舟「アナゴさん、この時代の貴方はどうするんですか?」

アナゴ-800「色々と面倒だから明日フグゥたーくーん…この時代の僕を縛ってどこかへ放置しておいてくれないか?」

マスオ「そういうのは僕得意だから任せてよアナゴ君!」

その後、この時代のアナゴさんは行方不明に…


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:05:11.35 ID:4UVVqrGs0

カツオ「うわああああああん!!ターミネーターなんて嫌いだああ!」

タッタッタ

サザエ「カツオ!」

ガシッ

カツオ「ね、姉さん!!」

サザエ「今日はもう遅いから家出するのは明日にしなさい?」

カツオ「はぁーい」

タッタッタ(家へ帰っていく)

T-1000(磯野波平…抹殺完了)

波平「ほぎゃぁ……」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:07:24.17 ID:4UVVqrGs0

―翌朝―

サザエ「カツオ!おきなさい!!今日は学校があるんでしょ!」

カツオ「うーうん…」

ワカメ「お兄ちゃん、遅刻しちゃうよ?」

カツオ「急いで行くよ〜…」

舟「アナゴさんは全裸で朝から家事をしてくれてんですよ。」

カツオ「分かったよぉ、今すぐ行くよ」

サザエ「それにしても父さんの帰りが遅いわねぇ」

舟「またどこかで飲み歩いてるんじゃないか?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:11:04.34 ID:4UVVqrGs0

―学校―

カツオ「う〜〜〜ん」

先生「磯野!!磯野!!」

中島「おい磯野、問題当たってるぞ」

カツオ「いいんだ・・・僕は抵抗軍のリーダーになるんだし」

中島「ほわぁ?」

先生「磯野!何を馬鹿なことを言ってるんだ!」

カツオ「どうせみんな死ぬんだよぉ…」

―休み時間―

かおるちゃん(磯野くんって頭おかしいわよね)

ヒソヒソ

中島(あいつ元々頭おかしいって僕思ってたんだ)



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:14:11.10 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「さてふぐぅたーくん」

マスオ「どうしたんだい?」

アナゴ-800「今からネットカフェに行こう」

マスオ「どうしてネットカフェなんだい?」

アナゴ-800「T−1000は女好きのターミネーターとしても有名さ、出会い系でこちらが女側になって居場所をつきとめるのさ」

サザエ「あら、面白そうじゃない」

マスオ「サザエも来るかい?」

サザエ「ええ、もちろん暇だし」

アナゴ-800「それじゃあ…ターミネーター狩りと行きましょうか」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:16:48.76 ID:4UVVqrGs0

中島「やーい磯野悔しかったらこっちまでこいよー」

カツオ「返せよ中島!!」

かおるちゃん「うふふふ」

中島「磯野給食袋とったぁwwww」

カツオ「待てよ中島!!!返してくれよぉ!!」

かおるちゃん「磯野くんいじめるのホントに楽しいわね」

先生「うむ、ムードの良いクラスだ。」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:22:24.24 ID:4UVVqrGs0

カタカタ(キーボードを打つ音)

アナゴ-800「キャピキャピメールで釣ってみようかぁ」

マスオ「でもアナゴ君、女の人の写真なんてあるのかい?」

アナゴ-800「だからこそおくさーんの写真を使うのさ」

サザエ「あら、あたしの?」

マスオ「そ、それは困るよアナゴ君…こんな醜い顔を見せるなんて」

サザエ「ちょっと貴方それどういうことなの!?」

マスオ「じょ、冗談だよサザエぇ〜」

アナゴ-800「とりあえずプロフィールを書いて投稿してみよう」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:26:13.75 ID:4UVVqrGs0

カツオ「うぅっ…中島なんてもう絶交だ」

ボロボロの給食袋を抱えたまま家へ帰るカツオ
その後姿からは何とも言えない切なさがかもしだされていた

カツオ「もう今日から学校に行くのはやめよう」

舟「あら、カツオどうしたんだいその傷!?」

カツオ「か…母さん」

舟「あまり危険な遊びはしないんですよ…それじゃ夕飯の買出しに行ってくるわ」

カツオ「うぅっ…ひっく…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:30:33.09 ID:4UVVqrGs0

マスオ「どうだい、アナゴ君?」

アナゴ-800「ぶるぅるぅぁ…奥さんの写真じゃ誰も食いついてこないなぁ」

サザエ「あたしが綺麗過ぎるのが問題じゃないのかしら?」

マスオ(なんだコイツ)

アナゴ-800(T-1000がブサイク専門だから奥さんを選んだなんて口が裂けても言えないなぁ)

マスオ「あ!アナゴくん書き込みが!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:35:21.87 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「やったよふぐぅたーくん」

マスオ「T-1000からの書き込みかい!?」

アナゴ-800「ご丁寧にT-1000って名前で会員登録してるみたいだ」

サザエ「やだわぁ、私会わないと行けないのかしら?」

マスオ「サザエはもういいから」

アナゴ-800「早速会おうとメールをしてみようじゃないか」

カタカタ

マスオ「もう返信が返って来たじゃないか」

アナゴ-800「おくさーんの乳の写真を要求してきたんだが」

マスオ「サザエのグロ乳を?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:37:54.51 ID:4UVVqrGs0

サザエ「グロ乳ってどういうことよ貴方!」

マスオ「グロテクスな乳だよ〜ははっそんなことも分からないのかい?」

サザエ「ええーい!!」

ポコポコ(マスオをしばく音)

マスオ「ふ、ふぎゃああ…」

アナゴ-800「とりあえず、おくーさんの乳が必要になった」

サザエ「うふふふ、久し振りに脱ぐわ!!」

ぬぎぬぎ

アナゴ-800(おぉ…まさにグロスタイルだねふぐたくーん)



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:41:36.36 ID:4UVVqrGs0

アナゴ「とりあえず2枚ほど送らせてもらうよ」

カタカタ

20分後

マスオ「返信が急に来なくなったねぇ」

アナゴ-800「悪用されたかもしれないよふぐぅたーくん」

マスオ「はははっ!サザエのグロ乳なんて誰も悪用しないさ!」

ポカポコッ(マスオをしばく音)

サザエ「マスオさん次行ったらヤルわよ」

ピロピロ

アナゴ-800「返信が返ってきたみたいだよ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:45:19.67 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「公園前で待ち合わせしたいみたいだふぐぅたーくん」

マスオ「じゃあ、早速公園に行こうか」

サザエ「T-1000さんに早く会いたいわぁ」

マスオ(……)

アナゴ-800「そ、そうだ!」

マスオ「どうしたんだい?」

アナゴ-800「カツオ君が危ない!!!急ごう!!」

タッタッタ



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:47:54.34 ID:4UVVqrGs0

―公園―

カツオ「ふぅ…もう辛いよ…」

タイコ「あら、カツオちゃんじゃない」

カツオ「こんにちは!」

タイコ「カツオちゃん1人?」

カツオ「はい、今学校から帰ってきたばかりで」

タイコ「ふふ…そう1人ね」

カツオ「え……?」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:50:00.27 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「カツオくんの存在を忘れていたよ!」

タッタッタ

マスオ「公園はもうすぐだよ!」

サザエ「はぁはぁ…貴方ァ…待ってえ〜〜」

アナゴ「無事でいてくれよカツオ君!!」


カツオ「え、どうかしたんですか?」

タイコ「死になさいカツオ君」

カツオ「!!?」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:53:10.04 ID:4UVVqrGs0

マスオ「アナゴ君!!!いたよ!!」

サザエ「あら、タイコさんじゃない?」

アナゴ「あれがどうやらT-1000のようだ」

サザエ「え!?」

カツオ「し、死になさいって…」

タイコ「死ぬのよ!!」

アナゴ-800「ぶるうううああああああ!!」

ガシッ(タックルで突き飛ばす)

マスオ「カツオくん早く逃げるんだ!」

カツオ「マスオ兄さん!」

アナゴ-800「この人はタイーコさんじゃないんだカツォくーん」

カツオ「そ、そんな…」

TAIKO-1000「磯野カツオを抹殺するために送り込まれたTAIKO−1000よ」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:55:47.94 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「邪魔よブサイク男」

マスオ「右手を刃物に変形させた!?」

アナゴ-800「あれもT−1000の特徴でもあるんだぁ」

サザエ「ここはアナゴさんに任せて逃げるわよ!」

TAIKO-1000「待ちな!!」

ガシッ(刃物を右手で掴み取る)

アナゴ-800「僕を忘れてもらっちゃあ困るよ〜…カツオ君を死守するのが僕の役目だからねぇ」

カツオ「姉さん!公園にバイクがとめてあるよ!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 12:59:32.66 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「ぶるうああああああ」

TAIKO-1000「性能が違うんだよブサイクやろう!」

カツオ「あ、アナゴさんが刺されたよ!」

マスオ「とにかくバイクで逃げよう!」

アナゴ-800「カツオくぅーん、僕と一緒に逃げるよ」

カツオ「う、うん!」

ぶるうううんぶるうう(バイクへ跨り)

マスオ「ちょ、ちょっと僕達は!!?」

アナゴ-800「奥さんと何とか生き延びてくれふぅぐたーくん…それじゃあ」

サザエ「待ちなさいよアナゴ!!許さないわよ!!」

マスオ「行っちゃった…」

TAIKO−1000「……貴方達も殺しておきましょうね」

マス&サザ「!?」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:07:56.94 ID:4UVVqrGs0

カツオ「姉さん達はどうするのさ!?」

アナゴ-800「仕方ないよカツーオくぅーん…」

カツオ「うぅ、そんな……」

アナゴ-800「おっと、もう1人保護する人物を忘れていた」

カツオ「僕以外にもいるのぉ?」

アナゴ-800「ああ…花沢花子」

カツオ「は、花沢さん!?」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:12:04.72 ID:4UVVqrGs0

サザエ「はぁはぁ…」

マスオ「さ…サザエ大丈夫かい?」

サザエ「木の枝で戦うなんて無理があるわよぉ〜…」

マスオ「どうやらここまでみたいのようだね……」

TAIKO-1000「もう終わりにしていいのかしら?」

マスオ「サザエぇ…ぼかぁ、君と結婚できて本当に幸せだったよ」

サザエ「あなた…///」

マスオ「君の乳は小さいし真っ黒だけど、僕は何1つ嫌な顔をしなかったさ」

サザエ「あなたのその優しさに惚れたのよ…///」

マスオ「サザエ/////」

ガシッ(抱き合う)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:16:22.58 ID:4UVVqrGs0

カツオ「どうして花沢さんなの?」

アナゴ-800「彼女は抵抗軍の副司令官でもあり実質的に君とほとんと同じ地位なのさ」

カツオ「だからそれと何の関係があるのさ!」

アナゴ-800「君と彼女は数年後結婚をするんだ!」

ピシピシ(カツオの心が少し壊れた)

カツオ「ひ、ひどいよ…どうして僕が…」

アナゴ-800「それも運命って訳さー…彼女は今駅前にいるみたいだね」

カツオ「嫌だああああああああ!!!」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:24:35.21 ID:4UVVqrGs0

カツオ「そうだ、母さんに連絡しておかないと」

アナゴ-800「そうだなカツォくぅーん」

カツオ「ちょっと公衆電話で電話してくるよ!」

アナゴ-800「僕もついていくよ」

カツオ「あ、お金がないや…」

アナゴ-800「ふんっ!!」

バキッバキ(公衆電話から大量の小銭が)

カツオ「わぁお〜やるねぇ!」

ぷるるるる

舟「あら、カツオどうしたんだい?」

タマ「きゃうきゃう!!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:27:09.73 ID:4UVVqrGs0

カツオ「え…ちょっと待って」

アナゴ-800「どうしたんだいカツォくーん?」

カツオ「何だか様子がおかしいんだ…」

アナゴ-800「君の家で飼ってる猫の名前は?」

カツオ「タマだよ。」

舟「カツオ?どうしたんだい?」

アナゴ-800(カツオボイス)「母さん、パトリッシュがさっきから鳴いてるよ」

舟「ああ、餌をまだやってないからね」

ガチャンッ!

カツオ「何で切ったのさ!」

アナゴ-800「君のお母さんは既にTAIKOに殺害された…」

カツオ「!!?」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:34:53.98 ID:4UVVqrGs0

花沢「いーそーのーくん!!」

カツオ(おええ…)

アナゴ-800「探す手間が省けたじゃないかカツォくぅーん」

カツオ「そ、そうだね」

花沢「あら…おじさん誰?」

カツオ「この人はマスオ兄さんの知り合いで」

花沢「うふふふ、磯野くんの知り合いなら仲良くしておかなくっちゃ!」

アナゴ-800「とにかくここは危険だから逃げよう」

カツオ「花沢さんまで連れて行くの!?」

花沢「私は磯野くんと一緒ならどこでも行くわよ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:41:17.33 ID:4UVVqrGs0

カツオ「そうだ、あの女ターミネーターのことなんだけど」

アナゴ-800「なんだいカツォくーん?」

(3人とも車で逃走中)

カツオ「抹殺リストはあと何人載っているんだい?」

アナゴ-800「伊佐坂難物、伊佐坂軽、伊佐坂浮江、伊佐坂甚六、花沢父」

カツオ「イササカ家全滅じゃないか!?」

花沢「父ちゃんも載ってるの!!?」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:44:00.72 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「サイバーダイン花沢不動産は後にスカイネットの核となるチップを作り出すんだ」

カツオ「じゃあ全ての鍵は花沢不動産に?」

花沢「父ちゃんが死ぬなんていやよおおおお」

カツオ「何とか助けてあげられないの?」

アナゴ-800「それは危険が大きすぎるよカツオくーん…僕の役目は君たち2人の保護だからね」

花沢「そ、そんな」

カツオ「ドンマイ花沢さん!」

アナゴ-800「今はTAIKO−1000から逃げるしか手立てはないんだ」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:51:45.63 ID:4UVVqrGs0

―コンビニ―

店員「あらっしゃいませぇ」

アナゴ-800「これと、これと、これも持って行こう」

店員(す、すごい店内の商品ほとんどカゴに入れていってる…!)

アナゴ-800「スパイシーチキン全てとアメリカンドッグ全部くれ」

店員「は、あい!」

アナゴ-800「至急頼む」

店員「12万3800円になります」

アナゴ(シカトして出て行こうとする)

店員「ちょ、ちょっとお客さん!代金は!?」

アナゴ(服を脱ぎ全裸に)

店員「…!」

アナゴ「この身体に言いな…!」

店員「もしもし…あ、はい不審者発見しました」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 13:57:50.23 ID:4UVVqrGs0

TAIKO−1000「中島くん、カツオちゃん知らないかしら?」

中島「僕知らないですよぉ…あいつ最近頭おかしいですよ」

TAIKO-1000「頭がおかしい?」

中島「抵抗軍のリーダーとか訳の分からないことばっかり言ってて」

TAIKO-1000「ふふ、貴方も知りすぎたわね」

中島「え!!?」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:02:02.14 ID:4UVVqrGs0

中島「な、な……なななな…」

TAIKO-1000「さぁ死ぬのよ中島くん!!」

中島「やなこった…」

TAIKO-1000「!?」

ズバンッ!(木バットの先端から銃弾を乱射)

中島「最初から怪しかったんだよ!!!」

バババババッ!!(公園で乱射しまくる)

※アナゴさんは常に全裸だと思っていてください

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:06:05.92 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000(この身のこなし…できる…!)

中島「やろう…傷が再生しやがるな」

TAIKO-1000「これは予想できたかしら?」

ぶおおおおおお(右手から火炎放射)

中島「チッ…!」

TAIKO-1000「ふふふっ…眼鏡がいい感じになったわね」

中島「こんなもの外してやるさ」

スチャッ(眼鏡を外す)

TAIKO-1000(あら、ちょっとイケメン)


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:10:49.93 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「何とか武器も調達できたし行こうか二人とも」

花沢「あ、あたし行かないわよ!」

カチャッ(ハンドガンを右頬に突きつける)

アナゴ-800「…!!」

花沢「父ちゃんを助けに行かないってなら…死ぬわよ!!」

アナゴ-800「花沢すぅわーん…それだけはやめてくれないか」

花沢「だったら父ちゃんを助けなさいよ!!ホントに死ぬわよ!」

カツオ「ああ、もういいよ死ねよ死ねって〜」

花沢「ほ、ほ、ホントに死ぬんだから!!」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:20:22.21 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「右頬の緩み…瞳孔の開き方…皮膚の温度…これらから計算して君が引き金を引く確率は0%」

カツオ(死ぬ気ねぇwwww)

花沢「な、なによ!!!」

アナゴ-800「君が死ぬのは人類にとってはとても悲しいことなんだ」

花沢「だから父ちゃんを助けなさいよポンコツ!!」

カツオ「いいじゃんアナゴさん引き金引かせてあげようよ」

花沢「磯野くんまで何よ!!!撃つわよ!!」

アナゴ-800「…ぶるぁ!!!」

バンッ!

花沢「あ・・・」

アナゴ-800(銃弾を口の中で受け止め吐き出す)

アナゴ-800「2度とするなおかちめんこ…」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:27:01.13 ID:4UVVqrGs0

中島「あらよっ…!!」

ボガンッ(手流弾型の野球ボールを投げつける)

TAIKO-1000「ふふふ、中々しぶといじゃない」

中島(チッ…再生力が半端じゃねぇな…)

TAIKO-1000「貴方ただの人間じゃないわね」

中島「ただの人間だ!」

パパパンッ(銃を乱射)

TAIKO-1000「ふふふ、こんな攻撃きかな…!!」

中島「油断したな…」

バクッ(タイコの前に現れ口に手流弾を突っ込む)

TAIKO-1000「!!!?」

中島「地獄でエッチしようぜ…タイコ!!」

ドガンッ!!!(爆発に中島も巻き込まれる)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:35:22.43 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「ふぅ…手間かけさせたわクソメガネ」

中島「……」

TAIKO-1000「結局爆発に巻き込まれて死亡なんて情けないわ」

中島「うぅ…待て……」

ガシッ(TAIKOの足首を掴む)

TAIKO-1000「離しなさいくたばりかけの眼鏡!!」

ぼこぼこ(足で顔を踏み潰す)

中島「い、磯野には手を出すなああああああ!!!!」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:39:29.15 ID:4UVVqrGs0

ぴりりり

カツオ「ん、電話だ?」

ピッ

カツオ「はい磯野です………え!?」

花沢「どうしたの磯野くん?」

カツオ「はい、はい分かりました…。」

アナゴ-800「かつぉーくん何があったんだい?」

カツオ「タラちゃんが…少年院に連れて行かれた……」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:44:41.19 ID:4UVVqrGs0

ジンロク少年院に連れて行かれたタラちゃん
スーパーで窃盗と、店員2名を傷つけ現行犯逮捕
一度ぶち込まれれば2度と出られない場所で有名である

看守さん「おら、ここに入っとけ」

タラ「いたたですぅ」

囚人A「おっ、新入りじゃねぇか」

囚人B「この間入った新入りはもう使えねぇしなwww」

囚人A「俺達のサンドバック代わりになってもらうぜ?」

タラ「……うぅぅ」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:46:51.52 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「それじゃあタラちゃんを助けないといけないカツオくぅん」

カツオ「急ごう!!」

花沢「ちょ、ちょっとどうして磯野君のときは助けるのよ!!?」

カツオ「うるせぇな早くしろよ」

アナゴ-800「君はブサイクだから!」

タッタッタ(駆け出す)

花沢「な、なによぉ……」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:49:02.54 ID:4UVVqrGs0

1時間後…ジンロク少年院

タラ「ふぅ…」

囚人A「タラさん、灰皿です」

タラ「おう、悪いな」

ジュウッ(タバコの火を囚人Aの股間に押し付ける)

囚人A「あうちいwwwwww」

タラ「それにしても…弱かったなここの奴等は」

囚人B「タラさんがここの王ですぜ」

タラ「まぁ、それも悪くはないな…」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:55:27.83 ID:4UVVqrGs0

ぴりり

タラ「んぁ、電話か」

囚人A「ウィルコムとかぱねぇっす…」

カツオ「もしもしタラちゃん!?」

タラ「わぁ、カツオお兄ちゃんですぅ」

カツオ「そっちは大丈夫??」

タラ「大丈夫ですぅ、囚人の皆に遊んでもらってるですぅ♪」

カツオ「良かった!すぐそっちに行くよ!」

タラ「分かったですぅ^^」

ピッ

タラ「野郎ども…脱獄の準備だ……」

囚人一同「おおおおおおおお!!!!!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 14:57:07.44 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「えらく時間がかかったわ」

中島…死亡

TAIKO-1000「先に…タラちゃんの方を抹殺しようかしら」

タッタッタ(猛スピードで走り出す)

TAIKO-1000「匂いで分かるわ…ジンロク少年院ね」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:02:48.76 ID:4UVVqrGs0

看守「何者かが院内に侵入しました!!」

TAIKO-1000「おほほほほっ!!!」

パパパッパッ(看守に銃を乱射)

看守「ぐっあっふ」

タラ「むっ、何の騒ぎだ!?」

囚人A「侵入者みてぇですぜタラ兄貴!」

タラ「厄介だな…武器はあるのか?」

囚人B「サバイバルナイフが1つぐらいしか…」

タラ「チッ、何とかそれで持つかわかんねぇな」

TAIKO-1000「た〜ら〜お〜コロス〜♪」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:05:03.19 ID:4UVVqrGs0

カツオ「早くしなきゃ危ないよ!!」

アナゴ-800「急いでるよカツォくーん」

花沢「あばばばばばwwwww」

ズリズリッ(車からロープで引きずられる花沢さん)

カツオ「後部座席は荷物でいっぱいだしね」

アナゴ-800「花沢だけに荷物ってか?」

カツオ「あははは」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:13:35.63 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「た〜らちゃん」

タラ「タイコおばさん…!」

囚人A「兄貴そいつが!!」

TAIKO-1000「うるさいわねぇ」

パパパッ(囚人A撃たれる)

囚人A「ぐあああああ!!」

タラ「まさか…奴さんがターミネーターって訳か?」

TAIKO-1000「そうよ、カツオお兄ちゃんの前に葬ろうと思って」

タラ「おい…ここにいる囚人全員連れて先に行け」

囚人B「兄貴はどうするんですか!?」

タラ「あとで必ず行く、まずは舎弟達の命優先だ」

囚人B「あ、兄貴ィィィィ!!!」

タッタッタ(囚人全員が逃走)

TAIKO-1000「あら、中々かっこいいことするじゃない」

タラ「機械がなんだか知らねぇが…こっちの世界では通用しないぜ!」


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:27:08.27 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「死になさいタラォ」

パパパッパッ(銃を乱射)

タラ「ふんふんふんっ!!」

キンキンッ(ナイフで銃弾を弾き返す)

TAIKO-1000「へぇ…!中島くんよりできるじゃない」

タラ「ふん…この寒気、1年前にロシアをクーデターを起こして以来だな」

TAIKO-1000「図に乗るんじゃないよ!!」

ぶおおおおお(火炎放射をタラに放つ)

タラ「ふおおおっ!!」

ぶんっぶんっ(左腕と右腕を大きく振り回し火をかき消す)

TAIKO-1000「……!!」

タラ「こんなもんじゃ俺は殺せねーぞ」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:30:46.45 ID:4UVVqrGs0

ジンロク少年院前

ばちばちばっ…(全裸のノリスケが現れる)

NORI-1000「……」

アナゴ-800「うぅん?院の前に誰か立ってないかいカツオくぅん?」

カツオ「あ、ノリスケおじさんだ!」

NORI-1000(磯野カツオ、その後ろに引きずられているのが花沢花子)

アナゴ-800「何だかおかしいねぇ」

カツオ「ちょっと車とめてよ!ノリスケさんは味方だよ!」

※ノリスケも全裸です

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:36:30.27 ID:4UVVqrGs0

カツオ「ノリスケおじさあああん」

タッタッタ(ノリスケの傍へ駆け寄る)

NORI-1000「やぁ…カツオくん」

アナゴ-800「伏せろカツオくぅーん!!」

カツオ「!?」

ばんばっん!(ショットガンをノリスケへ発砲)

NORI-1000「痛いじゃないですかぁ」

花沢(引きずられ気絶中)

アナゴ-800「彼もどうやらT-1000のようだね」

カツオ「ターミネーターが2人も!?」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:38:58.55 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「ふふふふふ!!息が上がってきてるわよ!」

キンキンッ

タラ「くっ…手を刃物に変形させるなんて反則くせぇ!」

TAIKO-1000「死ね!!」

ブッサァァッァ(右肩を斬られる)

タラ「ぐっぉ……」

TAIKO-1000「所詮人間が私に勝つなんて無理な話よ」

タラ(せめて…ハジキさせあればな……)



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:46:52.04 ID:4UVVqrGs0

タラ「一時退避だ…」

TAIKO-1000「あら、逃げるなんて意外ね」

タッタッタ(タラを追いかける)

タラ「足はええええww」

TAIKO-1000「うふふふふ」

タラ「何か武器さえあれば…!」

TAIKO-1000「無駄よ無駄!!貴方はここで死ぬのよ!!」

タラ「……これは!」

(タラはメリケンサックを手に入れた)

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 15:51:47.42 ID:4UVVqrGs0

ちょっと出かけてきます…
すぐは戻ってはきますが落としてもらっても構いません
ちなみに昨日プレデターでお世話になったものです
それでは。

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:31:14.71 ID:4UVVqrGs0

タラ「メリケン!!!」

ガシッ(TAIKOにタックルをかましマウントをとる)

TAIKO-1000「むっ…」

タラ「ォらおらおらおらおらおらおら!!!」

(TAIKOの顔面にラッシュ)

TAIKO-1000「だから、傷を負っても回復するって言ってんだろ」

グサッ(右胸を突き刺される)

タラ「ぐっおおおお…」

TAIKO-1000「うふふふ、いい色に染まってるわね」

タラ「くそったれ…こんなアマに殺されるとは」

ドガシャンッ!!(壁が破壊される)

TAIKO-1000「!!」

タラ「お前は…」

???「よう、タラ。待たせて悪い」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:37:06.52 ID:4UVVqrGs0

NORI-1000「ははははははは!!!」

ぶおおおおお(火炎放射でアナゴの顔が焼かれている)

カツオ「ひどい様だねぇ」

アナゴ-800「ぶうあああああああ」

カツオ「アナゴさんの皮膚が剥がれて金属が剥きだしに!」

アナゴ-800「くっ…」

バシッ(3発ビンタする)

カツオ「アナゴさん!そんな攻撃きくわけないじゃん!」

NORI-1000「この!!」

アナゴ-800「僕はカツオくんを護るのが使命なのさ…簡単には殺させないよ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:40:02.95 ID:4UVVqrGs0

竜宮城かぐや(風俗店)

ワカメ「お客様ご指名ありがとうございます♪」

イササカ先生「いやぁ、仕事の疲れが出ちゃって一発頼むよワカメちゃん」

ワカメ「分かりました、今日はどんなプレイを?」

イササカ「パイズリからの69からの正常位で頼むよ〜」

ワカメ「もう///」

イササカ「わっはははは!!」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:42:52.41 ID:4UVVqrGs0

タラ「待ってたぜ…」

イクラ「相棒!」

TAIKO-1000「この2人は確か…」

タラ「俺達が噂の」

イクラ「日本のリーサルウェポンさ!」

TAIKO-1000「…!!」

タラ「イクラ、ハジキはあるか?」

イクラ「8発式のリボルバーで何とかなんだろ」

タラ「すまねぇな…気をつけろあいつは傷を負っても…」

TAIKO-1000「うふふふふ」

イクラ「それはめんどくせぇな…何か核となる部分を潰しか…」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:46:46.44 ID:4UVVqrGs0

NORI-1000「ふはははははは」

カツオ「あ、アナゴさん!!」

アナゴ-800「ぶるうあああ…すまないカツオくんここまでのようだ」

アナゴ…機能停止

NORI-1000「さぁ、カツオくん人類のために死んでもらおうか」

カツオ「うっうううう…」

花沢(気絶中)

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:50:31.16 ID:4UVVqrGs0

タラ「イクラ!お前は不快だから喋るな!」

イクラ「バブゥ」

TAIKO-1000「仲間を増やしたところで何も変わらないわよ!」

タラ「おせぇよ!!」

バンバンッ(急所目掛けて連射)

TAIKO-1000「ぐふっふぉうああ」

イクラ「バーブウ」

ドドドドドド!(6000発式の銃を乱射)

TAIKO-1000「うごごごごごごwwwww」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 16:53:52.25 ID:4UVVqrGs0

カツオ「花沢さんおきて!!逃げるよ!」

花沢「うぅぅーん///」

カツオ「きもいよ花沢さん!早く起きて!!」

花沢「んぁああ…磯野くぅん…///」

カツオ「何寝ぼけてんだよ、さっさと起きなよ!」

ボカンッ(バットで後頭部を殴る)

花沢「あら、磯野くん!」

カツオ「早く!ターミネーターから逃げるよ」

花沢「えええ?」

NORI-1000「ふふふふふ」


アナゴ(予備バッテリー作動)

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:02:38.88 ID:4UVVqrGs0

タラ「イクラ!!」

イクラ「ばあああああ」

TAIKO-1000「この餓鬼が…!!」

(イクラの腹部を何度も突き刺す)

イラク「ばぁっ!ばぁ!」

タラ「ちっ、畜生ォォ!!!」

TAIKO-1000「お前もうるせぇんだよ」

バシッ(タラを蹴り飛ばす)

タラ「肋骨折れたwwww」

イクラ「ばぶぅううう…」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:13:12.36 ID:4UVVqrGs0

ボツネタ投下してすいません
もうアイディア浮かばないです

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:15:53.75 ID:4UVVqrGs0

やっぱりキメラアントにすればヨカッター

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:19:44.04 ID:4UVVqrGs0

落としてくれていいですよwwww

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:48:02.71 ID:4UVVqrGs0

タラ「俺がここまで追い込まれたのは初めてだ…」

TAIKO-1000「さぁ終わりよ」

イクラ「ばばあああああぶううう!!」

タラ「イクラ!?」

TAIKO-1000「なっ…イクラ・・・」

イクラ「実は俺もT-1000だったのさ…動力源となる水素爆弾を取り出した…」

タラ「いっ、イクラお前!!」

イクラ「アイルビーバック」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:50:25.89 ID:4UVVqrGs0

花沢「逃げる場所なんてないじゃない磯野くん」

カツオ「でも今は走るしかないんだよ!」

タッタッタ

NORI-1000「待ってよカツオくーん」

アナゴ(システム再稼動)

花沢「ええい!父ちゃんの仇!」

カツオ「ば、バイブでどうやって戦うのさ!?」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:54:29.12 ID:4UVVqrGs0

花沢「えええーい!こうするのよ!」

VUUUUUU!!(ノリスケの股間にバイヴを押し当てる)

NORI-1000「くあlせうfづsfかswwww」

カツオ「き、効いてる!?」

花沢「やっぱりここが性感帯みたいね!威力MAXよ!」

ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!!!!

NORI-1000「うごおおおおごっごごごごごwwwwww」

カツオ「すごいや花沢さん!!」

花沢「うふふふふ///」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 17:57:14.55 ID:4UVVqrGs0

タラ「……くっ」

イクラ…水素爆弾の爆破に巻き込まれ粉々に

TAIKO-1000「ふぅ、危なかったわ」

タラ「なななななな…生きてる!?」

TAIKO-1000「皮膚が剥がれて全身の金属が剥きだしになっちゃったけどね」

タラ「イクラの…行動が無駄死にに…ッ」

TAIKO-1000「うっふ」

タラ(すまねぇイクラ……)

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:00:07.14 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「ふんっ!!」

グサッ(鉄パイプで頭を殴りつける)

TAIKO-1000「ふぎゃっ」

タラ「アナゴさん!!」

アナゴ-800「タラちゃーん、遅れてすまないねぇ」

TAIKO-1000「このブサイクが!!」

アナゴ-800「それはお互い様だよタイコさーん」

バンバンッ(ショットガンで連射)

TAIKO-1000「おぐふっwwww」

タラ「再生力が弱まってきてる…!」

アナゴ-800「絶好のチャンスだねタラちゅわーん」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:02:41.24 ID:4UVVqrGs0

―2時間後―

ヴヴヴヴヴヴヴヴ

NORI-1000「あひひひひひひっ」

カツオ「ねぇ花沢さん、もうそろそろいいんじゃない?」

花沢「ダメよ潮吹かせるまで辞めないわよ」

ヴヴヴヴヴっヴうっヴ!!!

カツオ「花沢さん痴女なんだね」

花沢「あ、そうだ。目隠しと手も縛っておかなくちゃ」

カツオ「……」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:07:40.81 ID:4UVVqrGs0

アナゴ-800「ん…」

カチッカチッ(弾切れの音)

TAIKO-1000「あらら…」

バシッ!!(アナゴを突き飛ばす)

アナゴ「ぶるうううああああ」

タラ「くっ…いいとこだってのに!」

TAIKO-1000「弾切れなんて情けないわね…まぁこれで私の勝ちね」

アナゴ-800「くぅう…すまないタラちゃん!」

TAIKO-1000「さぁ、終わりよタラ!!」

グサッグサッ(タラを串刺しにする)

タラォ…死亡

アナゴ-800「タラちゃああああああああああんん!!!!!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:10:49.02 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「次はカツオちゃんね」

スタスタ(院内から出て行く)

アナゴ-800「くそっ…身体もうほとんど動かない」


カツオ「ねぇ花沢さん、僕もう漫画読み終わったよ」

花沢「うふふ!ねぇ見て磯野くん!小便漏らしちゃってるわ」

NORI-1000「うううヴヴううヴ」

カツオ「やりすぎただよ花沢さん…まるで花沢さんがターミネーターみたいじゃないか」

花沢「……」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:14:56.63 ID:4UVVqrGs0

TAIKO-1000「カツオちゃーーーん!」

カツオ「まずい!逃げよう花沢さん!」

花沢「……」

カツオ「花沢さん…?」

グシャッ!!!(NORI-1000の胴体を引き裂く)

カツオ「え……」

TAIKO-1000「カツオおおお!!!」

ぶおおおおお(火炎放射を放つ)

花沢「……」

すうううううう(炎を全て口で吸い込む)

TAIKO-1000「…!!」

グシャグシャッ!!(TAIKO-1000の首を斬り落とす)

カツオ「え…え…」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:16:33.21 ID:4UVVqrGs0

カツオ「は、花沢さん……?」

HANA-1000「磯野くん、騙してごめんね」

カツオ「う…嘘だ……花沢さんがターミネーターだなんて!!」

HANA-1000「ホントよ?死んでちょうだいね」

カツオ「う…うわあああああああ!!!」

HANA-1000「うふふふふ♪」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:23:16.91 ID:4UVVqrGs0

タッタッタ(何者かが猛スピードでこちらへ向かっている)

カツオ「ぼ、僕は信じないぞ…」

HANA-1000「今から死ぬ人間に真偽なんてどうでもいいことなのよ」

カツオ「う、嘘だあああああああああああ!!」

HANA-1000「さぁ串刺しにして終わらすわ」

???「カツオッ!!!」

ガシッ(HANA-1000に思いっきりタックル)

HANA-1000「ほげぁああ」

カツオ「え……?」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:31:11.12 ID:4UVVqrGs0

HANA-1000「き、貴様は…磯野波平!!」

波平「いかにも…ワシが磯野波平だ」

カツオ「と、父さん!ターミネーターに殺されたんじゃ?」

波平「実は黙っていてすまない」

ガバッ(顔の皮膚を剥がす)

NAMI-HEI-1500「実は最新型のターミネーターだったんじゃ」

カツオ「うわああああああああ!!!!!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:40:39.29 ID:4UVVqrGs0

HANA-1000「ふんっ!!」

NAMI-HEI-1000「ぐはあああああ」

右胸を刺される

カツオ「と、父さん弱い」

NAMI-HEI-1000「ぶわっかもん…わしが死んでも……アナゴくんがおる」

ぶるるるるる(車がこちらへ向かって突っ込んでくる)

HANA-1000「まだ生きてたのねアナゴ!!」

ギーー(窓を開けショットガンを構え身を乗り出す)

NAMI-HEI-1000「伏せろカツオ!!!」

カツオ「うん…!!」

アナゴ-800「最後の一発だ…地獄で会おうぜ花沢」

バンッ!

HANA-1000「ほごぁ」

(HANA-1000の体内の核に直撃し大爆発を起こす)



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 18:45:40.77 ID:4UVVqrGs0

カツオ「お、終わった…」

アナゴ-800「ああ」

カツオ「随分とやらたねぇ」

アナゴ-800「修理が必要だ」

波平「これからどうするんじゃ?」

アナゴ-800「自分ではチップを潰すことができない、あんたが俺の肛門に指を突っ込んでチップを破壊してくれ」

波平「ゴクリ…」

カツオ「だ、ダメだよ死んだら!!」


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 19:01:52.57 ID:4UVVqrGs0


波平「意外と入りやすいじゃないか」

アナゴ-800「ふぐううう」

(機能停止完了率12%)

カツオ「お願いだから死なないで!僕と一緒にいてよぉ!」

アナゴ-800「危険が大きすぎる」

カツオ「僕達が何とかするからさぁ!!」

アナゴ-800「……」

(機能停止率49%)

カツオ「ひっく…ひっく」

アナゴ-800「サザエさんの乳首がなぜあんなに黒いのか分かった…俺にはあんな嫁は無理だがな」

カツオ「うううう…!!」

アナゴ-800(故障しかけの左腕でカツオを抱き寄せる)

(機能停止率72パーセント)

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 19:05:38.05 ID:4UVVqrGs0

カツオ「うっうっ…」

波平「もうすぐチップの部分じゃ」

デデンデンデデン

(機能停止完了率92%)

波平「これじゃ!!ふぇい!!!」

バリンッ(チップを破壊)

(これより自動的に機能停止に…残り10秒で停止)

カツオ「うわああああああ!!」

アナゴ「……」

9…8…7……6…5…4…3

アナゴ(真っ直ぐと握り締めた右手を上げ親指を突き立てる)

カツオ「あ…あああ…」

デデンデンデデン

2…1…0

ヴーーーンッ…(機能停止完了)

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 19:08:29.41 ID:4UVVqrGs0

波平「機械というものは非常に便利です…ですが便利なものには必ずしも悪はついて回ってきます
   その悪を引き出すかは全て人間次第であり、人類の選択なのであります…しかしワシは
   ターミネーターは殺人アンドロイドですが…我々人間に足りないなにかを教えてくれました」

私達親子の戦いはこれからもまだ続きます

デデンデンデデン

デデンデンデデン

デデンデンデデン

デデンデンデデン

アナゴ-800「アイルビーバック(私は必ず戻ってくる)」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 19:14:21.22 ID:4UVVqrGs0

戦闘シーン難しいっす
今度はもっとほのぼのしたのを書きます

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/27(水) 19:22:10.12 ID:4UVVqrGs0

プレデターのがクソかと思ってましたらこっちのがクソになりました
もう戦闘は無理ですね…
次は全キャラ出演を目指します



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:俺「なあ長門、フルーツポンチを逆から読んでみ?」