カツオ「姉さん大変だよ!駅周辺にプレデターがいたよ!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:圭一「こ、これがニュータイプの力か…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:03:36.83 ID:xonr7ej+0

サザエ「あら、やだ…ステルスなんて使われたらどうしようもないわ」

舟「買い物にも行けないわねぇ」

ワカメ「お父さんとマスオさんが危ないわよ」

タラ「パパとおじいちゃんは強いですぅ♪」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:07:05.86 ID:xonr7ej+0

マスオ「あ、お父さん!」

波平「おぉマスオくんじゃないか」

マスオ「今仕事が終わったところなんですよ〜」

波平「どうじゃマスオ君、この辺で?」

マスオ「この辺にいい居酒屋があるんですよおとうさん〜」

波平「一応サザエ達に連絡しておくか」

マスオ「お、おとうさん…向こうで何か騒ぎが?」

波平「う、うぅん?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:13:52.33 ID:xonr7ej+0

男A「貴方達は何者なんですか〜」

プレデター「……」

マスオ「お父さんあれプレデターですよ!」

波平「なに?プレデター?」

マスオ「ええ…強力な生命体の狩りを生き甲斐とする異星人なんです」

波平「随分と詳しいじゃないかマスオくん」

マスオ「いやぁ〜プレデターのことを研究してまして」

波平「まぁいい、さっさと飲みに行こう」

プレデター(検索中…)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:20:16.12 ID:xonr7ej+0

ズガンッ!!!

バリンッバリッ

サザエ「きゃああああああ」

舟「今の音一体なんだい?」

カツオ「姉さん!玄関がロケットランチャーで撃たれたんだよ!!」

ワカメ「玄関壊したらお父さんに怒られるじゃない」

舟「プレデターさんがいらっしゃったんじゃないかい?」

サザエ「私ちょっと見てくるわ!」

カツオ「僕も!」

ワカメ「私も!」

タラ「僕もですぅ〜〜〜」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:23:18.80 ID:xonr7ej+0

サザエ「あら、誰もいないじゃない」

カツオ「ステルスで姿を消してるんじゃ?」

ワカメ「嫌だ怖い…」

タラ「お化けですぅ〜〜♪」

サザエ「カツオ!バットをお持ち!」

カツオ「分かったよ姉さん」

ワカメ「お姉ちゃんは何で戦うの?」

サザエ「私は台所から包丁を持ってくるわ!」

ワカメ「じゃあ私はエアーガン!」

タラ「戦いですぅ〜〜!」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:28:26.09 ID:xonr7ej+0

マスオ「はぁっ…はぁっ…!」

波平「ま、マスオくん…っ!!」

パンッパン

パンッ!

パンッパンッパン!!

プレデター(追跡モード)



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:28:36.75 ID:xonr7ej+0

マスオ「お父さん避けて下さい!」

パンッ

波平「おっと危ない!」

マスオ「信じられませんね…手から銃弾を発砲するなんて」

波平「それよりなぜ我々が追跡されねばならんのだ?」

マスオ「お父さん…ここはひとまずプレデターを狩ってみませんか?」

波平「わしも言おうと思っていた、ビールが上手くなるかもしれんしな」

マスオ「それじゃ一汗かきましょうか!」

波平「うむ!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:32:18.79 ID:xonr7ej+0

マスオ「お父さん…ところで武器は?」

波平「以前にリサイクルショップで買った日本刀がある」

マスオ「いいですねぇ、僕はこれで」

スチャッ

波平「け、拳銃!?」

マスオ「捕まりかけたんですが、4回ほど海外から密輸をしまして」

波平「2丁拳銃など中々渋いじゃないかマスオくん」

マスオ「おっと…お喋りはここまでのようですね」

波平「どうやらそのようじゃ…」

プレデター(戦闘モード)



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:40:07.50 ID:xonr7ej+0

サザエ「ぐっぐふぅ…」

ワカメ「大変!姉さんが足を刺されたわ!」

カツオ「やっぱり僕達がプレデターに勝とうなんて無理なんだよ…」

サザエ「か…カツオ」

カツオ「姉さん!?」

サザエ「あんたは今すぐお父さん達を呼んできなさい…ここは何とか私達で食い止めるから…」

カツオ「無理だよ!!僕も戦うよ!!!」

サザエ「いいからおゆき!!!」

カツオ「わ、分かったよ!!」

タッタッタ

ワカメ「あ…そういえばお母さんは?」

タラ「さっき裏口から出て行ったですぅ〜」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:42:29.03 ID:xonr7ej+0

カツオ「はぁっ…はぁ!」

タッタッタタ

スッ

プレデター「……」

カツオ「えええ!!!?」

プレデター(住民検索モード)

カツオ「いっ…一体何体いるのさぁ!!?」

プレデター(磯野カツオ)

カツオ「とにかく逃げないと…あそこの公園に隠れよう!」

タッタッタ



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:44:41.11 ID:xonr7ej+0

マスオ「お父さんこっちです!」

波平「うむ!」

ズガンッ!

プレデター(全く効いてない)

マスオ「信じられませんね…あれだけ頭を狙っても無傷なんて」

波平「マスオくん、今度は私が攻撃をしよう」

マスオ「は…はい」

波平「磯野家代々伝わる流派…」

プレデター(…)

波平「今貴様に見せてやろう!!!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:47:12.45 ID:xonr7ej+0

カツオ「……」

プレデター(探索モード)

バキッ(木の枝が折れる音)

プレデター「…!」

カツオ「しまった!!」

プレデター(戦闘モード)

カツオ「ね…姉さんごめん!!!!」

???「ちょいとそいつを殺すのは待ってくれないかい?」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:48:49.97 ID:xonr7ej+0

サザエ「ダメだわ…風呂場も破壊されたわ」

ワカメ「エアーガンも弾切れよぅ」

タラ「僕眠くなってきたですぅ〜」

サザエ「まさか、お母さんが逃げちゃうなんて…!」

プレデター(探索モード)

ワカメ「お姉ちゃん!押入れに隠れて!」

サザエ「ぐ、ぐふぅう」

タラ「もう眠いですぅうう」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:51:53.55 ID:xonr7ej+0

マスオ「お、お父さん!!!」

波平「ぐっはああああ」

プレデター「…」

マスオ「お父さん!!お父さんしっかりしてください!」

波平「くっ…腹部を刺された…」

マスオ「喋らないください!今止血をします!」

波平「いや、もうよい」

マスオ「え…?」

波平「君はすぐにサザエ達の元へ…わしはもうよい」

マスオ「分かりました」

タッタッタ

波平「ふっ…引き止めないのもよかろう」

プレデター「……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:54:25.37 ID:xonr7ej+0

波平「わしを殺すなら殺せ…」

プレデター(心臓不全持ち)

クルリ

波平「なっ…!ワシにトドメを刺さず背後を向けるじゃと!?」

プレデター(次の標的捜索)

波平「油断大敵じゃ…」

グサッ

プレデター「……!」

波平「どうじゃ?わしと同じ腹部を刺してやったぞ!」

プレデター「……!!!」

シャキン

グサッ

波平「ふおおおおおおお!!!!」

プレデター(抹殺完了)

波平…戦線離脱

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 07:57:46.06 ID:xonr7ej+0

???「そいつとはちょっと知り合いで…勘弁してくれないかい?」

プレデター(検索中)

カツオ「お…お前…中島じゃないか!!」

中島「よぅ、磯野」

スパーッ

カツオ「お前何タバコふかしてんだよ!お前も殺されるぞ!?」

中島「話は聞いたさ、こいつがプレデターってこともね」

カツオ「じゃあお前も一緒に逃げるぞ!」

コキッ(首の骨を鳴らす音)

中島「先に行け(ドンッ)」

カツオ「な・・・お前までそんな馬鹿なこと言うなよ!!」

中島「ここは俺に任せて、磯野は先に行け!!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:01:16.69 ID:xonr7ej+0

カツオ「恩に着る中島!!」

タッタッタ

プレデター(中島)

中島「さてと…タバコも味わった」

カシャンッ

プレデター(……!)

中島「俺のこの眼鏡が、最強の兵器さ…」

プレデター(戦闘体勢!!)

中島「磯野…今まで野球してくれてありがとな」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:04:05.84 ID:xonr7ej+0

サザエ(……)

ワカメ(……)

タラ(zzz)

プレデター(探索モード)

サザエ(案外押入れってバレないものね)

ワカメ(今きっと探してるのよ…)

サザエ(このままバレなきゃいいんだけど)

プレデター「……」

タラ「うわああああ!ママァァァァ!!」

サザエ&ワカメ「「!!!?」」

プレデター(敵発見)



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:08:09.71 ID:xonr7ej+0

がらっがら!

ワカメ「見つかったわ!」

サザエ「タラちゃん急にどうしたの!?」

タラ「えへへ…怖い夢見たですぅ〜」

ワカメ「もうダメだわ…」

サザエ「私は動けないけど、ワカメはタラちゃんを連れて逃げなさい!」

ワカメ「だ、ダメよ!」

タラ「ワカメおねえちゃん早く逃げるですぅ〜♪」

ワカメ「そ、そんな……」

ガシャンッガシャンッ!!

バリンッバリン!!

プレデター「!!?」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:13:13.16 ID:xonr7ej+0

1時間後…

中島「くっ…やるじゃないか…」

プレデター(…)

中島「ここまで強いとはな…」

プレデター(次の標的へ切り替え)

中島「…!…このまま逃がすと思うなよ」

ばっ!

プレデター「!!?」

中島「あらかじめ全身にダイナマイトを巻きつけておいて良かった…」

ガシッ

中島「さぁこれで捕まえた…このまま俺と一緒にぶっ飛ぶぜ!!!」

プレデター(回避不能…!!!)

中島「人間の底力舐めてんじゃねぇーぞ!!」

ドガンッドガンッ!!!!

プレデター1体抹殺…残り2体
中島…戦線離脱

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:20:49.31 ID:xonr7ej+0

ワカメ「お姉ちゃんと離れたくないよぉ〜〜!!」

サザエ「言うことを聞きなさい!」

タラ「イクラちゃんと遊びたいですぅ」

バリンッバキッ!

プレデター「!!?」

ワカメ「ぶ、ブルドーザー!?」

舟「ワカメ!早くサザエとタラちゃんと逃げなさい!」

サザエ「か、母さん!!」

タラ「わぁ…おばあちゃんすごいですぅ」

舟「ここは私が食い止めますから…早く!」

ワカメ「ありがとうお母さん…」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:23:31.40 ID:xonr7ej+0

カツオ「あ!マスオさん!」

マスオ「カツオくんじゃないか〜探したんだよ?」

カツオ「こっちもさ!プレデターは!?」

マスオ「何とか逃げることができたさ…でもお父さんが」

カツオ「…うん」

マスオ「とにかく家は危険だから、他の場所へ移ろう!」

カツオ「途中で姉さん達とバッタリ会うかもしれないしね」

マスオ「さぁ行こうカツオくん!」

???「……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:26:00.52 ID:xonr7ej+0

サザエ「わ、ワカメこの閃光弾を投げなさい」

ワカメ「ここノリスケさんの家の前よ?」

サザエ「ノリスケさん達、去年からいないのよ」

タラ「夜逃げですぅ〜♪」

ワカメ「とりあえずここに避難するのね!」

ぴんっ

キュウアアアアアン(閃光弾の音)

カツオ「あれは!?」

マスオ「ノリスケくんの家からだね…どうやらあそこを隠れ家にするみたいだ」

カツオ「急ごう!」

タッタッタ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:31:21.79 ID:xonr7ej+0

舟「ほらほら!!」

グシャッグシャ!!

プレデター(!!!!)

舟「どうだいブルドーザーに踏み潰される気分は!!」

プレデター死亡…残り一体

舟「ふぅ、私も急いでノリスケさんの家へ」

プレデター「…」

グサッ

舟「も・・・もう一体…いたのかい……?」

舟…戦線離脱

プレデター(正常心臓確保…)



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:35:07.46 ID:xonr7ej+0

マスオ「それにしても…プレデターは強すぎる」

カツオ「生きてるのが不思議なくらいさ」

サザエ「やっと傷が治ったわ」

ワカメ(早っ)

タラ「パパァ〜変な本を見つけたですぅ」

マスオ「なんだいたらちゃん?…こっ、これは!!?」

サザエ「ノリスケ研究日記?」

カツオ「何かプレデターの秘密が載ってるかもしれないよ!!」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:40:21.55 ID:xonr7ej+0

5月28日…今日は会社をリストラされた

6月5日…たえこはイクラを連れて実家へ逃亡

6月19日…何もかも失った俺には研究しか生き甲斐がない

6月23日…ようやく細胞を作ることに成功

8月25日…新たな人類の進化だ!プレデターと名づけよう!

9月3日…プレデターを使い人類を破滅へ導き、俺をリストラした会社に復讐を

9月15日…プレデターともう1匹余計なものができてしまった

9月28日…3体のコピーに成功、あとは世間へ解き放つだけだ

10月2日………

マスオ「最後のページは血でまみれてるじゃないか…」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:44:37.87 ID:xonr7ej+0

マスオ「犯人はノリスケくんじゃないか」

カツオ「なんだ、ノリスケおじさんが作ったのか」

サザエ「じゃあ余裕じゃない」

ワカメ「もう〜ビックリして損した〜」

タラ「低年収ですぅ!」

マスオ「とりあえず、しばらくはここに待機しておかないとね」

カツオ「でも…すぐ見つかると思うけどなぁ」

マスオ「あと一体何とかしないとダメだねぇ〜」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:53:38.79 ID:xonr7ej+0

2時間後

サザエ「ちょっとあなた!買い物に行ってきてくれない?」

マスオ「えぇ〜僕がかい?」

カツオ「兄さんが一番元気だしね」

マスオ「カツオくん〜君が行ってくれないか?」

カツオ「僕プロ野球観るから行かないよ!」

タラ「僕がついていくですぅ」

マスオ「それじゃあ、タラちゃんと行ってくるよ」

タッタッタ


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:56:23.75 ID:xonr7ej+0

プレデター(探索モード解除)

マスオ「ふんふふーん♪」

タラ「パパの肩車きもちいですぅ」

プレデター(タラ、マスオ発見)

マスオ「し、しまった!!」

タラ「怖いですぅ」

プレデター(タラは抹殺…)

マスオ「と、とにかく逃げないと!」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 08:58:54.90 ID:xonr7ej+0

隣のおじいちゃん「むむむっ」

おばあさん「どうしましたおじいさん?」

おじいちゃん「とんでもないことが分かったぞ…」

おばあさん「?」

おじいちゃん「こうしちゃおれん!急いで知らせねば!」

???「キシャアアアアアア!!!」

おじ&おば「ぎゃあああああああ!!!」

???…現在不明

隣のおじ&おば…戦線離脱

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:01:59.87 ID:xonr7ej+0

タラ「パパァおしっこ」

マスオ「ええ!?ちょっと我慢できないかいタラちゃん?」

タラ「無理ですぅぅ!!!」

マスオ「ああ…どうしよう」

ピリリリリ…!

マスオ「ん、携帯が鳴ってる」

ピッ

マスオ「もしもしフグ田です」

アナゴ「ふ ぐ た くぅ − ん」

マスオ「アナゴ君かい!!?」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:07:53.65 ID:xonr7ej+0

マスオ「一体どうしたんだい!?」

アナゴ「君のことは実は、調べさせてもらったよー」

マスオ「…!」

アナゴ「君はあのノリスケくんの実験に関わっていたそうじゃないか?」

マスオ「な、なぜ君がそれを!?」

アナゴ「FBIの情報網を舐めないでもらいたいねぇ」

マスオ「だからこそ、そのプレデターを僕が処理しようと」

アナゴ「ちっちっ…もう1つ重要な問題が起きたのさ」

マスオ「重要な問題…?」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:14:09.37 ID:xonr7ej+0

アナゴ「プレデター以外にも生物が野放しにされてるのさ〜」

マスオ「そんなばかな!?僕達はプレデターしか研究してないはず…」

アナゴ「そ れ が 問題なんだよフグ田くーん」

マスオ「どういうことだい?」

アナゴ「そのプレデターの時に使った特殊な細胞を誰かが持ち去って、新たな生物を創りあげたのさ」

マスオ「確か…ノリスケくんがあの細胞を1つだけ保管させてくれって言ってたな」

アナゴ「つまり、もう1人黒幕がいるみたいなんだ」

マスオ「く…黒幕が?」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:20:15.91 ID:xonr7ej+0

アナゴ「その黒幕を君達に見つけてもらいたいんだ」

マスオ「わ、分かった!けど今プレデターに追われていて」

アナゴ「心配ないよフグ田くぅーん、今自衛隊を引き連れてそちらに向かってる」

マスオ「じ、自衛隊かい!?」

アナゴ「なんならピンポイントでプレデターに核を落とすこともできるさー」

マスオ「アナゴ君一体何者なんだい…」

アナゴ「今はそれはいえないよフグ田くぅーん…君には家族と暖かい晩御飯が待ってるんだろ?
    急いで戻りたまえ…」

マスオ「あ…アナゴくん…///」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:28:03.09 ID:xonr7ej+0

マスオ「ただいまぁ」

サザエ「遅かったじゃないあなたー」

カツオ「もうプレデターに食われたかと思ったよ」

ワカメ「あははは!オール阪神おもしろーい」

マスオ「それより、アナゴくんから重要なことを聞いたんだ」

マスオ2分ほどでさっきのことを話す

サザエ「黒幕なんているのかしら?」

マスオ「どういうことだい?」

カツオ「そんなこと知ってるアナゴさんが一番怪しいよ」

マスオ「言われてみれば…いやでもアナゴくんはそんなやつじゃない!」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:34:24.42 ID:xonr7ej+0

プレデター「ぐおおおおっ…!!」

アナゴ「さぁまだこれ終わりじゃないよプレデターくぅーん」

ヒュンッ

ドガンッ!!

プレデター「グァオガアア!!」

アナゴ「今ので丁度18発目の核さ…さすがよく持ち堪えるんだねぇ」

プレデター(アナゴ…危険!)

アナゴ「おっと…逃がすつもりはないよ」

ぶううううううん

プレデター「!!!?」

アナゴ「特殊な膜で囲んだだけさ…これで君はもう逃げられない
    内側から壊すことなんてできないからね」

プレデター「ゴアアアアアアアア!!」

アナゴ「さぁフィナーレだ」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:36:42.24 ID:xonr7ej+0

サザエ「あら、タラちゃんは?」

マスオ「そういえば見かけないね」

ワカメ「散歩でも行ったんじゃなーい?」

カツオ「タラちゃんなら大丈夫だよ」

マスオ「それにしても、さっきから爆発音がうるさいなぁ」


アナゴ「ムフフフフフ…案外弱かったねぇ」

プレデター…死亡、残り生物1体



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:43:43.75 ID:xonr7ej+0

マスオ「僕、タラちゃんを探してくるよ〜」

サザエ「ついでに洗剤も買ってきてちょうだい」

マスオ「はぁーい」

タッタッタ

アナゴ「おぉ、ふーぐたくぅーん」

マスオ「アナゴ君!?爆発音は君だったのかい!?」

アナゴ「ハッハッハ…ちょっと核を撃ちすぎただけさ」

マスオ「君サングラス似合うね」

アナゴ「ありがとうふーぐたくぅーん…それより黒幕は分かったかい?」

マスオ「いや、それが全く分からなくて」

アナゴ「黒幕も頭が非常にいいと見たよ、上手いこと場を掻き回して逃げてるのさ」

マスオ「ごくり…」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:48:19.69 ID:xonr7ej+0

マスオ「そういえば核をそれだけ撃って死なないなんて相当な耐久力だね」

アナゴ「この核はピンポイントに落とせる分威力が弱いのさ」

マスオ「どのくらいなんだい?」

アナゴ「1発の威力は金属バットで後頭部を52回分殴られるのと同じぐらいさー」

マスオ「す、すごいんだね」

アナゴ「とにかく、この先は僕と行動しないかいふぐたーくぅーん?」

マスオ「いや…買い物を頼まれてて」

アナゴ「僕は君と一緒じゃないとダメなんだ」

マスオ「あ、アナゴ君…」

アナゴ&マスオ…共に行動
サザエ、ワカメ、カツオ…自宅待機
タラ…行方不明
生物…不明



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 09:51:51.91 ID:xonr7ej+0

コンビニ

店員A「どうしてこんなことしたの?」

店員B「保護者に連絡しないとねぇ」

タラ「うぅぅ…」

店員A「しかもゴムを万引きなんてねぇ…どうかしてるわ」

タラ「パパとママが夜の時必要なんですぅぅ!!!」

店員B「あっ、すいません警察ですか?はい…万引きですよ」

タラ「うああああああ!!」

タラ…逮捕により戦線離脱

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:01:56.30 ID:xonr7ej+0

サザエ「マスオさん遅いわねぇ」

カツオ「そうだ、黒幕を見つけないとさ」

ワカメ「もうそんなのいいんじゃなーい?」

カツオ「ダメだよ!この事件を解決しなくちゃ!」

サザエ「ノリスケさんがいれば解決なんだけど」

ワカメ「そうよノリスケさんよ!」

カツオ「でも、もうプレデターに食われたと思うし…」

ピンポーン



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:06:41.76 ID:xonr7ej+0

マスオ「それにしてもここの焼き鳥はうまいねぇ!」

アナゴ「今日は僕の奢りさ、好きなだけ食べてくれ」

マスオ「悪いねアナゴくん」

アナゴ「構わないさ、事件に協力してもらってからね」

マスオ「結局君はどんな仕事をしているんだい?」

アナゴ「政府の情報屋兼暗殺部隊として裏では活動しているのさ」

マスオ「あ、暗殺部隊!?」

アナゴ「表では公表されてないけど、裏ではあるのさ」

マスオ「き…君がその部隊の?」

アナゴ「今は隊長として指揮らせてもらってるよぉ」

マスオ「ごくり…」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:14:21.30 ID:xonr7ej+0

マスオ「あ、アナゴくん…ここホテルじゃないかい!?」

アナゴ「別に男同士でも問題ないだろう?」

マスオ「そ…そうは言っても僕には妻もいるし」

アナゴ「男となら何とでも言い訳できるさ」

マスオ「うん…」

店員「いらっしゃいませー」

アナゴ「回るベッドとローションを用意してくれ」

店員「かしこまりましたぁ」

マスオ「…ごく」

アナゴ「さぁ行こうふぐたくーん…新たな世界を開くんだ」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:20:18.97 ID:xonr7ej+0

ピンポーン

ピンポーン

サザエ「うるさいわねぇ…カツオ!」

カツオ「はい、ただいまー!」

ガチャっ

三河屋「ちゎーっす三河屋です!」

サザエ「あら、サブちゃんじゃない?」

サブ「どうも」

サザエ「どうしてここって分かったのよ?」

サブ「いえ、ちょっと用事があって…はは」

カツオ「あ…」

サブ「この資料を見ておいてください」

サザエ「え、ちょっとどいうこと!」

サブ「それじゃ、失礼します」

ぶろろろっ…ぶうううううんん

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:25:02.82 ID:xonr7ej+0

アナゴ「やっと2人きりになれたねふぐたくぅーん」

マスオ「やっ、やっぱり慣れないよ僕」

アナゴ「緊張しなくていいんだよー僕が全てリードするから」

マスオ「うん///」

アナゴ「先にシャワーを浴びてくるよぉ」

マスオ「じゃあ僕も準備しておくよ」

ぬぎぬぎ

アナゴ「ふんふふんーん♪」

ドッガシャーン!!!

ううううううう(非常ベルの音)

店員「お客様!!お逃げください!!!」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:30:42.47 ID:xonr7ej+0

マスオ「いっ、一体何の騒ぎだい!?」

店員「店に何者かが侵入しました!!」

マスオ「えええ!?」

アナゴ「慌てるんじゃないよふぐたくぅーん」

マスオ「あ、アナゴ君…どうして全裸なんだい?」

アナゴ「シャワーを浴びるのは後回しにしたのさ」

マスオ「そ…それより!」

アナゴ「分かってるよぉ…恐らくプレデター以外の生物だろうねぇ」

マスオ「幸いにも客は僕達ぐらいだったからね」

アナゴ「不幸中の幸い…なんていい言葉なんだー」

店員(あそこ汚ねぇ…)

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:35:33.84 ID:xonr7ej+0

サザエ「あら、やだ」

カツオ「これってノリスケおじさんから!?」

ワカメ「でも死んだはずじゃ…」

サザエ「どうやら死んだ時に私達に来るように頼んでおいたのね」

ぱらぱらっ

恐らくこの資料がサザエさん達の元へ届くということは
僕はこの世に存在しません
自分の過ち故に起きたことなので後悔はしていません
ですが、残された皆様に迷惑がかかりますので
手がかりだけを残しておこうと思いました

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:39:41.94 ID:xonr7ej+0

手がかりは1つだけ

「プレデター以外にも生物はいる」です
それでは皆さん頑張ってください

サザエ「!?」

カツオ「これってさっきマスオさんから聞いた」

ワカメ「まるで役に立たなかったわねぇ」

サザエ「そうね、それにしてもマスオさんが遅いわ〜」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:45:57.39 ID:xonr7ej+0

マスオ「な、なんだいあの大きさ!?」

アナゴ「プレデター5人分の大きさだねぇ…細胞の複合を何度も繰り返して
    …言わばプレデターの最終形態とも言えんじゃないか」

マスオ「1人でも強いのにそれ以上ってことかい…!」

アナゴ「プレデターXとでも名づけようか」

マスオ(センスねぇ)

アナゴ「それじゃふぐたくぅーん…お互いの無事を祈る」

マスオ「ああ!」

ぴりりり

アナゴ「もしもし、アナゴです…いやそのまま聞いてくれ
    次の隊長は●●君を指名しておいてくれ…君達が部下でいてくれ本当に誇りに思う、それじゃあな」

ピッ





141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:50:03.79 ID:xonr7ej+0

サザエ「そういえばサブちゃんが妙に怪しかったわ」

カツオ「とっ捕まえてみようよ!」

ワカメ「じゃあ行こう!」

サザエ「サブちゃんが重要人物かもしれないわ…」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:53:04.74 ID:xonr7ej+0

パンッパン!!

プレデターX「グオオオオオオ!!!」

マスオ「な、なんてことだい…傷が回復してるじゃないか」

アナゴ「細胞が強力なため自然治癒力が化け物並みにあるみたいだねぇ」

マスオ「勝ち目が薄いんじゃないかい?」

アナゴ「敵も同じ生物だ、必ず弱点はあるさ」

マスオ「…来るよアナゴ君!!」

プレデターX(標的…アナゴへ変更)



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 10:55:32.86 ID:xonr7ej+0

サザエ「こら!サブちゃん待ちなさい!!」

サブちゃん「あ…」

カツオ「もう逃げられないよ!」

ワカメ「黒幕は貴方ってわかってるんだから!」

サザエ「真実を話してくれるかしら?」

サブ「ケラケラケラケラケラケラケラ」

カクカクカクッカクッカクッ(首を揺らす音)

サザエ「!?」

サブ「違うんですよぉぉ…黒幕はあの人ですからああああ」

カツオ「か、身体が変形していく!!?」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:00:00.71 ID:xonr7ej+0

???「ふふふ、いい感じに暴れてくれているな」


マスオ「くっ!!まるで倒せない!」

プレデターX「ギャオス!!!」

マスオ「アナゴ君危ない!!」

アナゴ「むぅぅぅ?」

ブッシャァァァ!!

アナゴ「ぐおおおお!!」

マスオ「アナゴ君!!!!!」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:03:40.98 ID:xonr7ej+0

プレデターX(右手を切り刻み損傷)

マスオ「大丈夫かいアナゴ君!?」

アナゴ「くっくっ…どうやら右手が使い物にならなくなったようだ」

マスオ「……」

アナゴ「でも大丈夫さぁ」

マスオ「え?」

アナゴ「ふ ぐ たくぅーんが僕の右腕になってくればいいのさぁ」

マスオ「あ、アナゴくん!」

アナゴ「2人で1人になればあの化け物も倒せるよふぐたくぅーん」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:05:38.62 ID:xonr7ej+0

サブレデター「ギシシシシシッ!!!」

カツオ「姉さん僕達今武器持ってないよぉ!」

サザエ「マズイわね」

ワカメ「お姉ちゃんは持ってきてるんでしょ?」

ヒュンヒュン

サザエ「一応、トンファーだけわね」

ワカメ「私達は後ろから援護するわ!」

カツオ「姉さん頑張れ!!」

※主人公は最後に生き残った1人が主人公です

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:18:45.26 ID:xonr7ej+0

サザエ「ほああああああああ!!!!」

ドスンッバスッ

サブレデター「ギシシシシッ!!ムダデスヨ!!」

グサッ!!

サザエ「ひゃああああ」

ワカメ(三郎さん喋れるんだ)

カツオ「ね、姉さんが刺されたァァァァ!!」

サブレデター「僕は通常のプレデターよりちょっと強いからね^^」

カツオ(どうすれば…あっ!!あの人に助けてもらおう!!)

ピリリリッ

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:25:17.58 ID:xonr7ej+0

マスオ「この弾なら少しは時間稼ぎは!」

バンバンッ

プレデターX「ぐおおおおおおお!!」

アナゴ「ふぐたくーん、やるじゃないかぁ」

マスオ「相手の神経を一時だけ麻痺させるだけでそう長くは持たないさ・・・」

アナゴ「その一時だけ十分さ」

マスオ「何か策でも?」

アナゴ「とびきりでかい一発をアイツにぶち込むだけだ…それには時間がかかるんだ」

プレデターX「ぎゃああああおおおおお!!」

マスオ「…!相手も怒り狂い始めたようだよ」

アナゴ「すまないが、少しだけ時間を稼いでくれ」

マスオ「分かった!!」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:30:56.23 ID:xonr7ej+0

カツオ「あ!もしもし?」

花沢「あら、いそのくんじゃなーい!どうしたのよこんな昼間に!」

カツオ「かくかくしかじかこういうことで」

花沢「まぁ…大変ね。いいわよすぐに私の家に着なさい!父ちゃんもいないしさ」

カツオ「ありがとう、花沢さん!!」

花沢「うふふふ」

ピッ

カツオ(おえええええええ!!!!)

ワカメ「じゃあおねえちゃんを連れて早く!」

サザエ「あ、歩けないわぁ…」

カツオ「ダメだよ!!姉さん早く!!」

ワカメ「お姉ちゃんぁああ!!!」

サザエ「ぐぬぬぬ」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:33:46.23 ID:xonr7ej+0

カツオ「姉さん!!」

サザエ「もうダメだわ…行きなさい二人とも」

ワカメ「おねええちぁああああん!!」

サザエ「ちゃんと宿題するのよカツオ?」

カツオ「うぅぅ…」

サブレデター「ははっ、最後の言葉ですか」

サザエ「さぁおゆき」

カツオ「宿題は絶対にやらないよ…」

サザエ「?」

カツオ「宿題サボらないと…もう姉さんに追っかけてもらえないじゃないか!!」

サザエ「…大丈夫、あとからあんた達のこと追いかけるから」

ワカメ「いこ…おにいちゃん」

カツオ「うううう・・・」

タッタッタ

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:38:39.63 ID:xonr7ej+0

サブレデター「泣けてきますねぇ兄弟愛ってのは!」

サザエ「貴方には一生分からないわね」

サブレデター「余計なお世話なんだよ!!!」

グサッグサッ!!

サザエ「ぐっふ…」

サブレデター「手間かけさせやがって…餓鬼どもを追うぜ」

タッタッタ

サザエ(約束を破るお姉ちゃんだけど…あんた達の姉でいれて本当に幸せだったわ)

サザエ…戦線離脱

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:43:40.66 ID:xonr7ej+0

マスオ「あ、アナゴ君まだなのかい!?」

アナゴ「もう〜すこぉしなんだぁ」

プレデターX「ぎゃあああああおす!!」

マスオ「もう残弾が少ないんだ!」

アナゴ「もう少しなんだぁ」

マスオ(両手を天井に向けて一体何をしようとしているんだ…アナゴくん!)

アナゴ「ふぬおおおおおおお!!」

ピピピピピピッ

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:46:09.65 ID:xonr7ej+0

無敵要塞花沢不動産

花沢「それにしても許せないわぁ〜〜プレデター!!」

カツオ「おおおい!!花沢さーーん!!」

花沢「あら、磯野くん!それにワカメちゃん!」

タッタッタ

サブレデター「待て餓鬼共ぉぉぉああああ!!」

花沢「むむっ!!あれは磯野くんを傷つけたプレデター!」

カツオ「はぁっはぁ・・お邪魔します…」

ワカメ「中に入ったけどプレデターが追ってきてるわよ!」

花沢「無敵要塞花沢不動産を舐めてもらっちゃ困るわ」

ピッ
カツオ「今のボタンは?」
花沢「家から無数の槍がプレデターに向かって飛んでいくわ」

グサッグサッグサッ!!!

サブレデター「ぎゃああああああああああああ!!!!」

※全キャラ出るかは未定でございます

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 11:48:54.46 ID:xonr7ej+0

警官「はい、それじゃもうするんじゃないぞ」

警官B「それにしても変わった子でしたね」

警官「ああ子供の癖に考えは捻くれてくれてやがる」

タラ「ふぅ…久し振りのシャバか」

タラちゃん…出所により戦線復帰

前編 終了

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:27:02.12 ID:xonr7ej+0

イササカ先生「それではここまでのあらすじを説明しましょう」

なぜかプレデター3人が登場
磯野家が狙われ、倒すことを決意
ノリスケが悪い
黒幕が分からない
タラちゃん出所
犠牲者も数名

イササカ「それでは後半の始まりです」

※後編は短いかもしれません
※他作品は明かせません

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:30:11.64 ID:xonr7ej+0

サブレデター「ぎしししししし!!!」

カツオ「花沢さん!まだ生きてるよ!」

花沢「安心しなさい磯野くん!父ちゃんが昨日密輸したミサイルがあるわ!」

ワカメ(花沢wwっうwww)

カツオ「すごいよ花沢さん!」

花沢「うふふ、磯野くんのためだもの」

サブレデター「餓鬼があああああああ!!!」

花沢「その餓鬼に負けてんのは誰だよ!!ミサイル発射!!」

シュババババッバ!!!

ワカメ「わぁ…ミサイルが雨みたいに降ってる〜」

花沢「さぁ落ちてきなさい…ミサイル達よ!!!」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:32:59.17 ID:xonr7ej+0

マスオ「も、もうダメだアナゴくん…!」

プレデターX「ごあああああああああ!!!」

アナゴ「……」

マスオ「あ、アナゴくん!?」

アナゴ「大変長らくお待たせしましたぁ…」

マスオ「まさか…!!」

アナゴ「これより、とびきりでかい一発をぶつけてみせまーす」

プレデターX「アアアアああおおおおおおおおあああ!!」


アメリカ…

NASA「今日本へ向かって小さな隕石が衝突しようとしています!」

NASAB「どういうことなんだ!?」


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:35:25.81 ID:xonr7ej+0

アナゴ「おおおおおおおおおお!!!!」

グラグラグラ

マスオ「な、なんだいこの揺れは!!」

アナゴ「たった今、隕石をここへ落とした」

マスオ「ええええええ!?」

プレデターX「ぐおおおおああああ!!」

マスオ「これが最後の一撃だ!」

バンッ!!

プレデターX「ぎょああああ」

アナゴ「動きが止まった…落とすよふぐたくぅーん!」

ドッガんんんんんんん!!!

ホテル崩壊

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:42:41.40 ID:xonr7ej+0

マスオ「ん・・」

アナゴ「…・・・」

マスオ「あ、アナゴくん!!」

そこには全裸で真っ黒焦げのアナゴが

マスオ「…アナゴ君!!」

アナゴ「ふーぐたくぅん…すまない、どうやら僕はここで脱落のようだ」

マスオ「そ、そんな!!」

アナゴ「残念なことにプレデターXの回復能力を潰しただけで逃げられたよ」

マスオ「逃げられた…」

アナゴ「マスオ君…あとは全て君に託す……よ…」

マスオ「アナゴオオおおおくんんんんんんんんんんんんん!!!!!」

アナゴ…戦線離脱

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:50:40.10 ID:xonr7ej+0

花沢「それそれ!!」

しゅばばばばばばばば!!

ドガンッドガン!!!

サブレデター「おっぎゃああああああああ!!!」

カツオ「やった!倒した!」

サブレデター…死亡

ワカメ「花沢さんすごおい!!」

花沢「うふふふふ」


???「タクシー…●●町まで」

運転手A「かしこまりました」

ぶろろろろろん

タラ「前のタクシーを追ってくれ」

運転手B「へ、へい!」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:55:10.57 ID:xonr7ej+0

花沢「あぁー楽しかったわ!」

カツオ「最初から花沢さんの家に行けば良かったね」

ワカメ「もう、ホントおにいちゃんって馬鹿なんだからぁ」

一同「あはははあはは!!」

ガシャンッ!!

花沢「うそ!?無敵要塞花沢不動産が傷つけられた!!?」

ガシャンッガシャンッ!!



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 12:58:45.29 ID:xonr7ej+0

マスオ「アナゴくん…僕はこれからどうすれば…」

スタスタ

???「まさか、あのプレデターが傷つけられるとは」

マスオ「あ、貴方は!!?」

???「さようなら」

カチャ

バンッ!!

マスオ「ぐっ…に…げろ…」

マスオ…戦線離脱

その10分後にタラが登場

タラ「ちっ、遅かったですぅ…ぱぱごめんですぅ」



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:09:54.33 ID:xonr7ej+0

タラ「やっぱり黒幕はあの人だったんですぅ」

運転手B「旦那!急いで追いましょう!」

タラ「分かってきたじゃねぇか老いぼれ!」

ぶろろろろろん(車の発進する音)

ガシャンッ!!

カツオ「ぷ、プレデター!?」

ワカメ「でもいつものより大きいわよ!」

プレデターX(全員抹殺)



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:10:23.85 ID:xonr7ej+0

花沢「と、父ちゃーーーーーーん!!!」

グサッ

花沢「ア・・・」

花沢…戦線離脱

ワカメ「嫌だああああああ!!」

プレデターX「バックリ」

ワカメ…戦線離脱

カツオ「わ、ワカメが食われた…」

プレデター(残りはカツオ)

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:15:56.58 ID:xonr7ej+0

カツオ「ひっ……ひっひ…」

プレデターX(ターゲットカツオ)

ぶろろろろろん!!(バイクが突っ込んでくる音)

カツオ「!!?」

プレデター(予測不能)

???「磯野!!早くこっちへ飛び乗れ!!」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:21:48.79 ID:xonr7ej+0

タラ「ここで降ろせ」

運転手「へい旦那!料金は6万7829円です」

カチャ

タラ「金はねぇがハジキはあるんだぜ?」

運転手「ひっひっぃ!!」

タラ「さて、あとは歩いて追うですぅ」

???(ちっ)

スタッスタッ

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:26:41.36 ID:xonr7ej+0

???「早く!!磯野!!」

プレデター(検索モード)

カツオ「せ・・・先生ェ無理ですぅ・・・」

先生「何を言っている!!早くこっちへ来るんだ!」

カツオ「あ、足がすくんで…」

プレデターX(磯野カツオの担任)

先生「急げ!!!」

プレデターX(抹殺!!)

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:33:45.54 ID:xonr7ej+0

タラ「待つですぅ」

???「うるさい餓鬼…」

タラ「貴方が黒幕だったんですぅね」

???「今まで死んだ人間の細胞を複製して1つにまとめるとどうなる?」

タラ「……まさか」

???「そのまさか」

ドドドドドドドドッ!!!

???「プレデターでもない新しい生物」

タラ「マスオさん達の細胞を複合させたみたいですぅ」

エイリアン「おぎゃあああああああああす!!!!」

???「この子が人類最後の化け物」

タラ「厄介ですぅ…」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:37:00.57 ID:xonr7ej+0

???「足止めをして」

エイリアン「ぎょあああああ」

タラ「むむぅ・・・」

エイリアン「ぐあああああああ!!!」

タラ「この攻撃の威力…!おばあちゃんのブルドーザーと同じですぅ」

???「ふふふふ・・」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:42:43.28 ID:xonr7ej+0

エイリアン「どわっしゃああ!!」

ズガンッ!!

タラ「くぅっ…今の爆発は中島くんのダイナマイト…」

エイリアン「ぎぎぎぎいぎ・・・!」

タラ「厄介ですぅ…」

エイリアン「シネ」

タラ「あんまり調子に乗らない方がいいですぅ…」

ぶおおおおおおお(タラちゃんが茶色のオーラで包まれる音)

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:45:21.63 ID:xonr7ej+0

先生「よし、乗ったか!」

カツオ「はい先生!」

ぶろろろろおん

プレデターX(ターゲット逃走)

カツオ「先生!物凄いスピードで追ってきてます!!」

先生「しゃらくせぇええ!!」

ピンッ

カツオ「前で運転しながら片手で手流弾を投げた!!」

ズガンッ!!!

プレデターX「ごあああああああ!!!」

カツオ「やっ、やった効いてますよ先生!!」

先生「うむ」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 13:47:52.18 ID:xonr7ej+0

プレデターX(乗り物発見)

カツオ「追っかけてきませんね」

先生「うまく逃げれたな…磯野車に乗り換えるぞ」

カツオ「え?どこに?」

先生「現地調達だ」

DQN「ふふんふーん」

先生「おい、今すぐ降りろ」

カチャッ(拳銃をつきつける音)

DQN「ひっいいいいいいい!!!!」

カツオ「……」

先生「さて乗るぞ」


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:12:26.96 ID:xonr7ej+0

タラ「……ちょっとギアをあげるですぅ」

ひゅんっ!!

ボコボコ!!

エイリアン「ぐっおああああ!!」

タラ「まだまだですよ…」

バシッバキッ!!!

エイリアン「ぎょあああああああ!!」

タラ「片腕取れたぐらいで叫びすぎですぅ」

エイリアン「…!!!」

※ばいさる食らって遅れました

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:15:18.35 ID:xonr7ej+0

タラ「次はどこを痛みつけてほしいですかぁ?」

グサッ!!

エイリアン「ごぁあああああ!!」

タラ「ちょっと臓器を潰しただけですぅ…」

エイリアン「ぶるぅうアああああああああああああ!!!」

タラ「…これは!」

ぐらぐらら

タラ「アナゴさんの隕石ですぅ…これはマズイですよぉ」

エイリアン「ぶるうううううああああああああ!!!!」

アメリカ…

NASA「また隕石が日本へ向かって落ちて来ています!!」

NASAB「大きさは!?」

NASA「直径300kmです!!」

っごごごごごごご!!

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:18:49.06 ID:xonr7ej+0

タラ「無駄 で す ぅ」

パッ(隕石が消える音)

タラ「これで防いだですぅ…さぁ死ぬですぅ」

エイリアン「……!!」

タラ「たかが生物が調子乗ってんじゃねぇぞ!!!」

ボトッ(エイリアンの首が取れる音)

エイリアン…死亡

タラ「うふふふ、やりすぎたですぅ♪」



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:20:21.71 ID:xonr7ej+0

カツオ「先生!!プレデターも車に乗って追ってきてます!」

先生「チッ!向こうは大型トラックか!!」

プレデターX(ターゲット補足)

先生「ここからはカーチェイスで決めるしかねぇ」

カツオ「は、はい!」

先生「しっかり捕まってろ磯野!!」

ぶろろろろろ!!

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:27:14.08 ID:xonr7ej+0

ノリスケ「やぁ、来てくれたのかい」

???「ええ」

ノリスケ「たいこ…」

たいこ「貴方の所為でイクラは…」

ノリスケ「こ、今度こそ成功しそうなんだ!!」

たいこ「そんな言い訳うんざりよ」

ノリスケ「た…たいこ」

たいこ「貴方がイクラをプレデターにさせしなければッ!!」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:30:06.39 ID:xonr7ej+0

ノリスケ「だからあれは失敗なんだって!」

バンッ

たいこ「うるさいってんだよ低年収やろう」

ノリスケ「ぐっはあああ・・」

たいこ「普通に暮らしている磯野さん達が憎かった…!だからこそプレデターに
    磯野さん達を襲うように指令したのよ!!」

ノリスケ「じゃ、じゃああの細胞を持ち去ったのも・・?」

たいこ「ええ全部私がやったのよ!!」

ノリスケ「たいこ…」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:32:59.66 ID:xonr7ej+0

ノリスケ「あの細胞をまさか全部使ったのか!!?」

たいこ「ほんの少しだけよ…でも少しでも強力なプレデターができたわ」

ノリスケ「なんでそんなことをしたんだい!?」

たいこ「この憎き世界を潰すためよ…」

ノリスケ「ど、どうして君がそんなことを…」

バンッ

ノリスケ…戦線離脱

たいこ「やっぱり、貴方にはわかってもらえなかったわ」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:36:19.70 ID:xonr7ej+0

白バイ「そこのスピード違反2台止まりなさーい」

カツオ「先生!警察にも追われてますよ!!」

先生「厄介だな…磯野ちょっと運転代われ!」

カツオ「ぼぼぼぼ、僕免許持ってないですよぉ!!」

先生「勘があればできる!」

キィィィ(窓が開く音)

白バイ「犯人が身を乗り出したぞ!!」

先生「こっちはスピードを落とす気なんてない…くたばれ国家の犬共!!」

ズガンッ!!!

白バイ「退避!!」

ボガンッ!!(白バイが爆破する音)

先生「ヒャッハー!ざまぁねぇな!」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:41:27.72 ID:xonr7ej+0

ぱちぱち(拍手する音)

タラ「たいこおばさん久し振りですぅ」

たいこ「あらタラちゃん…」

タラ「見事な黒幕でしたぁ」

たいこ「黒幕…?」

タラ「まっ、本当の黒幕は僕なんですうぅ」

たいこ「!?」

タラ「たいこおばさんはここで死んでもらいますぅ」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:47:56.54 ID:xonr7ej+0

たいこ「もしかして貴方が…」

タラ「僕がノリスケおじさんにお金を渡してイクラちゃんをプレデターにしてくれたですぅ
   それに僕の家族は馬鹿だから騙しやすかったですよぅ」

たいこ「この!!!!くそがき!!!」

バンバンッ!!

ひゅん(銃弾を避ける音)

タラ「人間が使うような銃じゃ僕は殺せませんデス」

たいこ「そんな…何が目的なのよ?」

タラ「うふふふ、人類と新生物の大戦争が見たいんですぅ」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:55:47.52 ID:xonr7ej+0

たいこ「貴方何を言っているの?」

タラ「僕は人間にはもう限界があると感じたんですぅ…だからこそ種族を新たに進化させるために
   プレデターを作成させたんですぅ」

たいこ「だからって…イクラを!!!」

タラ「進歩には犠牲が伴うんですぅ^^」

たいこ「があああああああああ!!!!」

バンバンバンッ!!

タラ「全部避けれたですぅ…」

グサッ

たいこ「がぁああっ…」

たいこ…戦線離脱

タラ「さて僕は行くところがあるですっ♪」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 14:59:46.13 ID:xonr7ej+0

カツオ「せ、先生!!ヘリからも追跡されてますよ!」

先生「くそったれ!プレデターの方を始末しろってんだ!」

警官「いい加減降伏しなさーい」

先生「どのみち限界だな…先にプレデターを片付けるしかない」

カツオ「でも、どうやって!?」

先生「これを使う時がきたな」

ANAGO-VX…カプセル型の小さな爆弾

カツオ「あなごーぶいえっくす?」

先生「政府が開発した超小型核兵器だ…こいつをぶつけれれば必ず倒せる」

カツオ「でも周りに警官が!」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:03:13.60 ID:xonr7ej+0

先生「それが問題だ、あなごーぶいえっくすの威力は計り知れん」

カツオ「こんなの使ったら周りの人たちが…」

先生「さすがの俺も躊躇してしまうな」

カツオ「……どうすれば」

先生「…!磯野!耳を貸せ!」

ごにょごにょ

カツオ「え!?そんな策で!?」

先生「成功すれば天国…失敗すれば地獄だがな……」

プレデターX(目標補足完了…これより抹殺に入る)

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:07:47.02 ID:xonr7ej+0

バタンッ

警官「車から誰か落ちたぞ!!」

警官B「少年だ!どうやら運転席の男が誘拐したみたいだ!」

警官「追跡を止めろ!まずは少年を優先だ!」

カツオ「うううっ…痛いよぉ」

先生「はーーはっはっ!!磯野でかした!見事にプレデターだけが追ってきてやがる!」

プレデターX(射程距離到達!)

先生「あばよ、テメェはここで脱落だ」

ピンッ(カプセルを投げる音)

ドガンッ!!!!!

プレデターX「ぎょおおおおおおおおお!!!!」

プレデターX…死亡

先生「さぁて、あとは磯野を連れ戻すだけだ…」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:15:54.10 ID:xonr7ej+0

警官「こちら●●…2名確保」

カツオ「……」

先生「……」

警官B「えーそちらの職業は?」

先生「この子の担任をやっております」

警官B「あんた担任の癖にこんなことしていいと思ってんの!?」

先生「うるせぇぞコラ!!!」

カツオ「せ、先生暴力はダメです!!」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:20:27.35 ID:xonr7ej+0

警官C「ちょ、ちょっとその2人を解放しろ!」

警官B「どうしたんですか?」

警官C「アナゴ隊長の遺言が見つかって…」

【私が死んだ時は磯野家並びにそれに関わる全ての人間に協力しろ】

警官B「それは本物なんですか?」

警官C「本人の自宅から出てきたからな…」

警官B「あの人の地位は天皇と同じぐらいですからね」

警官C「よし、この2人を解放しろ!そして我々は全力で彼等に協力するぞ!!!」

警察一同「おおおおおお!!!!」



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:24:31.08 ID:xonr7ej+0

ぶろろろろろ(車に乗って音)

先生「すまんな磯野…」

カツオ「いえ、それよりこれからどこへ?」

先生「今から俺と一緒にガチってもらう」

カツオ「ガチッてもらう?」

先生「この近くに私の使っている道場がある…そこで全てを話そう」

カツオ「ごくり…」

先生「最終決戦だ…」

いよいよ決戦の火蓋が切って落とされた

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:27:40.32 ID:xonr7ej+0

タラ「ばくばくばく」

ずずずずず

タラ「たいこさんが持っていた細胞を全部取り込んだですぅ!これで僕は無敵ですぅ!!!」

うーうーうー(サイレンの音)

タラ「……」

警官「残念だがここまでだ」

警官B 「今全世界でお前を指名手配した…ここでくたばってもらうぞ!」

タラ「うっふふふ…馬鹿な人たちデース♪」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:31:38.11 ID:xonr7ej+0

先生の柔道場

先生「よし、準備はいいな磯野?」

カツオ「ど・・どうして僕はパンツ一丁で、先生が柔道着なんですかぁ」

先生「今からこの特殊な細胞をお前に埋め込める、それで終わりだ」

カツオ(じゅ、柔道着着る意味ねーーー!)

先生「失敗すれば死ぬ…だが成功すればお前が日本で最後の切り札となる」

カツオ「もちろんやりますよ!!」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:37:44.76 ID:xonr7ej+0

パンッパパン!!

パンッパンッ!!

パパッ!!!!!

カツオ「うぅぅ!!先生ェェッ…!!」

先生「磯野ォ…っ…!」

カツオ「く、苦しいです!」

先生「耐えろ!!そして…成功しろ!!!」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:40:47.08 ID:xonr7ej+0

警官「こちら本部、応答しろ!!」

警官全滅…

警官「おい!?何があった!?」

ガチャ(無線を取る音)

タラ「はぁーいタラちゃんですぅ…これから全世界に宣戦布告するですぅ」

警官「なっ、なんだ貴様!?」

タラ「ばいばーい♪」

ガチャ



298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:44:09.21 ID:xonr7ej+0

カツオ「がくがくがっ…」

先生「おい磯野どうした!?」

カツオ「……」

先生「しっ、失敗だと……」

カツオ…心配停止

先生「すまん磯野!!!全てはっ…全ては私の所為だ!!!」

住人A「きゃあああああ!!!あんな小さな子供が街を壊してるわよ!!」

先生「むっ・・!?もう見つかったか!!」

タラ「カツオお兄ちゃんを探してるですぅ」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:52:29.97 ID:xonr7ej+0

タラ「わぁっ、カツオお兄ちゃんの先生ですかぁ?」

先生「そうだ…」

タラ「そこをどくですぅ」

先生「ならん!!」

タラ「逆らうと殺すですよぅ?」

先生「磯野は細胞を取り込むのに失敗して…」

タラ「ぶわはははっです!まさかANAGO-VO5を取り込もうとしたんですかぁ?」

先生「くっ…」

タラ「あれは成功率9%ですぅよ…よくも試したですぅ!」

先生(すまん…磯野!ホントは成功なんて絶対しないし…ただ俺が死にたくなかっただけなんだ!)



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:54:41.64 ID:xonr7ej+0

タラ「そんな馬鹿な人は死ぬですぅ!」

先生「磯野!!せめてお前だけは護らせてもらうぞ!」

タラ「わっわっですぅ!!」

先生「この杖を使う時がきたか…」

タラ「うっふふふ、魔法でも使うんですかぁ?」

先生「ああその通りさ!」

タラ「面白いですぅ!!」



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 15:59:13.29 ID:xonr7ej+0

先生「イラマーチオ!!」

タラ「ぐぶっ!!」

イラマーチオ…相手の動きを数秒止める呪文

タラ「う、動けないですぅ」

先生「アナルファック!!!」

アナルファック…敵の全身を火炙りにする呪文

タラ「あちちちちですぅぅぅ!!!!!」

先生「しぶてぇやろうだ…!」



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 16:02:25.52 ID:xonr7ej+0

先生「ホモッペンゲイ!!」

ホモッペンゲイ…最大呪文で相手を死に追いやる

タラ「うぐっ」

先生「よし、食らった!!」

タラ「嘘ですぅ…」

先生「なっ…んだと」

タラ「バーンですぅ♪」

先生「ぐぉぁっ」

先生…心臓麻痺で戦線離脱

※話全然練ってないです、その場で考えた話で申し訳ないです

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 16:04:42.47 ID:xonr7ej+0

タラ「あとはカツオお兄ちゃんだけですぅ♪」

ガラガラ(道場のドアを開ける音)

タラ「うーん?いないですぅ」

タッタッタ

バキッ!!(タラの後頭部を蹴り飛ばした音)

タラ「まふっ!!!」

カツオ「…」

カツオ…ギリギリ細胞を取り込み戦線復帰



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 16:09:05.35 ID:xonr7ej+0

タラ「まさかアナゴーVO5を取り込んだですかぁ?」

カツオ「ああ…ギリギリ死にかけたけどね」

タラ(カツオお兄ちゃんの髪型がふさふさに…)

カツオ「タラちゃん、どうしてこんなことを?」

タラ「ふふふふふふ!!愚問ですぅ!!」

カツオ「理由をちゃんと聞きたいんだ」

タラ「ただ進歩の無い人間にガッカリとしただけですぅ」

カツオ「そうか…」

タラ「ムカつくですぅぅぅぅ!!!!」

ぶおおおおおお(タラの身体が光に包まれ変貌する)

カツオ「!?」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 16:10:45.55 ID:xonr7ej+0

TARA「ふぅ…まさかこれを出すとは」

カツオ(タラちゃんの身体がムキムキに!?」

TARA「今の僕はタラちゃんじゃないですぅ…TARAですぅ」

カツオ「かわんねーよ!!」

バキッ!!(顔面をしばく音)

TARA(つ、強すぎる!!これがVO5を取り入れた力か!!)

カツオ「このまま終わらせてもらうよ!!!」



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 16:14:52.86 ID:xonr7ej+0

TARA「い・・いいんですかぁ?」

カツオ「…?」

TARA「家族の僕を倒すんですかぁ?いけないですぅよね?」

カツオ「…それは」

TARA(チャンス!!!)

スッ

TARA(なっ!!この状況で避けやがった…なぜだなぜこんなことができる!?)

カツオ「タラちゃんのことは・・・信用していない。」

TARA「くそっおおおおおおおおお!!!!」

カツオ「皆に償えクソタラ」

グッサァァァッァァ!!!

TARA「こ…これこそが……人間の底力……」

タラ…戦線離脱

カツオ「終わっ…た…」
完結…
※最後エピローグで終わりです

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/26(火) 16:20:36.56 ID:xonr7ej+0

10年後…世界は荒廃化していた

英雄磯野カツオの功績により世界は救われたはずであったが
僅かに漏れていた細胞が世界中に蔓延し6割の人間全てがプレデターと化した
英雄カツオも4年前に交通事故でこの世を去った

「首相!!何か一言を!!」

長い沈黙の後に今日就任したばかりの新首相が口を開いた




タラ「人類滅亡の始まりですぅ♪」

END



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:永沢「藤木君、佐天涙子を犯そうとするなんて君は本当に卑怯だな」