ハルヒ「Dドライブを見たらとんでもないものを見つけてしまった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒとエッチがしたい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 20:31:34.45 ID:9hna+ZzS0

ハルヒ「何よこれ! ふ、ふざけないでよ!!!」

キョン「何だ? どうしたってんだ」

古泉「どうしましたか? おや、これは……」

ハルヒ「ちょっとエロキョン! 何を考えてるの!!! 死刑よ死刑! 今すぐ消えなさい!」

キョン「何だよ、どうしちまって……ん…………」

PC
ttp://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201107112012390000.jpg

キョン「な、え、ちょ……」

ハルヒ「この変態!!! 気持ち悪いわ!!! 犯人はあんたしかいないの!!!!!!」

キョン「ち、違う! 誤解だ! 俺じゃない!!!」

古泉「その通り、犯人は彼ではなく、僕ですよ。涼宮さん」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 20:36:15.78 ID:9hna+ZzS0

ハルヒ「どう考えてもキョンがは……へ? 古泉君?」

古泉「ですから僕がその画像を集めてファイリングしたと、そういうわけなんです」

キョン「ちょ、おい古泉っ!?」

ハルヒ「ど……どういうこと? まさか、え? そんな、古泉君が?」

古泉「申し訳ございませんが、本当です」

ハルヒ「ちょ、ちょっと待って待って、落ち着かせて……えっ? キョンじゃなくて? 古泉君なの?」

古泉「はい」

ハルヒ「………わ、私帰る!!! 今日は解散!!!」

キョン「……行ってしまった」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 20:42:14.49 ID:9hna+ZzS0

古泉「んっふ、あの涼宮さんもこういう下の話には弱いようですね」

長門「古泉一樹」

古泉「はい、何でしょうか?」

長門「私は貴方を勘違いしていた」

古泉「ふむ、それはプラスの意味で受け取ってもよろしいですか?」

長門「構わない」

キョン「おい古泉! 何でお前あんなことを言ったんだ!」

古泉「いやはや、説明したい気持ちも当然ありますが、先程から僕の携帯電話が忙しいようですので、後ほどで構いませんか?」

キョン「あ、いや、その……いつもご苦労だな」

古泉「バイトですからね。あ、それと長門さん」

長門「何?」

古泉「今夜長門さんの部屋を借りていいでしょうか?」

長門「構わない」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 20:48:23.70 ID:9hna+ZzS0

古泉「それでは、僕はこれで失礼します。後ほど」

キョン「……行ってしまった…」

みくる「キョンくーん? 一体どうしたんですかぁ? パソコンがどうかした……え、どうしてバレ……!」

キョン「!」

みくる「あ、その……何でもないです、あはは」

キョン「そ、そうですよね、はは」

長門「とことで二人とも、夜になったら私の部屋まで来て欲しい」

キョン「それは構わんが…これは一体どうなってるんだ。何故古泉があんなことを…」

長門「それに関して話合いが必要と判断した」

みくる「わ、わかりましたぁー」

長門「待ってる」

キョン「お、おい長門! ……行ってしまった…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 20:59:20.49 ID:9hna+ZzS0

夜 長門の部屋

古泉「いやはや、遅くなりまして申し訳ございません」

キョン「それは構わん」

みくる「……どうぞお茶です」

古泉「ありがとうございます」

キョン「それでだ、古泉。どういうことか説明してもらおう。あの画像達は一体何なんだ?」

古泉「はい、いわゆる二次元エロ画像というものですね。ジャンルやシュチュエーションごとに分類することで効率よく事が運びます」

キョン「そんなことは分かってる! どうしてそんなものを団室のパソコンで集めたりしたんだ!?」

長門「それは違う」

キョン「何が違うっていうだ長門。どう考えてもおかしいだろ、あんな変態的なフォルダの名前付けるの古泉しかいない」

長門「そもそも前提が誤っている。画像を収集していたのは朝比奈みくる。古泉一樹は無関係」

キョン「あ、朝比奈さんがっ!?」

みくる「は、はぃー///」

古泉「おや、あなたでしたか」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 21:14:55.53 ID:9hna+ZzS0

古泉「では順を追って説明しましょう」

古泉「団活がいつもの様に始まり、毎日繰り返される日常が展開される。これが最高のパターンでした」

古泉「しかし涼宮さんはDドライブを覗いて見つけてしまった。二次元えちぃフォルダを」

古泉「サムネイルだけで過激な性描写が見て取れるその画像達。それを見た涼宮さんはこう思った」

古泉「これはキョンの仕業に違いない、と」

古泉「このPCを使う人間の中で、男に該当するのは僕と貴方の二人。しかし僕は真面目な副団長故に反射的に対象から除外された」

古泉「そして疑われたのは貴方です」

古泉「これは非常に危険な状況でした。一歩間違えれば世界の崩壊もあり得た」

古泉「想い人が二次元のエロ画像を収集し、卑猥な言葉でファイリングをしている。普通の女子高生であればショックを受ける事でしょう」

古泉「こと性に関しては涼宮さんは常識人です。三次元ならともかく、二次元には全く馴染みがない」

古泉「貴方に裏切られたと感じてしまい、世界に絶望しかねない。そうでなくても、虹エロが消える可能性もある」

古泉「それを回避する為にはどうすればいいか? 簡単です。僕が犠牲になればいい」

古泉「僕が犠牲になれば、少なくとも最悪の自体から免れる可能性が高くなり、事実閉鎖空間だけで事がすみました」

古泉「勿論その段階では誰が画像を集めたのか分からなかったのですが、ね」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 21:20:50.21 ID:9hna+ZzS0

みくる「あ、あの、古泉君…本当にごめんなさいっ!」

古泉「いえいえ、いいんですよ。僕が謎のむっつりスケベな萌豚転校生になるだけです」

みくる「そ、そんな……ごめんなさい……」

キョン「あ、朝比奈さん。本当なんですか?」

みくる「えぇ……私が……集めました……」

キョン「でもどうして、その、こんなエロ画像を…?」

みくる「えーと、それはその……禁則事項…です?」

キョン「いやそこで俺に聞かれても」

長門「理由は簡単。朝比奈みくるはエロ画像の少女達に自己投影を行い自慰行為を行っていたから」

みくる「ちょっ! 長門さん、言わないって約束したじゃないですかぁ!」

41 名前:>>39そうだよwww[] 投稿日:2011/07/11(月) 21:26:00.02 ID:9hna+ZzS0

古泉「自己投影ですか、成程。そういう理由でしたか」

キョン「ちょっと待ってくれ、じゃあ朝比奈さんは、その、部室で……えっとだな」

長門「自慰行為。オナニーを日常的に行っている」

みくる「ふぇ〜ん…言わないって約束したのに〜」

長門「ちなみに最も使用頻度が高いのは「01 うしろから」フォルダのこの画像。閲覧時間は合計2時間43分38秒を記録している」

みくる「何でここにPCがあるんですか!?」

古泉「んっふ、いやいや」

キョン「これで…朝比奈さんが…」

みくる「いや〜!!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 21:35:53.83 ID:9hna+ZzS0

古泉「それにしてもこのフォルダ名、凄い名称ばかりですね」

キョン「確かにそうだな。このおちっこおしおーってのはどういう意味なんだ?」

長門「聖水放尿行為及び自慰に於ける潮吹き成る現象の事」

キョン「す、すまん。どういうこった?」

みくる「要するにおしっこやオナニーで濡れちゃってることです!」

キョン「あ、朝比奈さん、あの……朝比奈さん?」

みくる「何ですか!? 私としてはいいネーミングセンスだと思うんですけど!」

古泉「おやおや、やけになるとは珍しいですね」

長門「ユニーク」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 21:46:58.79 ID:9hna+ZzS0

みくる「ちなみに「02 いにょはにほへと」は和服のえっちな画像の事ですよ!」

キョン「な、成程……でも何でこんな名前を?」

古泉「そうですね、それは僕も気になります。先程から「いじめてくだちゃい」フォルダを拝見していますが、「足コキ」フォルダでよかったのでは?

みくる「だってそうやって書いた方がえっちな気分になるんですもん」

キョン「わーわー! 朝比奈さん落ち着いて!」

みくる「片仮名とか漢字を使うより平仮名を使った方がえっちな感じがするでしょ? そういうことです」

古泉「それは同意できますね。平仮名の柔らかい自体が何とも女性的曲線美を醸し出しています」

キョン「そうか…? そうか…」

古泉「しかしこの「いにょはにほへと」はよく考えましたね。僕なら和服からこう派生はしません」

みくる「それは長門さんからアドバイスをもらいました」

キョン「長門さん!? 何してんの!?」

古泉「ナニしたんですかね」

キョン「お前は黙ってろ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 21:55:50.57 ID:9hna+ZzS0

長門「私は人類の自立進化の可能性を観察するために朝比奈みくるに助言を行った。これは情報統合思念体の意思に依るもの」

みくる「長門さん、嘘はダメですよー」

長門「嘘ではない」

みくる「何を言ってるんですか、長門さんもフォルダ名を考えるときノリノリだったじゃないですか」

キョン「本当ですか!?」

長門「違う。訂正を要求する」

みくる「そうなんですよー、パイズリフォルダを作ろうとした時は「おっぱいむぎゅーの方が想像力を掻き立てる」って言ったり」

長門「やめて。口を閉じて欲しい」

みくる「らめぇえええフォルダを作るか作らないかで結構言い争いもしましたぁー」

長門「朝比奈みくるを敵性と判断。情報解除を申請……く、却下された」

みくる「おぱんちゅフォルダの中身も、細分化されてるのは長門さんの趣味ですよー」

長門「否定する」

キョン「長門……お前……」

長門「違う。誤解しないでほしい」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:04:24.81 ID:9hna+ZzS0

古泉「つまり、長門さんも朝比奈さんと一緒に鑑賞していた、というわけでしょうか?」

みくる「そうですよ、皆さんが先に帰った後、二人でよく画像を集めてます」

キョン「着替えるから先に帰ってって、そういう裏があったんですか」

みくる「軽蔑しました? ふふっ、別にもういいですよ、今更隠したり言い訳するのも疲れました」

キョン「いえ、別にそんなこと思ってなんか」

みくる「そうですか? キョン君は優しいですね。でも女の子がえっちな画像を、しかも二次元を好んで集めて使うって聞いて軽蔑しない何て嘘はいいですよ。ね、長門さん」

長門「重ねて言うが、私はこの件に関して無関係」

みくる「ふふっ、えっちなのはいけないことですか。かわいいなぁ」

キョン「いえあの、本当に軽蔑したり引いたりしてませんから! むしろちょっと嬉しいですよこれは!」

みくる「本当? 本当に?」

キョン「その俺も、たまにこういう画像を見たりするんで」

古泉「恥ずかしながら僕も使うことを追加します」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:10:14.36 ID:9hna+ZzS0

古泉「僕としては、自分は健全な男子高校生であると自負していますので、身近な女性が性に関心があると嬉しく思います」

キョン「そうですよ、朝比奈さんは小動物的可愛さがあるとだけじゃなくて、大人の魅力もあるというギャップがいいんです。男なら誰もが喜びます」

みくる「ほ、本当ですか? じゃあ私達がえっちな画像集めてても大丈夫なんですか?」

キョン「はい。むしろそういう所がいいと思いますよ」

長門「先程までの発言を訂正したい。私も性的な事象に関心がある」

古泉「長門さん、誰もがわかっていることですよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:18:30.55 ID:9hna+ZzS0

古泉「ちなみに少々伺いたいのですが、このファイルの頭についている数字は何を意味しているのですか?」

みくる「それは長門さんが付けた番号ですから、私は何のことだかちょっと…」

キョン「長門? どういうことだなんだ?」

長門「………」

キョン「長門…正直になってくれ。別に責めているわけじゃないんだ」

長門「軽蔑しない?」

キョン「しない。約束する。それにお前の考えていることを知れるのは嬉しいぞ」

長門「……了解した。数字は私が好むシュチュエーションの順位を示している。後ろからが最も関心がある」

みくる「長門さんは後ろから犯されるのが好きなんですかぁ」

古泉「……ゴクリ」

長門「否定はしない」

キョン「……フム」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:25:50.76 ID:9hna+ZzS0

みくる「いにょはにほへと、というか和服が2番目なのはどうしてですか?」

長門「夏休みのお祭りで着たから」

みくる「うふふ、実体験があったほうが想像しやすいですからね」

長門「そう」

みくる「私はこの中だったらおっぱいむぎゅーが一番好きだなー」

長門「それは挑発?」

みくる「というわけじゃないですけど」

古泉「しかしろりぃフォルダが16番で最後ですから、嫉妬している可能性はありますね」

長門「違う。ろりぃは今日初めて作ったフォルダ。先程とある掲示板で性的な画像があったから作製しただけ」

キョン「長門、そこ詳しく教えてくれないか?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:33:39.89 ID:9hna+ZzS0

古泉「いやはや、こうして見ると長門さんがどういう想像をしているかわかりますね」

みくる「そうですねー、取りあえず服装は和服で後ろから愛されたいんですね」

長門「できれば後ろから抱きしめて欲しい」

古泉「成程。そういうのが好みなのですか」

キョン「おまんこくぱぁとおちっこおしおーを組み合わせると夢が広がるな」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:53:58.87 ID:9hna+ZzS0

みくる「私はおっぱいむぎゅーとぺろぺろを組み合わせたいですね」

古泉「んふ、ご自分の武器を有効に活用するというわけですね」

長門「貴方のそれは武器になる。大いに利用するべき」

みくる「この画像とか見ていると、羨ましいなぁって思っちゃいますぅ」

キョン「ふむ、これはいいですね。服装もメイド服ですし」

みくる「ちょっと憧れるなぁって、そんなことばっかり考えちゃうの」

古泉「そしてご自分でいじるわけですか」

みくる「はい、そうなんですよぉ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 22:59:52.57 ID:9hna+ZzS0

キョン「朝比奈さん、すみません。そろそろ落ち着いてくれませんか」

古泉「そうですね、僕もいつまで理性が保たれるか自信がありません」

みくる「あ、そうですよね。すみません。男の子ですもんね」

長門「朝比奈みくる、和服の前を露わにされて男性に思いきり抱きしめながら涙目になっているこの画像はどう?」

みくる「だいしゅきホールドですか? いいですよねぇー、えっちなのが大好きって感じがして、本当に気持ちよさそうです」

キョン「だから止めて下さいってば!」

古泉「ちょっとお手洗いをお借りしますね」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:05:58.01 ID:9hna+ZzS0

みくる「ふふっ、ごめんなさい。ちょっと調子に乗っちゃいました」

長門「謝罪する」

キョン「いえ、分って下さればいいんです」

みくる「ごめんねキョン君、私ちょっと浮かれちゃいました」

キョン「そうなんですか?」

みくる「だって、女の子がえっちな画像を集めているって、そんな事知られたら生きていけないって思ってたの」

長門「同意する」

みくる「それなのに二人は許してくれて、しかもえっちな話題で盛り上がってくれて。こんなに楽しいの、私初めてで」

キョン「朝比奈さん……」

みくる「ね、キョン君も教えて? どんなえっちな画像が好き? どんな風にしたいの?」

長門「教えて欲しい」

キョン「そ、そ、そそそそ、それは、ですね!」

みくる「それは?」

長門「それは?」

古泉「ふぅ……今戻りました」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:15:00.85 ID:9hna+ZzS0

キョン「こ、古泉! 遅かったなぁ、あはは」

古泉「いえ、そうでもありませんよ。これでも速度には自信があります」

みくる「ねぇ古泉君、古泉君も教えて下さいよ、どんな感じがいいのか」

長門「現在は女性二人が性癖を語った状況。フェアではない」

古泉「んっふ、そうですね、折角の機会ですからお話致しましょうか」

みくる「じゃあじゃあ、どんな画像が好みですか?」

古泉「僕は「おててのお仕事」と「いじめてくだちゃい」と「おぱんちゅ」を組み合わせたいですね」

みくる「ははーん、古泉君はMっ気があるということですね」

古泉「自覚はありますね」

長門「普段の兆候からも推測可能」

みくる「どんな感じに責められるのがいいんですか?」

古泉「そうですね。目の前で脱いだパンツを使ってしごいて下さると嬉しいです。できればM字に座っていただいて見せつけて欲しいです」

みくる「だったら「おまんこくぱぁ」も追加ですぅ」

古泉「おや、確かにそうでした。んっふ、これは一本取られました」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:23:07.97 ID:9hna+ZzS0

長門「古泉一樹。貴方の希望に沿うような画像を検出したところ53枚が該当した」

古泉「おぉ……これは……」

みくる「それはそうと、古泉君も教えてくれて後はキョン君だけですね」

キョン「いえあの、俺はちょっと」

古泉「おや? 先程から小さな声で突っ込みを入れていましたが、弱気ですね」

みくる「ダメですよぉー、一人だけ何も話さないなんてズルいです!」

キョン「そうは言ってもだな……」

長門「心拍数が異常に上昇。体温も上昇している」

古泉「ほっぺたも赤くしちゃって、かわいい所もあるんですね」

キョン「お前に言われても嬉しくない気持ち悪い顔が近いほっぺを突くな」

みくる「照れちゃダメですよ、ここは男を見せて下さい」

キョン「お、男をですか!?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:30:43.91 ID:9hna+ZzS0

みくる「あら、えっちな意味じゃないですよぉー」

古泉「初心な感じがいいですね。普段の斜に構えた感じからは考えられません」

長門「だがそれがいい」

みくる「そうですねぇ、顔が赤いのもいいですねぇ」

古泉「どうでしょう、ここは色々な画像を見せてみてどれが一番反応するか見るのは如何でしょうか」

みくる「いいですねぇ! じゃあキョン君、こういうのはどうですかぁ?」

長門「ろり和服バックと予想する」

古泉「彼は僕同様M気質があると思いますので、いじめてくだちゃいがいいと思います」

キョン「だぁああ!分かった!話すから!ちょっと待ってくれ!!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:35:22.45 ID:9hna+ZzS0

翌日 放課後 SOS団 部室前

ハルヒ「昨日は本当にビックリしたわ……」

ハルヒ「まさか古泉君があんな…画像を集めてたなんて」

ハルヒ「教室でも恥ずかしくってキョンと一言も話せなかった」

ハルヒ「でも、私はSOS団の団長なのよ!男の子は仕方ないとはいえ、ここは一言言わなくちゃ!」

ハルヒ「……でも、男なら仕方ない、んだよね、うん、古泉君には普段お世話になってるし……」

ハルヒ「でもでも! みくるちゃんや有希に悪い影響があってからじゃ遅いわ! 二人の為にも、言わなくちゃ!」

ハルヒ「よーし、行くわよ!!!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:47:19.61 ID:9hna+ZzS0

ハルヒ「古泉君!ちょっといいかしら!!!」

みくる「キョン君、ポニテのブルマ娘が濡れ濡れスケスケの画像ありましたよー」

長門「これを見て欲しい。後ろから突かれながらおまんこから溢れ出るエロス」

古泉「おや、男性器におしっこを浴びせてマーキングですか、いいですね」

キョン「すまんが画像に集中させてくれないか?」



ハルヒ「とんでもないことになってしまった」



                                 糸冬

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:49:25.72 ID:9hna+ZzS0

まぁこんな感じで!
昨日大量の虹エロ画像をどう整理してるか教えろってスレ立てたものです
画像が欲しかったらそっちでよろしくで!

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/11(月) 23:51:56.26 ID:9hna+ZzS0

昨日妄想したssを書けてよかったぜ!
俺が書くとハルヒはいつものけものになるのは仕方ない!
本当は古泉を変態紳士にしたかったけど、カッコいい古泉が好きで!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「故事成語とか名言でss?」