ハルヒ「ああ、有希可愛いなぁ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハーマイオニー「ええとこの薬の材料は・・・『おちんぽみるく』?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:16:19.34 ID:yOMAIyM00

長門「…」

ハルヒ「へへ、有希ぃ」むぎゅー

長門「…暑い」

ハルヒ「いいでしょ、もうちょっと」むぎゅぎゅー

長門「…構わないが、抱きつくなら後ろからにして欲しい。本を読む行為に支障をきたす」

ハルヒ「はいはい」ぎゅー

長門「…」

キョン「…何だよこれ…」

みくる「はわわ〜」

古泉「…」にこにこ

キョン「な、何だよこれ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:25:50.05 ID:yOMAIyM00

キョン「おいハルヒ、急にどうしたんだ?暑さで脳のヒューズでも飛んじまったんじゃないだろうな」

ハルヒ「うるさいわね、今あたしは有希に夢中なの!気が散るからちょっと黙ってなさい!これ団長命令よ!」

キョン「…おい長門」

長門「…問題ない」

ハルヒ「ふふっ♪」

古泉「まあまあ、SOS団員同士、仲が宜しい事は何よりではないですか」ぼそぼそ

キョン「にしても目に余るぞこれは」ぼそぼそ

みくる「あのう、お茶ですぅ」

ハルヒ「ありがと、みくるちゃん!そうだ、有希、あたしが飲ませてあげよっか!」

長門「…いい」

キョン「だから何だこれは!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:31:19.86 ID:yOMAIyM00

ハルヒ「遠慮しなくていいわ!さあ!」

長門「…了解した」

ハルヒ「あーん、して?」

長門「…」あーん

キョン「(長門が口を開けてハルヒと見つめあっている…何だかこれは…エロスを感じます!)」

ハルヒ「はい、どうぞ」

長門「…」こくこく、ぼたぼた

みくる「ああっ、長門さん、制服にお茶会が垂れてますっ」

ハルヒ「うーん、イマイチ飲ませ辛いわね…そうだ、口移しなら!」

キョン「!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:39:54.75 ID:yOMAIyM00

お茶会って何や

キョン「ま、待て待てハルヒさん!?お前口移しってどういうつもりだ!」

ハルヒ「?どういうつもりも何も、あたしがお茶を口に含んで」

キョン「口に含んで?」

ハルヒ「有希に口移しでお茶を」

キョン「ストォップ!それじゃ、きき、キスじゃあねえか!エッチなのは良くないと思います!」

ハルヒ「な、何よ!ヒラ団員は黙ってなさい」

キョン「おまっ」

古泉「まあまあ、良いじゃあありませんか?これが男女間、例えばあなたと涼宮さんなどでしたら話は変わってきますが
   女性同士ですし何ら問題は無いかと。そうですよね、団長?」

ハルヒ「流石古泉くんね!」

古泉「ここでまた涼宮さんの機嫌を損ねるわけにいかないのですよ…どうかご理解下さい」ぼそぼそ

キョン「しかしなぁ…」ぼそぼそ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:47:09.54 ID:yOMAIyM00

ハルヒ「…んー、んんっ」

キョン「お茶を含みながら喋るな」

長門「…」

ハルヒ「…か、かほをひかつけなはい」

キョン「…顔を近づけなさい?」

長門「…了解した」

ハルヒ「…」

長門「…」

キョン「(見つめあっている…え、エロス!)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:48:31.52 ID:yOMAIyM00


長門「…んっ」

ハルヒ「…んん」ちゅー

長門「…」こくんこくん

キョン「や、やりやがった!」

ハルヒ「…んっ、んー」

長門「…」

キョン「お、おいおい!もうお茶は口に残ってないんじゃあないか!?」

ハルヒ「…ぷは」

長門「…」

ハルヒ「…えへへ」

キョン「何だよ!何だよこれ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 04:56:38.19 ID:yOMAIyM00

みくる「はわわ…」

ハルヒ「えへへー有希ぃ」むぎゅー

長門「…」ぺら

キョン「(まただ…だが全然暑苦しく見えないのは何故だろうか)」

ハルヒ「有希?」

長門「…?」

ハルヒ「ふふ、呼んだだけ」むぎゅぎゅー

キョン「…」

古泉「…」にこにこ

長門「…」ぱたん

ハルヒ「はい!じゃあ解散っ!有希、帰りましょ!最後の人鍵お願いね!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 05:01:53.34 ID:yOMAIyM00

……

キョン「…今日は何だったんだ一体」

古泉「仲が宜しいのは…」

キョン「良い事ではないですか、ってか。まあ確かに悪かないがな…部室出ていく時なんて手繋いでたぞ。恋人繋ぎで」

みくる「涼宮さん、とっても嬉しそうでしたね」

古泉「確かに妙ではありましたね」

キョン「あとで長門に連絡してみてくれ。何かわかったら俺や朝比奈さんに教えてくれないか」

古泉「了解しました。ただ…万が一、涼宮さんが長門さんから離れようとしなかった場合」

キョン「…確かに今日の様子をみているとあり得なくはないな」

みくる「そしたら、連絡が取りづらくなっちゃいますね…」

キョン「…困ったな…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/09(土) 05:12:04.92 ID:yOMAIyM00

翌日

ハルヒ「…有希ぃ…」

長門「?」

ハルヒ「有希、可愛い…」

長門「…そう」

ハルヒ「ねぇねぇ、有希はあたしの事好き?」

長門「…わからない」

ハルヒ「えっ…」ずきっ

長門「ただ…あなたに対して、決して嫌悪感は抱いていない。
   あなたといる時、私は少なからず若干の心地良さを感じている。
   これが好きという感情であるとすれば…私はあなたに好意を抱いていると結論づける事が出来る」

ハルヒ「有希ぃ…もうっかわいいっ」ぎゅー

長門「…」

みくる「あわわ〜」

キョン「(何か悪化してるような…)」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/07/09(土) 05:14:33.21 ID:yOMAIyM00

ハルヒと長門は幸せなキスをして終了
もうさ、二人とも付き合って終わりで良いんじゃない?(棒読み)

俺はもう続き思い付かないから、誰か続き書いて、どうぞ(迫真)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「あんた、何作ってんのよ?」 シンジ「えと、塩ダレだよ」