ゲンドウ「シンジ、この服を着ろ。着ないなら帰れ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:和「なかなかの偶然ですね」キョン古泉みくる「も、もう勘弁して……」

ツイート

1 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:08:50.42 ID:XqoIzu5G0


シンジ「なんだよ、父さん・・・これ、女の人の服じゃないか!?」


ゲンドウ「それはユイの遺品だ・・・」


シンジ「母さんの!? 母さんの物は全部、処分したんじゃないの!?」


ゲンドウ「その筈だったのだが、この前、掃除をしていたら出てきた。
      処分しようかとも思ったが、せっかくなので着ろ。」


シンジ「訳がわからないよ、父さん!」

2 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:10:15.03 ID:XqoIzu5G0


シンジ「女の人の服を着るなんて、出来っこないよ!
    袖を通したこともないのに!!」


ゲンドウ「子供の駄々に付き合っている時間はない。
      着るなら着ろ。 着ないなら帰れ!」


シンジ「嫌だ!! 絶対に着ないって決めたんだ!」


ゲンドウ「シンジ・・・お前には失望した・・・」




ゲンドウ「(トゥルルル・・・ガチャ) 私だ、レイを呼べ。」


シンジ「!!」

3 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:11:03.87 ID:XqoIzu5G0


シンジ「父さん!! まさか綾波に着せる気なの!?」


ゲンドウ「もはやお前には、関係のない事だ。」


シンジ「・・・・・!!」

    (綾波に母さんの服なんか着せたら、父さんがナニをするか・・・!)

    (逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!)




シンジ「分かったよ・・・僕が着るよ・・・」


ゲンドウ「ニィ・・・」

4 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:11:56.43 ID:XqoIzu5G0


シンジ「ううう・・・これでいいのかな・・・
     スカートって足がスースーする・・・
     白衣なんてリツコさんみたいだ・・・」


ゲンドウ「よし、最後にこのカツラを被れ」


シンジ「こ、こう?」 カポ


【碇シンジ・ユイ型装備】 爆誕


ゲンドウ「ユイ・・・!!」

5 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:12:33.13 ID:XqoIzu5G0


シンジ「そ、そんなに母さんに似てる・・・?」


ゲンドウ「会いたかった・・・会いたかったぞ、ユイ!
     神が唯一私に与えた光!!」


シンジ「父さん!? 顔が近い! 近いよ!」


ゲンドウ「さあ、ユイ! 私に膝枕をしてくれ!!」


シンジ「ええ!?」

6 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:13:35.33 ID:XqoIzu5G0


ゲンドウ「昔はよくしてくれたじゃないか! 頼む!」


シンジ(うわぁ、目が血走ってる・・・!!
    断ったらどうなるか・・・!!)


シンジ「わ、分かったよ・・・」


ゲンドウ「よし! ユイのお膝にパイルダーオン!」 ポス!


シンジ(うわ・・・本当に父さんに膝枕しちゃった・・・
     ひあああ・・・ヒゲがちくちくする!!)


ゲンドウ「スリスリスリ」


シンジ「ひい! 太モモに頬ずりしないでぇ!!」

7 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:14:38.62 ID:XqoIzu5G0


ゲンドウ「ああ・・・もう我慢できん! ユイ、私とひとつになろう!
     それはとても気持ちのいいことなんだぞ!」


シンジ「と、父さん!? 何を言ってるの!?」


ゲンドウ「ユーーーイーーーー!!」


シンジ「父さん!! やめてよ! やめてよぉぉぉーーーー!!」








バーーン!(司令室から飛び出す)


シンジ「助けてぇぇーーーー!!」  ダダダダダ!


ゲンドウ「待て! 何故、私を拒むのだ、ユイーー!!」 ダダダダダ!

8 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:16:01.73 ID:XqoIzu5G0


シンジ「逃げなきゃダメだ! 逃げなきゃダメだ!」


ドン!


???「きゃあ!?」


シンジ「わあ!」




シンジ「あっリツコさん!」


リツコ「いたた・・・ちょっと、どこを見て歩いてるの!・・・ん?」

9 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:16:53.19 ID:XqoIzu5G0


リツコ「な・・・ユイ・・・さん・・・!?」


シンジ「リツコさん、助けてください!!
    父さんが暴走しちゃったんです!」


リツコ「・・・・・」  ピシ・・・ギュ!


シンジ「リツコさん・・・? そのゴムチューブは何ですか・・・?」

10 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:17:49.07 ID:XqoIzu5G0


リツコ「ユイさん、本当に忌々しい人・・・・
    まだ、私からあの人を奪おうとするのね・・・」


シンジ「え・・・ちょっ・・・リツコさん・・・・」


リツコ「あははははははははーーーーー!!!!」


シンジ「うわあああーーーーー!!!」 ダッ!!

11 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:18:49.13 ID:XqoIzu5G0


シンジ「リツコさんまで、どうしちゃったんだよ!?
    この服、呪われてるんじゃないか!?」



???「きゃあ!?」


シンジ「わあ!」



シンジ「ああっ! マヤさん!」


マヤ「いきなり飛び出してきたら、あぶないじゃないですか・・・ん?」

12 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:19:39.70 ID:XqoIzu5G0


シンジ「マヤさん、助けて!
     父さんとリツコさんに追われてるんです!」


マヤ「可愛い・・・(///)」


シンジ「は?」


マヤ「ねえ、あなた!」 ガシ!


シンジ「はい!?」

13 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:20:55.40 ID:XqoIzu5G0


マヤ「今、付き合っている彼氏はいる?」


シンジ「はあ!? い、いませんよ、そんなの!」


マヤ「じゃあ、お姉様はいて!?」


シンジ「お、お姉様!? いえ、僕は一人っ子ですから・・・」


マヤ「僕っ子とは・・・ますます可愛いわ!


14 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:21:48.68 ID:XqoIzu5G0


マヤ「なら好都合だわ・・・私があなたのお姉さまになってあげる!」


シンジ「マ、マヤさん!? マヤさんが何を言ってるのか分からないよ!」


マヤ「ハアハア! お姉さまが手取り足取り教えてあげる!」


シンジ「うわあああーーーーん!」 ダダダダ!


マヤ「待ちなさい!!」 ダダダ!

15 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:22:45.39 ID:XqoIzu5G0


シンジ「もうやだよー! 誰か助けてー!」


???「うん、そこにいるのは誰だね?」


シンジ「ひい!?」


冬月「なっ!? ユイくん!?
    いや、そんなはずは・・・シンジくんかね?


シンジ「副司令!」

16 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:23:39.78 ID:XqoIzu5G0


冬月「シンジくん、一体その格好はどうしたんだね?」


シンジ「た、助けてください!!
    皆がなんだか怖いんです!」



ユイィィィィィ!!

コロスゥゥゥゥ!

オネエサマヨォォォォ!!



冬月「むう、確かに何かが起こっているようだな・・・
   とりあえず私の部屋に避難しよう!」


シンジ「は、はい!」

17 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:24:43.14 ID:XqoIzu5G0


※副司令室


冬月「そうか、そんなことが・・・まったく碇の奴め・・・」


シンジ「ひっく・・・僕・・・これからどうすれば・・・」


冬月「ああ、安心したまえ。碇には私からキツく言っておく。
   二度と君にそんな格好はさせないよ。」


シンジ「あ、ありがとうございます、副司令!!」

18 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:25:33.03 ID:XqoIzu5G0


シンジ「でも、僕ってそんなに母さんに似てるんですか?」


冬月「ああ、そうだな・・・最初見たとき、本当にユイくんが
   生き返ったんじゃないかと思ったよ。」


シンジ「そっか・・・これが母さんの顔なんだ・・・

    父さんは母さんの写真も処分しちゃったから
    僕、母さんの顔はうろ覚えだったんです。」


冬月「そうか・・・君のお母さんは素晴らしい女性だったよ。」

19 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:26:21.39 ID:XqoIzu5G0


シンジ「あの、副司令? もしよければ母さんの事、
    もっと教えていただけませんか?」


冬月「ああ、いいとも。 ユイくんは私のゼミの学生でとても優秀な・・・」


                   ●

                   ●

                   ●

20 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:27:05.19 ID:XqoIzu5G0


冬月「おや、もうこんな時間だ。 すっかり話し込んでしまったな。
   いやはや、歳をとると話が長くなっていかん。
   シンジくんもつき合わせてしまってすまなかったね。」


シンジ「いえ、そんな。 僕も『冬月先生』から母さんの事、たくさん聞けて良かったです。」


冬月「え・・・?」 ドキ・・・


シンジ「あっ、ごめんなさい! その・・・お話を聞いてるうちに
    副司令が自分の先生な気がしてきて・・・」


冬月「あ、ああ・・・かまわんよ・・・ははは、昔に戻った気分だ。」

21 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:27:42.29 ID:XqoIzu5G0


冬月「あー・・・さてと、そろそろ行こうか?
   碇の奴も、いい加減頭が冷えた頃だろう。」


シンジ「あ、はい・・・うわ!?」 ズル!


冬月「あ、あぶない!」


     ガシ! ダキ!


シンジ「あ、ありがとうございます、副司令。
    スカートなんて初めて履いたから、何だか動きづらくて・・・」




冬月「ユイくんが・・・・私の腕の中にユイくんが・・・」 ボソボソ・・・


シンジ「へ?」

23 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:28:31.31 ID:XqoIzu5G0


冬月「ユイくん!! 君が好きだ!!
    ずっと言えなかったが、今なら伝えられる!」


シンジ「うええええ!? 副司令!?」


冬月「君と私では年齢が離れているが、あんな男なんかより君を幸せにしてみせる!」


シンジ「副司令! 僕はシンジです! 母さんじゃありません!」


冬月「ああ・・・もう我慢できん! ユイくん!!」 ガバァ!


シンジ「うわあああーーーー!!」

24 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:29:15.52 ID:XqoIzu5G0


バーーーーン!(扉が開く)


ゲンドウ「そこまでです、冬月先生!
     私のユイを放していただこう!!」


シンジ「げぇ! 父さん!」


冬月「来たな、六分儀!!
   キサマにユイくんは渡さんぞ!」


シンジ「副司令! 何で父さんを旧姓で呼ぶんです!?」

25 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:30:23.70 ID:XqoIzu5G0


ゲンドウ「待っていろ、ユイ! すぐにその色ボケジジイからお前を救い出してやる!
      それが済んだら、シンジに弟か妹をつくってやろう!」


シンジ「僕がそのシンジだよ! 弟も妹もつくれないよ!」


冬月「ユイくん・・・私はあの時、一度君を手放した・・・
   だが、もう二度と放さない!!」


シンジ「だから僕は碇シンジですーーーー!!」

26 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:31:35.24 ID:XqoIzu5G0


ゲンドウ「ユイを・・・返せ!!」


冬月「私がどうなったっていい! 世界がどうなったっていい!
    だけどユイくんだけは絶対に取り戻す!!」



ゲンドウ・冬月「「 うおおおおおおお!!!! 」」


   バキィィィィーーーーー!!!(×2)


シンジ「ク、クロスカウンター!!」

27 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:32:44.66 ID:XqoIzu5G0


ゲンドウ「・・・・・・・」 ミシミシ・・・


冬月「・・・・・」 メキメキ・・・



シンジ「あの・・・二人とも・・・はっ!!」



ゲンドウ「・・・・・・・」 ゴゴゴゴゴゴゴ・・・


冬月「・・・・・」 ドドドドドドドド・・・



シンジ「二人とも拳を交え・・・立ったまま気絶してる!!」

28 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:33:38.69 ID:XqoIzu5G0


シンジ「ああ、母さん・・・こんなにも男達を虜にして・・・
    あなたはどれだけ魔性の女だったんですか・・・」


???「そうよ・・・だからここで消えてもらうわ!!」


???「見つけた・・・さあ、可愛がってあげる!!


シンジ「ひいいい! リツコさん! マヤさん!」

29 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:35:00.11 ID:XqoIzu5G0


リツコ「せめて苦しまずに逝かせてあげるわ! ユイさん!」


マヤ「ハアハア・・・まずは美味しそうな唇から・・・」


シンジ「いやだーーーー!!」


      ガン! ゴン!


シンジ「・・・・え?」

30 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:35:34.57 ID:XqoIzu5G0


リツコ「がは・・・!?」 ドサ・・・


マヤ「きゅう・・・」 ドサ・・・




レイ「碇くん、大丈夫?」


シンジ「あ、あやなみーーーー!!」

31 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:36:39.70 ID:XqoIzu5G0


シンジ「綾波ーーー! 怖かった! 怖かったよーーー!」


レイ「もう大丈夫・・・碇くんをいじめる人はいないわ。」 ナデナデ・・・


シンジ「ひっく・・・ひっく・・・ありがとう、綾波・・・」 ギュウ・・・


レイ「碇くんは私が守るもの・・・(///)」 ポカポカ

32 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:37:30.60 ID:XqoIzu5G0


シンジ「ああ・・・また人に見つかる前に、早く元の服に着替えよう・・・」


レイ「シンジくん、そのお母さんの服はどうするの?」


シンジ「うん・・・出来たら母さんのお墓に入れてあげたいな・・・
    あのお墓には何も埋まってないから、せめて服くらいは・・・」


レイ「そう・・・じゃあ、碇くん。 その前に確認したい事があるわ。」


シンジ「ん、なんだい?」

33 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:38:14.78 ID:XqoIzu5G0


レイ「えい。」  バサ!


   ピラ!


シンジ「ひゃあ!!」



シンジ「な、何するのさ、綾波!
    い、いきなり僕のスカートをめくって!(///)」


レイ「碇くん・・・何故、トランクスなの?」

34 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:39:12.41 ID:XqoIzu5G0


シンジ「な、何故って・・・」


レイ「だめよ、碇くん。
   それではせっかくの男の娘属性が台無しだわ。」


シンジ「お、おと・・・?」


レイ「・・・・」 スル・・・ヌギ・・・



シンジ「あ、綾波ぃぃぃーーー!? 何をしているの!?」

35 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:40:01.33 ID:XqoIzu5G0


レイ「パンツを脱いだのよ。」


シンジ「何で脱ぐのさ!! は、早く履いてよ!!」


レイ「碇くんもトランクスを脱いで。
  そして、私のこの女性用パンツに履き替えて。」


シンジ「ええええーーーー!?」

36 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:41:25.08 ID:XqoIzu5G0


シンジ「何を言ってるんだよ!?
    何で僕が、綾波のパ、パンツを!?」


レイ「男の娘は見えないところでも、手を抜いてはだめ・・・・
   下着も女物にしてこそ『女装シンジきゅん』は完成する・・・」

   「だから、碇くん。 履いて。」



シンジ「あ・・・いや・・・・」

    (綾波がたった今まで履いてたパンツを僕が・・・・!?)

     (そ、そんなの・・・・そんなの・・・)

     (てか、今の綾波って・・・スカートの下、なにも・・・・)





レイ「あ・・・」

37 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:42:17.97 ID:XqoIzu5G0


シンジ「え・・・?」


レイ「碇くん・・・膨張してる・・・可愛い・・・(///)」


シンジ「」









バーーン!(部屋から飛び出す)


シンジ「うわああああああーーーーーん!!」 ダダダダダ!


レイ「待って、碇くん。 パンツを履いて。」 ダダダダダ!

38 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:43:21.21 ID:XqoIzu5G0


その後、ネルフ本部内で『ファーストチルドレン・綾波レイ』がパンツを片手に、

『白衣を着た正体不明の美少女』を追い掛け回す光景を多くの職員が目撃したという・・・


         シンジ「女装なんて最低だぁぁぁーーーー!!」

         レイ「いいえ、リリンが生み出した文化の極みよ。」


                   ━ 完 ━


39 名前: ◆Jl94H91ZRA[] 投稿日:2011/07/07(木) 22:44:54.92 ID:XqoIzu5G0

以上です、ありがとうございました。

思いつきで書いたらひどい話になっちゃいましたww
楽しんでいただけたなら幸いです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒと古泉が付き合い始めて一ヶ月が経った」