アシタカ「うわ、サン臭い」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希、今日暇?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:27:10.88 ID:9W7f0gF70

サン「なんだ」
アシタカ「いや…」
サン「抱くなら早くだけ」
アシタカ「うん…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:29:37.43 ID:9W7f0gF70

アシタカ「じゃあ服ぬが…」
サン「どうしたアシタカ」
アシタカ「(服くっせえ…)」
サン「?」
アシタカ「ね、ねえ水浴びしないか?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:31:22.18 ID:9W7f0gF70

サン「冬だ。寒いぞ」
アシタカ「いやほら、ちょっとリフレッシュっていうかさ」
サン「早く抱いてくれ。火照っているんだ」
アシタカ「ううう…判った…脱がすよ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:32:44.64 ID:9W7f0gF70

サン「ん…」
アシタカ「綺麗な胸…(胸までくさい…)」
サン「どうした」
アシタカ「いや…ぺろぺろ」
サン「んあ…あ…」
アシタカ(に、苦い!)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:34:24.09 ID:9W7f0gF70

サン「アシタカ、気持ち良い…」
アシタカ「ああ…ぺろぺろ…ちゅー」
サン「ああっ」
アシタカ「く…!(腋の臭いが…!)」
サン「アシタカも…興奮してるのか…?」
アシタカ「あ、ああ…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:35:57.25 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(ちょっと尋常じゃないぞこの獣くささは…)」
サン「ああっ…アシタカ…もっとくれ…」
アシタカ「ちゅぱちゅぱぺろぺろ…」
サン「んん…」
アシタカ「(このままじゃ勃起しない!)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:38:02.13 ID:9W7f0gF70

アシタカ「サン、俺のも触ってくれないか」

サン「判った」

さわさわ

アシタカ「(くう!腋が開かれた事によってさらに臭いが!誤算だ!)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:39:35.17 ID:9W7f0gF70

サン「気持ちいいか、アシタカ?」

アシタカ「ああ…とてもいいよサン」

サン「強くしごくぞ…」

しゅっしゅ

アシタカ「(くおう!風に乗って!臭いが凄いぞ!これはやばい!)」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:41:25.31 ID:9W7f0gF70

サン「どうしたアシタカ…大きくならないな…」

アシタカ「そ、そんなことないよサン」

サン「咥えてやろうか?」

アシタカ「いいのか?」

サン「ああ…」

ちゅ…ちゅぱちゅぱ

アシタカ「(ああー!髪の毛くっせええええ)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:42:53.79 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(何だこの臭い!いままで嗅いだことない!ワンダフルスメル!)」

サン「んぐ…んぐ…ちゅぱちゅぱ」

アシタカ「(勃起させないと…嗅いじゃ駄目だ嗅いじゃ駄目だ・・・)」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:44:09.79 ID:9W7f0gF70

サン「…アシタカ全然大きくならない。調子悪いのか?」

アシタカ「あ、ああ…そうかもしれない(よし、回避のチャンス…)」

サン「そうか…じゃあ今日は」

モロ「何をしているのだ」

アシタカ「!?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:45:48.23 ID:9W7f0gF70

サン「子作りだ」

モロ「なるほど。人間の子作りを見るのは初めてだ」

サン「見ていくか」

モロ「そうしよう」

アシタカ「あ、でも御母さん、ちょっと調子が…」

モロ「黙れ小僧!お前にサンがイカせられるか!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:47:03.27 ID:9W7f0gF70

アシタカ「ぐぬぬ…!」

モロ「この子は人間だといったのはお前だぞ!さあ見せてみろお前の気持ちを!」

サン「アシタカ、大丈夫か?」

アシタカ「判りました…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:49:27.83 ID:9W7f0gF70

モロ「よっこいしょっと。さあ見せておくれ。人間の交尾とやらを」

アシタカ「はい」

サン「アシタカ、服を脱ごう」

アシタカ「そうだな」

服を脱ぐ二人。サンの裸体を見てアシタカは改めて驚く。

引き締まって無駄の一切ないサンの身体。それは例えようもなく美しかった。

ただ、臭いが酷かった。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:52:40.78 ID:9W7f0gF70

まるで臭いが茶色い臭気になって漂ってくるようだ。

アシタカは生唾を飲む。

だが背に腹は変えられない。彼女は美しい。それは間違いないのだ。


鼻呼吸をしないようにしてサンに近づき、そっと抱きしめるアシタカ。

サンの弾力がアシタカの身体を走る。

彼女の顔を見つめる。美しい。アシタカは改めて思った。だが臭かった

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:54:50.04 ID:9W7f0gF70

鼻呼吸をしてなくても口から臭いが入ってくるようだ。

例えようものならちょっと下品すぎる例えになってしまうくらいだ・

アシタカ「(この子、水浴びとかしたことないんだろうか…)」

サン「接吻、してくれ」

アシタカ「ああ…」

恐る恐る口付けをするアシタカに悲劇が襲った。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:56:47.49 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(うごう!うごごごごごごご!なんじゃこの口臭は!高周波!)」

サン「ん・・・」

モロ「ほほう…これが人間の接吻か…」

アシタカ「(臭いなんてもんじゃねえ…あらゆる臭気が纏わり付いて俺の口内へ!これは凄いぞ!)」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 16:58:59.42 ID:9W7f0gF70

モロ「舌を、いれるんじゃなかったか?人間は」

アシタカ「!?」

サン「そうだなアシタカ。舌を入れてくれ」

アシタカ「は、はい判りました」

サン「どうした、嬉しいのか?震えているぞ」

サンの無邪気な笑顔とそこから放たれる口臭。アシタカはそのギャップに戦慄した。

アシタカ「舌、いれるよ…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:01:00.71 ID:9W7f0gF70

サン「くちゅくちゅ…んあ…」

アシタカ「(ぐおおお!生魚!腐った生魚が俺の舌で暴れているぞ!)」

モロ「ほほう…なかなかエロチックではないか…」

サン「ああ…アシタカァ…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:03:50.07 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(キツイ!正直キツイ!めまいがする…!)」

モロが舌なめずりをする。少し興奮してきているようだ。

サン「アシタカ、私もう…」

アシタカはもう一度生唾を飲む。あそこ。あそこのことを考えたのだ。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:05:59.53 ID:9W7f0gF70

サン「触ってくれないか…」

アシタカ「あ、…」

少しめまいがしてふらりとする。
それをモロは見逃さない。

モロ「どうした小僧!その程度か!さっさと触ってやらんか!」

モロは明らかに興奮している。

アシタカは気合を入れる。人生でもっとも気合を入れたときだったと、後世語ることになる瞬間である。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:07:53.29 ID:9W7f0gF70

アシタカはそっとサンの股に手を伸ばす。

暖かい。そして少し湿っている。ねっちょりとした液体が手に当たるのがわかる。

サン「ああん…!アシタカ…!」

アシタカ「気持ち良いか?サン」

サン「いい…ここ、感じる…!」

アシタカ「(ぬるぬるだ…果たしてこれはぬれているだけなのだろうか…!)」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:09:22.45 ID:9W7f0gF70

そっと指を入れるアシタカ。サンは肩を震わせて喘ぐ。

サン「んんっ!」

モロ「ハァハァ」

アシタカ「ハァハァ…(クンニは、クンニはだけは避けなくてはならない!)」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:12:39.56 ID:9W7f0gF70

そのまま指を動かすアシタカ。

サンはわずかに腰を振り始めた。本能の動きだろう。

アシタカ「k、気持ちいいか、サン?」

サン「ああ、アシタカの指、とてもいい…!熱く…なる…!」

モロはヨダレをたらし始めた。

アシタカはなるべくサンの吐息を浴びないよう、そっと顔を背ける。

何せサンはもう無邪気に性の喜びを甘受してハァハァと喘いでいるのだ。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:14:41.15 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(そろそろ頃合だ…さりなげくサンに入れて)」

モロ「アシタカよ!クンニをせいクンニを!」

アシタカ「な!馬鹿!?」

モロ「馬鹿とはなんだ小僧!クンニもできんというのか!」

サン「私、して欲しいよぉアシタカぁ…」

アシタカ「あわわわ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:17:38.55 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(無理だ!無理だ無理だ!なんとか回避しなくては!)」

オッコトヌシ「おお、励んでおるのう…」

アシタカ「!?」

モロ「オットコヌシではないか。お主も見ていくがよかよう。クンニじゃぞクンニ」

オッコトヌシ「クンニとな。それは見たいアシタカ殿。この老いぼれに見せてくれんかのう」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:18:58.38 ID:9W7f0gF70

アシタカ「いや、その今日は喉の調子が…」

モロ「黙れ!」

オッコトヌシ「小僧!」

モロ「お前に!」

オッコトヌシ「サンが!」

モロ・オットコヌシ「救えるか!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:20:24.48 ID:9W7f0gF70

アシタカ「ぐぬぬ…」

モロ「クンニもせんでなにがセックスか。さあサンよ、股を開きなさい」

サン「はい…」

オッコトヌシ「良いオソソじゃ。ふむふむ」

アシタカ「gkbr」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:22:17.59 ID:9W7f0gF70

二匹に囲まれてはさすがのアシタカも反論できない。

観念して股を開きながら寝転ぶサンの脚へ回る…。

その中心。まだピンク色をしたキレイな女性器がそこにはあった。

だが、圧倒的なパワーがそこからは放たれていた。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:25:07.32 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(美しい…だがここまで離れていも漂う臭気…これはなんだ。何事だ…)」

オットコヌシ「それそれどうした。わしも興奮してきたぞ」

モロ「焦らすな小僧!」

アシタカ「はい…(しかしこのギャップ…現代芸術のようなシュールリアリズム…なんとアイロニーにあふれていることか…)」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:27:00.41 ID:9W7f0gF70

アシタカは決心する。

決心したアシタカは誰もが知るとおり、強い。

ガバっとサンの股ぐらに顔を埋めた!

おおー!と歓声を上げる二匹の巨獣。

アシタカはその声をかすかに聞きながら、意識が遠のいていた。

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:29:53.80 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(ひぎぎぎいいいいいいいいいいいい!!これは臭いなんてもんじゃなかとです!!)」

サン「はぁ…アシタカ、早く舐めてくれ…わたし…もう」

モロ「わっしょい!わっしょい!」

オッコトヌシ「そおれそおれ」

アシタカ「(息を止めろ!舌だけを動かすんだ!集中して舌だけをぉぉ!)」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:31:55.93 ID:9W7f0gF70

アシタカ「ぺろぺおrぺおrぺおrぺおrぺおrぺおrぺおrp!」

サン「あっあっあっ!ああっ!あああ」

モロ「これはええものだ…」

オッコトヌシ「ふうむすばらしい光景なり。人間の神秘といったところじゃな」

アシタカ「ぺろぺおrぺおrぺおrぺおrpろえpろえpろrぺおr!」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:34:06.47 ID:9W7f0gF70

アシタカの集中力はすばらしかった。

一度も呼吸することなく3分間舌だけを動かし続けたのだ。

彼は後にこう語る「あの時ほど早くおうちに帰りたいと思ったことは無かった」と

モロ「はぁはぁはぁはぁ」

オッコトヌシ「勃起してきてしもうた」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:36:05.07 ID:9W7f0gF70

サン「あああああ!アシタカァ!気持ち良いぉ!おまたいいのぉ!」

アシタカ「ぷはぁっ!!」

アシタカはぜいぜい息をして後ろに倒れこんだ。限界だったのだ。

モロ「いい余興だった…さあ本番だな小僧よ」

オッコトヌシ「勃起してしもうたんじゃけど」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:38:20.23 ID:9W7f0gF70

アシタカ「はぁはぁ…(よし、これでなんとか窮地は乗り切った…)」

サン「アシタカ、いれて…?」

モロ「なんじゃ?勃起してないではないか」

アシタカ「ちょっと…クンニに…集中しすぎて…」

モロ「困ったやつじゃのう」

オットコヌシ「わし勃起しとるんじゃけど」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:40:00.36 ID:9W7f0gF70

モロ「仕方ない、わしがしゃぶってやろう」

アシタカ「!!!!!!!!」

サン「おかあさん、そうしてあげて」

アシタカ「い、いや滅相もない!」

モロ「いいから遠慮するんじゃない小僧!お前に勃起が出来るのか!」

オッコトヌシ「わ、わしも…」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:41:49.67 ID:9W7f0gF70

モロがアシタカにゆっくりと歩み寄る。

逃げ出そうとするアシタカをオッコトヌシのチンコが阻む。

モロ「さあ、モノをだせ小僧」

アシタカ「あうう…」

アシタカは恐怖と嫌悪感で半泣きになっている。

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:44:35.77 ID:9W7f0gF70

アシタカ「勘弁してください…」

モロ「わしもちょっと盛ってきただけじゃ。遠慮するな。そおれぱくり」

アシタカのモノがモロの口に包まれる。

いや、包まれるどころではない。完全に下半身ごと飲み込まれ、舌で嘗め回されているのだ。

アシタカ「ひいしししいいいいいい」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:46:10.49 ID:9W7f0gF70

アシタカ「(臭い!サンの口臭なんか目じゃない!鼻がもげる・・・!だけど、だけど気持ちちいいいいいい!!)」

がくがくと震えるアシタカ。

まるでアシタカの下半身を食べているかのようにフェラチオをするモロ。

サンはまた無邪気な笑顔でそれをみている。

サン「アシタカ?気持ち良い?」

アシタカ「あいいいいいいいいいいいい」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:47:58.35 ID:9W7f0gF70

アシタカは不覚にもビンビンに勃起してしまう。

モロ「お、立ってきたのう。気持ち良いか?ほれほれ」

アシタカ「あひあひあひあひあ」

サン「アシタカ…気持ちよさそう…」

オッコトヌシ「いいのう。サンや、わしの息子をしゃぶ」

サン「無理」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:50:15.42 ID:9W7f0gF70

モロ「さて、頃合じゃろう」

ぺっとアシタカを吐き出すモロ。アシタカの下半身はモロの唾液でドロドロになっている。

アシタカの屹立したいちもつをそっと撫でるサン。

オッコトヌシ「ようやっとせっくすというわけじゃな」

モロ「そうなる」

アシタカ「はぁhぁhぁはああ…」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:52:19.75 ID:9W7f0gF70

サン「アシタカ。いれて、いっぱい突いて」

アシタカ「は、はひぃ」

モロ「ワクワク」

オッコトヌシ「シコシコ」

ふらふらとサンの元へ歩き、自分のいちもつをサンの股間へと導く。

ゆっくりと先っぽが、サンの女性器へ当たる…

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:54:14.49 ID:9W7f0gF70

アシタカはゆっくりとサンの股間を貫いた。

嬌声を上げてサンが身をよじる。

サン「アシタカ!アシタカ!」

アシタカ「サン!サン!(ああ、気持ちいい!もう臭いも慣れてきた!気持ち良い!)」

モロ「そーれどっせいどっせい!」

オッコトヌシ「ハァハァシコシコ」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:56:41.52 ID:9W7f0gF70

サン「気持ち良いよ!おまんこ気持ち良いよアシタカァ!」

アシタカ「わたしもだ!わたしも気持ち良いぞサン!」

モロ「ふうむ…」

オッコトヌシ「モロや、参加したいんじゃろ」

モロ「ほうさすがお主。良く判っておる」

アシタカ「!?!?」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 17:59:53.86 ID:9W7f0gF70

サン「アシタカっアシタカっ」

アシタカ「さ、さんか、って」

モロ「わしとキスしようアシタカ」

オッコトヌシ「わしはどうすればいいかのう」

モロ「アシタカのケツでも舐めておやり」

オッコトヌシ「それは名案!」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 18:02:41.53 ID:9W7f0gF70

モロ「さあ、アシタカの顔を嘗め回してやろう ぱくり」

オッコトヌシ「どれ、ケツをホジホジしてやるぞ」

アシタカ「ぬわーーーーーーーーーーーーー!!」

上半身をモロの口に覆われ、ケツの穴を巨大なイノシシに舐められて、
さらにサンとセックスをしているこの状況をどう説明すれば良いのだろうか。

もはやアシタカには考える力は残されていなかった。

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 18:05:11.11 ID:9W7f0gF70

モロ「くちゅくちゅべろんべろん…」

オッコトヌシ「ぺろんぺろんほじほじ…」

アシタカ「(臭いキモイ熱い気持ち良い!カオス!俺カオスフル!)」

アシタカはもう意味のわからないことを心中で考えながらただ腰を振った。

サンのあそこを何度も突いて突いて突きまくった。

サン「ああー!アシタカ、わたしもう!もう!」

アシタカ「サンー!サンー!」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 18:06:54.34 ID:9W7f0gF70

アシタカ「ぬおおおおおおおおおおおお!」

視界はモロの口内しか見えない。

しかしサンが限界に近づいていることは判った。

そして、自分も。

アシタカ「イくぞ!無限のかなたへさあゆくぞ!フィニッシュー!!!!」

サン「あああああああっ!」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 18:08:40.87 ID:9W7f0gF70

モロ「いやはや、楽しい時間だったわい」

オッコトヌシ「まったくもって」

モロ「では、あとのピロートークを楽しむがよい」

オッコトヌシ「またのう」

アシタカとサンは、色んな液体にまみれてぐったりとしていた。



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/01(金) 18:10:57.90 ID:9W7f0gF70

サン「アシタカ…良かったか…?」

アシタカは息も絶え絶えにそっとサンのほうへ顔を向けた。

もう口臭も気にならなかった。

ひょっとしてモロやオッコトヌシの狙いはこれだったんだろうか…

アシタカはさんにそっと頷いた。

最後に一つだけ、言いたいことがあった。


アシタカ「サン、水浴びしようか…」



お粗末



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:草加拓海「イ401…?」