長門「あなたとセックスするためにここに来た」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「人間を捕まえられるモンスターボール・・・か・・・・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 02:42:45.47 ID:33C6iJ/50

キョン「おい谷口、長門が来たぞ」

谷口「賭けは俺の負けだな、キョンが誘った女が何人来るかで賭けて俺は0に賭けたからな」

キョン「長門が来るとはな・・・。おい谷口あんまり動くなよ、長門に見つかる」

谷口「もうこんな狭いところにいたくないぜ、お前さっさと出て行って長門とセックスしに行けよ」

キョン「もう少し待て、後2人声をかけてるからな」

谷口「へいへい・・・ん、また誰か来たぞ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 02:50:00.23 ID:33C6iJ/50

キョン「あれは・・・ハルヒだな」

谷口「お前らそういう間柄になるまで親しくなってたのか」

キョン「ハルヒはちょっと驚きだな、ハルヒは来ないんだと思ってた」

谷口「3人のうち2人が来たんだからお前の圧勝だな、いつのまにお前こんなにモテモテになったんだよ・・・」

キョン「ん、長門とハルヒが何か話してるぞ」

谷口「いいのか?お前に呼び出された場所にいったら他の女がいたとなったらあんまり良い会話にはならんぞ」

キョン「それはまったく考えてなかったな」

谷口「おい!」

キョン「一人しか来ないと思ってたんだよ、ハルヒが長門の背中を押してるな、帰れって意味だろう」

谷口「だけど長門のやつすっごい踏ん張ってるぜ、あんなに重心が低く構えた長門なんて始めてみたぜ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 02:52:51.02 ID:33C6iJ/50

谷口「喧嘩になったりしないか?」

キョン「大丈夫だろ、お互い俺にセックスするために呼び出されたなんて相手に言わないだろ」

谷口「何だそれは、その自信の根拠は?」

キョン「いや願望だ、まさかこういう事になるとは思わなかったからな」

谷口「そうか・・・おい、涼宮の奴が急に怒鳴りだしたぞ」

キョン「まずいな、おそらく長門が俺に呼び出された事をハルヒに言ったんだな」

谷口「携帯いじってるぞ、お前にかけるつもりじゃないのか?」

キョン「まずい!電源を切らないと!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 02:59:14.00 ID:33C6iJ/50

キョン「ふぅ・・・間一髪だった」

谷口「涼宮の奴機嫌が悪そうだな、電話かけた相手はやっぱりお前だったんだな」

キョン「月曜日学校に行くのが怖いぜ・・・」

谷口「長門の奴、座って本を読み始めたぞ。涼宮はそれが気にいらないのかまた何か言ってるな」

キョン「このままいてもハルヒの怒りは増すだけか・・・ん、また誰か来たぞ」

谷口「あれは・・・国木田?お前が呼んだもう一人って国木田だったのか?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 03:03:32.84 ID:33C6iJ/50

キョン「ああ、国木田にもこえかけてたんだ」

谷口「お前男もいけるのかよ、そういえばさっき俺の尻を触らなかったか!?」

キョン「落ち着け、国木田に声をかけたのは一緒に賭けに参加してもらうために呼んだんだ」

谷口「本当か?」

キョン「なぜ疑うんだ、声をかけたときは忙しくて行けないって言ってたんだが用事が済んだのか送れてきたようだな」

谷口「ならまずくないか?国木田が涼宮に問い詰められてこの事を教えたりしないのか?そうなったら俺にもとばっちりくるぜ」

キョン「安心しろ、国木田には何のためにここに呼んだのか伝えてないからな」

谷口「涼宮と国木田が会話しだしたぞ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 06:46:53.40 ID:33C6iJ/50

キョン「なんかハルヒが大人しくなってきたな」

谷口「今ならいけるんじゃないか?」

キョン「いけるってなにがだ?」

谷口「いま俺達が姿を出してあいつらの所にいけば冗談ってことで済まないか?」

キョン「騙されたと思ってさらにハルヒの怒りが増すだけだろ」

谷口「いや、涼宮はお前とのセックスを期待してきた事を知られたくないんだ、だから俺や国木田には知られまいとするはず」

キョン「そうだな・・・いや、今は怒りを抑えられるが、その後俺に怒りが向かないか?」

谷口「その場合は自分でなんとかしろ、おーーーい!」

キョン「おい待て!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/28(火) 06:56:15.68 ID:33C6iJ/50

もうつかれた ノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「暇を持て余した」