キョン「ハーパンは良いものだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:柊つかさが精神科に入院した。

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/26(日) 21:16:19.23 ID:LSdgj+8z0

古泉「ハーパン、ですか?」

キョン「あぁ」

古泉「ブルマや短パンではなく、ハーフパンツですか?」

キョン「・・・分らないのか」

キョン「ちょっと待ってろ」

キョン「あぁ、ちょっと部室まで・・・問題ない、すぐ頼むぞ」

古泉「どなたを?」

キョン「いいから」


ガチャッ

朝倉「どうしたの?なにかあった?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:20:18.68 ID:LSdgj+8z0

キョン「ちょっとこれに着替えてくれるか」ガサッ

朝倉「なに、これ」

キョン「ハーフパンツとTシャツだ。ほら、出てるぞ古泉」

古泉「・・・では」

朝倉「ちょっと、理由くらい」

バタン



キョン「いいか?」

朝倉『一応着替えはしたけど』

ガチャッ

古泉「・・・・・・」

キョン「分ったか?」

古泉「・・・ええ・・・なるほど・・・」

朝倉「なんなの?ほんとに」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:26:41.01 ID:LSdgj+8z0

朝倉「ちょっと、いい加減説明くらいしてほしいんだけど。それに、このTシャツちょと小さいよ」ピチピチ

古泉「・・・・・・」

キョン「・・・・・・」

朝倉「ねえってば」

古泉「・・・バスケですね」

キョン「・・・バスケだな」

朝倉「・・・長門さん、どうしちゃったのこの人たち」

長門「・・・・・・」

キョン「・・・たとえば、KITAKOなんてロゴの入ったスポーツバッグを持ってたら、どうする」

古泉「・・・・・・んふっ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:31:52.33 ID:LSdgj+8z0

キョン「・・・朝倉、ちょっと伸びしてみてくれ」

朝倉「伸び?」

古泉「是非僕からもお願いします」

キョン「おっとその前に、これで髪を括ってくれ」つリボン

朝倉「なんなのこれは。いい加減怒るよ?」

キョン「なにも言わず頼む。お願いだ」

古泉「僕からもお願いします」

朝倉「・・・わかったわよ」

朝倉「ん〜〜」チラッ

キョン「・・・・・・だろ?」

古泉「・・・・・・えぇ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:38:09.62 ID:LSdgj+8z0

古泉「ブルマとはまた違った・・・いえ、まったく違った魅力がありますね」

キョン「だろう。ブルマはダメだ。直接的すぎる。あれは若い女性の健康美を損なう」

古泉「この、ぴったりとしたTシャツと、スポーティーなハーフパンツのバランスが・・・」

キョン「分るか」

古泉「えぇ」

朝倉「ハーフパンツの鑑賞会がしたかったの?」

キョン「そんなところだ」

古泉「ですね」

ガチャッ

ハルヒ「我がSOS団は永久に不滅です!って永久に不滅って日本語とし・・・なんで朝倉がいるのよ」

朝倉「お邪魔してます」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:45:17.73 ID:LSdgj+8z0

古泉「・・・白いタオルを首にかけていたら」

キョン「・・・エレガントだな」

ハルヒ「なにしに来たわけ?」

朝倉「そんな邪険にしなくても。キョンくんに呼ばれて来たら、このハーフパンツの鑑賞会がしたかったんだって」

ハルヒ「はぁ?なにがいいのよこんなもん」

キョン「制汗剤はどうする?」

古泉「Banなんていかがですか」

キョン「いいな・・・そうだ。なぁハルヒ」

ハルヒ「なに?」

キョン「お前もちょっと着替えてみてくれ」ガサッ

ハルヒ「そもそもなんでそんなもん持ってんのよあんたは」

キョン「こんなこともあろうかと!ってな。行くぞ古泉」

古泉「はい」

ハルヒ「ちょっと、着替えるなんて言ってない!」

バタン

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:48:56.26 ID:LSdgj+8z0

古泉「メーカーにこだわりはあるのでしょうか」

キョン「ナイキがいい。ナイキのハーパンはシャープでいい」

古泉「ほう」

キョン「っと、もういいか?」

ハルヒ『・・・いいけど』

ガチャッ

ハルヒ「なんなのよこれは」

朝倉「男の子ってこういうのが好きなの?」

キョン「・・・古泉」

古泉「はい」

キョン「行くぞ。二人ともついてきてくれ」

ハルヒ「はぁ?」

朝倉『どこ行くの?」

キョン「・・・」スタスタ

ハルヒ「ちょっと、待ちなさいよ馬鹿キョン!」スタスタ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:52:50.54 ID:LSdgj+8z0

体育館

キョン「ちょっと話してくる」

ハルヒ「・・・どういうことなの古泉くん」

古泉「彼を信じてあげて下さい」

朝倉「熱いわねここ」パタパタ



キョン「少しコートを貸して頂きたい」

バスケ部員「はぁ?なに言ってんだ」

キョン「部長はいますか」

部長「俺だが。練習の邪魔だから」

キョン「・・・」クイッ

部長「ん?」

朝倉・ハルヒ「・・・」

部長「・・・なるほど、わかった」


キョン「おーいハルヒ、朝倉。こっち来てくれ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 21:57:41.37 ID:LSdgj+8z0

ハルヒ「なに、バスケしたかったわけ?」

キョン「とりあえずレイアップから頼む」パス

ハルヒ「っと、先にあたしの質問に答えなさいよ」

キョン「ハルヒのレイアップを見せてくれ」

ハルヒ「なんで」

キョン「見たいから」

ハルヒ「・・・まあ、いいけど。お手本を見せてあげるからちゃんと見てんのよ」ダムダム シュッ

「「「おぉぉ!!」」」

キョン「・・・古泉」

古泉「・・・えぇ」

キョン「朝倉も頼む」

朝倉「いいけど・・・なんだか異様な視線を感じるのは気のせい?」

キョン「気にするな」

朝倉「・・・・・」ダムダムダム シュッ チラッ

キョン「おうふ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:05:52.65 ID:LSdgj+8z0

キョン「次は1on1いってみようか」

ハルヒ「誰と?」

キョン「朝倉とハルヒしかいないだろ」

ハルヒ「あんたはやんないわけ?」

キョン「あぁ」

朝倉「さっきから意味が分らないんだけど・・・どうしたの?」

キョン「どうもしてない。ほら早く」パス

ハルヒ「ん〜なんか気分が乗らないわね。別に朝倉とバスケしたって面白くないし」

キョン「そうか・・・じゃあ俺とやるか朝倉」

朝倉「うん、いいよ」

ハルヒ「あんたやらないんじゃなかったの?」

キョン「ハルヒがやらないんじゃな」

ハルヒ「・・・わかったわよ。まあ朝倉くらいちゃちゃっと捻ってあげるわ」

朝倉「あら、こっちのセリフよ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:14:56.13 ID:LSdgj+8z0

ハルヒ「ふっ、っ」キュッキュ

朝倉「・・・」ダムダム

キョン「・・・良いな」

古泉「・・・良いですね」

部長「・・・うむ」



ハルヒ「よっ」シュッ

朝倉「あっ」

ハルヒ「あたしの勝ち〜」

朝倉「線踏んでた」

ハルヒ「なに?」

朝倉「線踏んでたから今のは2点だよ。引き分けね」

ハルヒ「言いがかりつけようっての?あんた見てなかったじゃない」

朝倉「ちらっと見たもの。ちらっと」

ハルヒ「小学生見たいなこと言ってんじゃないわよ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:20:17.23 ID:LSdgj+8z0

キョン「お疲れ」つポカリ

ハルヒ「あたしの勝ちだっての!」

朝倉「引き分けね。引き分け」

キョン「・・・古泉」

古泉「・・・分ります」

キョン「・・・水色とピンクか・・・」

古泉「・・・素晴らしいと思います」

キョン「それとな、下を見てみろ」

古泉「・・・あ、汗でハーフパンツが・・・」

キョン「な?」

古泉「・・・えぇ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:25:07.16 ID:LSdgj+8z0

ハルヒ「あたしの勝ち!!」

朝倉「じゃ、それでいいわ。涼宮さんの勝ち勝ち」

ハルヒ「なによその言い方!馬鹿にしてんの!?

朝倉「3P3P。すごいね」

ハルヒ「むきぃぃぃ!!」

キョン「・・・」チョイチョイ

古泉「・・・はっ!」

キョン「・・・ラインがな」

古泉「・・・」ゴクリ

キョン「ブルマにはないだろう?」

古泉「えぇ・・・圧倒的ですね」

キョン「圧倒的だろう」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:32:22.03 ID:LSdgj+8z0

キョン「俺はさっき飲み物渡す時に堪能したから、このタオルはお前が渡してこい」

古泉「いいんですか?」

キョン「あぁ、同志だからな」

古泉「・・・では」


古泉「タオルをどうぞ」つタオル

ハルヒ「ありがと!もう一回勝負よ!!」フキフキ

朝倉「じゃあ今度こそしっかり決着をつけましょう」フキフキ

古泉「・・・・・・」

ハルヒ「ん?どうしたの古泉くん」

古泉「・・・っは!・・・あ、ありがとうございます」

朝倉「なに言ってるのあなた」

古泉「・・・失礼します!」


古泉「・・・はぁ・・・はぁ・・・」

キョン「若いな」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:46:05.60 ID:LSdgj+8z0

古泉「こ、このタオルは・・・どうしたら」

キョン「おまえはどうしたいんだ・・・」

古泉「・・・僕の手にはおえません」

キョン「・・・そうか」


ハルヒ「はぁ・・・はぁ・・・」

朝倉「あら?もう限界なの?」

ハルヒ「うるさい!まだまだこんなもんじゃ」

キョン「・・・」バサッ

ハルヒ「わふっ、な、なにすんのよ!」

キョン「もういいだろ」

朝倉「ふーん、助けるんだ」

キョン「お前も、ムキになるなよまったく」

ハルヒ「まだ決着はついてないの!」

キョン「あー、もう腹へって帰りたいんだ。終わりにしてくれ頼むから」

ハルヒ「・・・じゃあ仕方ないわね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:55:36.00 ID:LSdgj+8z0




キョン「ハーフパンツの良さは伝わったろ?」

古泉「ええ、これ以上なく」

ガチャッ

キョン「あれ、なんだ長門も着替えたのか」

長門「・・・」

キョン「ただ、長門は痩せすぎてるからハーパンは似合わないな。ははっ」


終わり



ハーパンで電車に乗ってるJKが大好きです。バスケ部とかテニス部とか堪らないよね!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「デュエル!」