キョン「古泉からものすごい匂いがする…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「不死身!不老不死!スタンドパワーッ!!」シンジ「えっ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:11:06.80 ID:LtjTYO9Y0

キョン「くせえ…」

古泉「えっ?何がですか?」

キョン「古泉、お前最後に風呂に入ったのいつだ?」

古泉「それは…、えっと一ヶ月くらい前かと」

キョン「…お前、匂ってるぞ」

古泉「!、ほ、ほんとですか!?」

キョン「ああ、鼻が曲がりそうだ…」

古泉「どおりで…、最近クラスメイトから避けられたり、エアガンで撃たれるんです…」

キョン「風呂に入ろうぜ…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:15:03.75 ID:LtjTYO9Y0

古泉「最近忙しくて…、あなたのせいでもあるんですよ?」

キョン「ハルヒ関係か?」

古泉「そうです。あなたがもっと彼女を気遣ってあげたら…」

キョン「それは…悪かったが、俺だって理不尽なわがままに振り回されるのは…」

古泉「あなたが尻にピンポン球を入れるのを拒否してから、毎日神人の相手をしているんです」

キョン「三個までは入れただろうが!」

古泉「そこまで入れたら何個でもいいじゃないですか」

キョン「あれ以上入れたら死んでしまうだろ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:21:24.02 ID:LtjTYO9Y0

古泉「死にませんよ、朝比奈さんは平気でした」

キョン「てめえ!朝比奈さんに何しやがる!」

古泉「妄想ですよ、安心してください」

キョン「嘘でも言うんじゃねえぞ」

古泉「すみません」

キョン「…とりあえずもう帰って風呂入れよ」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:24:53.19 ID:LtjTYO9Y0


古泉「そうはいきません、今日は涼宮さんが大事な話があるとおっしゃってましたから」

キョン「ああ、そういえば」

古泉「それに、知ってましたか?朝比奈さんだってこの間の暑かった日は少し匂ってましたよ」

キョン「ああ、少しつーんとしたな」

古泉「なぜ僕だけが責められなければいけないんですか?」

キョン「お前はレベルが違う」

古泉「臭いのは同じじゃないですか」

キョン「臭い朝比奈さんとかご褒美だろうが」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:31:43.83 ID:LtjTYO9Y0


古泉「そういえば、あの日あなたはずっと朝比奈さんの近くに居ましたね」

キョン「ああ、あのあと自分のワキを嗅ぎながら朝比奈さんで抜いた」

古泉「…最低ですね」

キョン「自覚してる。なんか少し気分が悪くなってきた…」

古泉「僕のせいでしょうか?」

キョン「俺はかなり我慢した方だと思う」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:36:33.47 ID:LtjTYO9Y0

ガチャ

みくる「おはようござ…く、くさ!!なんですかこの匂い!?」フラッ

キョン「朝比奈さん!大丈夫ですか!?」

古泉「今行きます!」

キョン「お前は来んな!」







みくる「そうですか、やっぱり古泉くんお風呂に入って無かったんですね…」

古泉「面目ないです…」

キョン「なら入れよ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:43:40.26 ID:LtjTYO9Y0

古泉「忙しかったんですって」

みくる「最近涼宮さん機嫌悪かったですからね…」

キョン「だが、一ヶ月は入らな過ぎだろ」

みくる「でも、古泉くんも大変だったと思いますよ?かわいそうです…」

古泉「朝比奈さん……ありがとうございます!」

みくる「イヤ!こっちへ来ないで!」

古泉「」

みくる「あ…ご、ゴメンなさい!ふえぇ…」

キョン「…まあ、当然だな」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:47:52.05 ID:LtjTYO9Y0

ガチャ

長門「遅れた」

キョン「おお長門か、遅かったじゃないか」

長門「掃除当番をしていた」

キョン「ところで長門、古泉の体臭には気づいてたのか?」

長門「気づいていた」

キョン「…平気なのか?」

長門「私は嗅覚を遮断することができる」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:53:05.70 ID:LtjTYO9Y0

キョン「実はそろそろ俺たちも限界なんだ。なんとかできないか?」

長門「可能、だがそれはしたくない」

キョン「なんでだよ!」

長門「今からそれを説明する、古泉一樹」

古泉「なんでしょう?」

長門「服を脱げ」

古泉「え!?イヤですよ!」

キョン「そんなことしたら、俺たちも失神しちまうだろ!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 02:57:15.03 ID:LtjTYO9Y0

長門「心配いらない。貴方たちの嗅覚もシャットアウトする」

キョン「…お、なんか楽になったぞ!」

みくる「やっと鼻栓が取れます…」

長門「これで問題無い、古泉一樹、服を脱げ」

古泉「わかりましたよ…」ヌギヌギ

長門「待って、下半身はいい」

古泉「なんと!」

長門「うるさい、早くしろ」

古泉「すみません…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:01:56.13 ID:LtjTYO9Y0

古泉「脱ぎました…」

長門「そのままうしろを向いて」

古泉「こうですか?」クルッ

キョみく「!」

長門「これが、私が臭いを消さなかった理由」

古泉「?、どうかしましたか?」

キョン「なんてこった…、古泉の背中に…」

みくる「ふえぇ〜、き、きのこが生えてます〜!」

古泉「なんですって!?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:06:58.05 ID:LtjTYO9Y0

キョン「お前…」

長門「これは新種のきのこ、私はコイズミダケと名付けた」

キョン「待て…なんでこれが臭いを消したくない理由なんだ?」

長門「宿主は汚物だが、このきのこは非常に美味」

長門「古泉一樹が寝たあと、私が毎日採取している」

古泉「なんか酷いことを言われてますね」

キョン「…でもちょっとグロいぞ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:10:48.30 ID:LtjTYO9Y0

長門「大丈夫、毒は無い。朝比奈みくる、七輪を」

みくる「わ、わかりました!」

長門「一本採ってみるといい」

キョン「あまり触りたくないんだが…」

長門「ここにゴム手袋がある」

キョン「わかった、やってみよう」ブチッ

古泉「アッ!」

キョン「気味の悪い声を出すな!」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:15:44.16 ID:LtjTYO9Y0

キョン「長門、取れたぞ」

長門「それに多少塩を振って焼いてみて」

キョン「わかった」

みくる「ちょっと汚いけど、いい匂いです〜」

古泉「泣きたくなってきました」

キョン「焼けたぞ」

長門「食べてみるといい」

キョン「嗅覚遮断してるから、味もよくわからんかもしれんぞ」

長門「そうだった、マタンゴは少しだけどっかに行っててほしい」

古泉「マタ……わかりましたよ…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:19:37.91 ID:LtjTYO9Y0

長門「変なのは居なくなった、どうぞ」

キョン「うむ」ムシャア

長門「どう?」

キョン「これは……!」

キョン「けしからん!けしからん味がするぞ!」

長門「私も最初は感動した」

キョン「けしからん!けしからんぞ!」

みくる「そんなにすごいんですか〜?」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:24:29.10 ID:LtjTYO9Y0

キョン「すごいです!食べかけですが、どうですか?」

みくる「あ、いただきます」モシャモシャ

キョン「けしからんでしょう?」

みくる「おいしい〜!おいしいですよぅ!」

長門「喜んでもらえて嬉しい」ウヒヒ

キョン「長門、ありがとうな」

みくる「教えてくれてありがとうございました」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:28:34.44 ID:LtjTYO9Y0

古泉「あのー、もう入っていいでしょうか?」

キョン「お、いいぞ」

古泉「では、失礼します。どんな味でしたか?」

キョン「すばらしかったぞ!やったな古泉!」

みくる「古泉くん、ありがとう」

古泉「!」

キョン「まさかお前からこんなうまいきのこが採れるなんてな」

古泉「なんか、涙が出てきました」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:31:42.43 ID:LtjTYO9Y0

キョン「泣くな、そんな水分があるならきのこにやってくれ」

古泉「フフ、そうですね」

みくる「古泉くんが元気になってよかったです」

長門「マタンゴ」

ガチャ

ハルヒ「…待たせたわね」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:39:49.00 ID:LtjTYO9Y0

キョン「ハルヒ……この間はすまなかったな…」

ハルヒ「な、なによいきなり?気持ち悪いわね」

キョン「今はかなり清々しい気持ちなんだ。お前に謝っておこうと思ってな」

ハルヒ「は?何を?」

キョン「ピンポン球、三つしか入れてやれなくてごめんな」

ハルヒ「ああ、あれ?別にいいわよ、気にしてないし」

キョン「そうなのか?なんか最近機嫌悪かったろ?」

ハルヒ「そのことも含めて、大事な話があるわ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:43:42.23 ID:LtjTYO9Y0

ハルヒ「古泉くん!」

古泉「なんでしょう?」

ハルヒ「あんた臭いのよ!お風呂に入りなさい!」

古泉「」

キョン「な、なんだと…」

ハルヒ「ふう、やっと言えたわ」

古泉「」

キョン「ハ、ハルヒ!待ってくれ!これを見てくれ!」ガバッ

ハルヒ「うげっ!きのこまで生えてる!キモッ!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:47:08.71 ID:LtjTYO9Y0

こうして、古泉は消滅した。

俺たちはもう二度とあのきのこが食えないことを悲しみ、泣き続けた。

だが、長門がコイズミダケの栽培に成功し、SOS団には再び笑顔が戻った。







キョン「長門、俺の股間にきのこが生えてるんだが、味見してくれないか?」

長門「わかった、ガブリ」

キョン「ギャアア!」


おわり


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:52:02.44 ID:LtjTYO9Y0

本当は
まどか「ほむらちゃんのワキからすごい臭いがする…」

ほむら「まどか、嗅ぎなさい」

みたいなのが書きたかった

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/23(木) 03:55:23.11 ID:LtjTYO9Y0

いろいろとすまん



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「どうして本、読んでくれないの?」レイ「命令にないから」