ユイ「今日からネルフはシンジのハーレムにします」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:夜神月「僕は新世界の神になる…!」カタカタッターンッッ

ツイート

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:56:24.97 ID:V98m87amO

ユイ「明日から男性職員はシンジ以外出社禁止にしようと思うの。もちろんアナタも例外ではないわ」

ゲンドウ「しかしユイ、私には責任者としての立場が……」

ユイ「いいから、言う通りにしてちょうだい!!」

ゲンドウ「……わ、わかった」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:07:24.54 ID:V98m87amO

〜次の日、ネルフ本部通路〜

アスカ「あ〜あ、面倒くさいわね」

シンジ「そうは言っても、いつ使徒が来るか分からないし、シンクロのテストも大事だよ」

アスカ「そんな事、あんたに言われなくとも分かってるわよ。……それより、なんかおかしくない?」

シンジ「何が?」

アスカ「……もう、いいわよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:28:01.28 ID:V98m87amO

〜ネルフ管制室〜

シンジ「おはようございます」

ミサト「おはよう、二人共ついたわね」

アスカ「あれ、今日は青葉さん達は居ないんですか?」

ミサト「チョッチね、用事があるみたい。それより二人共準備はいーい?」

〜シンクロテスト場〜

ミサト「リツコ、二人共ついたから始めましょう」

シンジ(あれ?今日は女の人ばかりだ。……なんか、居ずらい空気だな)

アスカ「……ミサト、朝から思ってたんだけど、なんか今日は女性の職員ばかりじゃない」

ミサト「あれ〜、もう気付いちゃった実はね……」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:40:10.20 ID:V98m87amO

ミサト「今日はユイさんの御達しで、シンちゃんのハーレムをつくる事になってるのよ」

シンジ「えっ、え〜!?なんで僕にハーレムなんかをつくるんですか」

ミサト「それはね、女性職員の間でシンちゃんが可愛いって熱狂的な人気があるから、ユイさんが考えたのよ」

アスカ「それと何の関係があるって言うのよ!」

リツコ「つまり、ユイさんはシンジ君を給料代わりにしようと考えたの」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:12:46.28 ID:V98m87amO

ウィー、ガシャン

シンジ「あっ!か、母さん!」

ユイ「……ごめんね、シンジ。ネルフの運用も厳しいのよ。組織を存続させるには、こうするしかなった」

シンジ「そ、そんな」

ユイ「それじゃあ、外に待機してる皆も入ってきていいわ。給料代わりにシンジを目茶苦茶にしても構わないのよ」

シンジ「うっ、や、止めて下さい。む、胸が苦し……」

シンジ「助けて、だ、誰か。ミサトさん、アスカ、リツコさん、母さん、皆ーーー!!!」

〜ベットの上〜

シンジ「はっ!? ……夢……か」

シンジ「こんな夢を見るなんて、たまってたのかな」

シンジ「さて、もう朝だし、学校の支度でもするか!」

〜終〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】提督「うん?今日が何の日か?」