ハルヒ「福島に行くわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ひょんなことからキョンと2人きりになった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 11:20:14.95 ID:wLCDzonS0

キョン「なん……だと?」

ハルヒ「だって、今なら凄いミュータントとか居そうじゃない!」

ハルヒ「居なかったら、原発の近くに亀でも放してくるわ!」

キョン「妙なものを作ろうとするな。……ん?」

古泉 ガタガタ

みくる ブルブル

キョン「どうした?古泉」ボソボソ

古泉「お願いします。何としても涼宮さんを止めてください。これは流石に拙い事態です」ボソボソ

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 11:26:44.27 ID:wLCDzonS0

キョン「何がだ?」ボソボソ

古泉「政府が発表している放射能関連の情報。……あれは全て嘘です」ボソボソ

古泉「機関の方に回ってきている情報によると、現在の福島の放射能濃度はチェルノブイリを軽く超えている状況です」

キョン「マジか?」ボソボソ

古泉「マジです」ボソボソ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 11:33:39.78 ID:wLCDzonS0

キョン「そう言えば福島に行った政治家はやたらと重装備だったな」ボソボソ

古泉「そして、滞在時間も短かったでしょう?彼らの行動が全てを証明しています」ボソボソ

キョン「政府発表を全部信じるつもりはないが、そこまで酷いのか」ボソボソ

古泉「さすがに全てを公表してしまうと、福島の人達がクーデターを起こしかねませんからね」ボソボソ

古泉「今後、百年以上は人が住めないと言われてます」ボソボソ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 11:39:19.27 ID:wLCDzonS0

キョン「さすがにそれは大袈裟だろう。――ねぇ、朝比奈さん?」

みくる ガクガク

キョン「朝比奈さん?」

みくる「だ、駄目……。駄目ですよぅ。禁則事項に行ったら、皆、禁則事項になって禁則事項しちゃう」ボソボソ

キョン「あのー、朝比奈さん?」ボソボソ

みくる「ひゃい」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 11:44:16.14 ID:wLCDzonS0

キョン「つかぬ事をお聞きしますが、朝比奈さんの居た未来では福島はどうなってました?」ボソボソ

みくる「あ……、有りません」

キョン「はい?」

みくる「無いんです。福島なんて地名の場所はなくなって、代わりに禁則事項が……」

キョン(……取り敢えず、ヤバそうなのは分かった)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 11:55:56.81 ID:wLCDzonS0

キョン「なあハルヒ、現地は今、大変な状況なんだ。そんな所に遊び気分で行くのはどうかと思うぞ?」

ハルヒ「何?もしかしてビビッたのキョン?」

キョン「あぁ、そうだな。正直ビビッてる」

ハルヒ「放射能が怖くても大丈夫よ!ちゃんと放射能防護服を人数分、通販で買っておいたわ!」ドヤ

長門「……あの服では現地の放射能を防ぐ事が出来ない。ただの気休め」ボソ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 12:20:15.33 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「これさえあれば、もう放射能なんて怖くないわね!」

長門「あ……」

キョン「どうした?」

長門「涼宮ハルヒの持つ防護服に、対放射線フィールドが形成された」

長門「あれなら、中性子線ですら弾く事が可能」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 12:28:46.80 ID:wLCDzonS0

キョン(よく分からんが、思い込み凄ぇ……)

キョン「取り敢えず、ハルヒに大丈夫と思い込ませておけば、俺たちの身の安全は保証されると思って良いのか?」ボソボソ

長門「放射能に関してはそう。ただし、彼女の言うミュータントに関しては不明」ボソボソ

キョン「もしかして……、居るのか?その……ミュータントが」ボソボソ

長門「それは、涼宮ハルヒ次第――」ボソボソ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 12:37:36.88 ID:wLCDzonS0

キョン「なんて厄介な……」

キョン「だが、待てよ?ハルヒの力を使えば、放射能汚染を除去する事も可能なんじゃないか?」

古泉「それは……」

長門「不可能ではない。ただし失敗した場合、福島は未来永劫放射能に汚染されミュータントが闊歩する異世界になる」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 12:50:53.85 ID:wLCDzonS0

キョン「ただの高校生には荷の重い判断だな……」

みくる「あの……キョン君」

キョン「はい、何ですか?朝比奈さん」

みくる「是非ともお願いします」

みくる「過去の改変は重大な規約違反ですけども、これ以上禁則事項の被害が広がるよりは涼宮さんの力に賭けてみるという方針で上層部の意見が決まったみたいです」

古泉「(携帯電話を閉じ)機関の方も同じ意見です。機関の方で全面的なサポートはするので、福島を救ってくれ、と」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 13:07:43.76 ID:wLCDzonS0

キョン「……俺に期待されてもな。長門はどうなんだ?」

キョン「もし仮に福島が救えるとしても、長門の手助けは絶対に必要になってくるだろうし」

長門「……情報統合思念体は、静観を決めている」

長門「ただし、観察対象である涼宮ハルヒに危害が及びそうな場合は、危険物を速やかに排除するように、と」

キョン「そうか。ならスマンが、福島を救う為に力を貸してくれ」

長門 コクン

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 13:18:02.28 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「何、みんなしてコソコソ話してるのよ?」

キョン「あぁ、亀ニンジャの名前何だったかな?って言ってたんだ」

ハルヒ「そんな事なら団長に尋ねなさい。レオナルドとラファエロとミケランジェロとドナテロの四匹よ!」

キョン「そうだそうだ、たしかそんな名前だったな。流石は団長様だな」

古泉「ピカソとかゴッホあたりは惜しかったですね」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 13:32:35.92 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「そんな事はどうでも良いわ。出発は今度の連休、泊まりがけで行くわよ!」

ハルヒ「おやつは三百円まで、バナナはおやつに入らないからそのつもりでいなさい!」


数日後――

ハルヒ「ここが福島……。思ったより普通ね」

キョン「お前はどんなのを想像してたんだ?」

ハルヒ「当然、世紀末っぽいのに決まってるじゃない!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 13:40:17.51 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「もっとこう、トゲ付きの肩パット付けたモヒカンがバギー乗り回してるのを想像してたのに残念だわ」

キョン「そんな奴らが居てたまるか」



モヒカン「ヒャッハー!!」

森「荒川!弾持ってきなさい!皆殺しよ、一人も通さないで!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 13:54:18.42 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「じゃあ、原発に向かって行きましょうか」

キョン「大丈夫なんだろうな?」ボソボソ

古泉「えぇ、30q圏外なら大丈夫です」ボソボソ

古泉「それ以上近づくとなると、正直ヤバいですが」

キョン「ヤバイのか?」

古泉「かなり……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 14:01:52.71 ID:wLCDzonS0

古泉「涼宮さんが願ったからでしょうか?化け物の存在が何体も確認されています」

キョン「おいおい……」

古泉「報道規制を掛けてますが、自衛隊が出て化け物狩りを行っている状況です」

古泉「涼宮さんの目に付く前に、死体の処理まで終えていてもらわないと……」

キョン「どこまで迷惑な奴なんだ……」

古泉「これで日本が救われるのなら、安いものです」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 14:12:22.11 ID:wLCDzonS0

キョン「俺には絶対に無理な職業だな、自衛隊」

古泉「まぁ、自衛隊員の方も化け物退治をやらされるとは夢にも思わなかったでしょうが」

キョン「化け物相手はゴジラだけで充分だろうな」

そしてバスに乗って30q圏外到着

キョン「それで?どうするんだ?ここから先は通行止めだぞ?検問もあるし」

ハルヒ「ふふん、私に考えがあるわ!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:08:04.87 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「道が止められてるなら、道と違う所から入れば良いじゃない!」

キョン「……ようするに、山道やら川から進入するって事だな?」

ハルヒ「その通りよ!シンプルすぎて、むしろ盲点になってるはず!」

キョン(……妙な生き物に遭遇する確立が上がったような気がするんだが)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:12:48.00 ID:wLCDzonS0

山道を進むこと30分

ハルヒ「あ……」

キョン「どうした?」

ハルヒ「大きいバッタだわ!」

キョン「うおッ!?たしかに1mくらいありそうな巨大なバッタだが落ち着けハルヒ」

キョン「こいつは福島に生息すると言われるダイオウトノサマバッタだ」

ハルヒ「ダイオウトノサマバッタ?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:16:34.36 ID:wLCDzonS0

長門「そう……。福島県にしか生息しないレアな種類のバッタ」

長門「放射能による突然変異とは無関係」

ハルヒ「有希がそう言うんなら、そうなんでしょうね」

ハルヒ「残念だわ。折角ミュータントを見つけたと思ったのに」

キョン「そんなミュータントなんて、そうそう居るわけがないだろうよ」

キョン(ナイスフォローだ、長門)

長門 コクン

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:31:25.74 ID:wLCDzonS0

しばらく進むと、今度は牛と遭遇した。

ハルヒ「見なさい!今度はミノタウロスよ!」

キョン「はしゃぎたいのも分かるが、落ち着けハルヒ」

キョン「あれは野生化した牛が二足歩行してるだけだ」

古泉「そうですね。一時期二足歩行する動物が流行りましたから、それと似たものかと」

ハルヒ「……そうかしら?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:35:18.00 ID:wLCDzonS0

キョン(……拙いな、ハルヒが不審がってる)

みくる「わぁ!涼宮さん、猫です、猫ちゃんです!」

ハルヒ「みくるちゃん。今は普通の猫なんて、どうでも良いのよ」

みくる「は、はい。ごめんなさい……」

ハルヒ「分かれば良いわ。先を急ぎましょう」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:38:18.99 ID:wLCDzonS0

長門「…………」

キョン「どうした?長門」

長門「さっきの猫」

キョン「あぁ……、うぉ!?」

キョン「さっきは前足から上しか見えてなかったが、胴体が1mくらいあるじゃないか」

キョン「これもハルヒの力か?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:40:46.25 ID:wLCDzonS0

長門「違う。放射能の影響……」

キョン「そうか……」

長門 ジ……

キョン「治せるか?」

長門 コクン

キョン「おぉ、治った。流石だな長門」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:48:37.35 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「それにしても、これが本物のゴーストタウンなのね」

ハルヒ「人っ子一人居ないから、不気味な事この上ないわ」

キョン「まぁ、確かにな。だが、本当に放射能漏れなんか起こってるのか?」

ハルヒ「はぁ?何言ってんのよアンタ」

キョン「放射能なんて、目に見えないものだからな。政府や東電の使ってるガイガーカウンターが故障してたって可能性もあるかもしれん」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 17:54:01.21 ID:wLCDzonS0

キョン「いや、故障だったらまだ良い方だな。ひょっとしたら、故意に嘘の情報を流してる可能性も捨てきれん」

ハルヒ「誰が、何のためにそんな事する必要があるのよ?」

キョン「誰が?なんて、決まってるだろ。――民主党だ」

キョン「忘れたのか?ハルヒ。尖閣諸島の漁船衝突事件を!」

キョン「アイツ等は平気で国益を損ねる事をやってのけるぞ!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 18:00:04.18 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「確かにそんな事件もあったわね……」

キョン「あぁ、震災ですっかり忘れられてるがな、あの時に退陣に追い込まれた仙石もドサクサ紛れに要職に復帰してる」

キョン「アイツ等のシナリオはこうだ。まず日本を立ち直れないほどにボロボロの状態に追い込む」

キョン「次にボロボロの日本を中国に安く買い叩かせる。そして自分達はその見返りに中国の要職に就こうって腹だ!」

ハルヒ「な、なんて事……」

キョン「そして、こいつが動かぬ証拠だハルヒ!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 18:08:56.52 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「ガイガーカウンター?」

キョン「あぁ、0.02マイクロシーベルト。この数値が事実だとしたら、福島は放射能に汚染なんてされていない!」

ハルヒ「そ、そんな……」

キョン「ハルヒ、俺は政府の発表より、この数字を信じるぞ」

キョン(頼むぞ、長門!)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 18:14:00.00 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「ば、バカ、マスクを外したりなんかしたら……!?」

キョン「スーハー……。車や人が居ないからかな?空気が目茶苦茶美味く感じるぞ」

ハルヒ「……キョン、大丈夫なの?」

キョン「あぁ、直ちに影響が無いどころか、むしろ健康に良いくらいだ」

ハルヒ「ほ、本当でしょうね?」

キョン「当たり前だ。見ろ、あの小川を。学校の近くの川より綺麗じゃないか」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 18:19:24.88 ID:wLCDzonS0

キョン チラリ

長門 コクリ

キョン ゴクゴク

キョン「ぷはぁ、美味ぇ。ペットボトルの天然水なんて比べものにならないくらい美味いぞ!」

ハルヒ「ちょ、ちょっとキョン……、大丈夫なの……?」

古泉「いえ、彼の言う通り、本当に美味しいですよ。ただの水の筈なのに」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 19:23:42.49 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「古泉君まで」

みくる「わぁ、お水が冷たくて気持ち良いです」

長門 ゴクゴク

ハルヒ「みくるちゃんに有希も……」

ハルヒ ブルブル……

ハルヒ「SOS団団長様を差し置いて、みんなで河原遊びなんて許さないわ!」

ハルヒ「とりゃ――!!」バシャ

みくる「きゃッ、冷たいです!?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 19:30:18.28 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「こんな暑苦しい防護服なんて着ていられないわ!」ポイ

長門「現時点をもって、福島周辺の放射能が全て消えた」ボソボソ

長門「大気、土壌、生物の体内被曝の放射能無効化を確認」ボソボソ

キョン「良し!」

みくる「キョン君、キョン君……。日本は、未来の日本は救われました……」ウルウル

みくる「これもアナタのお陰です……」

キョン「い、いや……。俺はそんな大それた事は……。というか、長門の力の方が大きいですよ」

キョン(……未来の日本に何があったんだ?)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 19:38:38.33 ID:wLCDzonS0

ハルヒ「あはははは、あー……遊んだ遊んだ」

ハルヒ「それにしても、許せないのは民主党よね……」

キョン「あぁ、アイツ等何一つマニフィストを守ってないからな」

ハルヒ「子供手当とか高速無料化とかよね?民主党に投票した人達って、何考えて投票したのかしら?」

ハルヒ「私に選挙権があったら、絶対に民主党にだけは投票しないわ!」

キョン「まったくだ。今の総理大臣は任期満了まで続ける気満々らしいが、早急な退陣が必要だな」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 19:51:07.72 ID:wLCDzonS0

後日、SOS団部室

キョン「なんてやりとりをこの前の連休にやった事を覚えてるか?」

古泉「えぇ、つい先日の事ですからね。ハッキリと覚えてます」

キョン「そうか。……ところで話は変わるが、今日野党が共同で内閣不信任案を提出したらしいんだが……」

キョン「もしかして、俺がハルヒをそそのかしたせいだったりするのか?」

古泉「そうですね。まったく無いとは言い難いでしょうが、民主党が崩壊するのは時間の問題でした」

古泉「アナタが気に病む必要はありませんよ」

キョン「いや、微塵も気に病んでないけどな……」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 20:17:02.93 ID:wLCDzonS0

バタン!

ハルヒ「みんな、集まってるわね!早速だけど、今日の議題はこれよ!」

キョン「SOS団、新党結成計画……?」

ハルヒ「そうよ!今の政治家達に日本を任せておけないわ!これからの日本は私たちが作っていくの!」

キョン「待てハルヒ。そもそも未成年の俺たちには選挙権すら無いんだが……」

ハルヒ「そうね、まずはそこから何とかするように考えていきましょう!」

キョン「……ヤレヤレだ」

キョン(だがまぁ、こいつが総理大臣にでもなったあかつきには、少なくとも竹島や尖閣諸島、それに拉致被害者問題なんかに関しては黙っていないだろうな)

キョン(まぁ、戦争が起こるかもしれんが……)

古泉「そうならないよう、アナタがストッパーになってあげてください」ボソボソ

キョン「おいおい、俺にも政治家になれって言うのか?勘弁してくれ」


15年後、史上最年少の女性総理大臣が日本で誕生するとは、この時には思いもしなかった。

END

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 20:09:51.29 ID:Q/2CazJn0

過去を変えても未来は変わらないって設定だったきが…

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/01(水) 20:19:26.85 ID:wLCDzonS0

以上です。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
保守してくれた方々もありがとうございます。

>>119
そんな設定あったっけ?
未来を変えない為に、色々小細工してたと思うんだが。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「こなちゃんが男の子だったらどうなってたのかな?」