コナン「あれ、灰原解毒剤飲んだのか…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「涼宮がいなくて」佐々木「代わりに僕がクラスメートなら?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 21:59:53.94 ID:j+k65re80

志保「…ええ。」

コナン「め、めずらしーじゃねえか…」

志保「貴方を見下ろすのってはじめてかもね」

コナン(やっぱ灰原って美人だな〜…)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:01:32.39 ID:j+k65re80

志保「何?人の事ジロジロ見ちゃって」

コナン「あ、美人だな〜っっ…―っ!!(やべ)」

志保「(ドキっ…)まあ、あの彼女には負けるけどね?」

コナン「(今の嫉妬だったりしてな)」

コナン「そ、そーでもねーぞ…!」

志保「貴方も工藤新一に戻ってみる?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:03:29.39 ID:j+k65re80

コナン「えっ!俺もいいのか!?」

志保「ええ。博士いいわよね?」

コナン「ああ。ワシは構わんが…」

志保「じゃあ、はい。すぐ効き目が表れるから」

コナン「サンキュー!灰原!」

パタン。


志保(まったくあの人ってば…クス)


5分後。

新一「ふぅー」

志保「その姿お久しぶりね」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:06:34.78 ID:j+k65re80

新一「そーか?」

志保「貴方これからどうするの?」

新一「今蘭忙しいと思うからちょっと会いに行って…そのあと灰原一緒に昼飯食うか?」

志保「(―えっ…!)な、なんで…」

新一「なんでって、まだ食べてねーんだろ?」

志保「でもこの姿じゃ危険よ!(嬉しいけど…)」

新一「だいじょーぶだって!たまにはいいだろ?」


そして彼の笑顔にやられて私は…
志保「わかったわ」

そう答えた

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:12:20.35 ID:j+k65re80

新一「じゃ博士行ってくる!」
博士「気をつけるんじゃぞ!」
志保「じゃあ…」

パタン
博士「仲良くやるといいのう…」

-ー

新一「じゃあ蘭のとこ行ってくるから外で待ってろ」

志保「ええ。」

志保(先に彼女に会いにいくのは嫉妬しちゃうけど仕方ないわ…)

すると向こうから見覚えのある女の人がいた。

園子「…あれ―?(誰だろあの美人さん…)」

園子だった。

園子「蘭のお友達?」

志保「…いえ、違います」

園子「そうですか…」

志保(ばれたかしら?…)
園子(だれだろ…?)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:14:48.83 ID:j+k65re80

すると上から工藤君が降りてきた

新一「わりぃな!遅くなって…―って」

園子「あー!!!新一君!蘭のとこいってたの?」

新一(ゲッ…、面倒なやつにあっちまったぜ)
新一「あーまあな。園子も蘭に?」

園子「そうよ。京極さんとのことを言いに!」

新一「そうか、じゃあ頑張れよ!じゃ!」

そういいながら工藤君は私の腕を引っ張っていった。
志保「あっ…」

園子(あのコが待ってたのは新一君だったんだ…。あれ?じゃああのコって…?)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:17:07.58 ID:j+k65re80

志保「ちょ、ちょっと―っ…」

新一「あ?」

志保「私と一緒にいたらなんかおかしいじゃない!」

新一「そうか?」

志保「勘違いされちゃうってことよ!」

新一「あー…そうだな」

志保「…」

新一「俺は別にいーけどな」

志保(―っ!な…っ)

私は彼にすぐバレるくらい顔が赤くなった。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:19:52.31 ID:j+k65re80

そして彼は私の頭をくしゃっと撫でた

新一「おめーってなんかすぐわかるよな」

志保「…は?」

新一「そっちのおめーの方がいいぜ」

志保「(キザのくせに…)」

新一「じゃどこ行くか?」

志保「パスタ…」

新一「へいよ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:21:57.32 ID:j+k65re80

彼は意識してるのかよくわからないけど
自然に私の手を握って引っ張っていった

志保(なんでこんな探偵さんに…ありえないわ)

新一「ここでいいよな?」

志保「ええ。」

ガチャ

店員「いらっしゃいませー」

新一「2人で」

店員「ではこちらにどうぞ―…」

案内された席に座ると彼は突然私の向こうを見て
驚いた顔をした。

志保「どうしたの?工藤く―…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:24:39.70 ID:j+k65re80

平次「お!工藤やんかー!!」

和葉「えっ、工藤くん!?」

新一(やべえ!また面倒なやつと…)

平次「おい、お前なんでそんな体になっとるんか?」ボソッ

新一「いや予想外に解毒剤貰ってな…」

和葉「あー工藤君お久しぶり!元気やった?」

新一「ああ、まあな…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:28:19.71 ID:j+k65re80

この人達見たことあると思ったら関西の色黒男ね…

平次「あれ?この人もしかしてあのちっこい姉さ…もがっ!!」

工藤君は色黒の口を塞いだ

和葉「なんなん?ってかこの美人さん誰やん!!もしかして…かのry」

新一「ちげーっつの!」

平次「そうやろなあ〜。あのお姉さんいるもんなあ」
和葉「新一君は蘭ちゃんだけやもんな!」

新一(おい勝手に蘭を彼女にすんな…)

平次「このちっこいお姉さんもどうなってんのや」ボソッ
新一「それはまた後日…」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:30:04.67 ID:j+k65re80

新一「それよりなんで東京に?」

平次「ああ。明日おっちゃんに会いに行こうといてたんや」

和葉「遊びに誘おうおもってな!」

新一「へ、へえ…。」

平次「もう今日会ったのは仕方ないし今日遊ぶか?」

新一「いや、俺今こいつといるし…」

そういって工藤君は私をさした。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:33:01.83 ID:j+k65re80

和葉「あ、はじめまして!平次の幼馴染です。和葉ってよんでな!」

志保「ええ…。」

和葉「そちらは何て名前言うんですか?」

志保「…志保。でいいわ」

和葉「わかった!宜しくね!」

新一「もういいだろ?俺達まだ昼食べてねーんだから」

平次「俺らもう終わったし、ほなまたな!後日教えろよ!」

新一(へいへい…)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:36:46.33 ID:j+k65re80

新一「ごめんなー。あいつら東京にいたのかよ…」

志保「別にいいわ」

新一「おめー何食う?」

志保「…たらこ」

新一「おめー意外だな」

志保「…そう?」


そして10分ほどで頼んだものがきて30分ほどで食べ終わった

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:39:17.68 ID:j+k65re80

新一「あー今日は俺が払うからいーよ」

志保「そう?…ありがとう」

新一「―っ!!」

志保「なにか?」

新一「おめーでも礼は言うんだな」

志保「貴方結構失礼ね」

新一「バーロー、冗談だって」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:41:30.50 ID:j+k65re80

一方

園子「−らーん!!」

蘭「園子!どうしたの?」

園子「京極さんのことで!…ってか下にいた美人の人蘭の知り合い?」

蘭「え?誰?」

園子「新一君と走ってどっか行っちゃって―っ…!(やば)」

蘭「…え?」

園子「あ、いや、えっと…なんか忙しそうだったよ…」

蘭(…誰…なの…?)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:45:40.77 ID:j+k65re80

新一「あれ…?雨か…?」

志保「そうみたいだわ…」

新一「―っ!!やべえ本降りになってきたぞ!!走るぞ」

志保「…ええ」

――
近くのコンビニの屋根の下に雨宿りした

新一「やっべえな…っておめー薄着じゃねえかよ」

志保「仕方ないじゃない…子供の頃の服しかなかったんだから」

新一「ったくよー…ほら」

志保「…え?くしゅっ!!」

新一「ほらくしゃみ出たじゃねーか。ジャンパー貸してやるよ」

志保「あ、ありがとう…」

貸してもらった上着から少し工藤君の匂いがした。

志保(―って、私変態みたいじゃない)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:49:32.61 ID:j+k65re80

志保「…」

新一「何だよ、その顔」

志保「・・・別に、ちょっと温かいだけよ」

そういって私は指先を裾でかくした

新一(何こいつ、かわいーな…)

志保「…くしゅん!」

新一「おい、おめー風邪引いたのか?気をつけろよ…」

志保「ち、違うわよ…」

新一「ちょっとおでこかしてみろよ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:53:01.09 ID:j+k65re80

志保「そんな事しなくても…子供じゃないんだから」

ぐいっ

その瞬間私はすぐに引っ張られて額に手をおかれた。

志保「―っ、あ…」

新一「まあ少し熱いけど大丈夫っぽいな。おめー雨弱いのか?」

志保「そういうことじゃないわ…」

私は額に手を当てられたことでまた熱くなった。

志保(恥ずかしいわ…)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:54:09.90 ID:j+k65re80

>>5は気にしないで下さいね

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:56:46.99 ID:j+k65re80

志保「も、もーいいわよ!離して…」

私は工藤君の手首をとって離そうとした。
するとさっきよりも顔が近くに感じた。

志保(え、これってもしかして―…)

志保「―っ!!」

ちゅ


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 22:58:19.33 ID:j+k65re80

すぐ離れた

志保「え、何…して…」

新一「おめーがあわててんのめずらしーな」

志保「なんでいきなり…っ」

新一「あの俺この際言うけど」

志保「…?」

新一「灰原、おめーが好きなんだよ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:00:31.13 ID:j+k65re80

志保「―っ…。冗談言わないで」

新一「はあ?」

志保「何回貴方のそのような態度に私、振り回されてると思ってんのよ」

新一「…」

志保「貴方にはあの彼女がいるじゃない。」

新一「…おいっ…」

志保「映画のときは私の事相棒って言ってたくせに…!!」

新一「だからっ…」

志保「もう私の中に入ってこないで…っ!!!」

ダッ

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:03:25.93 ID:j+k65re80

そして私は借りたジャンパーを彼に投げつけて
雨の中私は走り出した

新一「おい!まだ雨・・!!」

志保(雨なんて関係ないわ…!もう私をこれ以上彼中心に動かさないで欲しい…)

彼はサッカーをやっていたのか私よりも
走りが早くてすぐ追いつかれた

志保「―っ!!離して!」

バサッ

また私は彼のジャンパーに包まれた。
そして後ろから抱きしめられた。

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:05:35.84 ID:j+k65re80

志保「ちょっと貴方!」

新一「…」

志保「…」

新一「俺は今でも蘭の事が好きだよ」

志保「―!!だったら何で…!」

新一「でもそれは幼馴染として大事な女だと思う」

志保「…」

新一「だけどそれ以上におめーが好きなんだよ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:08:18.05 ID:j+k65re80

志保(もしこれが本当だったら…私はどうするの?)

志保「わ、からないわ…」

新一「じゃあ、わからなくてもいいから俺の事少しでも受け入れてくれるならおめーからキスして」

志保「―っ!そんなっ」

新一「無理だったら今までどおりコナンと灰原で」

志保「(どうすれば―…?)」

新一「灰原…」

志保(でも、少しだけ言えるのは―…あの彼女に会いにいってほしくはなかった―)

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:10:14.29 ID:j+k65re80

志保「―っ!!」

志保(でもっ…)

私が色々考えているうちに体が自然と彼に向いた。

新一「灰原…?」

志保「貴方の事、嫌いなわけじゃないから…」

お互い雨でずぶ濡れなのに
強く抱きしめた。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:12:43.68 ID:j+k65re80

そして何かが耐え切れなくて
私から彼を引っ張った

ちゅ

新一「―っ!?はあ!?」

志保「…今だけよ」

私が少しだけ照れながらいうと
彼は笑っていつも通り言った。

「バーロー。」


 ― END ―

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:14:07.44 ID:j+k65re80

いつもコ哀しか書いてないです
この話の後の続きも考えてあるんですが眠いので。

因みに蘭は 怒る→3角関係でごっちゃ→最終的にはコ哀

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/31(火) 23:16:45.25 ID:j+k65re80

ありがとうございました
ではおやすみ!いい夢見ます



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン。僕は被虐主義者だ」