佐々木「ん?素直になる薬?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「退屈だな……何か面白いこと起きないかな?」

ツイート

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 18:50:11.96 ID:aBFL3uELO

ハルヒ「キョン、その佐々木さんってただの親友なのよね」

キョン「そうだが」

ハルヒ「親友ってわざわざ毎日うちの学校の校門まで来て一緒に帰るくらい仲いいわけ?」

キョン「それくらいいいんじゃないか、親友だし」

ハルヒ「……本当にただの親友なの?」

キョン「親友だっつの、な、佐々木?」

佐々木「うん、そうだね。 僕とキョンは確かに親友だよ」

ハルヒ「ふ、ふーん」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 18:59:40.10 ID:aBFL3uELO

佐々木「それでさ、〜〜」

キョン「ハハハ、そいつはえらいアホなヤツだな」

ハルヒ「ねえ」

佐々木「でしょ?」

キョン「あ、そういえば先週あそこに新しい〜〜」

佐々木「本当かい?ぜひ行きたいな、僕」
キョン「じゃあ」

ハルヒ「ねえ!ってば!」

キョン「なんだよさっきから」

ハルヒ「親友って普通手つないで歩いたりしないと思うんだけど!」

キョン「そうか?んー……」キョロキョロ

佐々木「あ、ほらキョンあれじゃないかい?」

キョン「ああ、ほらハルヒ、見てみろよ」
ハルヒ「?」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 19:05:34.47 ID:aBFL3uELO

JK「キャッキャッ」
JK「キャッキャッ」

キョン「な?ただの友達同士であるだろう女子高生だって手つないでるだろ?」

ハルヒ「あれは女の子同士でしょ!!」

キョン「女と女がいいんだから女と男でも別にいいだろ」

ハルヒ「違うの!」

佐々木「?」

キョン「? 佐々木、ハルヒの言ってる事分かるか?」

佐々木「う〜ん……よくわからないや」

ハルヒ「女と女じゃ友達かもしれないけど女と男が手をつないでたら恋人って決まってるの!」

佐々木「あの……涼宮さん?だから私達は親友だってば」

キョン「そうそう」

ハルヒ「いー!!!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 19:13:07.80 ID:aBFL3uELO

ハルヒ「いー!!」

ハルヒ「……わかったわ、あそこの女子高生達を見なさい」

JK「アハハ」
JK「ウフフ」

キョン「仲いいな」

ハルヒ「手!つないでる手の形!」

佐々木「?」

キョン「大差ないだろ」

ハルヒ「ダメなの!あんたたちのは恋人つなぎっていうの!恋人しかしちゃダメなの!」

キョン「そうなのか……仕方ないな、ほどくか」

佐々木「えー」

ハルヒ「えー、じゃない!」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 19:21:27.41 ID:aBFL3uELO

キョン「嫌なのか?」

佐々木「うん」

キョン「でもなぁ、これ恋人つなぎらしいしなぁ」

佐々木「キョン、あのね」

キョン「うん?」

佐々木「確かに僕達は恋人同士じゃないかもしれない、しかしよく考えて欲しいんだ」

キョン「ふむ……」

佐々木「この深く絡み合う君と、僕の指のように繋がっている僕達の絆を表すにはただのつなぎ方じゃいささか役不足だと思うんだ」

キョン「なるほどな」

佐々木「だからね、キョン。 たとえ僕達がまだ恋人同士じゃないとしても、僕は君にこんな風にずっと手をつないで欲しいと思ってるよ」

キョン「さ、佐々木……!」

佐々木「あぁ、キョン……!」

ハルヒ「ハイハイハイハイハイハイハイハイ!!!!」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 19:29:19.47 ID:aBFL3uELO

佐々木「む」

ハルヒ「ちょっとアンタ!ちょっと、あの、えと……アンタ!!」

キョン「佐々木にアンタとか言うな」ベチ

ハルヒ「いてっ」

ハルヒ「さ、佐々木さん?さっき何しようとしてたのかしら?」

佐々木「さあ?何かしようとしてるように見えたかしら?」

ハルヒ「絶対!絶対、絶対、絶対、絶対ち、ちゅ、ちゅちゅ……キスしようとしてたわよ!」

キョン「おいおいそんな馬鹿なハル」

ハルヒ「アンタはちょっと黙りなさいよ!」

佐々木「そうだよ涼宮さん、キョンの言う通りだ、私がキョンに?キスを?そんな……僕達は親友だよ?ん?」

ハルヒ「あんた喧嘩売ってんのかってくらいムカつく女ね……」

287 名前:実際の絆の大きさ>絆の大きさを表す手の繋ぎ方だから役不足で誤用じゃないと思ったスマンコ[] 投稿日:2011/05/28(土) 19:42:33.63 ID:aBFL3uELO

ハルヒ「だいたいさっき佐々木さん『まだ』、とか言ってたわよね」

佐々木「んー、私そんな事言ったかな?キョンはどうだい、覚えてる?」

キョン「まだ?……そんな断片的にあげられてもなぁ」

佐々木「ね、涼宮さんって面白いね」

キョン「それだけは保証する」

ハルヒ「うっさいわよバカキョン!」

キョン「やれやれ」

ハルヒ「『まだ恋人同士じゃない』うんぬん言ってたでしょ!?まだってことはこれからなるって事なんじゃないの!?」

佐々木「うーんどうだろう?そもそもそんな事言ったかも覚えてないしね、言葉のアヤかもしれないね」

ハルヒ「……」

佐々木「じゃあキョン、僕達はそろそろ行こうか」

キョン「あぁ」

ハルヒ「ちょ、待ちなさいよ!」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 19:57:01.33 ID:aBFL3uELO

ハルヒ「どこいくのよ」

キョン「新しいクレープ屋できたろ? そこに行くんだ、佐々木はクレープ好きだからな」

佐々木「じゃあね、涼宮さん」

ハルヒ「あたしも行く」

佐々木「えー」

キョン「まあまあ、そう邪険にするなよ」

佐々木「うん、わかったよ」

キョン「よしよし」ナデナデ

佐々木「へへ」

ハルヒ「……ねぇ、あたしがついてったら何か不都合あるわけ?ねぇ、なんか悪い?ねぇねぇ?」

佐々木「……は?」

ハルヒ「キョンに媚び売るのは上手なのね、もうちょっと愛想よくすれば?そうすれば友達増えるかもよ、友達の少ない佐・々・木さん?」

佐々木「……ちょっと、言わせておけば」

キョン「二人で内緒話しか?仲いいなぁ」

佐々木・ハルヒ「ううん!全っ然!?」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:05:48.79 ID:aBFL3uELO

キョン「俺は……そうだな、チョコバナナでいいかな」

佐々木「僕もそれが好き」

キョン「じゃあ佐々木もチョコバナナか」

ハルヒ「あたし苺生クリームがいい!」

キョン「はいはい、じゃあその三つで」


佐々木「おいしいね」

キョン「ああ」

ハルヒ「はむはふ!」

佐々木「おやキョン、口の横に生クリームがついているよ?」

キョン「ん?ああそうか、スマン、とってくれるか?」

佐々木「お安いごようだよ」ぺろっ

ハルヒ「!?!?!?」

キョン「綺麗になったか?」

佐々木「ああ、大丈夫だ」

ハルヒ「ちょっと!!!」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:17:12.98 ID:aBFL3uELO

佐々木「ん?なぁに、涼宮さん?」

ハルヒ「あ、あんたさっき!」

キョン「ハルヒ、口の周りクリームだらけだぞ」

佐々木「食べ方が汚いからね」

ハルヒ「う、うっさいわ……よ……フフーン、キョン、取りなさい!」

佐々木「っ!?」

キョン「は?まぁいいが」

佐々木「あぁっ!涼宮さん!向こうにキャトルミューティレーションされてる乳牛が!」

涼宮「えっ嘘!?」バッ

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:23:05.93 ID:aBFL3uELO

佐々木「……」スッ

ハルヒ「う、嘘ついたわね!嘘つきはしけむぐゅむぐむぐ!?」

佐々木「はい、綺麗になった。 全く、涼宮さんって意外に子供っぽいのね」

キョン「あ、そのティッシュもこっちに渡せ、クレープの包み紙と一緒に捨ててくる」

佐々木「ああ、ありがとうキョン」

ハルヒ「……」

佐々木「……くっくっく」

ハルヒ「なにすんのよ!」

佐々木「口を拭いてあげたの、逆に感謝してほしいな?」

ハルヒ「あ、あんたさっきキョンの口舐めたでしょ!エッチ!」

佐々木「口の端だよ、キスじゃあるまいし」

ハルヒ「みーまーしーたー!下唇にちょっと舌を這わせた所みーまーしーたー!」

佐々木「なっ」

ハルヒ「エロ!エッチ!淫乱!」

佐々木「くっ……」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:33:04.92 ID:aBFL3uELO

佐々木「ん?……ふふ、涼宮さん、向こうにいる女子高生達を見てみてよ」

ハルヒ「は?」

JK「ン……ハァッ」チュッチュッ
JK「ンフ……ッ」チュッチュッ

ハルヒ「あ、あ」

佐々木「ね?最近は友達同士でキスする事も普通なの」

ハルヒ「あの人達はどうみてもそっち系の人達でしょ!?」

佐々木「そうかなぁ?私には美しい友情にみえるけどなぁ」

ハルヒ「あ、あんたまさか……」

佐々木「ち、違うよ!私が言いたいのは、友達同士でキスするのは全然おかしいことじゃないって事!」

ハルヒ「いい加減無理があるわよ」

佐々木「な、無いよ」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:40:32.62 ID:aBFL3uELO

キョン「よっ、何話してんだ?」

佐々木「な、なんでもないよ」

ハルヒ「ねえキョン、あの女子高生達何に見える?」

佐々木「あっ!ちょっ!」

キョン「ん?……お、おぉう」

ハルヒ「ね、何に見える?友達?」

キョン「いや、友達っていうかあれは……あれだろ、その、同性愛者の方々っていうかなんていうか」

ハルヒ「そうよね!フフっ、佐々木ね?あの人達がただの友達同士に見えるんだって」

佐々木「ち、違っ!そんなこと言ってないもん!」

キョン「さ、佐々木……」

佐々木「キョン……信じてよ……」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:50:37.39 ID:aBFL3uELO

キョン「ふむ、確かにそう言われてみればそうみえなくともないな、最近じゃ女の子同士で遊びでキスすることもあるようだし」

ハルヒ「なっ」

佐々木「だよね!だよね、キョン!」

ハルヒ「あの二人はどう見てもただのレズビアンじゃない!」

キョン「ハルヒ!!!」

ハルヒ「!?」

キョン「なんでもかんでも偏見の目で見るんじゃない」

キョン「それにもしお前が同性愛者だとしてだ、好きな人と一緒にいた所にさっきのお前みたいな奴がやってきて『レズビアンだー!』って指差しながら叫んだらどう思う?ん?」

ハルヒ「そんなの……嫌よ、嫌に決まってるわ」

キョン「そうだな、そしてお前はそんな奴じゃないよな」

ハルヒ「うん」

キョン「よし」

ハルヒ「私……謝ってくる!」

キョン「うむ、いい子だ」

ハルヒ「う、うっさいばか!」タタタッ

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 20:56:44.46 ID:aBFL3uELO

佐々木「彼女、結構良い人じゃないか」

キョン「だろ?」

佐々木「……さて、僕達はそろそろ帰ろうか」

キョン「だな」

佐々木「ねえキョン、今日もいいかい?」

キョン「もう二週間連続になるぞ?本当に親御さんから了承は得てるんだろうな?」

佐々木「もちろんだよ、それともキョンは帰っても誰もいない寂しい家僕に帰れっていうのかい?」

キョン「そんな馬鹿な」

佐々木「じゃあもしかして……迷惑、かい?」

キョン「それこそ馬鹿な、むしろウェルカムだ、妹も喜ぶしな」

佐々木「くっくっく、じゃあ今夜もお邪魔させてもらおうかな」

キョン「あぁ」

ハルヒ「ちょっとぉぉぉぉぉ!?」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 21:14:05.40 ID:aBFL3uELO

佐々木「やれやれ……ずいぶん地獄耳だな」

ハルヒ「さっき泊まるとかなんとか言わなかった?」

キョン「言ったが」

ハルヒ「二週間になるとかなんとかも言ってなかった?」

佐々木「言ってたね」

ハルヒ「ダメでしょおおおおお!?」

キョン「はぁ、何がだよ」

ハルヒ「そ、そんなの不純異性交遊よバカキョン!」

キョン「不純異性交遊って……お前なぁ」

佐々木「ほぅ不純異性交遊、不純異性交遊ねぇ……」

ハルヒ「な、何よ」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 21:16:20.96 ID:aBFL3uELO

佐々木「つまり涼宮さんは私とキョンがセックスをしていると、そう言いたい訳だね?」

キョン「せ、セックスって、ば、ばかお前……」

ハルヒ「か、可能性よ!可能性があるだけで高校生男女の同棲なんて許されるわけないわよ!」

佐々木「なるほど、涼宮さんは『親友』という間柄は性行為を行う可能性がある間柄だ、と、そう認識している訳だ」

ハルヒ「は、はぅぁあ!!!!」

佐々木「だそうだよキョン?どうだろう、親友としての間柄を深めるために今夜あたり、幸いな事に僕達は男女の親友だからそういう事をするのも不可能ではない訳だけど……」

キョン「バッバカ、佐々木!おおおおま、なっ、えっ!?本気かっ!?」

佐々木「くくく、冗談だよ、キョン」

キョン「ふぅ、あまり過ぎた悪ふざけはよせよ佐々木……」

佐々木「それにしては本気で動揺していたね?」

キョン「お前がやたらと真に迫ってたからな」

佐々木「ばっ、ばか、何を言うんだ君は!も、もう、まったく」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 21:25:13.20 ID:aBFL3uELO

ハルヒ「わ、わかったわよ」

キョン「何がだ?」

ハルヒ「あんた達が変な事しないように私もキョンの家に泊まるわ」

キョン「は?いや部屋がなぁ」

ハルヒ「わ、私はキョンの部屋で一緒に寝るから」

佐々木「キョンの部屋には私がもういるけど」

ハルヒ「はぁ!?ぜ、絶対変な事してるじゃない!」

キョン「してねぇっつの」

佐々木「なんなら今夜しようか?」

キョン「おい」

佐々木「冗談」

ハルヒ「と、とにかく私も泊まるから!」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 21:31:39.00 ID:aBFL3uELO

佐々木「どうぞどうぞ」

キョン「いやおい佐々木……」

佐々木「キョンは私の家に泊まる事にするから」

キョン「はぁ!?」

佐々木「ね、キョン」

ハルヒ「な、なんでよ!」

佐々木「だって、涼宮さんはキョンに家に泊まるんでしょ?」

ハルヒ「でも……」

佐々木「それで私達は寝る所が無くなっちゃうから、私の家に行く事にするの」

ハルヒ「そうじゃなくて……」

佐々木「わかった?」

ハルヒ「……」

佐々木「ねぇ、涼宮さん」

ハルヒ「……」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 21:40:32.95 ID:aBFL3uELO

キョン「おい佐々木、ちょっとそこまでだこっちこい」グイッ

佐々木「えっ、キョン」

キョン「こいつはな、自分のわがままほとんどそのまま通してきたから、あまり言い負かされる事に慣れちゃいないんだよ」

佐々木「だからって」

キョン「分かってる、だから言い負かすのは段階的に、ちょっとずつにしてくれ、な?」

佐々木「……」

キョン「古泉も死ぬかも知れんし……それにほら、あんな風にしょげてるのは可哀相だろ?」

佐々木「……もう、わかったよ」

キョン「佐々木、ありがとな」

佐々木「本当に、誰にも優しいんだな、君は」

キョン「そんなんじゃないっての」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 21:48:28.22 ID:aBFL3uELO

佐々木「涼宮さん」

ハルヒ「……な、なによ」

佐々木「な、泣いてるの!?」

ハルヒ「泣いてないわよ!目にゴミがはいっただけ!」

佐々木「……キョンが二人泊まるくらいならなんとかなるって」

ハルヒ「ほんと!?」

佐々木「うん」

ハルヒ「じゃあ私も一緒に泊まるわ!」

佐々木「うん、だから誘おうと思って」

ハルヒ「さ、佐々木さん……」

佐々木「ん?」

ハルヒ「えっと……あ、ありがとね」

佐々木「う、うん」

キョン「じゃあ行くかー」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:09:57.69 ID:aBFL3uELO

キョン妹「おかえりー!あ、ハルにゃんもいるー!」

キョン「あれ、母さんは?」

キョン妹「用事があって突然帰れないってー、ご飯はキョン君とささにゃんに作ってもらえって言ってたー」

キョン「そっか、すまん佐々木、頼めるか?」

佐々木「まかせてよ」

ハルヒ「私も作る!」

キョン「そっか、じゃあ任せた」

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:20:51.86 ID:aBFL3uELO

キョン「うん、美味かった」

キョン妹「おいしかったねー!」

佐々木「後片付けは僕がするよ、キョン達はお茶でも飲んでてくれ」

ハルヒ「わ、私も手伝う」

佐々木「そう?ありがと」

キョン妹「ねーねーキョンくーん」

キョン「んー?」

キョン妹「キョンくんさー、どっちと結婚するのー?」

佐々木「!」
ハルヒ「!」

キョン「結婚はまだ考えてないからなー、そんな先の事聞かれてもなー」

キョン妹「えー」

キョン「ホラ、いいからお風呂の準備してきなさい」

キョン妹「はーい」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:09:57.69 ID:aBFL3uELO

キョン妹「おかえりー!あ、ハルにゃんもいるー!」

キョン「あれ、母さんは?」

キョン妹「用事があって突然帰れないってー、ご飯はキョン君とささにゃんに作ってもらえって言ってたー」

キョン「そっか、すまん佐々木、頼めるか?」

佐々木「まかせてよ」

ハルヒ「私も作る!」

キョン「そっか、じゃあ任せた」

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:20:51.86 ID:aBFL3uELO

キョン「うん、美味かった」

キョン妹「おいしかったねー!」

佐々木「後片付けは僕がするよ、キョン達はお茶でも飲んでてくれ」

ハルヒ「わ、私も手伝う」

佐々木「そう?ありがと」

キョン妹「ねーねーキョンくーん」

キョン「んー?」

キョン妹「キョンくんさー、どっちと結婚するのー?」

佐々木「!」
ハルヒ「!」

キョン「結婚はまだ考えてないからなー、そんな先の事聞かれてもなー」

キョン妹「えー」

キョン「ホラ、いいからお風呂の準備してきなさい」

キョン妹「はーい」

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:23:28.97 ID:aBFL3uELO

おい誰だよハルヒと同等の存在だからってささにゃんかなとか考えたやつ……いくらなんでも無理あるだろjk

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:33:29.61 ID:aBFL3uELO

佐々木「なかなかませてるんだね」

キョン「ん?」

佐々木「キョンの妹さんだよ」

キョン「ああ、そうだな」

佐々木「キョンは結婚するならどんな女性と、とか決めているのかい?」

キョン「お前もか……うん、気が合う人じゃないか、よくわからんが」

佐々木「そうかい」

佐々木「ところでキョン」

キョン「ん?」

佐々木「僕達なかなか気が合うと思わないか?」

キョン「なんでだ?」

佐々木「僕も結婚するなら気が合う男性とって考えていたんだ」

キョン「そうか!そりゃ気が合うな、ハハハ」

ハルヒ「〜〜〜!」

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:42:57.76 ID:aBFL3uELO

佐々木「さて、洗いものも終わったし……」キュッ

佐々木「僕も妹さんと一緒にお風呂入ってくるよ」

キョン「おうお疲れ」

ハルヒ「わ、私も一緒に入ってくるわ!」
キョン「いやいいんだがな、そういやお前パジャマとかスウェットとか持ってきてないだろ」

ハルヒ「あ、そうだったわ、どうしよ……」

キョン「……あー、俺のでよかったら貸すぞ、もちろん嫌ならいいんだが」

ハルヒ「ほんと!?」

キョン「ああ、ちょっと取ってくる」

ハルヒ「ふふん」

佐々木「じゃあ僕先入ってるよ」

ハルヒ「お先どーぞ!」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 22:52:29.43 ID:aBFL3uELO

キョン妹「あつーい、もう出るー」

佐々木「うん、ちゃんとバスタオルで体拭いて上がるんだよ?」

ハルヒ『入るわ』

佐々木「どうぞ」

ハルヒ「ふっ」バンッ

佐々木「良いスタイルだね」

ハルヒ「えっ」

佐々木「そう言って欲しかったんだろう?」

ハルヒ「……なんかイラつく言い方ね」

佐々木「キョンが大きい胸が好きな男だといいね」

ハルヒ「好きよ!」

佐々木「……へぇ、そうなんだ、良い情報を聞いたよ、僕も努力してみようかな」

ハルヒ「な、なんなのよその余裕!」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 23:01:47.40 ID:aBFL3uELO

佐々木「まだまだ子供だね」ザバァ

ハルヒ「……!」

佐々木「女の魅力は胸やお尻だけじゃない、首、鎖骨、肩、腰、脚、それこそ全身に魅せ方があるんだ」

ハルヒ「……」ドキドキ

佐々木「胸が大きいからあなたより勝ち、なんて考えはまだまだ『女の子』の考えだよ涼宮さん」

ハルヒ「……」

佐々木「じゃあ、私も上がるね」ポン

ハルヒ「くっ……」

パタン



佐々木「くっ……」

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 23:08:15.13 ID:aBFL3uELO

キョン「お、佐々木も出たのか」

佐々木「うん……あ、あのさ」

キョン「ん?」

佐々木「キョンはさ、あのさ……えっと」

キョン「どうしたんだ?」

佐々木「……くく、いや、なんでもない」
キョン「そうか……?」

キョン妹「佐々木お姉ちゃーん髪の毛かわかしてー」

佐々木「うん、こっちに座って?」

キョン妹「わーい」

キョン「……?」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 23:22:12.49 ID:aBFL3uELO

ハルヒ「……」スゥーッ

ハルヒ「はぁー……いいわ」

キョン『ハルヒもう出たのか?』

ハルヒ「わわっ!?」

キョン『俺もそろそろ入りたいから急いでくれ』

ハルヒ「わ、わかったわよ!」

キョン「佐々木が俺の部屋に布団敷いてくれたから、そこで寝ろよ」

ハルヒ「うん」

ガチャ
佐々木「あ、涼宮さんこっちなの?」

ハルヒ「ちょっとぉぉ!!」

佐々木「涼宮さん、もう夜だよ」

ハルヒ「はっきり言わせてもらうけどその格好は妹ちゃんの教育に悪いわ!」

佐々木「僕これしかもってないんだ」

ハルヒ「嘘ついてんじゃないわよ!」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 23:38:47.41 ID:aBFL3uELO

佐々木「やれやれ、そんな嘘をついて私に何の得があるの?」

ハルヒ「こ…の……」

佐々木「涼宮さんは床の布団でいいよね」

ハルヒ「は?」

佐々木「私とキョンはこっちのベッドに寝るから」モソモソ

ハルヒ「ちょ……っと待ちなさいよ〜!」ズルズル

佐々木「きゃっ、ちょ、ちょっと足引っ張らないで、ホントに!めくれる!めくれるから!」

ハルヒ「そんなのうっっっすぃ〜〜の着てるのから悪いんでしょぉ〜!」ズルズル

佐々木「ちょっと!ちょっと待ってよ涼宮さん、見えちゃうから!」

ハルヒ「めくれてなくても見えてるわよこのエロ女!」

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 23:52:10.29 ID:aBFL3uELO

キャーキャー

キョン「ふむ、案外仲良くやってるみたいだな」

キョン妹「キョンく〜ん早く寝ようよ〜」
キョン「ああはいはい、今そっちにも布団敷くんだから」



佐々木「ずるいよ!布団にくるまるなんてずるいよ!」

ハルヒ「アハハハハッ!このベッドは私のものよ!」

佐々木「えいっえいっ」ドン、ドン

ハルヒ「わっ、キャッ」コロコロドサッ

佐々木「くっくっく、自らの策があだとなったね、やっぱり君はまだお子様だよ」

ハルヒ「くっ」

佐々木「これでキョンのベッドは私の物!そしてキョン自身も私のもの!」

ハルヒ「なー!?本性あらわしたわね!?」

キャーキャー

こうしてキョンのベッドの取り合いは、キョンが妹の部屋で寝ている事に気がつく夜更けまで続きましたとさ。

糸冬

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/28(土) 23:54:34.43 ID:aBFL3uELO

今更だけど俺>>1じゃないからね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「あぁ〜・・・ハルヒの肛門舐めてぇぇぇ!」