紬「値切ってもいいですか?」カイジ「ふ…ふざけるなァッ!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 01:36:09.49 ID:tr2wPHid0

カイジ「金の重みも知らないガキがっ!」

紬「!?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 01:45:09.08 ID:tr2wPHid0

カイジ「25万円のギターを5万円にしろ?薄汚ねぇこと言ってんじゃねぇ!」

紬「あ、あのぉ…ここはうちの系列n」

カイジ「んなことが通じるかっ!!」

カイジ「お前はどうせ親の金で何の苦労もせずに生きて来たんだろうがな!」

カイジ「こっちは生活がかかってるんだよ!」

カイジ「どこのお偉いさんとかそんなの関係ねーんだ!」

紬「…ごめんなさい、そんな、私」グスッ

律「おいおい何の騒ぎだ?」バタバタ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 01:51:08.69 ID:tr2wPHid0

紬「ううっ、ぐすっ…」ゴシゴシ

律「…!どうしたんだよムギ!」

紬「ううん、何もないよりっちゃん。私が悪いの」ヒック

律「何だ?この店員に何か言われたにか?」

カイジ「ったくこれだから嫌なんだよ。近頃のありがたみを知らない奴は…」

律「おいおっさん!」

カイジ「あん?」

律「あんたムギに何しやがった!」

カイジ「別に。世間知らずに説教してやったんだよ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 01:59:53.33 ID:tr2wPHid0

律「大人が子供泣かせて嬉しいのかよ」

カイジ「別に好きで泣かせてるわけじゃない」

バタバタバタ

唯「どしたのーりっちゃん?」

澪「騒がしかったけど、何かあったのか?」

律「このおっさんがムギを泣かしたんだよ!」

澪「えっ…?」

紬「あ、いや、これは違うの…」グスッ

律「この貧乏そうなおっさんに何かされたんだってさ」

唯「おじさん、ムギちゃんに謝ってよ!」

カイジ「そうやって理不尽ばかり人に押し付けてっからダメになんだよ!」

律「何だとこのヤロー!」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:07:04.96 ID:tr2wPHid0

カイジ「…」フシューッ

律「…」ガルルルル

唯「…」ムー

紬「ぐす」ボロボロ

澪「え、えーっと…」オドオド

店長「どうしたのカイジくん。何かあったかい?」

カイジ「あっ…店長!聞いてくださいよ!」

店長「ん?」

カイジ「このガキどもが25万のギターを5万にしろとかどうとか言ってるんですが?」

店長「何?それは……ああっ!あなたは!」

紬「?」

店長「社長の娘さん!」

カイジ「」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:14:32.05 ID:tr2wPHid0

カイジ「(社長の娘…?つまりここのボスのボスの娘?)」

店長「そ、それで今日はどういったご用件で?」ヘコヘコ

紬「あ…はい、あのギターの値段をちょっと値切ってもらいたいんですが」

カイジ「いやダメだ!社長の娘だろうがホームレスだろうが人間は平等なんd」

店長「でわ、このようなお値段で如何でしょうか?」

紬「…ん〜もう一声!」

店長「それでは…五万円でご奉仕させていただきます…ね」

紬「はい。ありがとうございます」

カイジ「ちょ、店長!俺の給料どうなるんですか!」

店長「社長の娘を泣かせるなんて…君はクビだ」

カイジ「!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:22:59.84 ID:tr2wPHid0

Locker Room

カイジ「くっそ…!これからどうやって食っていけばいいんだよ…っ!」ガンガン

赤木「…ん。どうしたの?」

カイジ「ここを…クビになっちまったっ…!」

赤木「あらら」

カイジ「俺が何をやったって言うんだ…二十万も値切るなんてありえねぇだろ…」ボロボロ

赤木「運が悪かったね」

カイジ「簡単に言うなよっ!俺はこれからまたニート…なんだぞっ!」

赤木「あらら」

カイジ「何十件も回って…ようやく面接に受かったと思ったらこれだ!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:30:08.42 ID:tr2wPHid0

赤木「世の中正しい者が勝つとは限らない。権力の前に正義なんてゴミ以下だ」

カイジ「うっ…うっ…」グスッ

赤木「憎い?」

カイジ「…え?」

赤木「アンタをクビにしたそいつらが憎い?」

カイジ「そりゃあ憎いに決まってるだろ…っ!」

赤木「復讐したい?」

カイジ「そこまではいかねぇけど…ギャフン、と言わせたい」

赤木「なら手伝ってやろうか?アンタのやり方で復讐するの」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:39:20.72 ID:tr2wPHid0

カイジ「ああ…と言いたいところだけど、中学生には期待できねぇよ」

赤木「……」

カイジ「またどっかで会おうな。じゃあバイト頑張れよ」

赤木「今までの記憶を思い出しなよ」

カイジ「…!」

エスポワール…地下労働…鉄骨渡り…Eカード…etc

赤木「アンタがすんなりと勝てたこと何てなかっただろ?」

カイジ「…」

船井…佐原…鈴木さん…利根川…

赤木「アンタは負けるために生まれてきたわけじゃないだろう?」

カイジ「未来は俺達の手の中だ…」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:50:23.88 ID:tr2wPHid0

赤木「言っておくが俺は何の手出しもしない。その女子高生に勝てるかどうかはアンタ次第だ」

カイジ「…」ゴクリ

赤木「そうだね。どうせなら腕一本とか賭けて戦いなよ」

カイジ「腕っ!?」

赤木「そっちのが面白そうだ」

カイジ「馬鹿言うなよ!そんな…イっちまった賭けなんて」

赤木「あら?アンタ指とか鼓膜とか賭けてただろ」

カイジ「…アレは強制で自分の意思じゃない!(何でコイツ知ってるんだ?)」

赤木「いやだな、冗談ですよ」

カイジ「……」

赤木「じゃあまずは誰と戦いたい?」

カイジ「…あの因縁つけてきたデコっぱちだ」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:55:08.44 ID:tr2wPHid0

カイジ「ところでお前、何者だ?」

赤木「余計な詮索はしないほうがいいよ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 02:58:58.46 ID:tr2wPHid0

別の日

澪「じゃあな、律。また明日」

律「おう!そんじゃな!」


律「容姿端麗♪頭脳明晰♪さわやか笑顔で幸せ運ぶ〜」

ポンポン

赤木「ねぇ」

律「ん?なんd」

赤木「…」シュッ

ボゴオッ!

律「げふうぅっ!!」ヨロッ

赤木「悪いね。ちょっと眠っててくれる」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 03:07:03.98 ID:tr2wPHid0

――

律「…う」

律(あれ…?あたし確か澪と分かれて…それからどうしたんだっけ?)

赤木「目が覚めた?」

律「あっ!お前…っ!」

カイジ「おい、どういうことだよこれ!」

律「楽器屋のおっさん?!」

赤木「見れば分かるでしょ?今からここで二人にギャンブルで勝負をしてもらう」

カイジ「そうじゃなくて、この固定された右手だよ!」ガチャッ

律「ほんとだ…何だこの金具、外れないぞっ」ガチャガチャ

赤木「ああ、それね。つまり腕一本賭けて勝負するってこと」

赤木「負けたら即、腕シュパーン」

律「」サーッ

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 03:15:33.54 ID:tr2wPHid0

カイジ「マジでやるつもりだったのか!」

赤木「二人とも、もう逃げられないね」

律「ふ、ふざけんなー!やってられっかこんなん!」

赤木「ああ、勝負放棄は負けってことで…」

律「ちょちょちょタンマ!」

律(うう。何でこんな事に…)

カイジ「…で勝負って何なんだ?」

赤木「コレ」

律「何だ。ジャンケンのカードか?」

カイジ「限定ジャンケン…!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 03:28:03.02 ID:tr2wPHid0

赤木「いや、ここはエスポワールじゃないから単なるジャンケンなんだけどね」

カイジ(エスポワール知ってるのか…)

赤木「ルールは説明するまでもないだろ。普通の、単なる、ジャンケン」

赤木「力の強さとか頭の出来とか関係無い、最も誰にでも平等なゲーム」

律(あ、これなら…あたしでも勝てるかも)

カイジ「カードはグー、チョキ、パーの三枚だけなのか?」

赤木「12枚もあっても意味がない。この場には二人しかいないんだから」

カイジ「これじゃ勝負が早くつきすぎるだろ…」

赤木「どちらかが二勝した時点で勝ちだ」

律「あいこになった時は?」

赤木「もう一回すれば?カードは別に無くならないし」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 03:38:16.44 ID:tr2wPHid0

律「…カードでやる意味あるの?」

赤木「ああ。こっちのがどっちも緊張感あがるだろ」

カイジ「…」

律「…」

赤木「じゃあ始めようか」

赤木「二人とも、どれか一枚を選んでテーブルの上に伏せろ」

カイジ「…」ドクンドクン

律(くっそお、もうヤケだ)バン

カイジ「セット」スッ

律「こ、こっちも終わったぞ」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 03:45:57.78 ID:tr2wPHid0

木「時計の針が12をさした時に表を向けろ」

カイジ(頼む…!)ドクンドクン

律(神様…!)ドクンドクン

チッ チッ チッ チッ チッ チッ

律(大体何であたしこんなことやらせれてんだ?)

律(さっきまでみんなで楽しくお茶してたのに…)

律(腕切られるなんて嫌だ…嫌だよ)

カイジ(俺!勝つのは俺!俺だっ!!)

カイジ(未来は俺の手の中!)

赤木「…!」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 03:54:07.06 ID:tr2wPHid0

赤木「開けろ」

カイジ「!」バッ

律「…」バッ


律「おっしゃああああ!」

カイジ「な…っ!!」

律「あっぶねー。グー出しといてマジでよかった…」

カイジ「くそっ!もう一回だ!」

カイジ「ちくしょう!今度こそ、今度こそは!」

律「あと一回勝てば解放してくれんだよな?」

赤木「ああ」

律「おーし…」

カイジ(やばいやばい!もう後がない!)

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:00:37.80 ID:tr2wPHid0

カイジ「なぁ赤木!負けたら腕切るって本当は嘘なんだろ?」

赤木「……」ジッ

カイジ

カイジ(この眼…マジでやるつもりだコイツっ)

赤木「まだチャンスはあるでしょ」

律「あと一回!あと一回だ!」

カイジ「…」ブルブル

カイジ(あ、あ…指が震えてカードがつかめねぇ…)

カイジ「く、くそ、止まれ!止まれよ!」

律「ん?何か知らないけど、ビビってるのかおっさん?」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:08:52.49 ID:tr2wPHid0

カイジ「なわけ…ねーだろおがぁっ!!」ガンガンッ!(床に頭突き乱打)

律「うわっ!?」

カイジ「ふんふんふんっ!!」ガンガンガンッ!

赤木「…」

律「お、おいやめろって!死んじゃうぞ!?」

カイジ「…ふーっ、スッキリした」ピタッ

カイジ「じゃあ二回戦行こうか」ドクドク

律(コイツ絶対おかしいって…)

カイジ「セット」スッ

律「せっと」スッ


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:16:53.43 ID:tr2wPHid0

カイジ「…ふふ」

律「…!?」

律(何だよ、この自信たっぷりの顔は)

チッ チッ チッ チッ

赤木「開けろ」

カイジ「オープンっ!」

律「…」スッ


カイジ「」ニヤ

律「…あ!」

カイジ「俺の勝ちだ」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:26:40.74 ID:tr2wPHid0

律「お前なんかイカサマしてないだろうな!」

カイジ「おいおい、言いがかりはよせ」

律「じゃあさっきの自信満々の顔は何だよ?」

カイジ「教えてほしいか?」

赤木「…」

律「だから何だよっ!」

カイジ「お前の下、見てみろ」

律「した?」スッ

律「…お前の血痕しかないじゃん」

カイジ「それで気付かなかったらご愁傷様だな」


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:35:01.11 ID:tr2wPHid0

赤木「…」チラ

律「…??」

律(え、マジで何したのコイツ?)

カイジ「じゃあ次。ラスト行こうか」

律「ちょ、ちょっと待てよ!ずるいぞ!」

カイジ「はぁ?」

律「お前今イカサマしてるって言ったようなもんじゃないか!」

カイジ「さっきイカサマはしてないっていっただろ」

律「じゃあ何で…あんな自信ある顔」

カイジ「俺が自信ある顔してちゃイカサマなのか?」

律「それは…」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:44:17.33 ID:tr2wPHid0

カイジ(ああ、そうだ。確かに俺は『イカサマ』なんかしていない)

律(やばいやばい。絶対あっちはあたしが何を出すか分かってる…)

カイジ「…セット」

カイジ(でも"不本意"にも、見えてしまったものはどうしようもないよな)

律「せ、せっと…」

カイジ「」ニヤ

律「…」ドキドキ

チッ チッ チッ チッ

赤木「開けろ」

カイジ「オープン!」バッ

律「…くっそ!」バッ


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 04:54:24.99 ID:tr2wPHid0

ザシュツ!

ボトッ

カイジ「……」

律「……」

赤木「……」

律「」フラッ

ドサッ

カイジ「…おい、気絶したぞコイツ」ボタボタッ

赤木「精神にきたんでしょ」

カイジ「…」

赤木「お前も早く病院に行け。放置してたら死ぬぞ」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 05:11:23.91 ID:tr2wPHid0

カイジ「痛っ…!またかよちくしょう…」

赤木「でもこれじゃ、つまらないな」

赤木「最初っからこれじゃ後が思いやられる」

赤木「はたしてわざわざ憎み、勝負を挑んだ相手なんぞ守る必要なんてあったのか」

カイジ「やってることが利根川や船井と同じだ…って気付いたんだよ」

赤木「自分でイカサマじゃなくて不本意って言ってただろ…」

カイジ「それで勝ったとしても気分が悪いだけだ」

カイジ「…それより早くこのカッター取ってくれ。いい加減、残りの指が裂けそうだ」

赤木「甘い、甘すぎる」

赤木「次こそ死ぬかもなオマエ」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/04(水) 05:28:36.32 ID:tr2wPHid0

次回
唯「鉄骨渡りって何?」


  ざわ……

     ざわ……



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「涼宮さんが最近ストレスを感じているようなんです」