カイジ「安価で一条にいたずらする」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒの機嫌めっちゃ悪いねん」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:06:44.36 ID:6yEBisJ8P

カイジ「決戦の日まであと少し・・・」

カイジ「その前に・・・あのいけすかねぇ店長にちょっといたずらしてやるか・・・!」

カイジ「手始めに・・・>>4からだっ・・・!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 20:07:29.18 ID:L4ubocQ40

飛び蹴り

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:09:26.60 ID:6yEBisJ8P

カイジ「手始めに・・・飛び蹴りからだっ・・・!」

カイジ「まずはカジノへ・・・!」

廃ビル内 カジノ

一条「これはこれは、カイジ君・・・!」

一条「また来てくれるとは思ってなかった・・・!」

カイジ「いいのかよ、入って・・・」

一条「どうぞどうぞ・・・!もうあんなことは水に流しましたとも・・・」

カイジ「そうかい・・・」

カイジ「(さて・・・飛び蹴りといっても・・・まずはスキを作ってやらないとな・・・)」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:12:56.69 ID:6yEBisJ8P

カイジ「とりあえずビール・・・いいかな・・・」

一条「勿論・・・おい、村上・・・」

村上「はい、お待ちを・・・」

カイジ「(よし、これで一条は今一人・・・!)」

カイジ「それと、トイレってどっちかな・・・」

一条「お手洗い・・・ご案内します」スタスタ

カイジ「(来たっ・・・!俺はヤツの視界から完全に消えている・・・!
     天啓・・・!俺にとび蹴りをしろという・・・神からの啓示・・・!)」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:17:53.68 ID:6yEBisJ8P

カイジ「今だ・・・いけっ!」ダッ

一条「ん?」

カイジ「おらぁっ・・・!」バッ

一条「えっ・・・ぐあっ・・・!」バキィッ

ドタッ ガシャーン!!

客「え?何、何!?」

一条「あ、あが・・・!」

カイジ「(やった・・・完全にアゴに入った・・・!
      ざまあねぇな・・・一条・・・!あぁ〜?)」

カイジ「ずいぶん痛そうだな・・・クク・・・」

カイジ「(まだ痛がってる・・・次は>>15でもしてやるか)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:20:53.20 ID:ihkbcz1O0

黒服軍団と輪姦

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:23:23.62 ID:6yEBisJ8P

カイジ「(そうだっ・・・!)」

村上「どうしました、店長・・・ああっ!?」

カイジ「クク・・・遅いな・・・ダメじゃないか・・・
    こんな問題児と大事な店長を二人きりにしちゃ・・・クク・・・!」

村上「て、てめぇっ・・・!」ガバッ

カイジ「・・・ところで、お前・・・いいのか?今がチャンスなんだぜ?」

村上「ああっ・・・?」

カイジ「一条ってよ・・・結構可愛い顔してると思わないか・・・?」

村上「・・・!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:26:35.91 ID:6yEBisJ8P

村上「てめっ・・・!いきなり何言ってやがる・・・!」

カイジ「フフ・・・知ってるぜ・・・お前の自宅・・・倉庫には・・・」

カイジ「業務中や更衣室・・・トイレでの一条を隠し撮りした写真が・・・
     どっさりあるって言うじゃねぇか・・・!」

村上「・・・なっ・・・!何で知ってる・・・!てめぇ・・・!」

カイジ「クク・・・いいのか?」

村上「あぁっ・・・?」

カイジ「一条は多分ノンケだ・・・ここでやらなきゃ・・・
    お前は一生負け組みだっ・・・」

カイジ「一条をモノに出来なかったって意味では・・・一生負け組みっ・・・!」

村上「・・・!」

カイジ「その点俺は・・・ただ行くだけ・・・!」ズルッ

25 名前:黒服は難しいから村上とかで回す[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:29:55.58 ID:6yEBisJ8P

村上「う・・・うわぁっ!?」

カイジ「クク・・・じゃあお前はそこで見てればいい・・・!
    俺がお前の大好きな店長を寝取るところをなっ・・・!」

村上「あっ、ああっ・・・!」

カイジ「いくぜ、一条・・・!」

一条「か、かいじ・・・や、やへ・・・」

カイジ「やめまへん・・・!」ズニュッ

一条「あっ・・・!あ、あああぁぁ〜っ・・・・・・!!」ポロポロ

立木「カイジ、挿入!
    顎と肛門に突如走った激痛に耐え切れず、
    一条、号泣〜っ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:32:29.93 ID:6yEBisJ8P

カイジ「うぉ・・・すげぇ・・・!」ズッ ズッ

一条「ひっ・・・!ひっ・・・!」ズッ ズッ

村上「うっ・・・!店長・・・!」シコシコ

カイジ「くっ・・・出るぞっ・・・!一条・・・!」

一条「ひっ・・・!やめてくれ・・・!カイジぃ〜・・・!」

カイジ「ダメだっ・・・!出るっ・・・!」ドピュッ

一条「あっ!あがっ・・・!ひっ・・・!ひぃっ・・・!」ビクビク

村上「店長・・・!」

カイジ「ふぅっ・・・!さて・・・次はお前の番だ・・・!そこの・・・!」

村上「えっ・・・!」

一条「は〜っ・・・は〜っ・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:35:07.72 ID:6yEBisJ8P

村上「あのっ・・・!店長・・・!俺はっ・・・!」

一条「ひっ・・・やめてくれ・・・!村上っ・・・!」

村上「う・・・!」

カイジ「クク・・・ずいぶん苦しそうじゃないか・・・!」

一条「頼む・・・もうムリだっ・・・!村上ぃ・・・!」

村上「うっ・・・!(一条ちゃん・・・可愛い・・・!)」

村上「あっ、て、店長・・・!」フラフラ

一条「えっ・・・?」

カイジ「フフ・・・お前の部下は・・・どうしてもお前に挿入しないと満足できないみたいだな・・・!」

カイジ「じゃあ部下の性欲は・・・上司が処理してやらないと・・・クク・・・!」

村上「店長〜っ・・・!」ズルッ

一条「ひっ・・・!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:38:30.59 ID:6yEBisJ8P

一条「ひぃっ・・・!やめてくれ・・・もうムリだ・・・!」

村上「店長・・・店長・・・!」

カイジ「クク・・・一条・・・!逆効果だぜ、それ・・・!
    俺のよりでかいんじゃないか、これ・・・!」

一条「ひっ・・・!」

村上「い、入れます・・・!」

一条「ひぃっ・・・!」

村上「うっ・・・うくっ・・・!」ズニュッ ミヂミヂッ

一条「ぎっ!いぎっ・・・!あっ・・・!あぐっ・・・!」

村上「ハァ・・・ハァ・・・!あれ、店長・・・血が・・・!
    初めてだったんですか・・・?」

カイジ「(そういう問題じゃないだろ・・・裂けてんだよ・・・)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:41:44.11 ID:6yEBisJ8P

村上「あっ・・・店長・・・店長っ・・・!」ズッズッ

一条「     」

カイジ「気絶してるヒマがあったら・・・俺のも咥えやがれっ・・・!」ガポッ

一条「むぐっ!? ぐっ・・・!ぐぽっ・・・うし・・・!」

カイジ「クク・・・いいザマじゃないか・・・一条・・・!」

立木「カイジ、イラマチオ!
    前後に連結され、もがき苦しむ一条!
    それを見てさらに腰に力を入れる部下、村上!
    地獄絵図!」

村上「ああっ・・・!もう出るっ・・・!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:44:00.89 ID:6yEBisJ8P

村上「うあっ・・・!店長っ・・・!」ドピュッ

カイジ「こっちも出るぜ・・・そらっ!」ドピュッ

一条「うごっ・・・!うがっ・・・!ぐむっ・・・!」

カイジ「ハァ・・・ハァッ・・・!良かったぜ、一条・・・!」

〜〜〜〜〜

カイジ「そんなこんなで俺は強制的に地下にもどされた挙句、一条はPTSDになってしまった」

BAD END

カイジ「いたずらしたりねぇっ・・・!>>1の状況に戻ってもう一回安価だっ・・・!」

カイジ「次は>>41っ・・・!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:45:07.31 ID:dMb3fRMg0

肛門に腕を突っ込んで掌を開閉する

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:49:09.95 ID:6yEBisJ8P

廃ビル内 カジノ

一条「これはこれは、カイジ君・・・!」

一条「また来てくれるとは思ってなかった・・・!」

カイジ「いいのかよ、入って・・・」

一条「どうぞどうぞ・・・!もうあんなことは水に流しましたとも・・・」

カイジ「そうかい・・・」

カイジ「(さて・・・まずは一条の身動きを封じて、かつ二人きりになる状況を作らないとな・・・!
     となると、一人じゃムリ・・・協力者がいる・・・)」

カイジ「(・・・いるじゃないか、一人・・・協力してくれそうな人が・・・!
     >>49に連絡を取ってみるか・・・!)」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:50:18.59 ID:KXNLVq3E0

利根川

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:54:34.36 ID:6yEBisJ8P

利根川「カイジ・・・!貴様・・・!」

カイジ「まさか呼び出しに応じてくれるとは・・・!フフ・・・!」

利根川「焼き土下座の恨み・・・ここで晴らしてもいいのだぞ・・・!」

カイジ「落ち着いて、落ち着いて・・・」

利根川「くっ・・・!」

カイジ「利根川先生も帝愛グループの幹部なら・・・知っているでしょう・・・
    1000倍パチンコを経営するカジノ・・・そのオーナーくらい・・・」

利根川「それがどうしたというのだ・・・!」

カイジ「知っていますか・・・?あのEカード勝負・・・利根川先生が負けたのは・・・
    彼のイカサマ・・・彼の陰謀だったんですよ・・・!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 20:57:55.75 ID:6yEBisJ8P

利根川「何いっ・・・?」

カイジ「どうです・・・?利根川先生も納まりがつかないでしょう・・・」

利根川「しかし・・・それでも俺がお前に負けたのは事実・・・!」

カイジ「俺もです・・・俺も真剣勝負に水を指された挙句、ただ会長の言いなりだった
     利根川先生にこんな仕打ちを・・・」

カイジ「・・・どうです、俺に協力しませんか・・・?」

利根川「協力・・・!?」

カイジ「クク・・・簡単です・・・今から言うものと、ほんの少しの場所を用意してくれれば・・・!」

利根川「場所・・・?」

カイジ「防音設備・・・人間の悲鳴が外に漏れない程度の部屋さえあれば・・・フフ・・・」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:00:37.34 ID:6yEBisJ8P

〜〜〜

一条「・・・ハッ」

一条「(業務中に寝てしまったのか・・・?俺としたことが・・・)」

一条「しかし・・・ここはどこなんだ?ウチのカジノにこんな部屋はなかった」

一条「しかも手足が固定されている・・・」

一条「・・・まさか、業務中に拉致されたとか・・・」

一条「(しかしこの状況は、そう考えるしか・・・)」

カイジ「お目覚めかい・・・店長さん・・・!」

一条「き、貴様・・・!カイジ・・・!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:03:54.98 ID:6yEBisJ8P

カイジ「クク・・・さて・・・」

一条「てめぇっ・・・何のまねだ、これは・・・!」

カイジ「いや、何・・・ちょっとあんたにいたずらをしたくなってね・・・!」

一条「いたずら・・・?」

カイジ「まぁ、勝負前のスキンシップというか・・・御前試合というか・・・」

一条「何をする気だっ・・・はっきり言え・・・!」

カイジ「クク・・・一条・・・そろそろ気づけよ・・・お前の下半身・・・!」

一条「・・・えっ・・・?な、なんで・・・?」

カイジ「クク・・・いい体してるじゃないか・・・一条・・・!」

一条「ふええっ」

利根川「(何かとおもって覗きにきてみれば、なんだこれは・・・
      クソッ・・・!なぜ勃起している・・・!この俺が・・・!)」シコシコ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:06:39.02 ID:6yEBisJ8P

カイジ「さて・・・それじゃ、まずは準備をしなきゃな・・・・!」ヌルッ

一条「ひっ・・・なんだそれ・・・!」

カイジ「ローションだよ・・・!これから行う儀式の準備にな・・・!」ヌルッ

一条「ひっ」

カイジ「かわいい声してるじゃないか・・・!一条・・・!」

一条「あっ、やめっ、ひっ・・・ひっ・・・」

カイジ「そろそろいいか・・・」

カイジ「それじゃまずは・・・指からだっ・・・!」ズポッ

一条「あひっ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:09:09.08 ID:6yEBisJ8P

カイジ「ローションのおかげでスムーズだな・・・!ずいぶん・・・」

一条「ひっ・・・ひぃ〜っ・・・!」

カイジ「おいおい・・・指一本でそんなに叫ぶなよ・・・」

カイジ「これから、腕が入るんだぜ・・・!」

一条「え・・・えっ・・・・・・?」

カイジ「クク・・・次は2本だっ・・・!」ズッ

一条「あっ・・・ああっ・・・!」

カイジ「ずいぶん滑らかに入るな・・・まさか普段から弄ってるのか・・・?ククク・・・!」

一条「バカな・・・!てめぇ・・・調子に・・・!」

カイジ「おらっ、もう一本だっ」ズッ

一条「あひゃっ・・・ひっ・・・うっ・・・」

利根川「(一条・・・!一条・・・!ウッ・・・!)」ドピュッ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:13:58.06 ID:6yEBisJ8P

今思ったんだけど、アニメキャストだと一条って浪川さんなんだっけ。そう思ったら急に勃起してきた



カイジ「クク・・・そろそろ、いいか・・・!」ズポッ

一条「あっ・・・ふ、ふぅ・・・!お、終わったのか・・・?」

カイジ「まさか・・・これからだっ・・・!」ギュッ

一条「あっ・・・てめぇ・・・広げるんじゃねぇ・・・!」

カイジ「ゴム手袋と・・・手袋にもローションを・・・」ヌルッ

一条「え・・・まさか・・・本当にやるのか・・・?」

カイジ「ここまできたらやるもクソもないだろ・・・!いくぜ・・・!」ピトッ

一条「ひっ・・・ま、待て・・・!やめてくれ・・・!」

カイジ「うるせぇっ・・・!」

一条「か、金ならやる・・・!なんならあのパチンコ、お前に出させてやる・・・!
    だからやめてくれ・・・!頼む・・・!」

カイジ「・・・そこまで言うなら・・・」

一条「や、やめてくれるのか・・・?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:17:07.52 ID:6yEBisJ8P

カイジ「バァ〜カ・・・!やめるわけ・・・ねぇだろっ・・・・!」ズプッ ギュギュギュ

一条「・・・・・・えっ・・・・・・・えっ・・・・・・?」

カイジ「もうちょいで・・・全部・・・!」ズポッ ブチブチブチッ

カイジ「は、入った・・・クク・・・!」

一条「あ・・・あっ? あっ? あっ・・・?」

カイジ「何が起こったかわかんねぇってツラだな・・・!入ってるぜ・・・一条・・・!」

一条「いぎっ・・・いっ・・・」

カイジ「お前の尻に・・・俺の手・・・手首までな・・・ククク・・・!」

一条「あっ・・・!あっ、あああぁぁぁぁ〜〜っ・・・・・・・!!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:20:40.49 ID:6yEBisJ8P

立木「カイジ、ついに腕を挿入!
    一条、激痛に身悶え、逃れようとする!
    だが、手足は固定されていて、逃げようにも逃げられない!
    この地獄、この苦痛から!
    一条、発狂〜っ!」

カイジ「ふっ・・・キツいな・・・!腕がちぎれそうだっ・・・!」

一条「あっ・・・あっ・・・!あっ、あっ・・・!」

カイジ「だが・・・これからだっ・・・・!」グッ

一条「あぎいっ・・・!あぎっ・・・!」

カイジ「クク・・・わかるか、一条・・・?お前の中で、俺の手が開いているのが・・・!」

一条「あぐっ・・・!ぎぎぎっ・・・!ぎぃっ・・・!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:23:30.97 ID:6yEBisJ8P

カイジ「クク・・・サイコーだぜ・・・お前の中・・・!」

一条「あ・・・あっ・・・!」

カイジ「クッ・・・これ以上は開けないか・・・!そろそろ抜いてやるか・・・!」

一条「あっ・・・ああっ・・・あっ・・・!」

カイジ「オラッ・・・!抜くぞ・・・一条・・・!」ズッ ズルズルズルッ

一条「あがっ・・・!ああっ・・・!」

カイジ「くっ・・・!」ズポッ

一条「あっ! ・・・・・・・・!」ビクビク

カイジ「クク・・・今のでイッたのか・・・?とんだマゾヒストだな・・・!
    帝愛カジノのオーナーってのは・・・あ〜・・・?」



利根川「(3回もヌいてしまった・・・)」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:26:25.01 ID:6yEBisJ8P

〜〜〜〜〜
カイジ「そんなこんなで一条はPTSDになった挙句尻からクソがとまらなくなり、
     俺は当然のように地下にもどされてしまった。なぜか利根川も一緒だ。タイム・パラドックス」

カイジ「まだまだいたずらし足りねぇっ・・・!」

カイジ「次・・・!>>80だっ・・・!」

カイジ「ホモネタはマンネリだ・・・そろそろ別のヤツ・・・頼む・・・!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 21:27:58.46 ID:FO2b6axc0

背中に落書き

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:30:04.21 ID:6yEBisJ8P

カイジ「あのいけすかねぇ店長に、何かいたずらしてやるか・・・!」

カイジ「背中に落書きでもしてやろう・・・」

カイジ「しかし、何を書くべきか・・・」

カイジ「ただの落書きじゃダメだ・・・何か意味があって、かつ素早く書けるもの・・・」

カイジ「>>86とか・・・いいかもな・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:31:23.19 ID:zljuErUv0

冨野の似顔絵

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:33:32.98 ID:6yEBisJ8P

この人であってる?
http://homepage2.nifty.com/battling/tomino/profile.htm

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:35:55.20 ID:6yEBisJ8P

立木「その時、カイジに電流走る!
    雷光に貫かれたかのような感覚が、体を駆け抜ける!」

カイジ「・・・!これだっ・・・!」

カイジ「(だが、俺には絵心がない・・・!
     誰か別の人間・・・絵の上手いやつに俺の代わりに書いてもらうのが得策・・・)」

カイジ「絵心の有る、俺の知人・・・>>96なら・・・」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 21:37:03.25 ID:uV45/63M0

福本伸行

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:39:04.32 ID:6yEBisJ8P

カイジ「ぐっ・・・・・・・!?」

カイジ「(やられた・・・!福本伸行・・・!?)」

カイジ「口調も一人称もわからねぇ・・・」

カイジ「第一、肝心の絵心がっ・・・」

カイジ「だが、安価は絶対・・・」

カイジ「・・・連絡してみるか・・・」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:42:37.01 ID:6yEBisJ8P

カイジ「・・・と、こういう算段だ」

福本先生「・・・」

カイジ「おさらいすると、単純・・・俺が一条の気を引いている間に、あんたが後ろに回って>>90を書く」

福本先生「・・・」

カイジ「さぁ、時間がない・・・出発だっ・・・!」

福本先生「・・・」

カイジ「ぐっ・・・!(何か言えよっ・・・!これは>>1の圧倒的技量不足・・・!
     対応力の無さが露見した結果・・・!仕方ない・・・!)」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:45:41.92 ID:6yEBisJ8P

カイジ「・・・よう・・・」

一条「おやおや、カイジ君・・・!そちらの方は・・・」

カイジ「俺の知人だ・・・文句ねぇだろ、別に・・・!」

一条「もちろん、もちろん・・・」

カイジ「そうか・・・」

カイジ「そうだ、ちょっと聞きたいんだけどさ・・・」

福本先生「・・・!」

カイジ「(作戦開始だっ・・・)」

一条「はい、どうしました?」

カイジ「あのルーレットなんだけど・・・」

福本先生「・・・」カキカキ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:50:09.46 ID:6yEBisJ8P

〜〜〜

一条「・・・と、この店独自のルールはこんなものですが・・・」

カイジ「なるほど・・・」チラッ

福本先生「・・・」コクッ

カイジ「(終わったか・・・クク・・・ざまぁねぇな、一条・・・!)」

カイジ「そうか・・・だが今日は持ち合わせがなくてな・・・いったんお暇させてもらうよ・・・」

一条「それはもちろん構いません、またお手持ちのあるときに・・・」

カイジ「(帰る前に、マヌケなヤツの背中でも見て帰るか・・・フフ・・・)」チラッ

福本先生「・・・」

カイジ「ブフオッ」

一条「んっ?」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:53:26.55 ID:6yEBisJ8P

一条「どうしました?カイジ君・・・」

カイジ「い、いや・・・プクク・・・」

カイジ「(なんだよあの鼻・・・アゴ・・・!あらゆる犯罪に応用できるんじゃ・・・ククッ・・・)」

村上「ああっ!て、店長・・・!」

一条「ん?どうした・・?」

村上「・・・て、てめぇだなっ・・・!また余計な事を・・・!」

カイジ「やべぇっ・・・!逃げるぞ・・・!えーと・・・!」

カイジ「ああっ、もういねぇ・・・!」

村上「まちやがれっ・・・!捕まえたぞっ・・・!」

カイジ「うぐっ・・・!離しやがれっ・・・」

一条「どうした、村上・・・」

村上「店長、背中に・・・!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:55:59.89 ID:6yEBisJ8P

一条「ん?背中・・・プッ、なんだこれは」

カイジ「く・・・」

一条「いいじゃないか、村上・・・離してやっても・・・」

村上「し、しかし・・・」

一条「こんなの単なる子供のいたずら・・・いいじゃないか、別に・・・」

村上「は、はぁ・・・店長がそういうなら・・・」

カイジ「ふんっ・・・」

一条「カイジ君・・・楽しみにしているよ・・・また合う日を・・・ククッ・・・」

カイジ「望むところだっ・・・!待ってやがれ・・・!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:56:54.03 ID:6yEBisJ8P

カイジ「一応今までで一番いたずらっぽかったな」

カイジ「だけどまだまだ暴れ足りねぇっ・・・!」

カイジ「次っ・・・!>>120っ・・・!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:57:48.94 ID:zljuErUv0

とりあえずカジノに放火

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 21:59:41.34 ID:6yEBisJ8P

カイジ「ちょっと待てっ・・・」

カイジ「今、ネットに風当たりが強いこの時代・・・」

カイジ「SSだろうが・・・そういう危ない橋は渡れねえっ・・・!」

カイジ「さすがにスルーだっ・・・!>>127・・・!」

カイジ「犯罪を連想させたり・・・そういうのは認めていないっ・・・!」

カイジ「ただしホモネタはOK・・・!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 22:00:52.14 ID:0b3G0KGA0

肛門で赤いマニキュア

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:02:43.74 ID:6yEBisJ8P

カイジ「・・・痛っ・・・」

カイジ「あの野郎・・・血のマニキュアなんざ気取りやがって・・・!」

カイジ「やり返してやる・・・!ヤツのケツに針・・・!」

カイジ「血の浣腸だっ・・・」ドヤッ

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:04:45.02 ID:6yEBisJ8P

カイジ「しかし・・・普通にやるだけじゃ面白くない」

カイジ「せいぜいちょっと血が出て、ケツが切れて終わりだ・・・」

カイジ「針に何か塗ってやろうか・・・クク・・・」

カイジ「>>136だ・・・!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:06:37.13 ID:zljuErUv0

福島産放射性だいじょう物質

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:10:01.67 ID:6yEBisJ8P

カイジ「くっ・・・!このスナイパー・・・くそID:zljuErUv0がっ・・・!」

カイジ「面倒な安価だしやぁって・・・!」

カイジ「しかたない・・・ここを・・・こうして・・・」

カイジ「なんだかよくわからない薬を塗りたくって・・・」

カイジ「完成っ・・・!」

カイジ「これで一条をこの中に入れて・・・ツマミを回すだけ・・・」

カイジ「あとはどうやって一条を確保するか・・・」

カイジ「>>145に協力してもらうか・・・」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 22:11:38.13 ID:L4ubocQ40

一条

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:14:16.02 ID:6yEBisJ8P

カイジ「はっ・・・?」

カイジ「・・・? ???」

カイジ「・・・どういうことだ・・・?この安価・・・?」

立木「・・・しかし、その時閃く!」

カイジ「あっ・・・!あぁ〜っ・・・!」

立木「カイジの体を駆け抜けた閃光!
    悪魔を倒しうる、悪魔的奇手!」

カイジ「(そうか・・・!これなら・・・!いける・・・!
     一条・・・協力してもらうぜっ・・・!俺のいたずらに・・・!)」

カイジ「(ターゲットは紛れもない・・・お前だがな・・・!ククッ・・・!)」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:16:51.56 ID:6yEBisJ8P

一条「やあやあ、いらっしゃいませ、カイジ君」

カイジ「へっ・・・やめようぜ、いい加減」

一条「は?」

カイジ「その・・・よそよそしい態度・・・にくいんだろう・・・俺や・・・おっちゃんが・・・!」

一条「・・・」

カイジ「クク・・・知ってるんだぜ、お前のタネ・・・だがお前らは、俺たちのタネを知らない・・・」

一条「・・・どういう、ことだ・・・?」

カイジ「教えてやろうか?おっちゃん・・・坂崎の策略・・・!」

一条「! 仲間を・・・売るのか・・・?きさま・・・」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:20:04.82 ID:6yEBisJ8P

カイジ「まあ聞けよ・・・俺も正直うんざりなんだ・・・あのおっちゃんに乗るのも・・・」

カイジ「勝算のない・・・負け戦をするのはさ・・・!」

一条「どうする気だ・・・?」

カイジ「俺と組まないか?一条・・・!」

一条「!」

カイジ「俺にはできてるんだぜ・・・沼攻略の手はず・・・!」

一条「ぐっ・・・!」

カイジ「その俺が・・・カジノ側についてやるって言ってんだ・・・!
     悪くない話・・・だろ・・・?」

一条「どうする気だ・・・?」

カイジ「まず・・・お前と組んで、坂崎と遠藤を破滅させる・・・!」

一条「どうやって・・・」

カイジ「フフ・・・まぁ来いよ・・・」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:23:27.96 ID:6yEBisJ8P

一条「なんだ、これ・・・?筒・・・?バカでかい筒・・・!?」

カイジ「ちょっと中を見てみろ」

一条「どれ・・・」

カイジ「・・・ククク・・・まさか、こんなあっさり行くとはな・・・!」ドンッ

一条「えっ・・・!?うわっ!」ドタッ

ガチャ ガチャガチャッ

一条「くっ・・・開かない・・・!?」

カイジ「クク・・・その筒は人一人がぴったり入るくらいのサイズ・・・動けないよなぁ・・・」

一条「どういうことだ・・・カイジっ・・・!」

カイジ「フフ・・・バァ〜カ・・・!俺がお前と組むわけ・・・ねぇだろっ・・・!」

一条「なんだこれっ・・・出せ・・・出せえっ・・・!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:26:08.76 ID:6yEBisJ8P

キュル キュルキュルキュル・・・

一条「な、なんだこの音・・・!」

カイジ「一条・・・!お前、前は俺にやってくれたよな・・・!」

カイジ「みみっちい制裁・・・血のマニキュアだっけか・・・!」キュルキュル

一条「ま、まさか・・・!」

カイジ「クク・・・よく聞いてみろよ・・・」

一条「(この音・・・下から・・・!?)」

カイジ「クク・・・執行だっ・・・!血の浣腸・・・!
    地獄を見てもらうぜっ・・・!一条・・・!」

一条「ひっ・・・!ひぃぃっ・・・!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:28:33.39 ID:6yEBisJ8P

カイジ「お前の血のマニキュアと同じ・・・!ちょうど肛門に進入し・・・!
    クク・・・これ以上は俺も想像したくねぇな・・・!」

一条「ま、待て!待ってくれっ・・・!」

カイジ「もうおせぇんだよ・・・!バカがっ・・・!」キュルキュル・・・

一条「ひっ・・・!やめてくれっ・・・!やめて・・・!」

カイジ「因果応報・・・!受けてもらうぜ・・・!俺の痛み・・・!」キュルキュル・・・

一条「ひぃ・・・ああ・・・」

カイジ「そろそろだっ・・・!」キュルキュル・・・

一条「ひ、ひぃ〜っ・・・!」


プスッ

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:30:44.63 ID:6yEBisJ8P

一条「あっ」

カイジ「クク・・・来た、来たっ・・・!」

一条「あっ・・・ああぁ〜〜〜っっっ・・・・・・・・!!!」

カイジ「何情けない悲鳴上げてるんだ・・・?」

カイジ「まだまだ、これからだぜっ・・・!」キュルキュル

一条「あぎぃっ・・・!ぎっ・・・!ぎゃっ・・・!ぎぎっ・・・!」

一条「うっ・・!うっ・・!?うっ、おぇぇぇ〜っ」ゲロゲロ

カイジ「クク・・・針に縫っておいた変な薬品が効いたのか・・・?」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:34:20.31 ID:6yEBisJ8P

立木「無常にも、一条の股間に突き刺さってゆく針!
    カイジ、圧倒的愉悦!圧倒的快感!
    一条、悶絶〜っ!」

カイジ「まだ入る、まだ入るっ・・・!」キュルキュル

一条「うぎっ・・・おげっ・・・おぇっ・・・!ぎぎぎっ・・・!がっ・・・!」

ブチッ

一条「ぎっ!?あ、あぎぃぃ〜〜っ・・・!」

ドサッ

カイジ「一条・・・一条?」

一条「    」

カイジ「クク・・・失神したか・・・?だが、まだまだだぜっ・・・!」キュルッ

一条「ぎっ!?あっ・・・!あっ・・・?」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:35:56.60 ID:6yEBisJ8P

カイジ「まだ・・・まだだっ!」

一条「ひっ・・・ひぃぃ〜っ・・・!」

カイジ「ああ・・・!一条・・・!一条っ・・・!」


 _   l     >
   ,)  .'、__,   `,=-
  :    -+    'ー、,,
  :   {ニ|メ、   、' ̄
  :   .ォ,.-、   ,ニ=
  :   !'| /   (       、
  :   +-ォ   `,ニ=-    ヾ\  _,
  :   .'ー-    {    -='  ̄  `´ ヽ
  :   ーラ    >   =ニ"__,.- 、  ヽ
  :   /L    '-、    i i!/ ヾ_,  i
  :    (    ( ̄`  _,.-' <  i l6l ,l
  :     )    `,=-  '-ュ-  -= i l ) i
  |     (     (    `r三ヲ/| `  i'
  ・     .)    r、」    7 /;; i 「ヽ`、
       (    `,=-    ー' | ,.-| |十`ヾ、
       )    (      /,-'+l .l十十+ i
            ヽ     ('|十 レ ,.- ー 、+ |
  ,.、 ,r、  i、  ;´⌒ヽ   /;;|十+/ 十十',十i
`/ |/  `;、| ヽl      /+,|,十.i+十十+| +|
     _          〈十,|十.|-十十+|++l
    (`ー`i        /`''=ヽ+キ十十十|++l
    (ヨ u 'ー----─''' ̄` u ,|十l、'''''゙u''"'l十l

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:38:48.60 ID:6yEBisJ8P

〜〜〜
カイジ「そんなこんなで一条は肝臓をおかしくして入院してしまった
     俺はというと、当然のように地下にもどされた。タイム・パラドックス」

カイジ「若干眠くなってきたっ・・・!」

カイジ「が、まだだっ・・・!次、>>175っ・・・!」

カイジ「基本的に最低限のルールはさっきの安価で言ったとおりだ・・・!」

カイジ「ホモネタにしても、ちょっと変化をつけてくれると嬉しい・・・!」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:40:14.56 ID:Csj4O3vF0

切り落とした首でサッカー

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:42:12.71 ID:6yEBisJ8P

カイジ「バカなっ・・・いたずらの範疇を超えてるっ・・・!」

カイジ「悪いがスルーだっ・・・>>181・・・!」

カイジ「限度を考えてくれっ・・・!」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:43:42.46 ID:J6Mx8MMp0

アナルに沼にため込まれた○チンコ玉一つずつ全部ぶち込む

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:45:54.40 ID:6yEBisJ8P

カイジ「>>181来たっ・・・!」

カイジ「・・・!」

カイジ「バカっ・・・!今のはなんでもないっ・・・!」

カイジ「さて・・・さっそく準備に取り掛かるか・・・!」

カイジ「まず、どうやってあの玉を持ち出すかだが・・・」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:50:04.73 ID:6yEBisJ8P

〜決戦当日 沼大当たり後〜

兵藤「問答無用・・・!1050年地下行きっ・・・!」

一条「うっ・・・うう〜っ・・!」

黒服「さぁ、立て・・・!」

カイジ「! あ・・・おっちゃん、頼む!」

坂崎「ホッ、ホッ・・・こりゃたまらん・・・」

カイジ「ちょっと待て、一条・・・!」

一条「あ・・・?」

カイジ「ちょっと来いっ・・・!」

一条「えっ・・・」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:53:42.84 ID:6yEBisJ8P

カイジ「よし、ここならいいだろ・・・」

一条「カイジ、何を・・・」

カイジ「ちょっと待ってろ・・・チャンスをやる、お前に・・・!」

一条「チャンス・・・?」

カイジ「ちょっとしたゲームさ・・・お前が勝ったら、お前の1050年分の借金は俺が持つ・・・!どうだ・・・?」

一条「うっ・・・!」

カイジ「さぁ、どうする・・・?」

一条「くそっ・・・乗るしかねぇんだろ、もう・・・!」

カイジ「フフ・・・!そう来ると思ったぜ・・・!おい、おっちゃん・・・!」

坂崎「言われたとおり、出球を換金せずに持ってきたが・・・これでいいのか?」

カイジ「ああ・・・すまねぇな・・・」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 22:57:04.37 ID:6yEBisJ8P

カイジ「クク・・・今からこの出球全てを・・・お前の尻で飲み込んでもらう」

一条「!! なん・・・だ・・・と・・・?」

カイジ「フフ・・・クククク・・・!ダメダメ、店長・・・1050年分の借金なんて消そうと思ったら・・・
     これくらいはやってもらわないと・・・」

一条「バカな・・・ムリに決まってる・・・!」

カイジ「いや・・・案外わからない。玉はこの小ささ・・・お前ならやれる・・・!」

一条「え・・・えっ・・・?」

カイジ「さぁ・・・」ガチャガチャ

一条「うわあっ・・・!てめぇ・・・!勝手にズボンを下ろしてるんじゃねぇ・・・!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 23:00:05.83 ID:6yEBisJ8P

カイジ「・・・おっちゃん、遠藤さん、足抑えてくれ」

一条「うわぁっ!やめろ、きさまらっ・・・!」

カイジ「さぁ、いくぜ・・・一球目っ・・・!」グイッ

一条「ひゃっ!」

カイジ「クク・・・いい声で鳴くじゃないか・・・!次だっ・・・!」グイッ

一条「ひっ!」

カイジ「1玉4000円だ・・・!よく味わえよ・・・!」グイッ

一条「ひぃ〜っ・・・!」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 23:04:00.06 ID:6yEBisJ8P

〜一時間後〜

一条「はぁっ・・・はぁっ・・・」

カイジ「クク・・・もうバテたのか?」グイッ

一条「あっ!?・・・ふっ、ふぅ〜っ・・・」フルフル

カイジ「まだまだ・・・!まだドル箱半分もいってねぇ・・・!」グイッ

一条「ああ〜っ・・・ぎっ・・・!」

カイジ「一つ入れるたびにこれじゃ・・・!とても全部なんて入らないぜっ・・・!」グイッ

一条「あっ! ・・・あ、あっ・・・あああああっ・・・!」ブルブル

カイジ「ん・・・ずいぶん・・・苦しそうじゃねぇか・・・!」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 23:07:18.14 ID:6yEBisJ8P

一条「あっ・・・もう・・・だ・・・め・・・」

カイジ「まだまだっ・・・!まだだっ・・・!」

立木「一条、耐える!必死に、耐える!
    だが!」

一条「あっ・・・!あああああ〜〜・・・っ」バッ バシュッ

カイジ「う、うわっ!」

一条「ああ、ああ〜っ・・・はあ〜・・・っ・・・」コロコロ

立木「一条!決壊〜っ!
    飲み込んだ玉をすべて吐き出し、果てる!」

カイジ「クク・・・やっぱりムリだったか・・・!そりゃそうだろうな・・・!」

カイジ「最初から救う気なんてないに決まってるだろ・・・!バカがっ・・・!」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/01(日) 23:09:05.55 ID:6yEBisJ8P

とりあえず休憩。そのまま寝るかも
あとなぜか勃起がおさまりません

ちなみに、昨日も班長とカイジのホモSSを書いてました
ただ僕はノンケなので、こういうことに関して知識がありません
なのでリアリティーがなかったりするのはごめんなさい

214 名前:!omikuji[] 投稿日:2011/05/01(日) 23:56:31.79 ID:6yEBisJ8P

忘れる所だったっ・・・
おみくじ・・・圧倒的おみくじっ・・・!

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/05/02(月) 00:00:04.71 ID:LrD//o5u0

>>214残念っ・・・!おみくじは・・・できませぇ〜んっ・・・!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ひぐらしの鬼畜ssを書きたい