ハルヒ「部屋が二部屋しかないのなら、私とキョンが同じ部屋ね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「イケメン、ヤリチン、チャラ男はあたしの所にきなさい!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:01:59.80 ID:J8as/dJD0

キョン「おい、いいのか?」

ハルヒ「変な想像しないでよ、この四人で二部屋に分けるのなら私とキョンが一緒になるしかないでしょ」

キョン「でもさ、男と女が同じ部屋ってのは問題あるだろ?」

ハルヒ「何よ、あんた私と同じ部屋で寝るの嫌?」

キョン「嫌ってわけじゃ・・・いやそういう意味じゃなくてだな」

ハルヒ「だってあんた以外のこの二人の事良く知らないのよ」

キョン「俺もそうだよ」

有紀「ずるい・・・」

小泉「男と女で分けるべきではないですか?一晩も一緒にいれば親しくなりますよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:07:38.20 ID:J8as/dJD0

有紀「私も彼と同じ部屋がいい・・・」

ハルヒ「なによ、あんたキョンと同じ部屋がいいの?」

有紀「・・・」

ハルヒ「そしたら私はこの男と同じ部屋になるじゃない」

小泉「別に何もしませんけど、問題ありますよねははは」

ハルヒ「男女とかじゃなくて、知ったもの同士で同じ部屋になった方がいいでしょ?」

有紀「私はあなたを知ってる」

キョン「俺を知ってるのか?どこかで会ったかな・・・」

小泉「私もこの女性の事を良くしりませんよ、彼女も私の事も知りませんし」

ハルヒ「私とキョンがお互い知り合いだから優先に決まってるでしょ!ほらさっさと部屋に行きなさい!」

キョン「明日になれば朝比奈さんや古泉達と合流できるだろ、長門も向かってるっていうし」

ハルヒ「はい決定!」

有紀「ずるい・・・」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:10:49.21 ID:J8as/dJD0

ハルヒ「ずうずうしい奴らよね、初対面のあたし達に取る態度じゃないでしょ?」

キョン(まぁお前の態度も初対面相手にふさわしくなかったと思うがな)

ハルヒ「ほらさっさと寝る!」

キョン「シャワー浴びずに寝るのか?」

ハルヒ「!」

キョン「にらむなよ・・・別に変な意味で言ったつもりはないぞ」

コンコン

ハルヒ「誰?」

有紀「私」

ハルヒ「ダメって言ったはずでしょ、早く自分の部屋に戻りなさい!」

有紀「あの男が私に襲い掛かってきた」

ハルヒ「本当なの?」

キョン「ん・・・まぁ、部屋に入るためのでまかせだろうが、とりあえず部屋に入れてやれよ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:16:39.95 ID:J8as/dJD0

ハルヒ「それであなたは何もしてないのね?」

小泉「当たり前ですよ」

有紀「自分のベッドに入れって言った」

小泉「それはベッドがダブルで一つしかないからですよ、それに自分はソファーで寝るといったはずです」

キョン「あっちはツインではなくてダブルなのか・・・それは問題だな」

ハルヒ「男女が一つの部屋ってのいろいろと問題ありそうよねぇ、ねぇ?」

キョン「だからそういう意味で言ったわけじゃないって・・・」

ハルヒ「有希やみくるちゃん、古泉くんが来たらどうせ大勢で寝るんだろうし、このさい四人でこの部屋に泊まらない?」

キョン「俺はかまわんぞ」

有紀「うれしい・・・」

小泉「私はそれでも構いませんよ、でもあちらの部屋が一つ空くのはもったいない気がします」

キョン「お前が一人で使うのか?」

小泉「あなたが一人で使いますか?まぁそうなると私がこの二人と同じ部屋に泊まる事になるのでこの二人が嫌がるでしょう」

ハルヒ「じゃあこの人が言ったみたいに男女で分ける?もうそれでもいいわよ」

有紀「ダメ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:23:38.51 ID:J8as/dJD0

コンコン

ハルヒ「誰?」

長門「私」

キョン「長門か、今開けるから待ってろ」

有紀「誰?」

ハルヒ「長門有希、私達の仲間よ」

有紀「同じ名前・・・」

ハルヒ「あんたもユキって言うの?」

ガチャッ

長門「・・・」

有紀「・・・」

ハルヒ「みくるちゃんや古泉くんは?」

キョン「長門は一人で来たからその二人は明日付くぞ」

ハルヒ「五人で二部屋なら男女で分けるしかないわね、決まりね」

有紀「ダメ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:34:19.16 ID:J8as/dJD0

長門「?」

キョン「今二部屋に誰が泊まるか決めてるんだよ」

ハルヒ「男と女で別れるのが当たり前でしょ、私が最初からそういってるじゃない」

有紀「ダメ」

小泉「いえ、最初にそういったのは僕の方ですけど・・・」

ハルヒ「黙ってなさい」

長門「・・・」

キョン「俺達は男女で分かれるのは構わないんだが、どうやらこの子が俺と同じ部屋になりたいらしいんだよ」

有紀「一緒の部屋がいい」

長門「・・・なら、私もあなたと一緒の部屋がいい」

有紀「!」

長門「・・・」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:45:55.38 ID:J8as/dJD0

ハルヒ「要するに、有希と有紀がキョンと同じ部屋になりたいわけね?」

有紀・長門「そう」

ハルヒ「そしたら私はこの男と一緒になるの?」

小泉「そうと決まったわけじゃないですよ、それに僕の名前は小泉といいまして」

ハルヒ「へぇあんたも古泉って」

キョン「名前の話は後でいいだろ、それよりも部屋を早く決めてくれよ、もう夜中の一時だぞ」

小泉「この二人はあなたと同じ部屋になりたい、そして彼女は僕と同じ部屋になりたくない、そしたら方法はありますよ」

キョン「ハルヒとこの二人と俺が同じ部屋で、お前が一人ってことか」

小泉「そういう事になりますね、それでみなさんよろしいですか?」

ハルヒ「もうそれでいいわよ、早く寝ましょう」

長門「構わない」

有紀「・・・わかった」

キョン「俺もそれでいいから早く寝るぞ」

小泉「それでは私はこれで」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:00:42.99 ID:J8as/dJD0

キョン「これでやっと寝れるな」

ハルヒ「そうね」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「もう……年越したからってだらしないよアスカ」