カツオ「メダロット・・・?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「涼宮ハルヒを適性と判定」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 10:39:25.98 ID:dnpL6ayl0

カツオ「暇だなぁ・・・」
カツオ「TVでも見よーっと」

ピッ
「安い!速い!強い!最新技術の集大成!メダロットならRR社で!」

カツオ「またメダロットのCMか・・・ 周りはみんな持ってるのに僕だけ持ってないや」

カツオ「そろそろ父さんに頼んでみよう・・・」

カツオ「そうだ、お迎えに行ってご機嫌を取ろう!

駅にて。
カツオ「あ、父さんだ!父さーん!」

波平「なんだ、カツオ 迎えに来てくれたのか」

カツオ「えへへ・・・かばん持つよ」

波平「なんじゃカツオ、ご機嫌を取るみたいに」

カツオ「い、いやその・・・話があるんだ!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 10:43:29.81 ID:dnpL6ayl0

波平「何?めだろっと?」

カツオ「う、うん・・・」

波平「最近ではそのメダロットを使った悪質な事件が頻繁に起きているじゃないか、お前もニュースで見ただろう?」

カツオ「うん・・・」

波平「駄目だ」

カツオ「そんなー・・・」

―この時話を聞いていた怪しげな男が一人いた―

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 10:48:21.25 ID:dnpL6ayl0

―翌日自宅にて―

カツオ「やっと学校終わった・・・」

カツオ「はぁ・・・どうして僕はこうも不幸なんだろう・・・」

おーい磯野ーと聞き慣れた声がした。

カツオ「あ、中島だ」

カツオ「よぅ中島ー」

中島「磯野ーロボトルしようぜー」

カツオ「いや、それが・・・」


・・・

中島「なんだって!?メダロット買ってもらえないって?!」

カツオ「そうなんだ・・・」

中島「そうか・・・」

中島「でも何度も頼めばきっと磯野の父さんも買ってくれるよ!

カツオ「だといいけどなぁ・・・」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 10:52:23.83 ID:dnpL6ayl0

波平「カツオの奴、とうとうメダロットを欲しがりおった」

波平「すまんカツオ・・・お前を危険な目にあわせたくはないんだ」

???「彩りましょう食卓を」

???「みんなで防ごうつまみ食い」

波平「??? なんじゃお前は!」

???「常温保存で愛を包み込む華麗なるメダロッター!」

???「怪盗レトルト!只今参上!」

波平「お、お前は!」

レトルト「これをお子さんにあげるなり!」

キラーン

波平「!!」

レトルト「こちらもお子さんにあげるなり!」

ガサガサッ

レトルト「それでは!また会おう!」

波平「こ、これは・・・ しかしあやつ、どこかで聞いた覚えが・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 10:55:22.99 ID:dnpL6ayl0

波平「うぅむ・・・仕方ない まぁあやつの行動範囲を考えれば大丈夫であろう・・・」



波平「今帰ったぞー」

カツオ「父さんだ!」

カツオ「父さんおかえり!そんなことy・・・」

波平「カツオ、土産だ」

カツオ「こ、これは!?」

波平「欲しがっていたじゃろう、メダロットだ」

カツオ「やった!!!!父さんありがとう!!!!」

ワカメ「お兄ちゃんばっかりずるーい!」

タラオ「ぼくもほしいでーすぅ」

波平「箱はご飯が終わってから開けなさい」

カツオ「わかった!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 10:58:19.59 ID:dnpL6ayl0

パクパクガツガツガツガツ

フネ「カツオ、そんなに急いで食べたら苦しくなりますよ」

サザエ「もう、カツオったらー」

波平「まぁ仕方あるまい」

マスオ「何かあったんですかお父さん??」

波平「ちぃとな」

カツオ「ごちそうさま!」

カツオ「まさかこんな日が来るなんて・・・ とうとう僕も今日からメダロッターだ!!」

タラオ「(カツオ兄ちゃんの奴とうとうメダロットを手に入れやがったですぅ・・・)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:02:57.55 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ぼくのメダロット〜♪ぼくのメダロット〜♪」

ガサガサガサガサ

SCB型―カナブンブン


カツオ・・・え?」

カツオ「なんだよこれ!え!?」

カツオ「もうちょっといいデザインのなかったの!?」




波平「カツオの奴、今頃嬉しがっているじゃろう」

マスオ「いやーまさかカツオ君がメダロッターになる日が来るなんて!」

マスオ「将来ランカーになったりするんじゃないんですかねw」

サザエ「でも最近メダロットを使った物騒な事件が起きてるわよ・・・」

波平「左様・・・」

サザエ「ま、カツオならお友達としか遊ばないでしょうしきっと大丈夫でしょ」

フネ「だといいんですけどねぇ・・・」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:07:07.81 ID:dnpL6ayl0

カツオ「こんなの恥ずかしくってみんなに見せられないよ・・・」


カツオ「とりあえず組み立ててやろう・・・」

カツオ「部屋じゃ狭いな・・・公園に行こう」

カツオ「ちょっと公園で組み立ててくる!」


ガチャガチャガチャガチャ

カツオ「ここをこうして・・・っと」

カツオ「後はメダルをはめて・・・」

カツオ「よし出来た」

カツオ「・・・ださい」

???「誰がださいって?ええ?」

カツオ「うわぁ!」

???「そんなに驚くこたぁねーだろ 俺だって意志があるんだからよ」

カツオ「も、もしかして・・・お前が・・・?」

22 名前: 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 [] 投稿日:2011/04/26(火) 11:04:35.80 ID:3BPWzeD00

参考画像をば

メタビーとサイカーチス?くらいしか覚えてない

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:11:05.29 ID:dnpL6ayl0

>>22
pixivにありますた
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=16666459


カナブンブン「ああそうだよ」

カツオ「カナブンブン・・・」

カツオ「カナブンブン」

カナブンブン「そう何度も俺の名前を呼ぶな」

カツオ「カナブンブンって長くない?」

カナブンブン「そういやそうだな・・・」

カツオ「よし決めた、お前の名前はブンキチだ」

カナブンブン「ブン・・・キチ・・・」

カナブンブン「・・・ださい」

カツオ「そんなこと言うなよ!一生懸命考えたんだぞ!」

カナブンブン「まぁいいや、俺は今日からブンキチか・・・」

カツオ「よ、よろしくな!ブンキチ!」

ブンキチ「お前の名前は・・・カツオか よろしくな!カツオ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:15:48.35 ID:dnpL6ayl0

カツオ「とりあえず今日のところはもう帰ろっか 暗いし」

ブンキチ「そうだな お前んとこの家族の皆様にもご挨拶しないとな」

カツオ「・・・そんなに足あって歩きづらくないの?」

ブンキチ「余裕余裕♪」



カツオ「ただいまー」

サザエ「あらカツオおかえり」

ブンキチ「はじめましてー」

サザエ「あら、あなたがカツオのパートナーね?」

ワカメ「私にも見せて見せてー」

タラオ「ぼくも見たいでーす」

ブンキチ「そ、そんなじろじろ見られると少し恥ずかしい・・・かな・・・」

ワカメ「(何コイツ、ダサッ)」

タラオ「(身分相応ですぅ)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:20:12.46 ID:dnpL6ayl0

ブンキチ「あ、自己紹介がまだでした」

ブンキチ「SCB型カナブンブンのブンキチと申します」

ブンキチ「以後何卒宜しくお願い致します」

カツオ「(コイツ・・・キャラ変わってないか・・・)」

サザエ「あらー礼儀正しいのね」

マスオ「これは中々頭の良さそうなメダロットだ」

ブンキチ「えへへ・・・」

カツオ「よし、戻れブンキチ!」

ピッ

カツオ「よし、じゃあ僕はもう寝るよ」

ワカメ「あたしもー」

タラオ「寝るでーす」


カツオ「今日から僕もメダロッターかぁ・・・ 明日が楽しみだ!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:25:03.03 ID:dnpL6ayl0

―翌日―

サブ「あら、カツオ君じゃないか〜」

カツオ「サブちゃん!」

サブ「聞いたよ〜 メダロット買ってもらったんだってね〜」

カツオ「そうなんだ!」

サブ「大事にしてあげなよ〜」

カツオ「うん!」

カツオ「あ、中島じゃないか! おーい中島ー!」

中島「おー磯野ー!」

カツオ「とうとうメダロット買ってもらえたよ!」

中島「本当かい!?」

中島「学校終わったら早速ロボトルしようぜ!」

カツオ「おう!」



レトルト「・・・上手く少年に渡ったようです、博士」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:29:07.47 ID:dnpL6ayl0

キーンコーンカーンコーン

花沢「聞いたわよ磯野君 メダロット買ってもらえたんだってねぇ!」

カツオ「そ、そうなんだ (なんで花沢さんが知ってるんだ・・・)」

花沢「メダロットの事だったらあたしに何でも聞いてねぇ!」

カツオ「あはは・・・ありがとう」

中島「よし磯野!帰ったら公園に集合だ!」

カツオ「わかった!」

花沢「じゃああたしがレフェリーを務めてあげるわぁ!」


カツオ「ただいま!」

カツオ「えーとメダロッチメダロッチ・・・」

カツオ「あった!」

ブンキチ「おいお前今までどこ行ってたんだよー」

カツオ「学校にね」

ブンキチ「学校?なんだそれ」

カツオ「勉強を無理やりさせられるところかな・・・ 残念だけどメダロットの持ち込みは禁止されてるんだ、ごめん」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:31:53.15 ID:dnpL6ayl0

ブンキチ「しゃーねーなー・・・」

ブンキチ「んで何すんの?今から」

カツオ「喜べ!中島とロボトルだ!」

ブンキチ「おおロボトルすんのか!さっさとしようぜ! んで・・・」

カツオ「んで・・・?」

ブンキチ「中島って誰・・・」

カツオ「中島は僕の友達だよ!」

ブンキチ「ほほー・・・」

カツオ「よし!公園に行くぞ!」

ブンキチ「おう!」


カツオ「お待たせ〜」

花沢「あ、来たわね」

中島「遅いぞ磯野〜」

カツオ「いやーごめんごめん」

カツオ「メダロット!転送!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:34:23.48 ID:dnpL6ayl0

ピッ

ブンキチ「おいすー^^」

中島「・・・」

花沢「あらぁ磯野君らしくて素敵なメダロットね!カナブンブンでしょう!?」

中島「(褒め言葉になってないと思うんだ・・・)」

中島「カナブンブンっていうのか、初めて見たなぁ」

カツオ「カナブンブンのブンキチって言うんだ」

ブンキチ「ブンキチだ、よろしくな!」

中島「じゃあ僕のメダロットも転送するぞー」

カツオ「そういえば僕メダロット持ってなかったから中島のメダロットちゃんと見た事がなかったなぁ」

中島「メダロット!転送!」

ピッ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:39:26.02 ID:dnpL6ayl0

???「チーッス」

カツオ「??? なんだこれ!」

中島「GWF型 アシュトンのウィードさ!」

カツオ「かっこいいなぁ・・・」

ブンキチ「・・・イライラ」

花沢「(あれ・・・アシュトンって・・・)」

花沢「それじゃ早速始めましょうか!」

カツオ「いくぞ中島!」

中島「望むところだ!」

花沢「一応行っておくけど今回磯野君は初めてのロボトルだからパーツの奪いっ子は無しね」

中島「(誰が欲しがるんだよこんなの・・・)」

花沢「ロボトルゥゥゥーーー!」

花沢「ファイトォ!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:44:41.17 ID:dnpL6ayl0

中島「ウィード!ブンキチの周りをぐるぐる回れ!」

ウィード「了解っす」

ササササササッ

ブンキチ「うわぁなんだこりゃ、目が回ってきたぞ」

ブンキチ「おーいカツオー早く指示を・・・」

カツオ「ブンキチ!とりあえず前方に向かってライフルパンチだ!」

ブンキチ「おらぁっ!」

ブンキチ「当たらねーぞ!」

ガンッ

ウィード「!?」

中島「うわっ!」

カツオ「よし!引っかかったぞ!」

カツオ「今だ!マシンガンパンチ!」

ブンキチ「アチョーwwww」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:50:31.57 ID:dnpL6ayl0

ウィード「うわ、頭がクラクラしてきた」

ブンキチ「へへへ」

中島「・・・ウィード!アシュブレイカーだ!」

ブンキチ「あらよっ」

カツオ「中島!症状格闘 変動の効果でウィードは今狙いが定まらない!」

中島「なんだって!?」

カツオ「いけーブンキチ! ミサイルパンチ」

ブンキチ「食らえ頭突き」

ガンッ

ウィード「いってて・・・」

ウィード「もうだめっすwww」

花沢「ウィード、機能停止!ロボトル終了です!」

カツオ「か、勝った・・・!」

中島「やるなぁ磯野ー」

中島「学校の奴には威力重視の奴ばっかでそんな技使うの初めて見たよ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 11:54:58.43 ID:dnpL6ayl0

花沢「やるわねぇ磯野君!」

カツオ「えへへ・・・」

カツオ「やったなブンキチ!」

ブンキチ「お、おう!」

ブンキチ「(なんかあいつ手を抜いてたような・・・気のせいか・・・?)」

中島「くそー 僕ももっとメダロットについて学ばなきゃ」

中島「今日はもう帰って家で色々勉強してくるよ」

カツオ「わかった!」

花沢「磯野君かっこよかったわぁ!勿論ブンキチ君もね」

ブンキチ「まぁな!」

花沢「じゃ、あたしは家で父ちゃんの手伝いしてくるわね」

カツオ「うん、わかったー」




中島「これでいいんですか?シデンさん」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:01:33.67 ID:dnpL6ayl0

シデン「十分だよ中島君」

シデン「約束通りRR社の最新パーツを君に転送しよう」

中島「ありがとうございます!」



花沢「いやー磯野君があんなに強かったなんてびっくりしちゃったわぁ!」

花沢「でも何か引っかかるわね」

花沢「まぁいいや! 私もまたメダロッターとして頑張ろうかしら!うふふっ」



カツオ「ただいまー!」

サザエ「あらカツオ嬉しそうね」

タラオ「おかえりでーす」

タラオ「(この調子だと中島の奴上手くやったようですぅ)」

カツオ「僕、初めてのロボトルで勝っちゃったんだ!」

タラオ「(まぁまだまだカツオ兄ちゃんには頑張ってもらわないとです)」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:05:20.29 ID:dnpL6ayl0

タラオ「カツオ兄ちゃん強いですぅ」

カツオ「えっへへw」

サザエ「じゃ父さん達が帰ってきたらご飯にしましょうか」

カツオ「はーい」


波平「今帰ったぞー」

マスオ「ただいまぁもどりましたぁ」

サザエ「あら、お帰りなさい 早速ご飯の支度をするわね」

波平「うむ」


パクパクモグモグ

ワカメ「いいなぁお兄ちゃんばっかり」

ワカメ「私もメダロット欲しい〜!」

波平「確かにカツオだけだと可哀想だな」

波平「(つってもまぁこれ買ったわけじゃないんですけど)」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:10:21.34 ID:dnpL6ayl0

波平「よし、明日買ってきてやろう」

ワカメ「やーったー!」

波平「タラちゃんはいいのかね?」

サザエ「この子にはまだ早いでしょ」

タラオ「ぼくは見てる方が好きでーす」

波平「わかった」

マスオ「いやー我が家でメダロッターが二人になると思うと胸が熱くなりますね」

フネ「ワカメ、怪我には気をつけなさいよ」

カツオ「大丈夫だよ母さん、メダロットにはメダロット三原則ってのがあってね

フネ「はいはい」

カツオ「ごちそうさまー」

カツオ「じゃあ僕もう寝るね」

カツオ「おやすみなさい」

カツオ「(ふふふ・・・中島に勝ったってなると明日は僕の話題で持ち切りだろうなぁw)」

ワカメ「(何ニヤニヤしてんの・・・きっも・・・)」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:15:12.67 ID:dnpL6ayl0

カツオ「あ、おはよう中島!」

中島「おお磯野!」

中島「いやー昨日はぼろ負けだったなぁw」

中島「これでも結構自信あったんだけどさ〜」

カツオ「いやぁマグレだよw」

カツオ「中島が別の指示出してたらきっと負けてたさ」

中島「そうかなぁ」

カツオ「きっとそうだよ!」




カオリ「聞いたわよ磯野君、あの中島君に勝ったんですってね!」

カツオ「まぐれだよw」

カオリ「中島君はまぐれで勝てるような相手じゃないわ、きっと実力よ!」

カツオ「そ、そうかなぁ・・・w」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:22:01.00 ID:dnpL6ayl0

カツオ「そういえばカオリちゃんもメダロット持ってるんだっけ」

カオリ「ええ勿論よ」

カオリ「逆に今までこのクラスでメダロット持ってないのは磯野君だけだったわ」

カツオ「そうだったのか・・・」

ピーンポーンパーンポーン

放送「本日放課後、RR社主催のロボトル大会が本校で開かれる事になりました」
放送「参加希望の生徒は職員室まで来て下さい」

少年A「おい、聞いたか!?」
少年B「RR社主催だってよ!!!!」

カツオ「RR社ってあの・・・」

花沢「そう、ムラサメシデン率いる新しいメダロットの会社よ」

カオリ「ってなるともしかしてシデン様も来るのかしら!」

早川「キャー楽しみー!」

カツオ「ぐぬぬ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:25:51.54 ID:dnpL6ayl0

放送「尚、今回のロボトルにつきましては二人でペアを組むチームロボトル形式の本格的な大会となっております」
放送「奮ってご参加下さい」

カツオ「チ、チームロボトル!?」

カツオ「ロボトルでさえ昨日始めたばかりなのにチームロボトルなんて・・・」

カツオ「足引っ張っちゃうよなぁ・・・」

中島「なら磯野」

中島「僕と組もう!」

カツオ「本当!?」

カツオ「い、いいのか中島・・・?」

中島「僕達の仲だろう!?」

カツオ「ありがとう中島!」

中島「そうと決まれば早速受付のところに行こう!」

カツオ「おう!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:30:06.92 ID:dnpL6ayl0

カツオ「き、緊張するなぁ・・・」

中島「僕達が力を合わせれば大丈夫だって!」

カツオ「よし、磯野・・・っと」

中島「中島・・・っと」

受付「参加ありがとうございます」

受付「あちらでお待ちください」


カツオ「・・・失礼しまーす」

カツオ「うわぁ みんな強そう・・・」

中島「何言ってんのさ メダロッターの強さなんてアテにならないよ」

カツオ「そ、そうだよな!」


カツオ「・・・うーん落ち着かない」

中島「初めは誰でもそんなもんだって!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:34:15.58 ID:dnpL6ayl0

ピーンポーンパーンポーン

放送「間もなく大会が開始されます」

放送「出場選手の方は校庭にお集まりください」

カツオ「き、きた!」

中島「えーっと僕達の相手は・・・」

中島「知らない奴だなぁ・・・」

中島「ま、大丈夫だろう」

カツオ「えーっと・・・Bブロックの左から3番目か・・・」

中島「ウォーミングアップしとくかい?」

カツオ「そうしよう!」

カツオ「ブンキチ転送!」

中島「ウィード転送!」

カツオ「前から思ってたんだけど」

中島「?」

カツオ「銀牙伝説だよねそれ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:39:46.94 ID:dnpL6ayl0

中島「爺ちゃんが好きでさ」

カツオ「なるほど」

中島「相手によってパーツの変更は違反らしい」

中島「だから多分飛行タイプや潜水タイプを使う奴はいないだろう」

カツオ「まぁ常識的に考えて校庭で潜水タイプを使う奴はいないだろうね」

カツオ「ブンキチ、調子はどうだい?」

ブンキチ「いいぜ!」

中島「ウィード、大丈夫かい?」

ウィード「ちょろいっすよwww」

カツオ「あれ、ウィードのパーツ・・・」

中島「ああ、これかい?」

中島「これはGWF型シルバリオンのパーツさ」

ブンキチ「なんかマッチョになったなお前」

ウィード「そうっすかね?www」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:43:44.34 ID:dnpL6ayl0

カツオ「試合の方は?」

中島「そろそろ第二試合が始まるな」

ブンキチ「燃えてきたああああああああ」

ウィード「ブンキチ兄さん元気っすねwww」

ブンキチ「おうよ!」


シデン「順調に進んでいるな・・・」

シデン「そろそろ中島君達の出番か」


カオリ「キャーシデン様ー!」

シデン「おっと・・・」

早川「サインしてください!」

シデン「(人気者は困るね)」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:46:43.40 ID:dnpL6ayl0

レフェリー「機能停止!ロボトル終了です!」


カツオ「いよいよ僕らの出番か・・・」

中島「いくぜ磯野!」

カツオ「おう!」

ブンキチ「(まぁ・・・)」

ウィード「(頑張るのは俺らなんすけどwwww)」

カツオ「あ」

中島「あ」

カツオ「いたね」

中島「潜水タイプ」

少年1「僕のネッサージュはすっごく強いよ!」

少年2「負けるもんかー」

レフェリー「それでは」

レフェリー「ロボトルゥゥゥーーー」

レフェリー「ファイトォ!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:51:14.68 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ブンキチ!ネッサージュは多分動けないからもう片方を狙うんだ!」

ブンキチ「リーダー機馬鹿だろ、なんで潜水なん」

中島「ウィード!メダチェンジ!」

カツオ「メダチェンジ?」

ウィード「あらよっwwww」

カツオ「メダロットが・・・」

ブンキチ「変形した・・・!?」

中島「ウィード!ドライブB!」

ウィード「これが」

ウィード「精密射撃って奴よ」

レフェリー「ネッサージュ機能停止!」

レフェリー「リーダー機能停止!ロボトル終了です!」

カツオ「なんかあっさり・・・」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:56:48.05 ID:dnpL6ayl0

ブンキチ「すげえ・・・」

その後もカツオ&中島ペアは順調に勝ち続け・・・

カツオ「決勝じゃないか・・・」

中島「ここまで苦戦することはなかったけど」

中島「気を抜くなよ磯野!」

カツオ「勿論だよ!」

放送「お待たせ致しました 決勝戦を開始致します」

カツオ「決勝戦の相手は誰なんだろう・・・」

カツオ「Aブロックの試合全然見てなかった・・・」



花沢「あらぁ〜磯野君じゃな〜い!」

カオリ「流石ね、磯野君と中島君」

カツオ「は、花沢さん!?」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 12:59:36.31 ID:dnpL6ayl0

カツオ「花沢さんもメダロッターだったなんて・・・」

中島「(まずいなこれは・・・ 花沢さんが参加するなんて聞いてなかったぞ!?)」

花沢「お手柔らかにね♪」

ワーワーワーワー

カツオ&中島「メダロット転送!」

花沢&カオリ「メダロット転送!」

ブンキチ「おい・・・」

ウィード「なんすかねあいつ・・・」

カツオ「カオリちゃんのパートナーはセーラーマルチみたいだけど・・・」

カツオ「花沢さんのあれって・・・」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:03:38.63 ID:dnpL6ayl0

カツオ「そんな・・・あれは・・・」

花沢「あら?どうかしたのぉ?」

中島「嘘だろう・・・?」

カツオ「イマジン・・・カイザー・・・」

花沢「あらぁ磯野君ってばよく知ってるのね♪」

中島「(獣王だと!?花沢さんはRR社と手を切ったはずじゃ・・・)」

中島「(まさかRR社主催だとわかっていてわざと・・・!?」

中島「(いや・・・だとしたら何のために・・・)」

レフェリー「それでは」

レフェリー「ロボトルゥゥゥーーー!!!!」

レフェリー「ファイトォォォォ!!!!!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:11:39.82 ID:dnpL6ayl0

シデン「馬鹿な!」

シデン「獣王を盗んだのはあいつだったのか!?」

シデン「クソ!確かにパーツの変更は違反だ」

シデン「しかしパートナーの変更までは決められていない!」

シデン「花沢花子・・・許さんぞ・・・!」


花沢「獣王!カイザーミサイル!」

カツオ「まずい!ブンキチ逃げろ!」

ブンキチ「なんだこいつ!?追っかけてくんぞ!!!!」

中島「いかんウィード!ミサイルを撃ち落とすんだ!」

ウィード「・・・」

パンッ

カツオ「爆風で何も見えない・・・」

ブンキチ「けほっけほっ」

中島「まずいぞ磯野!索敵がかけられる前に早くなんとかしないと!



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:17:25.15 ID:dnpL6ayl0

カオリ「バリアブルヘアー!」

カオリ「そこね・・・!」

花沢「獣王!カイザーレーザー!」

シュウウウン・・・

カツオ「・・・嘘だろ?」


レフェリー「カナブンブン シルバリオン 機能停止!」

レフェリー「ロボトル終了です!」

花沢「(悪いわね磯野君・・・)」

カツオ「そんな・・・」

カツオ「ブンキチ!大丈夫か!?ブンキチ!ブンキチ!!!」

中島「・・・磯野、メダロットにはスラフシステムがある」

中島「パーツは直るだろう」

中島「それよりメダルを・・・」

カツオ「!? そうだ!メダル!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:23:58.61 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ぶ、無事だった・・・」

カツオ「でもパーツどうしよう・・・」

カツオ「いくらスラフシステムがあるとは言え、ここまで壊れてるとかなり時間がかかるよ・・・」

中島「磯野・・・今日のところは帰ろう」

放送「突然ですがRR社代表、ムラサメシデン様よりお伝えがあります」

シデン「やぁ、突然すまないね」

シデン「決勝戦、とても素晴らしく感動したよ」

シデン「そこでだ」

シデン「決勝戦出場者4名にはRR社に来てもらい、1週間モニターになって頂きたい」

シデン「(なんとしても獣王を回収しなければ・・・)」

カツオ「なんだって!?」

中島「(シデンさん・・・)」

花沢「(まさかあたしが再びRR社に戻る時が来たとはね)」

カオリ「やったわ花沢さん!まさか1週間もシデン様とご一緒出来るなんて!」

花沢「そ、そうね・・・」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:27:37.66 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ブンキチ、ブンキチ」

ブンキチ「いってて・・・」

カツオ「ごめんよブンキチ・・・」

ブンキチ「しゃーねーって」

ブンキチ「それよりモニターになるって」

ブンキチ「俺は替えのパーツがないぞ?」

中島「それなら多分RR社の方で支給してくれるはずさ」

カツオ「ならいいんだけど・・・」

カツオ「今日からモニターになるのかな?」

中島「いや、明後日らしい」

中島「今日明日は家に帰って体を休めてから自宅に迎えが来るそうだ」

カツオ「大丈夫かな・・・」

中島「大丈夫だよ、きっと」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:33:54.82 ID:dnpL6ayl0

中島「じゃ、僕も家に帰るよ」

カツオ「うん、わかった」

中島「また明後日会おうぜ!」

カツオ「はぁ・・・」

???「咲かせましょう お米の花、散らしましょう 悪の花」

???「散らしましょう 悪の花」

カツオ「だ、誰ですかあなたは!」

???「天から舞い降りた美少女メダロッター レトルトレディ、ただいま参上!」

カツオ「・・・変態?」

レディ「誰が変態よ!」

レディ「全くヒカルが間違って変なパーツを渡しちゃったようだから・・・」

カツオ「?」

レディ「はい、これが貴方に正しく渡るはずだったパーツ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:39:04.68 ID:dnpL6ayl0

カツオ「これは?」

レディ「もともと貴方のパートナーとして活躍してもらうはずだったんだけどね」

レディ「まぁ今では替えのパーツかしら」

レディ「ああカナブンブンのパーツは今まで通り使ってもらって結構よ」

レディ「それとその子は一人じゃ活躍出来ないの」

カツオ「どういう事ですか?」

レディ「使ってみればわかるわよ」

レディ「だからこの子と一緒に使ってあげなさい」

カツオ「あ、ありがとうございます・・・」

カツオ「(よく喋る人だなぁ)」

レディ「さぁ、さっさと組み立ててあげなさい!」

カツオ「は、はい!」

レディ「それでは! オホホホホ!」

カツオ「な、なんだったんだろう・・・」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:42:23.04 ID:dnpL6ayl0

カツオ「何これ・・・すげえかっこいい・・・」

カツオ「エンデバーっていうのか」

ブンキチ「うお、二脚じゃねーか!」

カツオ「あ、ブンキチ」

カツオ「着てみる?」

ブンキチ「おう!」

カチッ

ブンキチ「うひょー!」

カツオ「? えんでばーとりあつかいせつめいしょ?」

カツオ「えんでばーは ひとりじゃたたかえません ふういんをといてあげてください」

カツオ「ああ、なるほど・・・」

カツオ「で、これがその封印を解除出来るエランダー と」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:45:27.17 ID:dnpL6ayl0

カツオ「うわぁ神々しい」

エランダー「宜しくお願いします」

カツオ「こ、こちらこそ宜しくお願いします」

ブンキチ「何?俺に彼女が出来たの?」

カツオ「どっちかっていうと秘書的なポジションじゃないかな」

ブンキチ「ちぇっ・・・」

カツオ「エランダーにも何か名前つけてあげようかなぁ」

カツオ「>>114さんお願いします」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:50:23.76 ID:dnpL6ayl0

カツオ「よし、エランダー」

エランダー「はい」

カツオ「君は今日からルイズだ」

エランダー「ルイズ!ルイズ!ルイズ!ルイズぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ルイズルイズルイズぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ルイズ・フランソワーズたんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
小説11巻のルイズたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期決まって良かったねルイズたん!あぁあああああ!かわいい!ルイズたん!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
ル イ ズ ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルケギニアぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のルイズちゃんが僕を見てる?
表紙絵のルイズちゃんが僕を見てるぞ!ルイズちゃんが僕を見てるぞ!挿絵のルイズちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメのルイズちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはルイズちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックのルイズちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあアン様ぁあ!!セ、セイバー!!シャナぁああああああ!!!ヴィルヘルミナぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよルイズへ届け!!ハルケギニアのルイズへ届け! 」

カツオ「・・・」

ブンキチ「・・・」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:53:50.75 ID:dnpL6ayl0

カツオ「と、とりあえずルイズはブンキチの封印を解除してあげるんだ」

ルイズ「はい」

ルイズ「えいっ」

ブンキチ「あ、なんか体が軽くなった気がするぞ!」

カツオ「ブンキチ!ちょっと地面を叩いてみるんだ!」

バコォン

カツオ「なんだいこれは・・・」

ルイズ「クレーター・・・ですかね・・・」

ブンキチ「物騒なもん持たされたな俺も」

カツオ「よし、じゃあ二人はこのメダロッチの中に戻ってゆっくりお休み」



カツオ「ただいまー」

サザエ「カツオ!大丈夫!?」

波平「あれ程危険な目に巻き込まれるなと言っただろうが!」

カツオ「僕は大丈夫だよ、それより明後日からRR社のところに行く事になったんだ」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 13:58:56.05 ID:dnpL6ayl0

サザエ「そ、そうなの!?」

ワカメ「シデン様のサインもらってきて!!!!!!!」

波平「お前が無事ならそれでいい」

タラオ「カツオ兄ちゃん頑張ってくださーい」

フネ「今日はもう寝なさい」

カツオ「そうするー」

タラオ「(明後日は忙しくなりそうですぅ)」

カツオ「(RR社か・・・)」

カツオ「(どんなところなんだろう)」

カツオ「(学校も休みになったし明日は何をしようかなぁ)」


・・・

カツオ「ふあああよく寝たああ」

フネ「あらカツオおはよう」

カツオ「おはよう母さん」

フネ「花沢さんから電話があったよ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:01:53.56 ID:dnpL6ayl0

マスオ「どうもマスオです」

マスオ「最近僕の出番が少ないですね」


フネ「かけ直してあげなさい」

カツオ「・・・はーい」

ジリリリリリン

カツオ「あ、かかってきた」

カツオ「もしもし」

花沢「あ、磯野君!昨日はごめんなさい!」

カツオ「いや、僕は大丈夫だよ」

カツオ「それより花沢さんなんでイマジンk・・・」

花沢「今すぐ公園に来て!大事な話があるの!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:07:34.26 ID:dnpL6ayl0

カツオ「お待たせ」

花沢「あ、来たわね」

カツオ「それより話って?」

花沢「そういえばさっきイマジンカイザー・・・」

花沢「いえ、獣王の事聞こうとしてたわね」

花沢「まずはそこから」

花沢「何故あたしが獣王を持っているか」

花沢「それはあたしが元RR社の社員であり、獣王を盗み出したからよ」

カツオ「え!?盗んだ!?」

花沢「見て分かったでしょう?獣王は余りにも強すぎたの」

花沢「これがどういう事だかわかる?」

カツオ「ぜんぜん・・・」

花沢「あれはリミッターがかけられていて、力もセーブしていたからメダロット一体を機能停止させるぐらいの力しかなかった」

花沢「でもね、とある科学者がリミッターを外す方法を見つけたのよ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:11:52.31 ID:dnpL6ayl0

カツオ「え?リミッターが外されたら獣王は・・・」

花沢「国一つぐらい簡単に消せるでしょうね」

カツオ「そ、そんな!」

花沢「RR社はこれを戦争に使おうとしていたの」

カツオ「え!?」

花沢「シッ・・・」

カツオ「ご、ごめん」

花沢「だからあたしはこれを盗んだ」

カツオ「なるほど・・・」

カツオ「で、でもそんな事したらすぐ捕まってしまうんじゃ!」

花沢「ここは朝から夜まで人が多いでしょ?」

花沢「そんなことをしたらすぐ見つかってしまうし」

花沢「第一戦争に使うような兵器を取り戻しにきた!なんて言えないでしょう?」

カツオ「花沢さん案外頭良かったんだね・・・」

花沢「磯野君にそう言ってもらえると嬉しいわぁ!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:17:35.98 ID:dnpL6ayl0

花沢「で、次にあたしが大会で獣王を持ち出した理由」

花沢「言わなくてもわかるわよね」

カツオ「RR社に獣王を持ち出した事を見せつけて」

カツオ「わざと捕まるように・・・?」

花沢「そうなのよー」

花沢「そうすればわざわざこちらから出向かわなくてもあっちがお迎えに来てくれるでしょう?」

花沢「これは最初で最後のRR社と決着をつけるチャンスなの」

カツオ「花沢さん・・・」

カツオ「じゃあなんでRR社は大会を開いたんだい?」

カツオ「花沢さんが獣王を出さなければ花沢さんを迎える事なく終わるはずだったと思うけれど」

花沢「それはね・・・」

花沢「磯野君、貴方がこの獣王を扱う素質があるからよ」

花沢「そして中島君が監視を任された」

カツオ「中島が!?」

花沢「そう、初めて貴方が中島君とロボトルした時、あれは出来レースだったの」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:22:07.73 ID:dnpL6ayl0

カツオ「そ、そんな・・・」

花沢「ハッキリ言うわ、中島君は初心者の磯野君が勝てるような相手じゃなかった」

カツオ「そうだよね・・・」

花沢「でも磯野君が勝った事によって磯野君は自信をつける」

花沢「実際磯野君調子に乗ってたじゃない?」

カツオ「確かに・・・」

花沢「それで磯野君の潜在能力が徐々に高められていったの」

花沢「そして中島君のパートナーはムラサメシデンから直接支給されたパーツなの」

カツオ「!」

花沢「そりゃ校内の大会じゃ負けるはずないわよね」

花沢「どの道シデンは貴方をRR社に引き入れるつもりだった」

カツオ「そうだったのか・・・」

???「話は全部聞かせてもらったでーす」

カツオ「そ、その声は!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:27:04.17 ID:dnpL6ayl0

カツオ「タラちゃん!」

タラオ「カツオお兄ちゃんに話を聞かれるのはこちらとしてもまずいでーす」

カツオ「どういうことだいタラちゃん!」

タラオ「ぼくがRR社の社員って事でーす」

カツオ「くっ・・・」

タラオ「とりあえずロボトルでカツオ兄ちゃんのメダロットのメダルを粉々にしておくでーす」

タラオ「メダロット転送ですぅ」

KBT型―カイゼルビートル
KBT型―グランビートル
KBT型―マスクドカブト

カツオ「なんだこのメダロット達は・・・」

カツオ「まるで生気が感じられない・・・」

花沢「・・・それがRR社のメダロットよ・・・」

花沢「さ、もたもたしている暇はないわ!」

花沢「メダロット転送よ!」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:31:03.95 ID:dnpL6ayl0

カツオ「メダロット転送!」

花沢「メダロット転送!」

カツオ「あれ?花沢さん、そのメダロットは・・・?」

花沢「こんなところで獣王を出すわけにもいかないでしょう?」

DVL型―ブロッソメイル

カツオ「赤い・・・悪魔・・・」

ブンキチ「負けらんねえな、この勝負!」

ルイズ「ふふっ」

カツオ「ルイズ!ブンキチの封印解除するんだ!」

ルイズ「えいっ」

カツオ「・・・あれ?」

カツオ「これって・・・」

カツオ「メダ・・・チェンジ・・・」

カツオ「ブンキチ!メダチェンジだ!」

ブンキチ「お?お、おう!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:35:53.81 ID:dnpL6ayl0

ブンキチ「うおおおお何か力がすげえ湧いてきたああああああ」

カツオ「ブンキチ!ドライブC!先制攻撃だ!」

カツオ「おらああああああ」

マスクドカブトキノウテイシ

タラオ「どどどどういう事ですか!?」

タラオ「カイゼルビートル!グランビートル!メダチェンジするです!」

タラオ「グランビートル!ドライブB!」

タラオ「カイゼルビートル!ドライブC!クロス攻撃です!」

タラオ「カイゼルビートルのドライブCは並のメダロットならメダルごと粉砕ですぅw」

花沢「ブロッソ!」

バキィン

カツオ「・・・え?」

カツオ「花沢・・・さん・・・」

ブンキチ「おい・・・」

花沢「いいのよ・・・これで・・・それより早く!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:40:14.80 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ブ、ブンキチ!今の内に!」

ブンキチ「・・・!」

カイゼルビートルキノウテイシ
グランビートルキノウテイシ

タラオ「ぼ、ぼくがこんなアマチュアに負けたですぅ・・・」

タラオ「う、うえーんママー!」


カツオ「花沢さん・・・」

カツオ「ブロッソのメダル・・・」

花沢「ブロッソのメダルはね、あたしが一番最初に手に入れたメダルだったの」

花沢「色んな思い出もあったわ」

花沢「でも・・・それもおしまい・・・ね・・・」

カツオ「そんな・・・そんなのって・・・ないよ・・・」

花沢「でもね・・・今は泣いている場合じゃないわ・・・」

花沢「・・・決着は明日よ」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:45:21.06 ID:dnpL6ayl0

カツオ「・・・うん、そうだね」

花沢「磯野君なら出来るわ!お願い!シデンを止めて!」

カツオ「やるしか・・・ないんだ・・・!」

カツオ「ブンキチ!ルイズ!」

カツオ「明日が決着だ」

ブンキチ「あたぼうよ」

ルイズ「任せてください・・・!」



シデン「・・・磯野タラオが負けようだな」

シデン「レイニー」

レイニー「はい、お兄様」

シデン「明日だね」


カツオ「家に帰る気が起きないな・・・」

花沢「ならあたしのところに来るといいわ」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:48:59.72 ID:dnpL6ayl0

カツオ「え?で、でも」

花沢「大丈夫、家の人にはあたしから連絡しておくわ」

花沢「それに獣王を持っているのはあたし」

花沢「そしてその獣王を扱う素質があるのは磯野君、あなたなの」

花沢「RR社から見れば一石二鳥ってことなのよ」

花沢「多分カオリちゃんのところにはお迎えが来ないと思うの」

カツオ「あっはは・・・」

花沢「あたしと磯野君、そしてシデンの優秀な側近の中島君」

花沢「さ、今日は帰って休みましょう」

カツオ「明日に・・・備えて・・・!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:52:00.17 ID:dnpL6ayl0

カツオ「お、おはよう花沢さん」

カツオ「あれ?花沢さんは・・・」

カツオ「花沢さーん」

カツオ「・・・いない」

カツオ「探してこなきゃ!」




・・・

カツオ「花沢さん!」

花沢「あ、磯野君・・・」

カツオ「探したんだよ!」

花沢「ごめんね・・・」

カツオ「大丈夫だよ、僕に任せて」

カツオ「メダルは壊れてしまったけど」

カツオ「楽しい思い出は壊れはしないよ」

カツオ「花沢さんの中に残り続けるんだ」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:55:50.74 ID:dnpL6ayl0

花沢「ありがとう・・・」

カツオ「さ、決着は今日だ」

カツオ「ブンキチ、ルイズ」

カツオ「準備はいいか?」

ブンキチ「当然だ」

ルイズ「勿論です」

カツオ「多分そろそろ迎えが来るだろう」

カツオ「(中島・・・!)」



花沢「どうやら迎えが来たようね」

社員「磯野カツオ様、花沢花子様、お迎えに上がりました」

社員「さ、どうぞこちらへ」

花沢「獣王ならこのメダロッチの中よ」

花沢「変な動きをしたらこのメダロッチごと叩き壊すわ」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 14:58:52.43 ID:dnpL6ayl0

社員「チッ・・・」

カツオ「失礼します」





カツオ「ところで中島は?」

社員「中島様なら別のルートで本社に向かっております」

カツオ「そうですか」



・・・

カツオ「ここが・・・」

花沢「本当は二度と来たくはなかったんだけどね」

カツオ「よし、行こう!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:04:23.13 ID:dnpL6ayl0

シデン「やぁ、ようこそRR社へ」

シデン「早速だがテストを受けてもらうよ」

シデン「君が本当に獣王を扱うに相応しい人間なのか をね」

DKB型―ダックビル
SOT型―シーオッター
SOT型―シーオッター

カツオ「くっ・・・!」

カツオ「ブンキチ!ルイズ!」

ブンキチ「ああ!」

カツオ「メダロット転送!」

ブンキチ「軽くヒネってやるとするか」

カツオ「ルイズ!封印解除! ブンキチ!クエンチ!」

ブンキチ「おらよっ!」

シデン「(凄まじい力だ・・・ メダロッターの腕もあるが・・・)」

シデン「(あのメダロットも実に興味深い・・・)」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:09:00.76 ID:dnpL6ayl0

カツオ「はぁっ・・・はぁっ・・・!」

カツオ「終わったぞ!出てこい!ムラサメシデン!」

中島「済まない磯野・・・」

中島「次の君の相手は」

中島「僕だ」

カツオ「中島!?」

カツオ「中島!お前どうしてRR社なんかに!」

中島「負けたく・・・なかったんだ」

カツオ「どういうことだい!?

中島「シデンさんは君を見つけて以来、君に興味を持つようになった」

中島「きっと野球とかして遊ぶ僕らを見たんだと思う」

中島「シデンさんはその立場故に外で遊んだりする事なんてほとんどなかっただろうから」

中島「そして偶然にも君は獣王を扱うに相応しい潜在能力を秘めていた」

中島「しかし磯野、君本人に獣王を扱う素質があるなんて言えるはずないだろう!?」

中島「だからシデンさんは君と一番仲のいい僕に話を持ちかけた」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:13:30.81 ID:dnpL6ayl0

中島「君と仲のいい磯野君は必ず強いメダロッターになる」

中島「彼がメダロットを持てば君は簡単に負けてしまうだろう」

中島「だから僕と手を組んで磯野君の監視を頼みたい、勿論それ相応の報酬は出す ってね」

中島「僕は学校の奴らの中でも一番強かった!」

中島「でもそれを簡単に壊されたくなかった!」

中島「ぽっと出の君なんかに潰されたくなかった!」

中島「だから・・・だから・・・!」

カツオ「やめよう中島・・・」

カツオ「なら今からそれが本当かどうかを決めよう」

カツオ「ただし」

カツオ「僕が勝ったら君はRR社から足を洗ってくれないか」

中島「・・・わかった」


中島「ロボトルファイトだ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:20:50.74 ID:dnpL6ayl0

中島「シデンさん申し訳有りません、今日は今までの僕で戦わせてください」

中島「メダロット転送!」

DNT型―アントールド
MAC型―ラッパー

中島「ウィード、久々にこのパーツを付けたね」

ウィード「久しぶりっす」

中島「君の意見を無視して済まなかった」

ウィード「いいっすよ、全然気にしてないっす」

中島「それじゃあ行こうか」

カツオ「メダロット転送!」

ブンキチ「さぁ、始めようか」

中島「ラッパー!ウィードに刻印付加を!」

中島「ウィード!ハシュリー!」

カツオ「ルイズ!ブンキチの封印を解除するんだ!」

カツオ「ブンキチ!クエンチ!」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:25:47.76 ID:dnpL6ayl0

ガキィィィン

ブンキチ「チッ・・・まずいな」

ウィード「こいつは痛いっす・・・」

ブンキチ「場違いかも知れねーけど」

ウィード「ロボトルの本当の楽しさってのがわかった気がするっす」

カツオ「中島・・・お前本当に強いよ・・・!」

中島「ああ・・・磯野もさ・・・!」

カツオ「ブンキチ!」

中島「ウィード!」

カツオ&中島「メダチェンジだ!」

ブンキチ「よっしゃ本気出していこうかー」

ウィード「わくわくしてきたっすww」

カツオ「中島、わかっているんだろう?」

中島「ああ」

中島「次で決まる」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:29:41.98 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ブンキチ!」

カツオ「ドライブCだ!」

中島「ウィード!」

中島「ドライブB!」



ブンキチ「負けられねえんだ」

ウィード「久々に・・・否・・・こんな戦い初めてっす」


アントールドキノウテイシ

カツオ「勝ったんだ・・・!」

カツオ「中島!」

中島「ありがとう磯野・・・本当にいいロボトルだったよ・・・」

中島「パーツの性能だけがロボトルじゃなかったんだ」

中島「大切なのはパートナーとの信頼関係だってね」

キィィィィィン

カツオ「あれ?ブンキチ?」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:33:07.15 ID:dnpL6ayl0

シデン「この輝きは・・・!」

シデン「メダフォース!」

シデン「間違いない!磯野カツオは獣王を扱うに相応しい!!」

シデン「否・・・!獣王なんか霞んで見えるぐらいだ・・・!」

ブンキチ「あれ・・・なんだこの感覚は・・・」

カツオ「昔本で読んだ事がある!!」

カツオ「これは・・・メダフォースだ!」

ブンキチ「メダ・・・フォース・・・」

ブンキチ「そうか・・・」

ブンキチ「そんなことより・・・花沢さんは・・・?」

カツオ「!?」

カツオ「花沢さん!花沢さん!?」




161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:36:35.70 ID:dnpL6ayl0

シデン「磯野カツオ君・・・だったね」

カツオ「シデン!!」

シデン「花沢花子とメダロッチは預かった」

カツオ「まさか・・・!」

シデン「いや、僕が欲しいのは君と」

シデン「そのパートナー」

シデン「取引をしないか?」

シデン「僕が君とのロボトルに勝った場合」

シデン「君とそのパートナーは僕のところに来てもらう」

シデン「僕が負けたら花沢花子を帰そう」

シデン「どうだい?君が負けたにしても君とパートナーはいつまでも一緒だ」

シデン「悪くないだろう?」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:39:39.65 ID:dnpL6ayl0

カツオ「ふざけるな!」

カツオ「僕は負けない!」

シデン「まぁ・・・戦って腕の差を見せつければ君の心も折れるだろう」

シデン「そちらへ行くからしばらく待っていてくれたまえ」

カツオ「くっ・・・!」

ブンキチ「心配すんなカツオ」

ブンキチ「負けねえだろ?」

カツオ「ブンキチ・・・!」

ルイズ「私も負ける気は全くしません」

ウィード「やる前から分かってる事っすよ」

中島「勝つのは」

中島「磯野だ」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 15:45:43.07 ID:dnpL6ayl0

シデン「やぁ・・・待たせたね」

ブンキチ「さっさと決着つけようぜキザ野郎!」

シデン「メダロット転送」

ブンキチ「ケッ 予想通り獣王様かよ」

カツオ「獣王・・・」

ブンキチ「恐いのか?カツオ」

ブンキチ「カツオ!あの時を思い出すとこわいのはわかる

ブンキチ「戦わなくちゃ・・・・・・戦わなくちゃ克服できないぜ!」

カツオ「ブンキチ・・・!」

シデン「さぁ始めようか」

シデン「ロボトル」

カツオ「ファイト!」

カツオ「ルイズ!ブンキチの封印を解除!」

シデン「獣王、カイザーブレイクをお見舞いしてやれ」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:02:04.62 ID:dnpL6ayl0

カツオ「まずいブンキチ!避けろ!」

ブンキチ「さっきのロボトルで学んだんじゃねえのか、カツオ」

ブンキチ「避けねえよ・・・俺は」

カツオ「ブンキチ・・・」

カツオ「ブンキチ!そのまま突っ込め!」

ブンキチ「おうよ!」

シデン「何っ!?」

カツオ「叩き込め!」

ブンキチ「おらっ!」

シデン「獣王の右腕が潰されただと・・・」

ブンキチ「これでもう厄介なミサイルは撃てねえよなあ?」

ブンキチ「レーザーは準備動作が長い」

ブンキチ「頭部パーツは使用に制限がかかっている」

ブンキチ「今の反動で確実に1回目は潰せただろう」

ブンキチ「さぁどうすんだ?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:07:17.93 ID:dnpL6ayl0

シデン「ははっ」

シデン「何を言っているんだい?」

シデン「君はメダロットを2体使っているだろう?」

シデン「僕ももう1体転送するだけさ」

シデン「こいつはまだ研究中だったんだがね・・・」

シデン「メダロット転送」

MST型―ミストラル

カツオ「・・・え?」

ブンキチ「なんだこいつ」

ブンキチ「負ける気がしねえよ」

カツオ「なんだろう・・・とても不安なんだ」

ブンキチ「情けねーこと言うなって!」

シデン「ミストラル・・・」

シデン「メダチェンジだ」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:12:08.52 ID:dnpL6ayl0

ブンキチ「なん・・・だ・・・?」

カツオ「どういうことだよ・・・」

ウィード「メダロットが・・・」

中島「成長・・・した・・・?」

シデン「ご名答」

シデン「ミストラル、ドライブCだ」

ブンキチ「おい、嘘だろ?」

カツオ「獣王の腕が復活・・・」

中島「しかも装甲も全快だって・・・?」

カツオ「ちくしょう!」

カツオ「どうすりゃいいんだ!」

ブンキチ「落ち着け、カツオ」

ブンキチ「まだ何か手はあr」

バァン


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:15:40.45 ID:dnpL6ayl0

シデン「何をごちゃごちゃ言ってるんだい?」

シデン「まだ戦闘中だよ」

カツオ「ブンキチ!ブンキチ!!!」

ブンキチ「・・・」

カツオ「おい!返事をしてくれよ!」

シデン「このロボトルは終了でいいのかな?」

カツオ「まだ・・・」

カツオ「まだブンキチは機能停止しちゃいない・・・!」

シデン「なら終わりにしよう」

カツオ「ブンキチーーーー!!!!!!」

キィィィィィン

カツオ「この輝きは・・・さっきの・・・」

カツオ「メダフォース・・・!?」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:20:36.98 ID:dnpL6ayl0

ブンキチ「・・・あー」

ブンキチ「わりぃわりぃ ちょっと気を失ってたわ」

カツオ「ブンキチ!」

カツオ「ブンキチ・・・」

ブンキチ「わかってるだろカツオ」

カツオ「メダフォースしかない!」

ブンキチ「よっしゃカツオ、俺を信じろ!」

カツオ「ああ!」

ブンキチ「行くぜカツオ!」

ブンキチ「ヴォルカノン!」

ブンキチ「こいつはな、自分の装甲を削って相手に装甲分のダメージを与えるメダフォースなんだ」

ブンキチ「獣王だろうと一溜まりもねーぜ・・・!」

シデン「馬鹿な・・・!」

シュウウウウン

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:24:10.52 ID:dnpL6ayl0

イマジンカイザーキノウテイシ

シデン「そんな・・・僕が負けた・・・?」

シデン「いや間違いだ!何かの冗談だろう!?」

カツオ「シデンさん」

カツオ「貴方の負けです」

シデン「くっそおおおおおおお!!!!!」

カツオ「貴方はメダロットとの信頼関係を築いた事がありましたか?」

カツオ「パーツの性能の差だけがメダロットじゃないんです」

カツオ「そりゃあ強いパーツや弱いパーツもあります」

カツオ「でもパーツやメダルのステータスには書かれていない特別な力があるんです」

カツオ「それがマスターとパートナーの」

カツオ「絆です」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:27:33.71 ID:dnpL6ayl0

カツオ「花沢を放してください」

シデン「チッ・・・約束だからな・・・!」

カツオ「ありがとうございます」



カツオ「ブンキチ、よく頑張ったね」

ブンキチ「あ、ああ・・・」

ブンキチ「すまねえカツオ・・・少し休ませてくんねーか・・・」

カツオ「あ、ごめんごめん」


花沢「磯野くーん!」

カツオ「花沢さん!」

花沢「あたし驚いたわ・・・あのリミッター解除した獣王を倒すなんて・・・」

中島「磯野、前に言ったよな」

中島「マスターの見かけはアテにならないって」

中島「あれは間違いだったよ」

カツオ「えっへへ・・・」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:31:24.90 ID:dnpL6ayl0

カツオ「さ、帰ろう!」

花沢「みんなが待ってるわよ!」

???「ちょっと待ってください!」

カツオ「君は・・・?」

中島「・・・レイニーさん」

レイニー「RR社代表取締役ムラサメシデンの妹、レイニーと申します」

カツオ「あ、こりゃどうも・・・」

レイニー「磯野カツオさん」

カツオ「なんですか?」

レイニー「ありがとうございました」

レイニー「これで兄も考えを改め、今後メダロットを兵器にする事はないと思います」

レイニー「でもまた兄が企んでいたら」

レイニー「その時はまた止めてください」

カツオ「は、はい!」

レイニー「それでは車を呼びますのでしばらくここで待っていてくださいね」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:34:44.21 ID:dnpL6ayl0

カツオ「色んな事があったなぁ・・・」

花沢「本当ね」

中島「僕は磯野にたくさんの事を教えてもらったよ」

中島「本当にありがとう」

カツオ「そんなのいいって!」

中島「あ、車が来た!」

花沢「帰りましょう!」

カツオ「僕達の街に!」


〜fin〜

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/26(火) 16:38:17.36 ID:dnpL6ayl0

レトルト「ふーっ 流石博士の見込んだ少年だった」

レトルト「さ、今の内のRR社のパーツやメダルを・・・」

セレクト隊員「貴様何やってるでありますか」

レトルト「あ、い、いやこれは・・・」

レトルト「さらばだセレクト隊の諸君!

レトルト「とうっ!」

セレクト隊員「あ、逃げたであります!」



という事で終わりです

皆さん支援ありがとうございました!

naviの機体が多かったのは一番悪役っぽいのが個人的にシデンだったからかな・・・w



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:白石みのる「柊さんっ!僕、眼孔姦好きなんです!」