古泉「う…う…グスッ…初めて……だったのに……」長門「メンゴ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ごきげんよう?」

ツイート

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:22:54.87 ID:b7f4oipl0

古泉「はじめては好きな人とって決めてたのに……」

長門「古泉一樹は、私のことを好きではない」

古泉「え、いや……」

長門「そう」しょんぼり

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:24:03.60 ID:b7f4oipl0

みくる「なんだか長門さんしょんぼりしてますねえ」

長門「しょんぼり」

みくる「どうしたんですか?」

長門「……」じー

古泉(すごく見られている……)

みくる「古泉くんが長門さんに何かしたんですかあ?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:25:19.54 ID:b7f4oipl0

古泉「いえ、僕がしたというよりは寧ろ僕がされたとでもいいましょうか……」

みくる「何をされたんですかあ?」

古泉「……」

長門「……」

みくる(私、何か聞いちゃいけないこと聞いちゃったかなぁ……)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:26:53.68 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「こんにちは! って何か暗いわね、この部室」

みくる「あ、こんにちわぁ」

古泉「こんにちは」

ハルヒ「暗いと思ったら、電気もつけないで何やってるのよ」パチ

古泉「あ……」

ハルヒ「ん? 何か、床に白いのがベタベタついてるわね、何かしら……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:28:34.97 ID:b7f4oipl0

古泉「……グス……うっ……」

ハルヒ「え、ちょっと何泣いてるのよ。どうしたの?」

長門「それは愛の残骸」

古泉「僕、はじめては好きな人とがいいって言ったのに……グス」

ハルヒ「え、じゃあ、これ古泉くんの精え……」

長門「ミルクシェーキ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:30:00.77 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「ちょっと、精液をそういう例え方するのはやめなさい!
     もうミルクシェーキ飲めなくなるでしょ!」

古泉「せーえき?」

長門「?」

みくる「?」

ハルヒ「え、何よその反応……」

古泉「ミルクシェーキってせーえきとも言うんですか?」

長門「初耳」

みくる「私もですぅ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:33:43.08 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「え? 古泉くんと有希はさっきまで何をしてたの?」

古泉「ヒック……思い出させないでください……うっ」

長門「思い出したくないほどの思い出」

みくる「長門さんが、かなりショックをうけてますねぇ」よしよし

ハルヒ「この物体が本当にミルクシェーキなのかどうなのかによって
     片付け方が変わってくるのよ。古泉くんも男の子なんだから、いつまでも泣かないの!」

古泉「……はい……話します……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:35:38.31 ID:b7f4oipl0

古泉「あれは、三十分前のことでした……」



古泉「お、今日は一番乗りですね」

古泉「……練習しちゃおうかな」

古泉「えへへ、じゃーんミルクシェーキ」ばん

古泉「僕、このジュースを同じコップから一つの先われスプーンで好きな人と飲むのが
    ずーっと夢だったんですよ」ぽわわ

古泉「粗相のないようにしなければいけませんからね! 練習です」じょぼぼぼ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:37:22.37 ID:b7f4oipl0

古泉「おおっ、それらしくなってきましたね」ほわー

古泉「では、ストローをさしてっと……いただきまーす」じゅる

古泉「あんまり早く飲むと楽しみが少なくなってしまいますからね、徐々に徐々に」

バタン

長門「……」

古泉「あ、長門はん、こんにち……」

長門「飲む」ごくごく

古泉「え、ぎゃあああああああああ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:38:45.66 ID:b7f4oipl0

古泉「な、なっ……」じょぼじょぼ

長門「古泉一樹、口からジュースが垂れている」

古泉「僕、初めては好きな人とって……」

長門「?」

古泉「好きな人とって決めてたのにぃいいいグスグス……ヒック……」

長門「ごめん」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:40:01.46 ID:b7f4oipl0

古泉「ヒッ……という、そういうことですグス」

ハルヒ「……」

みくる「……」

長門「申し訳なかった」

ハルヒ「とりあえず、古泉くんは有希に謝りなさい」

古泉「どうしてですか!」

ハルヒ「いや、なんとなく有希が可哀想だからよ……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:42:07.86 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「というかね! そんな重大な練習をこんな部室でする古泉くんも悪いのよ!」

古泉「そ、それは……」

ハルヒ「家でしなさい、家で」

古泉「……」

ハルヒ「古泉くん? 分かった?」

古泉「……家で家でってなあ、テメェの神人倒しに狩り出されてそんな暇ねェんだよォ!!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:44:23.36 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「ど、どうしたの? 古泉くん……」

古泉「僕がどこでミルクシェーキを飲もうが僕の勝手だろうがあああ!!!」わああ

みくる「古泉くん……」

長門「ぼそぼそ」

古泉「ううっ……」ぼて

ハルヒ「こ、古泉くん? 大丈夫!?」

みくる「あわわ、古泉くん泡吹いてますぅ、救急車を!」

長門「いい、大丈夫。私が保健室へ連れて行く」よいしょ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:45:55.81 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「でも、有希。あなたそんな小さな身体で古泉くん抱えるなんて……」

長門「大丈夫」

ハルヒ(片手で!?)

ハルヒ「ほ、本当に大丈夫みたいね……」

みくる「救急車は……」

長門「大丈夫。古泉一樹は疲れているだけ。さっきの発言は忘れてあげて」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:47:04.44 ID:b7f4oipl0

ハルヒ「……」

長門「行ってくる」

みくる「気をつけてくださいねぇ」


みくる「はわわ、古泉くん大丈夫でしょうか……涼宮さん?」

ハルヒ「古泉くん、すごい顔してた……」

みくる「……」

ハルヒ「私、古泉くんに何かしちゃったのかしら……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:47:52.83 ID:b7f4oipl0

長門「……」てとてと

古泉「……」

長門「この年齢の男子高生にしては軽い」

古泉「……」

長門「栄養が足りていない」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:48:49.73 ID:b7f4oipl0

古泉「ん……ここは……?」

長門「目が覚めた」

古泉「長門さん……僕は……って何ですか、これ」

長門「寿司」

古泉「いや、それは分かりますけど……」

長門「食べて」

古泉「え」

長門「食べて」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:50:32.72 ID:b7f4oipl0

古泉「では、いただきます……」もぐもぐ

長門「ここは保健室」

古泉「えっ、保健室になぜこんな寿司が……」

長門「私が構成した保健室」

古泉「長門さんの力はすごいですね」

長門「私の力で先程のことを無かったことにも出来る」

古泉「……」

長門「傷つけてしまって申し訳なかった」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:51:52.36 ID:b7f4oipl0

古泉「……では、無かったことにしてもらいましょうかね」

長門「……」

古泉「神人のことを涼宮さんにバラしてしまったことを」

長門「それだけ」

古泉「ええ、それだけです」

長門「ジュースの件は」

古泉「それはいいんです」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:53:31.33 ID:b7f4oipl0

古泉「少し苛々していたんです。毎日、僕は何をやっているんだろうって。
    クラスメイトには交際をしている男女だって居るのに、僕は毎日毎日……」

長門「……」

古泉「ただの八つ当たりです。僕の方こそ、すみません」

長門「そう」

古泉「ええ……。このお寿司美味しいですね」

長門「……」ムラ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:54:36.10 ID:b7f4oipl0

長門「古泉一樹」

古泉「はい?」

長門「私という個体はあなたに欲情している」

古泉「え」

長門「あなたと合体したい」

古泉「アッー!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/04(金) 10:55:19.54 ID:b7f4oipl0

古泉「う……う……グスッ……初めてだったのに……」

長門「メンゴ」

                           完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】カセットプレイヤーの回想