カツオ「誰にメンチ切ってんだ、コラ・・・!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネオ母「玉子さん、創価学会って知ってる?」のびた母「え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:09:05.12 ID:/g1FbMSF0

学生「え・・・み、見てませんよ」

カツオ「あぁん!?」

カツオ「んじゃテメエ・・俺が嘘ついてるってのか・・?」

学生「そ、そんな・・!」

カツオ「舐めてんじゃねーぞコラァー!!」

学生「ひぃーっ・・!」



磯野カツオ、16歳・・・

彼は札付きの不良少年となっていた・・・!

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:13:11.31 ID:/g1FbMSF0


短く刈り込まれた髪に、ひときわ鋭い剃り込み・・・

その容姿から彼は、“鬼ゾリのカツオ”と呼ばれていた



カツオ「俺っち傷ついたべ? 慰謝料よこせや」

学生「ぼ、僕、お金もってません」

カツオ「あぁん!?」



中島「よう磯野〜」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:17:54.67 ID:/g1FbMSF0

カツオ「おう中島」

中島「何やってんだ?」


彼の名前は中島・・・幼い頃からのカツオの親友である

ニヒルな丸グラサンをかけた彼は、“策士の中島”と呼ばれていた


カツオ「この餓鬼が俺を嘘つき呼ばわりするんだよ」

中島「ほー」


中島「おい兄ちゃん・・俺のダチに何してくれてんだ・・?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:21:08.45 ID:/g1FbMSF0

学生「い、いえ、僕は・・・」

中島「金よこせや」

学生「も、持ってません!」

カツオ「その場でジャンプしてみろよ」

学生「・・・」

カツオ「おら、どうした?」


中島「口に聞いても答えないなら・・・体に聞くしかねーな」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:23:59.92 ID:/g1FbMSF0


中島はいつも金属バットを持ち歩いていた・・・


中島「野球しようぜ」

学生「えっ・・」

中島「お前がボール役な。俺はバッター」

学生「は・・・?」

カツオ「おっ、いいね〜。んじゃ俺はピッチャーな」


カツオ「んじゃこの餓鬼、お前の所へ投げま〜す」

中島「あいよー」


学生「や、やや・・・やめてください・・!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:27:34.01 ID:/g1FbMSF0

カツオ「おら、来いよ」 グイッ

学生「ひいっ!」

カツオ「いくぞー」

中島「来いや。フルスイングでかっとばしてやる」


カツオ「ピッチャー振りかぶって第一球を・・」


学生「か・・・勘弁してください!!」


学生「お金払いますから・・・」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:31:16.91 ID:/g1FbMSF0

カツオ「あん?」

学生「は、払います・・・」

カツオ「ったく、最初からそうしろよ」

中島「財布もよこせよ。売れるからな」

学生「は、はい・・・どうぞ・・」


カツオ「どれどれ・・チッ、しけてやがる」

中島「磯野、ラーメンでも食いに行こうぜ」

カツオ「おう」



彼らはまさに悪行の限りを尽くすワルであった・・・

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:40:19.00 ID:/g1FbMSF0

カツオ「ただいま」

マスオ「お・・カツオきゅんか・・・」


彼の名前は、フグ田マスオ

カツオの義兄である


彼は三年前にリストラをされ、自暴自棄となり

すっかり不良中年に・・というか廃人と化していた



カツオ「義兄さん、またアンパンやったの」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:43:30.11 ID:/g1FbMSF0

カツオ「最近やりすぎじゃない?」

マスオ「・・あぁ・・うぅん・・・」


マスオ「もういいんだ・・僕ぁ・・ヘヘヘ」

カツオ「死なない程度にしときな」




ワカメ「兄貴〜」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:49:34.00 ID:/g1FbMSF0

カツオ「お、ワカメ」

ワカメ「ちょっと話があるんだけど」


彼女の名前はワカメ・・・カツオの妹である



女の命である髪を、兄とお揃いのように短く刈り込み

さらに顔面ピアスだらけのその容姿は

語らずとも、彼女が非行の道をひた走っていることは明らかだった



カツオ「どうした?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:57:09.84 ID:/g1FbMSF0


ワカメ「最近、××校の奴らが調子こいてんだヨ」

カツオ「ほう」

ワカメ「兄貴、そのへん顔きくでしょ。一発ビシッと言ってやって」

カツオ「わかったよ」


カツオ「ところで、タラオはまだ帰ってないのか?」


ワカメ「あいつならまたどこかで暴れてるんじゃない」

カツオ「そうか」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:04:21.95 ID:/g1FbMSF0


翌日


カツオ「お前ら、××校のモンか?」

不良1「は?」

中島「聞いてんだよ」

不良2「何スか、あんたら」


カツオ「お前ら最近、ちょっと元気が良すぎるんじゃないかな〜」

不良1「あ?」

不良2「喧嘩売ってんの?」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:07:46.34 ID:/g1FbMSF0


カツオ「よせよ。別に喧嘩してーわけじゃねえんだ」

中島「ただ俺たちは忠告にきたのさ」


不良1「ああん・・?」

不良2「厨房だと思ってなめんなよコラ・・・」


カツオ「やめとけ、俺達つえーぞ」

中島「ま、どうしてもやるってんなら・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:10:47.93 ID:/g1FbMSF0

カツオ「かかってきな・・・!」

不良1「オラァー!」


・・・



カツオ「ふう、ざっとこんなもんか」

中島「ま、所詮、厨房だわな」


不良1「つ、強え・・」


カツオ「これに懲りたら、あんまイチビんじゃねーぞ」



不良1「てめえら・・・覚えとけよ・・・」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:16:22.70 ID:/g1FbMSF0


数日後


カツオ「ん・・・」


不良1「へへ・・よう」

カツオ「何だよ。またイジメられに来たのか?」

不良1「バカヤロー、復讐にきたんだよ」

カツオ「何度やっても同じだぜ」


不良1「俺じゃねーよ。相手は・・・」


カツオ「何・・・?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:19:04.94 ID:/g1FbMSF0

不良1「親父・・・」

アナゴ「おう」


カツオ「な・・」


不良1「へへ俺の親父・・・現役ヤッチャンなんだぜ」

アナゴ「おいおい、大きな声で言うな」


アナゴ「息子が・・・世話になったようだな・・」

アナゴ「ん?」


カツオ「アナゴさん・・・」

アナゴ「・・あ・・・カツオ君か・・?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:23:35.05 ID:/g1FbMSF0

不良1「え・・知り合い・・?」

アナゴ「いや、何というか・・・」


アナゴ「前に勤めていた会社の、同僚の息子だ・・」

アナゴ「昔の話だがな・・・」


カツオ「まさかアナゴさんがヤッチャンになっていたなんて・・」


アナゴ「・・・」



アナゴ「カツオくぅ〜ん・・僕はね・・曲がったことが大嫌いなんだよ・・」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:27:58.63 ID:/g1FbMSF0

カツオ「あわわ・・・」

アナゴ「息子の借りを返させてもらうよ・・」


アナゴ「死ね」


・・・



アナゴ「こんなもんでいいか?」

不良1「う、うん・・・ちょっとやりすぎかな・・」


カツオ「ゲホッ・・・ガハッ・・」


アナゴ「カツオくぅ〜ん・・・世の中ナメちゃいけないよ・・・」

アナゴ「じゃあな」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:37:18.27 ID:/g1FbMSF0

カツオ「ただいま・・・」

波平「む・・」

波平「ど、どうしたんだカツオ!」


磯野波平・・・カツオの父親である



彼は勤めていた会社を退職し

現在は自宅のそばに工房をかまえ

そこで極道専門の刺青師を営んでいた・・・


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:43:28.01 ID:/g1FbMSF0

波平「誰にやられたんだ!?」

カツオ「・・アナゴさんに・・・」

波平「アナゴ!?」

カツオ「アナゴさんが・・・ヤクザになってて・・」


波平「アナゴか・・・最近よく聞く名前だ」

波平「たった一人で組を起こし、ここ数年で爆発的に勢力を拡大している」

波平「そんな男に・・・カツオ・・」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:49:19.55 ID:/g1FbMSF0

ワカメ「ごめんね、兄貴」

ワカメ「アタイが頼んだばっかりにこんな事に・・」

カツオ「気にすんな」


ワカメ「・・アナゴさんにリベンジするの?」

カツオ「当然」


ワカメ「で、でも! 相手はヤッチャンだよ・・・」

カツオ「・・・」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:52:55.72 ID:/g1FbMSF0

数日後


カツオ「ここか・・・アナゴ組の事務所は・・」

中島「お、おい、磯野・・・」

中島「マジでやるのか・・?」

カツオ「当たり前だろ」

中島「・・・」

カツオ「何だよ。ビビってんのか?」

中島「そ、そんなことねーよ!」


カツオ「よし・・・行くぞ・・!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:56:20.21 ID:/g1FbMSF0

ガシャーン


カツオ「おらあー!」

中島「鉄砲玉だー!」


カツオ「あれ・・・」

カツオ「誰もいないのか・・・?」



ノリスケ「なんだよ騒がしいな・・・」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 11:59:22.05 ID:/g1FbMSF0

カツオ「ノリスケおじさん・・・?」

ノリスケ「あ・・カ、カツオ君?」

カツオ「ひ、久しぶり・・・」


カツオ「何でこんな所にいるの・・?」


ノリスケ「・・・」



ノリスケ「僕いま・・・アナゴ組の構成員なんだよね・・エヘヘ」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 12:03:20.09 ID:/g1FbMSF0

カツオ「え・・・」

カツオ「ま、まさかノリスケさんまでヤクザに・・」

ノリスケ「まあね」

カツオ「何で・・・」

ノリスケ「仕方ないよ。こんな時代だもん」

ノリスケ「不景気だし、ヤクザにでもならなきゃ、やってられないじゃん」

カツオ「・・・」


ノリスケ「で、何? 君たち鉄砲玉?」


ノリスケ「それじゃ・・・排除させてもらうよ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 12:09:55.66 ID:/g1FbMSF0

ノリスケ「ほら、これ見て。本物のピストルだよ」

カツオ「あわわ・・・」

ノリスケ「僕、これ手に入ったとき嬉しくてさ」

ノリスケ「誰かを撃ってみたくて仕方ないんだよね・・・」

カツオ「や、やめて・・」

ノリスケ「さよなら、カツオ君・・・」


バリーン

ノリスケ「だっ、誰だ!?」



タラオ「ったく・・・世話の焼ける伯父だぜ・・」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 12:15:34.66 ID:/g1FbMSF0

カツオ「タラオ!」

タラオ「よっ。ピンチか?」



フグ田タラオ・・・カツオの甥である


まだ小学生ではあるが、成長ホルモンと男性ホルモンの過剰分泌により

すでに身長は180pを超え、逞しい筋肉美をほこっていた


この地域では最強と噂される、伝説のヤンキーである



タラオ「ヤクザごときに手こずってんじゃねーよ」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 12:19:29.42 ID:/g1FbMSF0

カツオ「どうしてここに・・・」

タラオ「ワカメから聞いたんだよ」


ノリスケ「タラオだと・・・しゃらくせえ」

ノリスケ「死ねっ!」

パンッ


タラオ「よっと」 ヒュッ


ノリスケ「な・・・」


タラオ「無理すんなオッサン。チャカ持つ手が震えてるぜ」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 12:24:10.06 ID:/g1FbMSF0

タラオ「今度はこっちから行くぜ!」

ノリスケ「はわわ・・」

バキッ

ノリスケ「ぐはっ・・・」 バタッ


中島「い、一撃で・・・強い・・」

カツオ「タラオ・・・ありがとな」

タラオ「余裕だよ」



アナゴ「う〜ん・・・何の騒ぎだ〜・・?」


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 12:29:15.93 ID:/g1FbMSF0

カツオ「アナゴ・・・」

タラオ「あいつが組長か」


アナゴ「あららノリスケ君が・・・」

アナゴ「酷いことしてくれたね〜・・・」


タラオ「ようオッサン」

カツオ「お、おいタラオ!」

アナゴ「何だい?」

タラオ「伯父が世話になったな」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 17:40:57.36 ID:hnE1CC+c0

ごめん>>1です

>>179のつづき↓


ノリスケ「く、組長・・」

カツオ「あ、目覚めやがった」


アナゴ「ノリスケくぅん・・・大丈夫かい?」

ノリスケ「す、すいません・・・」

アナゴ「いいんだよぉ・・・よくやってくれた」

アナゴ「褒美に良いものをあげよう」

ノリスケ「え・・良いものですか?」

アナゴ「ああ・・・」


アナゴ「地獄行きのパスポートだ」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 17:45:59.04 ID:hnE1CC+c0

アナゴ「死ね」 チャキ

ノリスケ「な・・・」

パンッ


ノリスケ「がはっ・・」 バタッ


カツオ「あっさり舎弟を殺しやがった・・」

アナゴ「僕はね・・・利用価値のない人間には興味ないんだよ」

タラオ「おいオッサン、勝負しろや」

アナゴ「タラオ君・・・」


アナゴ「気に入った!」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 17:50:08.47 ID:hnE1CC+c0

タラオ「あ?」

アナゴ「気に入ったよ! 君の強さ、申し分ない!」

アナゴ「どうだね。ウチの組に入らないかい?」

アナゴ「君なら即、幹部だ。いや、副組長の座を与えよう」

アナゴ「そして将来は二代目襲名だ!」


カツオ「おいおい、何を言いだしてんだ・・」

カツオ「相手にすんなタラオ」



タラオ「おっさん・・・それマジの話か?」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 17:53:06.40 ID:hnE1CC+c0

アナゴ「ああ、もちろんだ」

タラオ「じゃあ俺、入るぜ」

カツオ「おいタラオ!」

タラオ「じゃあな。しばらく家には帰んねーから」

カツオ「何言ってんだよ・・」


アナゴ「カツオ君たちにも迷惑かけたね。はいこれ」

カツオ「なんだこれ?」

アナゴ「1,000,000円の小切手だ。受け取ってくれ」

カツオ「は・・?」

アナゴ「いいから持って行きなさい」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 17:57:48.21 ID:hnE1CC+c0

アナゴ「ではタラオ君、杯を交わしに食事でも行こうか」

タラオ「おう」

タラオ「じゃあな、カツオの伯父さん」




カツオ「・・・」

中島「・・・」



カツオは百万円の小切手を握りしめて立ちつくしていた・・・


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:02:56.57 ID:hnE1CC+c0

アナゴ組との抗争も一件落着し

カツオたちは再び元の生活へと戻っていた



カツオ「百万円、何に使おうっかな・・・」



花沢「磯野くん!」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:07:31.15 ID:hnE1CC+c0

花沢「おはよー!」

カツオ「・・・チッ」



彼女の名は花沢花子・・・

関東レディース連合『セクシャルエンペラー』の総長であり

幾多の猛者を蹴散らしてきた武闘派スケバンである



花沢「今日はいい天気ねー!」

カツオ「・・・ああ」

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:15:30.32 ID:hnE1CC+c0

彼女は、カツオに対して幼い頃から恋心を抱き

現在は肉体関係の仲にある



花沢は相思相愛だと思いこんでいるが

カツオは彼女のことを、都合の良い性欲処理機にしか思っていなかった



花沢「私、刺青を入れようと思っているの」

花沢「この腕のところに『カツオ命』ってね」

花沢「今度、カツオ君のお父さんの所でお世話になっていい?」

カツオ「勝手にしろよ」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:19:48.99 ID:hnE1CC+c0

花沢「もう、ツレないわね!」

花沢「ねえ・・今度いつ抱いてくれるの・・・?」

カツオ「また今度な」

花沢「待ってるわ♪」


・・・


中島「よう磯野〜」

カツオ「おう」

中島「どうした?」

カツオ「さっきまで怪獣と喋ってたんだ」

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:25:52.13 ID:hnE1CC+c0

学校


カオリ「磯野く〜ん」

カツオ「あ・・カオリちゃん」



彼女の名は大空カオリ・・・カツオの彼女である

カツオの中では花沢はカキタレ、

カオリはホンタレとして扱っていた

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:32:59.72 ID:hnE1CC+c0


カオリは地元では一番の美少女であった

しかし、学生の身分には不相応な、金髪・巻き髪・ド派手なメイク等

見るからに尻軽そうなルックスにより

彼女の周りには、援助交際や二股などの噂が絶えなかった




カオリ「ね〜磯野君。最近、百万円が手に入ったんだって?」

カツオ「あ、ああ」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:36:17.52 ID:hnE1CC+c0

カオリ「いいな〜。私も欲し〜」

カオリ「今度、何か買ってぇ〜」

カツオ「いいぜ」

カオリ「本当!? じゃあヴィトンのバッグね」

カオリ「嬉しい〜磯野君、大好き!」

カツオ「へへ・・///」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:41:40.82 ID:hnE1CC+c0

夕方


伊佐坂「おや、カツオ君おかえり」

カツオ「・・・」



彼の名は伊佐坂・・・数年前まで小説家だった男である

度重なる女性スキャンダルと過激すぎる文面で非難を浴び

結果、文壇を永久追放された

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:44:15.60 ID:hnE1CC+c0


現在、彼は新興宗教を立ち上げ

自宅に信者を招き、説法や儀式を行っていた



しかし、高価な壺を買わされたり、セクハラ等の苦情が相次ぎ

悪徳宗教ではないかと、もっぱら噂されている

カツオは、この伊佐坂のことを、あまり良く思っていなかった



伊佐坂「どうだい。ウチの壺を見て行かんかね?」

カツオ「・・・結構っす」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 18:48:09.35 ID:hnE1CC+c0

カツオ「ただいま」

フネ「おや、おかえり」


女の名はフネ・・・カツオの母である

夫が突然彫り師を志したり、娘婿が廃人化するなど

度重なる心労により、少々精神不安定であった


フネ「ほら見て、カツオ」

カツオ「ん?」

フネ「綺麗でしょ、この壺。伊佐坂先生の所で買ったの」

カツオ「・・・」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 19:03:32.87 ID:hnE1CC+c0


カツオはアナゴから貰った金で、念願の単車を購入した

違法改造を施し、毎晩、夜の街を乗り回すようになった

もちろん無免許で・・・



ブオオォォン


カツオ「ヒャッハー!!」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 19:18:09.87 ID:hnE1CC+c0

カツオ「オラオラ、道空けろや愚民共が!!」

フォンフォンフォンフォン

カツオ「ヒャハハハハ!!」


ウ〜 ウ〜

パトカー「前のバイク、止まりなさい!」

カツオ「来たなポリ公」

カツオ「捕まえたきゃ追いついてみやがれ!」

ブオオォォン


パトカー「待ちなさい! コラ待てハゲ!」

カツオ「ワハハハハ!」

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 19:27:55.84 ID:hnE1CC+c0

カツオ「ふう・・・」

カツオ「どうやら振り切ったようだな、へへっ」


カツオ「小腹がすいたぜ。そこのラーメン屋でも寄るか」

キキーッ



ガチャ

店主「へいらっしゃい!」

カツオ「ん・・・?」


カツオ「あそこのカウンターに座ってるのは・・・?」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 19:34:39.25 ID:hnE1CC+c0

カツオ「カオリちゃんじゃないか・・・!」

カツオ「何でこんな時間、こんな所に・・・」

カツオ「あれ?」

カツオ「一緒にいるあの男は・・・」



中島「ははは、本当カオリちゃんって可愛いよね」

カオリ「もう、中島くんったら〜」



カツオ「中島・・・!?」

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 19:37:09.13 ID:hnE1CC+c0

中島「早くあんなハゲと別れろよ」

カオリ「でもあいつ、もうすぐ私にバッグ買うの」

カオリ「それまでは別れられないわ」

中島「んじゃ、そのバッグ手に入ったら用無しだな」

カオリ「そうねww」



カツオ「・・・」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/26(土) 19:45:58.21 ID:hnE1CC+c0

カツオ「・・・」

店主「あれ、お客さん帰るの?」

バタン


中島「ん?」

中島「今そこにハゲに似た奴が来てなかった?」

カオリ「えっ、見てないけど」

カオリ「気のせいよ」

カオリ「そんなことより中島く〜ん、私、指輪ほしいの」

中島「俺が買ってやるよ」

カオリ「本当〜? 中島くん大好き!」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:09:11.73 ID:TJyFcSvg0

遅くなりました
>>410のつづき↓

翌日

カツオ「おい中島・・」

中島「どうした」

カツオ「俺とタイマンはれや」

中島「はっ?」

カツオ「タイマンはれや」

中島「おいおい何を言いだすんだよ」

カツオ「俺はもう知ってんだぞ・・」



中島「・・チッ、ばれちまったか」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:20:07.12 ID:TJyFcSvg0

中島「カオリのことだろ?」

中島「あいつは俺の女だぜ」

カツオ「ざけんじゃねえ・・」

中島「いいぜ。タイマンはってやるよ」

カツオ「なら明日、例の空き地に来い。逃げんじゃねえぞ」

中島「フッ」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:28:18.65 ID:TJyFcSvg0

空き地


カツオ「逃げずに来たな。ホメてやるぜ」

中島「当たり前だろ」

中島「それと、もう一人・・・」

カツオ「何?」


カオリ「中島くーん!」

カツオ「カ、カオリちゃん・・・」

カオリ「そんなハゲやっつけちゃってー!」

中島「おう任せとけ」

カツオ「殺す・・・」

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:36:08.59 ID:TJyFcSvg0


カツオ「よそ見してんじゃねえ!」 ブンッ

中島「おっと」

カツオ「中島ぁー!!」


カツオと中島の死闘がはじまった・・・

両者互角・・・かと思われたが

気合いの差で、カツオが中島を圧倒していた


カツオ「どうしたオラー!」

中島「くっ・・・」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:42:19.82 ID:TJyFcSvg0

カオリ「ちょっと中島くん、何やってんの・・」

カツオ「オラッ!」

中島「ぐわっ・・・!」 ドサッ


カツオ「ハァ・・まだやるか中島・・?」

中島「くっ・・・」


中島「分かった・・俺の負けだ、勘弁してくれ・・」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:50:24.29 ID:TJyFcSvg0

カツオ「そうか・・」


カツオの気が一瞬緩んだその瞬間

中島はボンタンの裾から、愛用の金属バットをスルリと抜いた


中島「オラァ!」

ゴンッ

カツオ「ぐわぁっ!」 バタッ


中島「へへへ・・」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 17:57:51.99 ID:TJyFcSvg0

カツオ「て、てめえ・・・」

中島「忘れたか? 俺は“策士の中島”だぜ」

中島「念仏唱えて死ねや、ハゲがー!」


ゴシュ



鈍い打撃音と共に、カツオの脳天から噴水のように

真っ赤な鮮血が吹き出した


カツオ「ぎゃああああああ!!」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:04:08.46 ID:TJyFcSvg0

カオリ「ちょっと、このハゲ死ぬんじゃない・・?」

中島「クク・・ククク・・・」

カオリ「中島くん、やりすぎじゃ・・」

中島「うるせえ、引っ込んでろ!」

中島「こ、殺してやる・・・へへ」


カツオ「うぅ・・・」

中島「とどめだぁー!」




サザエ「カツオ!!」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:07:58.18 ID:TJyFcSvg0

中島「え・・・」 ピタッ

カツオ「ね・・姉さん・・・!?」

サザエ「男なら立ちなさい!」



フグ田サザエ・・・カツオの実姉である

数年前、崩壊した家庭に見切りをつけ

放浪の旅へと出ていた



カツオ「か、帰って来たんだ・・・」

557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:13:41.43 ID:TJyFcSvg0

サザエ「これを受け取って!」


サザエの手から、妖しい光を放つ謎の物体が

カツオの元へ投げられた


パシッ

カツオ「こ、これは・・・?」

サザエ「カイザーナックルよ」


サザエ「私が現役のときに使ってたの。これを使って闘いなさい!」


565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:19:17.94 ID:TJyFcSvg0


中島「フン・・・金属バットを持った俺は最強なんだ」

中島「今さら何を使っても無駄さ!」

中島「死ねっ!」 ブンッ

カツオ「わ・・・」


ガキンッ!

中島「何ィ!?」


カイザーナックルを装着したカツオの拳が

中島の金属バットを受け止めた


カツオ「く・・・!」

568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:25:25.68 ID:TJyFcSvg0

中島「バ、バカな・・・」

カツオ「うおおおおお!」


そのままカツオは拳を振り抜いた


バキバキッ!


中島の金属バットが音を立てて破壊された


カツオ「中島、勝負あったな」

中島「くっ・・・」

カツオ「ケジメとらせてもうぜ・・・!」

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:29:34.88 ID:TJyFcSvg0


カツオ「オラアアァァァ!!」


渾身の力を込めて、カツオは中島の顔面を殴りつけた


ドゴオッ!


中島の歯という歯が、コナゴナに砕け飛び散った


中島「ぐわああああああ!」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:34:55.11 ID:TJyFcSvg0

カツオ「はぁ、はぁ、はぁ」

カツオ「勝った・・・」

中島「ゲボォ・・ガフッ・・・」


カツオ「消えろ、中島。今すぐな」

中島「くっ・・・」


散乱した自分の歯をかき集めながら、中島は退散した


575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:40:28.39 ID:TJyFcSvg0

カオリ「そんな・・・中島くんが・・・」

カオリ「・・・」

カオリ「磯野く〜ん!」


彼女はカツオに駆け寄り、抱きついた


カオリ「信じてたよ。磯野くんが勝つって」

カツオ「・・・」

カオリ「私、本当は磯野くんのことが好・・」

カツオ「触んじゃねえ、クソアマ!」


カオリ「え・・・」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:43:58.03 ID:TJyFcSvg0

カツオ「金と力に目がくらみやがって・・・消えろ」

カオリ「そんな・・ひどい・・・」

カツオ「消えろってんだ!」

カオリ「・・覚えてなさいっ」


彼女は逃げるようにその場を後にした


サザエ「カツオ、よくやったわ」

カツオ「姉さん・・・」

カツオ「おかげで勝てたよ、ありがとう」

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:45:54.92 ID:TJyFcSvg0

カツオ「旅はもう終わったの?」

サザエ「今、帰ってきたのよ」

サザエ「これから家に帰ろうかと思って」

カツオ「本当!?」

サザエ「旅をしてる間に、あの家が恋しくなっちゃった」


カツオ「姉さんが帰って来れば、あの糞みたいな家も少しはマシになるよ」


カツオ「また昔のように賑やかな家族に・・」

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:48:56.40 ID:TJyFcSvg0


サザエ「さっ、乗りなさい。帰るわよ」


カツオは、サザエのハーレーに連結されたサイドカーに腰を下ろした


サザエ「今夜はカレーにしようかしら」

カツオ「やったぜ」

ブモオオォォォ


カツオとサザエを乗せたバイクは、夕焼けの町へと消えていった・・・


おしまい


587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/27(日) 18:53:43.88 ID:TJyFcSvg0

乙でした
サザエさん見てきます



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:波平「ここは?」カツオ「やあ、父さん」