ハルヒ「チョコ作るわよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿武隈「私の大好きな季節」

ツイート

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 03:44:03.55 ID:cM9Dq1dSO


キョン「ああ、俺達に言っちゃうんだ」

ハルヒ「今年はあんた達も作るんだからいいでしょ?」

キョン「初耳です」

ハルヒ「あっ、審査員は有希ね」

長門「どんとこい」

キョン「おい、審査員ってなんだ?」

ハルヒ「アホねキョン! 略してアョン!」

キョン「どう発音すりゃいいか分からん言葉を作るな」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 03:50:18.45 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「ただ作っただけじゃ面白くないじゃない?」

キョン「いや、なんなら創作自体を遠慮したい」

ハルヒ「でも、SOS団内で勝負という形にしたらクォリティーアップにも繋がるわ!」

キョン「話を聞け」

古泉「審査基準はどうなさるんです?」

ハルヒ「単純に味と見た目よ! 尚、評価は有希の独断にまかせるわね」

長門「どんとこい」

キョン「お前らには俺が見えていないのか」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 03:54:04.71 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「みくるちゃんっ」

みくる「ひゃい!?」

ハルヒ「いーい? おっぱいチョコなんてありきたりな物じゃダメなんだからね?
    絶対ダメなんだからね!?」

みくる「わ、わかりました〜」

ハルヒ「そりゃもうダメなんだから!!」

キョン「お前の頭の方が駄目だろ」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 03:59:07.62 ID:cM9Dq1dSO





キョン「―――で、当日なわけだが」

ハルヒ「ではこれより、『チョっとマジ!? コれが幻の……ッ!!』選手権を開催します!」

キョン「幻の何だよ。バレンタインどこいった」

ハルヒ「はい、ツッコミは受け付けませんー。じゃ、最初は古泉君からね」

古泉「んっふ、了解しました」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:03:32.87 ID:cM9Dq1dSO


古泉「これが僕の作品です!」バッ

ハルヒ「あら、大きいけど単に丸いだけのチョコじゃない」

長門「ガン●ツ?」

キョン「ちゃんと隠せよ」

古泉「いえいえ。実はこれ、上下に分離するんですよ」

みくる「あっ、確かに継ぎ目があります!」

古泉「さぁ、開けてみてください」

長門「……」パカッ


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:08:11.26 ID:cM9Dq1dSO


長門「……これ」

ハルヒ「小さい人形が入ってるわね」

古泉「1/16スケールの僕です」

キョン「ああ、あの赤玉をイメージしてたのな」

古泉「どうです? 砂糖菓子なので食べられるんですよ」



長門「気分悪い」ポイッ

古泉「ああ!? 僕がFly a way!!」

キョン「そりゃお前が悪い」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:12:52.14 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「有希、点数は?」

長門「チョコは悪くない。5点」モギュモギュ

古泉「低っ!?」

長門「あの人形で−50点」ゴクン

キョン「シビアだな」

ハルヒ「次はみくるちゃんね!」

みくる「はい!」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:17:23.59 ID:cM9Dq1dSO


みくる「どうぞ」コト

ハルヒ「……ちょっとみくるちゃん?」

みくる「ふえ?」

ハルヒ「なんでおっぱいチョコじゃないの?」

みくる「ええ!? だ、だって涼宮さんが…」

ハルヒ「みくるちゃん、ここには何がある? そう、空気よ」

キョン「せめて迷う時間だけでも与えてやれよ」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:21:43.67 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「空気には流れがあるの。ここはおっぱいチョコを作ってきてちょっとした盛り上がり
    を見せるところでしょ?」

キョン「勝手だなー」

みくる「す、すみません…」

ハルヒ「はぁ……もういいわ。有希、判定にいっちゃって」

長門「味も口あたりも素晴らしい。しかし、猫を象っただけで独創性に欠ける。55点」

みくる「ふえぇ……」

ハルヒ「次はキョンね」

キョン「へいへい」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:26:20.55 ID:cM9Dq1dSO


キョン「ほら」コト

長門「ほほぅ」

ハルヒ「……これ、本?」

キョン「やっぱ見た目を楽しむなら好きなもんが一番だろ? 型作りから始めました」

ハルヒ「そんな、〜冷やし中華始めました〜みたいなノリで言われても…」

キョン「どうだ長門?」

長門「これで開くギミックもついてたら完璧だった。70点」

キョン「さすがにそこまでの技術はねぇよ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:30:44.11 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「次はあたしよ!」

キョン「よっぽど自信があるんだろうな?」

ハルヒ「当然でしょ! あんた達の敗因は、色にこだわらなかったことよ」

キョン「色?」

ハルヒ「これを見なさい!」バッ


キョン「……」

長門「……」

ハルヒ「……な、なによ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:34:00.13 ID:cM9Dq1dSO


キョン「いや、うん。確かに凄いぜ?」

ハルヒ「言いたいことがあるならハッキリ言いなさいよ!」

長門「……1/10スケールと見た」

キョン「あー……あれだ、古泉と被ってないか?」

ハルヒ「アレは砂糖菓子! これは全身チョコなの!!」

キョン「確かに色も付いててそっくりだが……なんで自分をモデルにしたんだよ?
    普通ここは長門じゃね? ご機嫌取り的な意味で」

ハルヒ「うっさい! クォリティーが高けりゃなんでもいいでしょ!!」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:39:20.65 ID:cM9Dq1dSO


長門「……」モギュモギュ

ハルヒ「って、頭消えてる!?」

キョン「これで誰かは分からなくなったな」

ハルヒ「もう少し鑑賞とかしなさいよ……」

長門「完成度は高い。でも、パーツの繋ぎにまで同一のチョコを使ってるせいでクドい。75点」ゲプッ

キョン「最後までシビアだな」

ハルヒ「古泉君のせいでなんか無駄に恥ずかしいし散々ね……」


古泉「これは酷い」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:42:07.79 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「じゃあ、最後は有希」

長門「どんとこい」

キョン「ん? 長門も作ってきたのか」

ハルヒ「部内対抗だから当然でしょ?」

キョン「それもそうだな」

長門「これが100点のチョコ。とくと見よ」コト




キョン「いや、カレーじゃん」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:45:18.12 ID:cM9Dq1dSO


ハルヒ「ううん、もしかしたらご飯にかかってるだけでチョコかもしれないわよ?」

みくる「ああ、ですね〜」

ハルヒ「じゃ、キョンが食べてみなさい」

キョン「俺かよ!? ご飯にチョコとか罰ゲームじゃねぇか!」

長門「……」ジー

キョン「……」

長門「………」ジー

キョン「わかったよ、食べりゃいいんだろ……」パク




キョン「いや、カレーじゃん」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:50:38.53 ID:cM9Dq1dSO



長門『まずは湯煎』グツグツ

長門『……』ポチャ

長門『……なにかおかしい』グツグツ

長門『もっと投下してみるか』ポチャポチャ

長門『……』グツグツ

長門『なんかチョコとお湯が分離する形になったわ』グツグツ

長門『まだ足りないのかもしれない。全部いってみよう』ポチャチャチャ

長門『……』グツグツ

長門『間違えて固形ルーまで入れる形になったわ』デロデロ

長門『どんどんカレーの匂いがたちこめてきたわ。もう取り返しのつくもんじゃないわ』



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/15(火) 04:53:43.90 ID:cM9Dq1dSO



長門「……ゆきりんにかかればこの有り様だわ」

キョン「妙に甘いけどカレーだ」モグモグ

ハルヒ「つまり有希の100点はカレーってことね」

キョン「すっかりキレンジャーだな」

みくる「なんだかカレーを食べたくなってきました」

ハルヒ「うん、確かに」

古泉「では、僕の知り合いに本格派のカレー店を経営している人がいるので、そこに行きませんか?」

ハルヒ「いいわね!」

キョン「また機関の人間か?」

ワイワイ キャッキャッ


長門「ちょろいもんだわ」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「どうせクリスマス予定ないでしょ?」 キョン「あるが」