サトシ「タケシ、セックスって何だ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「キスしよっか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:25:37.78 ID:KjDNSicQ0

タケシ「えっ(ドキッ)」

サトシ「なぁなぁ、教えてくれよ!物知りなタケシならきっと知ってるんだろ?」

タケシ「(サトシの奴、一体どこでそんな言葉を・・・真実を教えてやるべきか・・・まだ早いか)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:26:47.66 ID:KjDNSicQ0

タケシ「えーっと・・・凄く激しいポケモンバトルの事だよ」

サトシ「そうだったんだ!!!!じゃあさ、タケシ、俺とセックスしようぜ!!!!」

市民「!!??」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:28:09.18 ID:KjDNSicQ0

タケシ「声が大きいぞサトシ・・・。」

サトシ「昔ニビジムでした時みたいにさ!とびっきりのをやろうぜ!な?」

タケシ「わかった、わかったから・・・もうちょっと小声で」

サトシ「そうだ!あそこに見える見晴らしの良い丘でやろう!皆から注目も浴びるしきっと最高に気持ちいいぜ!!!!」

市民「ザワザワ・・・」

タケシ「」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:29:42.27 ID:KjDNSicQ0

数時間後―

サトシ「はぁっはぁっ・・・やっぱりタケシのイワークは良く鍛えてるなぁ。硬すぎるぜ!!!」

タケシ「うむ・・・わかったから、早くここから立ち去ろう。ほら、カスミも待たせてるし・・・」

サトシ「その前にそこの自販機でジュースでも飲もうぜ!叫びすぎて喉カラカラだよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:31:51.51 ID:KjDNSicQ0

ジュンサー「そこのあなた達、ちょっといいかしら?」

タケシ「(うわあああああああああああああ)」

ジュンサー「市民からの通報で、とんでもない事を計画している2人組がここに向かったと聞きました。」

サトシ「とんでもない事?」

ジュンサー「あなた達、ここで何をしていたのかしら」

サトシ「何って、僕達はただセックスをしていただけです!!!!」

ジュンサー「!!??」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:33:41.60 ID:KjDNSicQ0

タケシ「いや、これはその・・・」

ジュンサー「く、詳しく聞かせて貰えるかしら・・・」

サトシ「だからセックスですよ。ジュンサーさんだってやった事あるでしょ?」

ジュンサー「こんな場所では普通しません!!!(///」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:35:10.93 ID:KjDNSicQ0

サトシ「じゃあどこでやってるのさ」

ジュンサー「じ、自分の部屋とか・・・」

サトシ「なんだそれ!そんな所でやったって本気でやりあえないじゃないか。なぁタケシ?」

タケシ「そうですね・・・」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:37:24.61 ID:KjDNSicQ0

ジュンサー「あ、あなた達、まさかしょっちゅうこんな事してるわけ・・・?」

サトシ「そりゃトレーナーなら当たり前じゃないですか!先日だってジムリーダーとしてきたばかりですよ!」

タケシ「(もういい、もうやめてくれえええええええ)」

ジュンサー「そ、それはどう言う事かしら(どうやら上に報告する必要がありそうね・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:39:02.01 ID:KjDNSicQ0

サトシ「どういう事って各地のジムリーダーにセックスを挑んで勝てばバッヂが貰える。常識じゃないですか」

ジュンサー「そんな裏道が・・・」

サトシ「最近じゃグレンジムなんて凄かったんだぜ!マグマの溢れ出る火口の上でのセックスでさ!
あれは燃えたな〜」

ジュンサー「ハード過ぎるでしょ・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:41:58.12 ID:KjDNSicQ0

タケシ「ち、ちなみにニビジムでは普通〜のバトルをしたそうですよ」

サトシ「何言ってんだよタケシ、何だかんだ言ってもニビが一番凄かったと思うぜ?
やっぱり一番最初のジムリーダーとのセックスだったしなぁ・・・本当に苦しめられたよ」

ジュンサー「そいつが主犯格のようね・・・と、とにかく!暑までご同行を・・・」

タケシ「」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:43:47.89 ID:KjDNSicQ0

サトシ「そうだ!ジュンサーさんもセックスしようぜ!俺一度やってみたかったんだ!!」

ジュンサー「えっ!?(///)ちょ・・・大人をからかわないでちょうだい!!それにこんな場所じゃ」

サトシ「やりましょうよぉ〜。一度外でやってみたら絶対病み付きになりますって!」

ジュンサー「そ、それじゃお願いしようかしら・・・ってダメよ!今までの事は黙っててあげるから
どっか行きなさい!(///」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:46:39.13 ID:KjDNSicQ0

タケシ「そ、そうだよ、カスミだって待たせたまんまだし、早く行こう!な?な?」

サトシ「ちぇっ、まだまだ全然やり足りないぜ・・・。そうだ!!帰ったらカスミとセックスしよう!!!」

ジュンサー「若いっていいわねぇ・・・(///」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:48:32.81 ID:KjDNSicQ0

カスミ「ちょっと遅いわよ2人共!一体やってたわけ!?」

サトシ「何って・・・タケシとセックスだよ。カスミもやろうぜ!!!」

カスミ「!!?・・・・・・う、うん(///」


秋田。終わり

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 13:54:51.65 ID:KjDNSicQ0

カスミ「って・・・えっ!?タケシと・・・ちょっと詳しく聞かせなさいよ!!」

タケシ「もうどうにでもな〜れ・・・」

サトシ「久しぶりにタケシとセックスしたくなってさ!見晴らしの良い丘の上でやってきたんだ」

カスミ「oh...」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:02:20.83 ID:KjDNSicQ0

カスミ「ど、どっちが攻めとか受けとかそういうは・・・?」

サトシ「最初は俺が攻められっぱなしだったぜ・・・タケシのイワークが硬いの何のって」

カスミ「なるほど・・・(///」

タケシ「(何メモってるんだよ・・・)」

カスミ「サトシのイワーク?はどんな感じだったのよ?」

サトシ「(ピカチュウの事か?)俺のはスピードでかき回す感じだったかな!!
アイアンテールでガードを崩したあとはまさに怒涛の攻めで、最後はボルテッカーで頭から突っ込んでやったぜ!!!」

カスミ「頭から・・・」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:10:52.01 ID:KjDNSicQ0

サトシ「なぁ、タケシの話はいいから、そろそろセックスしようぜ!」

カスミ「ちょ、ちょっと私は今日はあの日だから・・・それに見てる方が好きだし(///」

サトシ「何だよあの日って。あ〜あ〜今日は誰でもいいからセックス気分だぜ!!!!!」

カスミ「・・・」

サトシ「そうだ!!久しぶりにシゲルとやりたいな!!!オーキド博士の所に連絡してみよっか!!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:14:00.77 ID:KjDNSicQ0

サトシ「あっ、オーキド博士?お久しぶりです!」

オーキド「おお、サトシか!久しぶりじゃな。何か用かね?」

サトシ「実は久しぶりにシゲルとセックスしたくなってさ!!!!今居る〜?」

オーキド「!!??」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:21:19.63 ID:KjDNSicQ0

オーキド「どういう事じゃね・・・お前達いつからそんな関係に・・・」

サトシ「いつからって俺とシゲルはセックスのライバル!博士もご存知じゃないですか
あ!そうだ!!博士に預けていたケンタロスを転送してくれませんか!」

オーキド「知らんかった・・・知らんかった・・・ってケンタロスじゃと?」

サトシ「セックスで使うんですよ。あいつの角は強力だからなぁ〜」

オーキド「ハード過ぎるじゃろ・・・」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:24:40.20 ID:KjDNSicQ0

サトシ「カビゴンもいいなぁ!あいつのはかい光線でさぁ!」

オーキド「そ、それだけは止めてやってくれ!!それにシゲルは今外出中じゃ!」

サトシ「じゃあオーキド博士でいいや。は〜かせ、セックスしよっ!」

オーキド「見境無しかい・・・」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:31:02.23 ID:KjDNSicQ0

オーキド「それにワシなんかで満足させられるかどうか・・・もう歳じゃし(///」

サトシ「何言ってるんですか博士!セックスに歳や性別なんて関係無いですよ!」

オーキド「サトシ・・・わかった!!今夜ワシの研究所で・・・(///」

サトシ「え〜!今からでもいいじゃないですか・・・。町のど真ん中でさ!
ママにも見て貰いましょうよ!俺の成長した姿を見せてやるぜ!!」

オーキド「クレイジー・・・」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:34:16.41 ID:KjDNSicQ0

サトシ「ちぇっ、結局夜だってさ!そろそろ行ってくるよ」

カスミ「わ、私も連れきなさいよ!!」

タケシ「(すまないサトシ・・・)」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:41:59.96 ID:KjDNSicQ0

タケシ「その後―オーキド研究所で全裸の博士の遺体がサトシにより発見された。
死因は心筋梗塞・・・何故か満面の笑みであったという
見て下さい、このうれしそうな死に顔・・・、あなたはこんな顔で 死ねますか?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/11(金) 14:42:36.46 ID:KjDNSicQ0

今度こそ秋田ので終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「古泉君!キョンと有希の後をつけるわよっ!!」