ハルヒ「あんたが私の体操服の匂い嗅いでるの知ってるんだからね!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:圭一「誰を選ぼうかな」

ツイート

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 16:43:11.82 ID:ihudAuU4O

キョン「人を勝手に変態認定するなよ」

ハルヒ「嗅いでるったら嗅いでるの! だ、だから……あんたの体操服を出しなさい!!」

キョン「……いや、この流れで唐突すぎんだろ」

ハルヒ「えっ? ………えっ?」

キョン「その、何言ってんのこいつ?って顔は止めろ」

ハルヒ「何言ってんの?」

キョン「口に出しちゃったよちくしょうめ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 16:50:19.94 ID:ihudAuU4O

ハルヒ「あんたがあたしの体操服を嗅いでる。あたしもあんたの体操服を嗅ぐ。これが不自然だとしたら、
    この世界は不自然だらけよっ」

キョン「この世界ってのは、お前の頭の中にしか存在しない白昼夢だろ」

ハルヒ「いいから出しなさいよ。さもないと乱れた服装で『キョンに相撲勝負を挑まれたの!』って、
    校内中を走り回るわよ!?」

キョン「へぇ、で終わると思うんだ」

ハルヒ「わかったなら早く出しなさいよ」

キョン「せめて会話をしてくれ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 19:48:33.78 ID:ihudAuU4O

キョン「大前提として、俺がお前の服を嗅いだ証拠はあんのか?」

ハルヒ「あたしの体操服からキョンの匂いがするもん。これはあんたが体操服に顔をうずめて、
    クンカクンカしたからでしょ!?」

キョン「俺の匂いを嗅ぎ分けられることに引っかかりを感じるが……。それはお前が、体育終わりに
    抱きついてきたからだろ?」

ハルヒ「あ、あたしそんなはしたない真似してないわっ! それこそ証拠があるの!?」

キョン「なんならクラス全員が証人だよ死にたい」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 17:43:21.82 ID:ihudAuU4O

ハルヒ「ぐぬぬ……」

キョン「もういいか?」

ハルヒ「まだ……まだよっ! 有希!」

長門「……ヨーダ?」

ハルヒ「あれを出しなさい!」

長門「……」スッ

キョン「なんだそりゃ?」

ハルヒ「キョンが教室で体操服を嗅いでる映像をおさめたデータよ!」

キョン「とうとう捏造できやがったよ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 19:19:04.25 ID:ihudAuU4O


ハルヒ「こんな証拠があるのにまだしらを切るってぇたぁ、とんだ悪党だよ!」

キョン「もう、誰だよお前」

ハルヒ「さぁ、出しなさい!」

キョン「……長門」

長門「……なに?」

キョン「今度、駅前にできた洋菓子店にでも行くk」

長門「バックアップもろとも消去した」

キョン「決断の早さよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 19:31:10.31 ID:ihudAuU4O

キョン「ハルヒ、もう一度それの中身確かめてみろ」

ハルヒ「ふん、往生際の悪い……」カチカチ


ハルヒ「なん……だと…?」

キョン「どうだ?」

ハルヒ「みくるちゃんの着替えシーンに替わってる……」

キョン「なるほど、俺も改めようじゃないか」

長門「うなー」シャランラ

 ボスン!

キョン「PCが古典的な音を立ててぶっ壊れた……だと…?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 19:46:14.70 ID:ihudAuU4O


キョン「……まぁいい、これで話は終わりだな」

ハルヒ「うっく……ぐふぉうえぇ……ぉうふ」

キョン「どんだけ泣いてんだよ」

ハルヒ「なんでよぉ……あたしはただキョンの体操服を嗅ぎたいだけなのにぃ…」

キョン「とうとうぶっちゃけちゃったよ」

ハルヒ「あんたもあたしの体操服嗅いでいいからぁ……」

キョン「話の発端どこいった」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 19:53:47.06 ID:ihudAuU4O


長門「……」ナデナデ

ハルヒ「ぐす……有希、慰めなんていらないわよ…」

長門「慰めるは自分自身」スッ

ハルヒ「……? これって…」

長門「そう、彼の体操服」

ハルヒ「なん……だと…?」ゴクリ



キョン「……んっ?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 20:05:22.10 ID:ihudAuU4O

長門「だからもう泣くのはやめて。今から下の方を泣かせるのだから」キリッ

キョン「真顔で何言ってんの? なぁ、何やってんの?」

ハルヒ「あ……ありがとう! ありがとう有希!」グワシッ

キョン「おい、ハルヒ。その鷲掴みにした体操服を返せ」

ハルヒ「じゃああたし、家に帰ってナニするね」ニパッ

キョン「良い笑顔で何宣ってんの?」

長門「健闘を祈る」グッ

キョン「なぁ、その親指折っていいか?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 20:12:58.20 ID:ihudAuU4O

キョン「……いやいやいや」

長門「良いことをした」

キョン「……なぁ、長門? なんで俺の体操服持ってたんだ?」

長門「……? わたしもクンカクンカしてたから」

キョン「当然のようにキョトンとするな。変態しか居ないのかここは」

長門「約束は守った。ケーキを所望する」

キョン「自由かっ」スパンッ

おわり

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 23:36:45.63 ID:ihudAuU4O

キョン「なぁ、古泉」

古泉「なんでしょうか?」

キョン「お前ってフェチとかあったりするのか?」

古泉「なるほど、いわゆる猥談ですか」

キョン「改めて言われるとアレだが……」

古泉「そうですね……僕はうなじでしょうか?」

キョン「またテンプレートな回答だな。安心した」

古泉「おや、安心とは?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 23:44:02.39 ID:ihudAuU4O

キョン「身体的特徴に惹かれるのが普通だよな?」

古泉「はあ、断言は出来ませんが……」

キョン「一般論でいいさ。それでな……この部室内には、少しばかりズレを持った人間が二人居るんだよ」

古泉「ズレですか?」

キョン「どうにも、匂いフェチらしい」

古泉「えー……つまり、女性陣の内の二人が体臭に興奮を覚えると?」

キョン「はっきり言えばそうなる」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 23:52:12.48 ID:ihudAuU4O

古泉「わかりました。これは相談だったんですね?」

キョン「ああ。巻き込みを図ったわけだ」

古泉「んっふ、一人で抱えるには重すぎたと言うわけですか」

キョン「正直、どう対応すりゃいいのかわからん……」

古泉「貴方が知ったということは、その二人は貴方の体臭に惹かれている、と」

キョン「体臭って言われるとなんか気分悪いな」

古泉「申し訳ありません。……しかし、好かれているなら悪いことではないのでは?」

キョン「いや、人の服を嬉々として持って帰られ、尚且つ家で発散されると聞かされた俺の心境よ」

古泉「それは……確かに複雑ですね」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 23:58:50.43 ID:ihudAuU4O

キョン「んで、どうすりゃいい?」

古泉「丸投げですか」

キョン「お前ならどう対処する?」

古泉「そうですね……。やはり、見て見ぬふりでしょうか」

キョン「目の前でクンカクンカされてもか?」

古泉「が、我慢しましょう……」

キョン「ひっそり後ろに近づかれて、直接嗅ぎに来られてもか?」

古泉「それは……もう諦めるしかないのでは?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:02:35.62 ID:b91IDQlgO

キョン「……なんかイヤに肯定的だな」

古泉「フェチとは人それぞれですから…」

キョン「どうせお前も気づいてんだろ? 誰が匂いフェチなのか。だから否定しないんだろ?」

古泉「分かってるなら聞かないで下さいよ……」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:08:13.27 ID:b91IDQlgO

キョン「お前から、それとなく注意してみてくれないか?」

古泉「また無茶を言いますね」

キョン「もうカミングアウトを受けてから、日に日に物が無くなるのはウンザリなんだよ……」

古泉「なるほど、開き直りですね」

キョン「もうシューズが下駄箱から煙の様に消えてる光景は見たくない……っ」

古泉「ちょっとしたイジメですね」

キョン「あのフェチを飛び越えた変態達から助けてくれ……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:15:40.06 ID:b91IDQlgO

古泉「ふむ……それでは、貴方も同じことをしてみてはいかがでしょう?」

キョン「……それによってどんな変化が起きるんだ?」

古泉「簡単に言えば、どれだけ迷惑かと伝えればいいんですよ」

キョン「目には目を……か」

古泉「しかし、これは両刃の剣でもあります」

キョン「皆まで言わなくてもわかる。というより、最悪な結末の方しか浮かばん」

古泉「何故です?」

キョン「先に本人が提案してきたからな。罪悪感が消えて悪化しかねん」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:22:51.99 ID:b91IDQlgO

古泉「……それでも、やるべきかと」

キョン「他人事だと思って…」

古泉「止めろと言って止める人ではないでしょう。だからこそ、僕に相談を持ちかけた」

キョン「その通りだよちくしょう」

古泉「大丈夫、僕も協力しますから」

キョン「あ? それはつまり……」

古泉「全力で嗅ぎにいきましょう!」

キョン「お、俺の為に変態の汚名を受けるつもりかっ?」

古泉「んっふ……仲間、でしょう?」

キョン「古泉……お前って奴は…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:29:06.09 ID:b91IDQlgO



キョン「――ハルヒ!」

ハルヒ「あら、キョン。どうしたの?」スンスン

キョン「一旦、俺の消しゴムを嗅ぐのを止めろ。話はそれからだ」

ハルヒ「えぇ? 仕方ないわね……」

キョン「よし。……ハルヒ」

ハルヒ「な、なに? 急に真剣な顔しないでよ」テレテレ

キョン「お前の体操服を渡せ」


ハルヒ「……えっ?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 00:59:53.63 ID:b91IDQlgO

キョン「お前が俺の私物を嗅ぐなら、代わりにお前の物を嗅がせろ」

ハルヒ「きょ、興味無いんじゃなかったの?」

キョン「いいから。渡すのか渡さないのか、どっちなんだ?」

ハルヒ「え、あ……うん。キョンが嗅ぎたいなら」カァ

キョン(照れんなよぉおおおお! 気持ちが鈍るだろうがっ!!)


―物陰―

古泉(頑張ってください! ここで引いては負けです!)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:05:51.62 ID:b91IDQlgO

ハルヒ「じゃ、じゃあ、後で部室で渡すから」

キョン「お、おう、わかった」



古泉「――大丈夫ですか?」

キョン「今凄い死にたい」

古泉「勝負の前に力尽きないで下さいよ? それにしても、あの様子だと自身の匂いを嗅がれるのは、
   少々抵抗があるようですね」

キョン「もう羞恥心なんぞ、ドブに捨てたもんだと思ってたから焦ったぜ……」

古泉「これなら、上手くいくのでは?」

キョン「そう信じたいね……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:11:10.89 ID:b91IDQlgO


―部室―

キョン「……古泉はまだ来ないのか?」

ガチャ

キョン「……!」ビクッ

ハルヒ「お、お待たせ」

キョン「おう……」

ハルヒ「はい、これ」スッ

キョン「……おい、なんでブルマだ?」

ハルヒ「そ、そっちの方が喜ぶかと思ったのよ」カァ

キョン(……なぁ、誰でもいいから代わってくれ。失うものの方が多すぎる…)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:16:47.99 ID:b91IDQlgO

ハルヒ「かっ、嗅ぐなら早くしなさいよ…」

キョン「ああ、わかってる……」

キョン(ええい、ままよ!)ガバッ

――パシャッ


キョン「……んっ? 今の音はなんだ?」

ガチャ

長門「わたしだ」

キョン「長門!? なんで用具入れに!?」

ハルヒ「掛かったわねキョン!」

キョン「なん……だと…?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:22:37.05 ID:b91IDQlgO


ガチャ

古泉「申し訳ありません…」

キョン「古泉!?」

ハルヒ「ふっふーん、あたしがキョンをクンカクンカするのを止めるとでも?」

キョン「まさか……」

ハルヒ「そう、最初から古泉くんはあたしの協力者だったのよ!」

キョン「古泉テメエ……っ」

古泉「すみません、世界と天秤に賭けたら仕方なく……」

ハルヒ「これでキョンも世間から見れば間違いなく変態ねっ」

長門「証拠はバッチリ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 01:31:30.12 ID:b91IDQlgO

キョン「……何が目的だ」

ハルヒ「だってキョンったら、最近こまめに体操服やシューズを洗ってるでしょ? 匂いが足りないのよ!
    匂いが!」

キョン「せめてもの抵抗だよちくしょう……」

ハルヒ「だから、これをバラまきたくなかったらちゃんと一週間は使い続けなさい!」

キョン「ちゃんとって何!? おかしいから!! 当たり前じゃないからな!?」

長門「我々にとっては必然」

キョン「自分本意にも程があんだろ!?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 01:40:18.65 ID:b91IDQlgO

ハルヒ「約束を破ったら社会的にアウトだからねっ」

キョン「お前らは人としてアウトだよ」

長門「残念、わたしは宇宙人」

国木田「まぁまぁ、それで満足する人がいるんだから」

谷口「くよくよすんなよ」

鶴屋「さっそく上履きを頂くにょろ」

森「では私はブレザーで…」

佐々木「えっと、僕はパンツを貰えるかな……?」

橘「最初からクライマックスなのです!」

九曜「──クンカ───クンカ────」




古泉「ハハッ カオス」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マヤ「パターン青!アスカのウンコが使徒です!」