佐々木「メリークリスマス、キョン」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠博士「光彦くんを犯人に仕立てる装置が完成したぞい!」

ツイート

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 18:38:58.55 ID:vDCUKH0c0

佐々木関係ないけど…

ハルヒ「クーリスッマッスが今年もやってくるー♪」

キョン「…ごきげんだな」

古泉「いいことではないですか。12月に入ってから閉鎖空間は
   一度も発生していません」

ハルヒ「ほらキョン!手を休めないでちゃんと飾り付けをしなさい」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 18:50:21.51 ID:vDCUKH0c0

ハルヒ「かじかんだー指をーママが暖めるねー♪」

キョン「その歌誰が歌ってるんだっけ?」

ハルヒ「竹内まりやよ。昔は何よこんな浮かれた歌って思ってたけど、
    やっぱりいい歌だわ」

キョン「竹内まりやの旦那って、山下達郎だっけか?
    夫婦そろってクリスマスシーズンは印税がっぽりか」

ハルヒ「こらキョン!聖なる夜にそんなお金の話しをするんじゃない」

キョン「はいはい」

sos団の部室では、もうすぐ去年と同じようにパーティが開かれようとしている。
ハルヒ消失事件から、もう一年が経ったんだと思うと、少し感慨深い。
思わず長門の方を見ると、何故か目が合った。

キョン(今年も一年ありがとな、長門)

そんな俺の目の合図が伝わったのか、長門が小さく頷いた…ような気がする。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:00:07.00 ID:vDCUKH0c0

鶴屋「やっほー、鳥が羽をむしられて、内臓を取り出したのを
   丸焼きにしたやつを一匹まるごと持ってきたよー」

ハルヒ「鶴ちゃんナイス!やっぱりクリスマスと言えばローストチキンね」

聖なる夜になんちゅー会話をしとるんだ。というよりもチキンでかいな。
鶴屋さん、豚の丸焼きと間違えたんじゃないのだろうか。

みくる「いい匂いですねぇー」

俺の後ろから覗きこむようにサンタコスの朝比奈さんが、鶴屋さんの持ってきた
鳥を珍しそうに見ている。未来にはローストチキンはないのだろうか?
俺はローストチキンよりも、朝比奈さんの髪の匂いを秘かに嗅いでいた。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:22:46.21 ID:vDCUKH0c0

ハルヒ「さーて、鶴屋さんも来たことだし、パーティを始めるわよ。
    キョンと古泉君は、一回部屋から出なさい」

キョン「何故そうなる?今からパーティを始め…」

ハルヒ「いいから出た出た!アタシが入っていいって言うまで待ってなさい」

古泉「おやおや、何か楽しみですねぇ。では行きましょうか」

キョン「ったく、廊下はクソ寒いってのに」

古泉「まあいいじゃないですか」

          〜廊下〜

キョン「はぁー、なんか来年のクリスマスはどうなってるのかねぇ」

古泉「受験もありますしね。頭の良い涼宮さんには楽なものかも知れませんが、
   あなたは」

キョン「それ以上いうな」

古泉「んっふ」

なーんて寒い廊下で五分程、古泉と会話をしていると、
ドアの向こうから元気な声が聞こえてきた。

ハルヒ「キョーン!開けていいわよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:35:12.27 ID:vDCUKH0c0

キョン「はぁー、じゃあ行くか」

古泉「先に言っときますけど、ちゃんとリアクションしてくださいね」

そう言われると、警戒してドアノブをゆっくりと回してしまう。

            ガチャ

キョン「あれ、真っ暗…」

ハルヒ「有希、スイッチオン!」

ハルヒのその言葉とほぼ同時に、部屋が明るくなる。

ハルヒ・長門・みくる・鶴屋「メリークリスマス!」

クラッカー4発、パンパンと乾いた音を鳴らし、
俺と古泉の頭には紙テープがまとわりついた。

そして、目の前には4人の女の子がサンタコスをして、笑顔を全開にしている。
朝比奈さんはもとからその恰好をしていたので、綿のヒゲをつけいている。

古泉が俺のケツをつつく。ああ分かってるよ。

キョン「…ビックリしたぜ、それに、みんな似合ってるよ」

ハルヒ「ふっふーん、当然よ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:46:15.01 ID:vDCUKH0c0

そんなこんなで楽しくクリスマスパーティの時間は過ぎていき、
そろそろお開きの時間となった。

鶴屋「いやー、楽しかったよ。片付け手伝うっさー」

ハルヒ「いいわよ鶴ちゃん。片付けはキョンがやるから」

鶴屋「でもそれは悪い…あっ!そうだね。じゃあみくるに長門っちに古泉君、帰ろうか」

みくる「えっ?でも…」

鶴屋「いいからいいから、ハルにゃんも一緒に帰るかい?」

ハルヒ「あっあたしは鍵の管理があるから、先に帰ってて」

古泉(そういうことですか)「ではお先に失礼しましょう」

ハルヒ「はいはい、じゃあみんな大晦日の予定は空けとくように」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:59:19.76 ID:vDCUKH0c0

俺とハルヒ以外の人間が帰ってしまった部屋は、
さっきまでの騒がしさが嘘みたいに静かになってしまった。
それにしてもハルヒの奴、何でさっきから無口なんだ?
俺のさっきのリアクションがまずかったのか?

キョン「おいハルヒ、片付けは大体終わったぞ。ツリーとかは新学期にでも
    片付けりゃいいだろ」

ハルヒ「…そうね」

キョン「なんだよ急に静かになりやがって。それに顔が真っ赤だぞ、
    まさかお前、校内で酒を…!」

ハルヒ「違うわよバカキョン!」

ハルヒが回していた後ろ手を前に出す。そして、その手には綺麗にラッピング
された何かがある。ハルヒは力を入れ過ぎているのか、ラッピングがシワになっている。

ハルヒ「…ほら、これ。この前約束してた」

キョン「…へっ?」

ハルヒ「いいから受け取りなさいよ!」

キョン「あ、ありがとう」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 20:06:38.05 ID:vDCUKH0c0

キョン「開けてみていいか?」

ハルヒ「別に…開ければ」

キョン「おい、これ手作りか?」

綺麗なラッピングに包まれていたのは、青と白と黒がバランスよく彩っている
少し、というかかなり長めのマフラーだった。

キョン「ありがとう。大事に使わせてもらうよ」

ハルヒ「それで?」

キョン「それでってなんだ?」

ハルヒ「だーかーらー!アンタからのプレゼントは?」

キョン「…あっ!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 20:13:19.27 ID:vDCUKH0c0

         〜一か月前〜

ハルヒ「キョーン、アンタ今年のクリスマスも暇よねぇ?」

キョン「うるさい、まだまだ俺だってなにか予定が入るかもしれん」

ハルヒ「アンタ、クリスマスに女の子からプレゼント貰ったことないの?」

キョン「…」(佐々木の話題は避けてくれって古泉から言われてるしな)

ハルヒ「やっぱりないのね!しょうがないわ、今年は団長様がプレゼントを
    用意してあげる。そのかわり、アンタもあたしにピッタリのプレゼントを
    持ってくること」

キョン「おい、お前にピッタリって」

ハルヒ「〜♪」

キョン「行っちまいやがった」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 20:41:21.95 ID:vDCUKH0c0

しまった。すっかり忘れていた。
そもそもハルヒが気まぐれで思いついただけで、
どうせ忘れているだろうと思っていた

キョン「ハルヒ…すまん。プレゼント持ってくること忘れてた」

ハルヒ「…え?」

ハルヒよ、そんな見たこともないような複雑な顔をしないでくれよ。

キョン「ほんっとうにスマン。この埋め合わせはいつか」

ハルヒ「…いいわよ別に。このバカキョン」

キョン「…すまん」

ハルヒ「さっ、帰りましょう」

キョン「あ、ああ」

     「浮かれてたあたし馬鹿みたい」

部屋のドアを開ける時、ハルヒが何か呟いたような気がした。



部屋のドアを開ける時

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 20:55:20.21 ID:vDCUKH0c0

ハルヒとの帰り道は、お互いに無言だった。
非常に気まずくて、時折冗談を言おうとしたのだが、
ハルヒのしかめ面を見ると、さらにしらけそうなのでやめた。

ハルヒ「じゃあね、キョン。年末年始の予定は空けときなさいよ」

キョン「…ハルヒ、本当にごめんな」

ハルヒ「いいわよ、もう。それよりもマフラー大切に使いなさい」

キョン「埋め合わせは絶対にするから」

ハルヒ「いいわよもう。今年のクリスマスイヴはお終い」

そういうとハルヒは小走りに家の方へと走っていった。

キョン(はぁー、古泉すまん。イヴの日も仕事させてしまうかもしれん)

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:05:17.44 ID:vDCUKH0c0

キョンと別れて家に帰った後、一目散に自分の部屋へ行き、
ベッドに倒れ込んで枕に顔をうずめた。

    「バカ…バカキョン」

キョンにプレゼント交換を持ちかけた数日前、あたしは聞いてしまったのだ。

谷口「もう11月の半ばかよ。急いで彼女つくらないとロンリ―クリスマスだぜ」

キョン「お前は何月だろうと彼女つくりたいっていってるけどな」

谷口「そういうお前は、クリスマスに彼女とすごしたことはないのかよ」

キョン「…ない」

谷口「ほれ見ろ、まあお前はあのヘンテコ倶楽部で忙しいんだろ」

国木田「あれ、でもキョンは中3の時、佐々木さんとクリスマスデートしてたじゃないか」

キョン「いや、別にあれはデートなんかじゃない」

谷口「なんだその話!聞いたことねえぞ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:18:42.95 ID:vDCUKH0c0

キョン「たまたまその日に佐々木と買い物に行って、
    そうしたら同じクラスの奴がそれを見かけて勘違いをしただけだ」

谷口「それを世間一般ではデートというんだよ!こんちくしょう」

国木田「そうだよ、それにキョンが今してるマフラー、その日に佐々木さんから
    貰ったんだろう?」

キョン「まあ、そうだが」

キョンと谷口の馬鹿な会話を流し聞きしているつもりが、
あたしはいつのまにか聞き入っていた。

今までのあたしなら、それだけで胸の中がモヤモヤとしていたところだけど、
その時は違った。キョンと一緒に過ごしてもうだいぶ経つ、
佐々木さん以上に気心知れたあたしがマフラーをあげれば、
きっと佐々木さんの時以上にキョンは喜ぶだろう。
根拠のない自信が、あたしの胸の中で満ち溢れていた。
でもそれは違っていた。

キョンはあたしと約束したことすら、忘れていたのだから。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:27:25.11 ID:vDCUKH0c0

キョン「ただいま」

妹「キョン君おかえりー。ケーキ残ってるよー」

キョン「明日にするよ」

そういって俺は自分の部屋に入ると、ベッドにもたれてぼんやりとした。
今日はマズイことをした、という想いが、ハルヒの寂しそうな顔と一緒に
浮かんでくる。

いつの間にかまだ風呂に入っていないということも忘れて、睡魔が襲ってきた。
起き上る気力も起きず、そのまま俺は眠りについた。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 21:49:39.97 ID:vDCUKH0c0

   「…ョン。起きなさいよキョン!」

いつもの妹の声とは違う声が、聞こえてくる。
これは…ハルヒの声か?でも何でハルヒがここに?

みくる「パパみてー、サンタさんがクマさんの人形くれたの」

有希「あたしは飛び出す絵本」

一樹「ぼくはサッカーゲーム!」

なんだこの子どもたちは?どこかで見覚えあるような…

キョン「なあ、ハルヒ。ここはどこだ?」

ハルヒ「なに寝ぼけてるのよ?ここはアンタがローン組んで買った家でしょうが」

どういうことだよおい。いや俺の経験からすればこれは…

キョン「なあハルヒ、新聞あるか?」

ハルヒ「あるわよ、それよりも早く顔でも洗いなさい」

そうだよな。顔を洗えばちゃんと目が覚めるかもしれない。

ハルヒ「はい、新聞」

やっぱりかよ。新聞に書かれている日付は2025年12月25日。

俺は32歳になっていた。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:03:34.71 ID:vDCUKH0c0

ハルヒ「ったく、有希も一樹もみくるも早起きしたっていうのに。
    朝ごはん食べたら出かけるわよ。急ぎなさい」

キョン「…ああ、なあハルヒ。俺達って結婚してる…よな?」

ハルヒ「あんた、まだ寝ぼけてるようね。なんなら子供たちの前でいってあげようか?
    アンタのくっさいプロポーズの言葉」

キョン「…いや、勘弁してくれ」

ハルヒ「あんた昨日飲みすぎたようね。こりゃ今日はアタシが運転したほうが
    よさそうね」

そうしてくれ。俺は免許をとった覚えがない。

ハルヒ「さっ、早く朝ごはん食べちゃって」

勘弁してくれよおい。俺は残りの十代と二十代の若くて楽しい時間を満喫したいんだぜ?
こうなりゃヤケだ。

キョン「なあハルヒ、ちょっとこっち向いてくれ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:10:53.24 ID:vDCUKH0c0

ハルヒ「なによ?」

ぶちゅぅぅぅぅぅぅぅぅ

キョン(これでどうだ?頼むぜおい)

ハルヒ「ちょっアンタなにやってんのよ朝っぱらから!しかも酒臭いし」

これじゃ駄目なのかよ。もうお前は眠り姫じゃなくなっちまったのか?

ハルヒ「昨日の晩のじゃ足りなかったの?」

キョン「昨日の晩って?」

ハルヒ「ばっ馬鹿。早く顔洗ってきなさい!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:23:54.25 ID:vDCUKH0c0

しょうがない、対策は後で考えるとして、ハルヒの作った朝飯でも食おう。
オムレツか、箸をつけなくても焼き具合が絶妙なのがわかる。

みくる「あたしがケチャップかけてあげるねー」

キョン「ああ、ありがとう」

みくる「できたー」

キョン「…おい」

一樹「あはは、うんこってかいてるー」

有希「…」ポッ

ハルヒ「こらみくる!食べ物で遊ばないっ」

なんていうほのぼのとした光景なんだ。
だが俺はここにいつまでもいるわけにはいかないんだよ。

みくる「あははーオムレツうんこー」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/24(金) 22:36:50.56 ID:vDCUKH0c0

「うんこ」と書かれたオムレツを食べて、ハルヒの準備した服に着替えると、
ハルヒが元気よく言った。

ハルヒ「さあみんな!出発するわよー」

有希・一樹・みくる「おー!」

キョン「なあハルヒ、どこに行くんだ?」

ハルヒ「忘れたの?水族館よ。赤と白のクリスマスカラーの魚とかエビが
    人気だってニュースを、テレビでアンタも見てたでしょう」

キョン「ああ、そうか」

ハルヒ「それと、忘れ物してるわよ」

キョン「えっ?なにをだ?」

ハルヒ「マフラーよ、マフラー!」

ハルヒが俺の首に巻いたのは、昨日貰ったあのマフラーだった。
どうやらこれが鍵になりそうだな。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「えっ、古泉君が!?」