キョン「中に出すぞ!」橘「はい!」ハルヒ「まちなさい!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:フラム「ゼハート様、お食事の用意が出来たようです」

ツイート

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 01:56:52.58 ID:y+bdpcTo0

橘「いいからこのまま……中に出すです」ギュッ
キョン「おっ、ぐ、お前両足絡めたら抜けねえ!」
橘「あなたの子種が欲しいのです」ヌップヌップ
キョン「あ〜っ、だ、だめだ気持ち良すぎ……るコイツ」ハアハア

ハルヒ「ちょ、キョン! 聞いてるの? やめなさいよ!」
キョン「んあーっ!? ハルヒ……ぅっ、い、いたのかあ」ハアハア
橘「気にすることはないのです」ハアハア
ハルヒ「だいたいここどこだと思ってんのよ……///」
長門「ここはSOS団の部室」ペラッ

ハルヒ「有希ーっ!! 居たんならとめなさいよっ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 02:04:36.66 ID:y+bdpcTo0

キョン「中に出すぞ!」ハアハア
橘「はい!」ハアハア
ハルヒ「まちなさい!」ハアハア
長門「……」ペラッ

ハルヒ「ゆ、有希っ! 二人を引きはがすわよ!」
長門「どうして」
ハルヒ「どうしてって、その、ダメに決まってるじゃない!」
キョン「京子かわいいよ京子」ハアハア
橘「キョンさん……ンアッ、お、お嫁さんにするのです」ハアハア
ハルヒ「ちょ、誰か、他にいないの?」

ガタン
古泉「何か御用でしょうか涼宮さん」
ハルヒ「あなたロッカーの中に……居たわけ?」
古泉「はい。最初から一部始終を見ておりました」クスッ
ハルヒ「なな何でとめないのよ、神聖な部室で、その、こんな」
古泉「すみません、ついつい動画の撮影に夢中になってしまいまして」
ハルヒ「っていつまで撮影してんのよ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 02:11:57.00 ID:y+bdpcTo0

古泉「おやおやこれは手厳しい」
ハルヒ「とにかく、早く二人のいやらしい……行為をやめさせるわよ!」
古泉「仰せとあらば」

橘「あっ、はぁん、いやっ、もう……行くです、行く…」
キョン「ああ、このまま……行くぞ……」ヌチュヌチュ
ハルヒ「早く抜きなさいよっ!この!」グイッ
キョン「あっ! てめえ何しやがるくそ!」
橘「あん、もうっ! 抜いちゃ嫌なのです」
キョン「古泉くん!そっち引っ張って」
古泉「はいはい。お嬢さん、すみませんね」グイッ
ガシッ
橘「嫌なのです! もうちょっとで…行くところなのです!」ハアハア
キョン「ああーっ、俺もだ……もう……すぐ」ジュプッジュプッ
ハルヒ「こ、こんのぉ……がっちりまぐわっちゃって…///」ハアハア
古泉「これじゃあ引きはがせませんねえ」ジーッ
ハルヒ「あんたは撮影に戻らないの!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 02:16:12.00 ID:y+bdpcTo0

ハルヒ「有希、とにかく二人を……離すのよ!」
キョン「はあはあ、んああー気持ちいい……行きそうだ」ハアハア
橘「ん、んはぁ、い、いい……行きそうなの……です」ハアハア

ハルヒ「ダメーっ!!有希、何で黙ってやらせておくのよ!」
長門「……次は私の番という約束だから」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 10:21:39.63 ID:y+bdpcTo0

ハルヒ「なっ! ちょっと、どういうことなのよキョン!?」
キョン「あーっ、気持ちいい……最高だ京子」ハアハア
橘「いい、いいのです……とても…いっアッ」ハアハア
ハルヒ「聞きなさいよーっ! ああもう……こ、古泉君ッ!」
古泉「ふふっ、SDカード16Gb、20枚持ってますからバッチリです」グッ
ハルヒ「だめだコイツ……」

長門「……」スッ
ハルヒ「!? 有希、止めてくれる?」
長門「そろそろ2カメ担当」
古泉「ありがとうございます。こちらのハンディで、結合部分を」
長門「了解した」ジー

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 10:25:28.38 ID:y+bdpcTo0

キョン「あーっ、出る、出るぞ、出ちまう……」ハアハア
橘「んんっ、な、中で出して……欲しいのですぅ!」パンパンパン!
ハルヒ(キョンのやつ、あんなに激しく…)///ハアハア

キョン「行く、ぞ! で、出るっ!!!!」ビクン!
橘「んんんんーっ!!!!行っくぅぅぅううう!」ドクンドクンドクン
キョン「あーっ、あぁーっ……」ビュウウウ
橘「届いてる、届いてるです……」ビクンビクン

ハルヒ「くっ!」(何よ……二人とも……あんなにガクガクしちゃって……///)


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 10:28:44.70 ID:y+bdpcTo0

古泉「…クライマックスは引きから両方の顔、2カメは結合部OKですか?」
長門「……瑕疵はない。問題ない」
ハルヒ「ちょ!……あとで…その。あたしにもコピー///」ボソッ
古泉「はい?」ニヤニヤ
ハルヒ「じゃなくって! やめなさいよもう!」
長門「編集なら任せて」

キョン「ふう……お、綺麗にしてくれるのか……サンキュ」ナデナデ
橘「ムチュッ……ペロ……えへっ、嬉しいのです///」ヌバアア レロレロ
ハルヒ「ちょ、いつまでいちゃいちゃしてんのよ! もういいでしょ!」
キョン「おっ、気持ちいいな……また勃っちまうぞコラコラ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 10:32:07.41 ID:y+bdpcTo0

ハルヒ「聞きなさいよ――! って……有希?」
長門「順番では次は私ということになっている」ヌギヌギ
キョン「ああ、大丈夫だ。長門、いつもながら縞パン、似合ってるぞ」
長門「……」
橘「あっ今ちょっと照れたように見えたです」クスッ
キョン「ははっ、可愛いなあおまえたち」ニコッ

古泉「カードチェンジOKです」
橘「じゃあ今度は私が撮影するです」
ハルヒ「あんたら……どういう……」プルプル

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 10:40:36.11 ID:y+bdpcTo0

キョン「さあ、長門。こっちへ来てカメラに全部見せるんだ」
長門「さすがにこの姿勢は恥ずかしい」
橘「うわあ、綺麗なのです、長門さん」
古泉「これはこれは…僕はあなたが羨ましい」
キョン「いやー参ったな、ははは」クパア
ハルヒ(本当に綺麗……ね)ゴクリ

ハルヒ「じゃなくってもう! あんたたち、説明しなさいよ!!」
キョン「うるさいぞ、ハルヒ。撮影の邪魔だから静かにしてろ」
ハルヒ「なな何の撮影よっ! だいたい部室で団長の許可もなく」
古泉「あなたが昨日お休みになられたので、自動的に副部長の私が決裁しました」
キョン「団活に金がかかってしょうがない(主に飲食費)から、AV撮ることになったんだよ」
ハルヒ「AVですってええ!?」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 10:56:22.30 ID:y+bdpcTo0

キョン「おまえに頼むわけにもいかんので佐々木に出てくれるよう頼んだんだが」
ハルヒ「なっ!」
キョン「でもさすがに断られてな、そしたら橘の方は二つ返事で」ナデナデ
橘「えへっ、バイト代はずむって聞かされたのです」スリスリ
ハルヒ「いちゃいちゃするのやめなさいよっ!」
古泉「で、一人単体なのも寂しいな、ということで長門さんも」
長門「純粋に生殖行動に興味がある」
ハルヒ「はい?」
長門「純粋な、科学的探求心」
ハルヒ「……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 11:00:34.35 ID:y+bdpcTo0

ハルヒ「そうだ、みくるちゃんは?」
古泉「朝比奈さんならもう撮影終了して帰られました」ニコッ
ハルヒ「もう……終わっただと……?」
キョン「朝比奈さん凄かったぞ。口、胸、中の3発だったからな、ふらふらだ」ナデナデ
橘「ふらふらだったのです」スリスリ
古泉「腰が立たないというので早退されました」

ハルヒ「あんたたち……人が風邪でちょっと休んでる間に……」プルプル

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 11:05:10.77 ID:y+bdpcTo0

古泉「それにしても彼の絶倫ぶりには驚かされます」フッ
長門「……」チラッ
キョン「あ、ま、まあ……な。まだまだ行けるぜ」チラッ
橘「たくましいのです///」スリスリ
ハルヒ「それで……これから有希と……その」
キョン「ああ、ガチハメしますが何か?」
長門「準備は出来ている」
古泉「じゃあ行きましょうか」
ハルヒ「ちょまっ、ちょっと待ち…なさい///」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 11:12:14.23 ID:y+bdpcTo0

キョン「ん? 何か文句でもあるのか?」
ハルヒ「その……団活の……部費を稼ぐんなら、えっと」
古泉「ここは私、副団長の責任でやりますからご心配なく」
ハルヒ「そうは行かないわよっ! きょ、協力するしかないじゃないの///」
長門「協力とは」
橘「どういうことなのです?」スリスリ
キョン「なんだ、おまえが顔射ガチハメ連続中出し鬼畜AVに出てくれるわけないだろう?」ニコッ
ハルヒ「がん……きちk///」プルプル
キョン「な? ちょっと部室から出てってくれ。後は俺たちが」
ハルヒ「――やるわよ」
キョン「ん?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 11:21:19.18 ID:y+bdpcTo0

古泉「これはこれは。さすがは我らが団長閣下」
キョン「おまえがガチハメ中出しさせてくれるっていうのか?」
橘「これは撮影しがいがあるのです」
長門「でも順番では次は私」
ハルヒ「ダメッ、やるって決めたんだから……そのっ、すぐ」ヌギヌギ
キョン「ほう……古泉」
古泉「解ってますって。REC、と」ジー
ハルヒ「こ、これでいいんでしょう!」クパア
キョン「なんだ、お前こんなに……」
橘「さっきから見ながら興奮してたのです」クスクス
ハルヒ「なっ!! ち、違うわ……よ///」
キョン「長門、じゃあ3人でいいな」
長門「……構わない」スッ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 11:27:59.09 ID:y+bdpcTo0

キョン「おまえ、初めてか?」
ハルヒ「そっ、そうよ……悪い?///」
キョン「……可愛いぞ、ハルヒ」ボソッ
ハルヒ「んあっ!(耳元でそんなっ……)」ビクッ
橘「長門さん、ほぐしてあげないと痛いのです」
長門「了解した」
ハルヒ「あっ! 有希、何するのよ、そこは……アッ!」ビクーン
長門「……」ペロ、ペロ、レローン
ハルヒ「ひっ、ひぎっ!」ガクンガクン
キョン「いい反応だなあ。乳も張りがあっていい手触りだぞ、ハルヒ」
ハルヒ「ああっ、後ろから…耳に近い、からっ///」ビクッビクッ
長門「……」(ぺろっ、くちゅくちゅっ、れろーん)
キョン「耳とかこの辺、弱いんだな。ハ・ル・ハ・ル」スーッ
ハルヒ「んんん……だめっ……///」ビクビク
キョン「チュウウッ!」
ハルヒ「は、はぁあああああっ!」ビクーン
長門「!」
プシャアアアア

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 11:33:51.53 ID:y+bdpcTo0

長門「凄い量」
キョン「ははっ、長門のテクは凄いからなあ」
ハルヒ「あ、あ、ひああ……///」ガクンガクン
橘「キョンさんとダブル責めだからなのです」
古泉「収録バッチリですよ」
ハルヒ「こ……こんなの……はじめ…て」ビクンビクン
キョン「さあ、長門にもちゃんとしてやってくれ」

長門「……」スッ
ハルヒ(んあっ……有希の……が目の前に)
橘「二人で舐め合うのです」
キョン「ちゃんとお返ししてあげないとな」クリクリ
ハルヒ「……んっ……」ペロッ
長門「……!……」ピチャッピチャッ
キョン「ふう〜っ」クリクリクリ


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:26:50.32 ID:y+bdpcTo0

<※説明しよう。
今キョンは部室の椅子に腰掛け、ハルヒを後ろから抱きかかえるようにしている。
長門はそのハルヒにまたがる形で腰を突き上げ、69のかたちになっている。
古泉はメインカメラ、橘は表情は局部のアップ担当である。>

古泉「これは……いい映像ですねえ」
橘「とってもいやらしいのです」
キョン「二人とも可愛いぞ。そろそろこっちも頼む」
ハルヒ「はあはあ……え……?」
長門「……」クイッ、カポッ
キョン「うっ…いいぞ……ゆっくり、な」
長門「……」じゅるっ、ペロペロペロ、ジュル〜ッ
ハルヒ「あ、あたしも……する」
キョン「ああ、両側から……そうだ」
ハルヒ「キョンのこれ……凄く固い……」レローン
キョン「ううっ、長門の先端チロチロ舐めたまらんな」ビクッ
長門「……」チロチロチロ
ハルヒ「はああぁ……」レローンジュルルルル
キョン「ハルヒの竿舐めも初めてにしちゃ上出来だ…ぞ」プルプル

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:35:02.24 ID:y+bdpcTo0

ハルヒ「んはあ…あと…ど、どうすればいいの?」ハアハア
長門「任せて」ガポッ
ジュルジュルジュル、ガポガポガポガポ
長門「んん、んっ、んごほぉおお……」
ハルヒ「すごい……あんな喉の奥まで……///」
キョン「おおおお! 長門ぉ、出る、出ちまう!」ガクンガクン
長門「今」ギュッ
ハルヒ「は、はいっ?」ガポッ
キョン「ハルヒが、根本まで俺のを……ああああ」ガシッ
ハルヒ「!?」
キョン「ぐ、はあああああ!」ビュルーッ、ビュウウウ
ハルヒ「……ふぐうっ!?……うぐっ!」ドクンドクンドクン
キョン「ハルヒ……全部……飲んでくれ……」ガシッ
ハルヒ「ふぐっ、んんっ、うっ……」ゴキュッ、ゴクンゴクン…
キョン「うわああああああ〜」ビクビクビク
ずる……
ハルヒ「けほっ、がはっ、う、うええ」ハアハア
長門「ほぼ全て嚥下した」パチパチパチ
橘「頑張ったのです」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:40:56.90 ID:y+bdpcTo0

古泉「素晴らしい。感動いたしました」
キョン「はあはあ、良かったぜ……ハルヒ」ナデナデ
ハルヒ「えへへ…あ、べっ別に、団のためなんだからねっ…///」
キョン「じゃあブチ込むぞ」ニコッ
ハルヒ「えっ? も、もう?」
長門「なら私が先でも構わない」
ハルヒ「い、いいわよっ、貫きなさい!」ハアハア
キョン「ハルヒ……可愛いぞ」
ハルヒ「なっ……///キョン…」ポーッ
キョン「力を抜け……」クチュクチュ
ハルヒ「んっ! んんっ……」ビクンビクン
キョン「大丈夫だ、優しくしてやるからな」
ハルヒ「……///」コクコク

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:45:23.83 ID:y+bdpcTo0

ヌプ……
ハルヒ「きょ、キョンっやっぱり怖い」
キョン「こんなになってるんだ、大丈夫だぞ」グイイイ
ハルヒ「あっ、あ、ダメ、おっきい……!」ギュウウ
キョン「行くよ」
ズプウウウウ!

ハルヒ「…………!…………」パクパク

キョン「ほおら、全部……入ったぞ」フウウ
ハルヒ「……そ、そん……な」ハアハア
長門「……チュッ」ペロリン
ハルヒ「あっ!」ビクーン
キョン「痛いか?」
ハルヒ「だ、だいじょう……ぶかも」グスン
キョン「可愛いぞ、ハルハルぅ?」
ハルヒ「いやっ、いやあん……///」プルプル

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:49:38.66 ID:y+bdpcTo0

キョン「動くぞ?」
ハルヒ「だっ…! ゆ、ゆっくり!やさしく…///」
キョン「解ってるよ」ジュプッ、ヌラーッ
ハルヒ「ん、はあああ……」
長門「チュッ、チュッ」ペロペロ
ハルヒ「あっ、あっ、あっ……」ビクンビクン
キョン「痛く……ないだ、ろ?」ニュルーッ、ブチュッ
ハルヒ「ん、あ、うん、あっ、ぁあんっ///」
キョン「速くするよ」
ハルヒ「ま、まだ…ダ」
ジュプッ、ジュプ、ジュプッ
ハルヒ「ひ、あ、あ、あっあっあっ」ギュウウ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:53:33.75 ID:y+bdpcTo0

キョン「kskするよ」
ジュプジュプジュプジュプ
ハルヒ「あ、あ、あ、あ、あ、あ///」
キョン「気持ち、いい、か?」
ハルヒ「……///」コクン
キョン「可愛いぞ」カミッ
ハルヒ「いやっ、あん!」ビクビクビク
ジュプジュプジュプジュプ
長門「はああ……」チロチロ
キョン「長門、ベロ吸ってくれ」
長門「むちゅう、ちゅううう、ぺろぺろ」
ハルヒ「あ、あっ、あん、あん、あん!」
ジュプジュプジュプジュプ

橘「凄い……えっちなのです……///」ゴクリ
古泉「僕も偉いことになって来ました」モゾモゾ


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 12:59:24.72 ID:y+bdpcTo0

キョン「おまえの中…気持ち、良すぎるぞ」ウッウッ
ハルヒ「キョン、きょんっ」ハアハア
キョン「絡みついて…絞られるみたい…だぞ」ウウッ
ジュプジュプジュプジュプ
ハルヒ「えっちな、こと、言わないでっ、あ、あんっ///」

キョン「ダメだ、良すぎる……、また、出そうだ」
ハルヒ「出すの? な、中で…出すの?」ハアハア
キョン「ああ、ハルヒ、お前の、中で」
ジュプジュプジュプジュプ
ハルヒ「あたしの中に、キョンが、あっ、あ、あ、あ」
キョン「ハルヒ、お前の中に…出すぞっ!」
ハルヒ「いいよ、キョン、中に、中に出しなさいぃ!」ギュウウ
ジュプジュプ、ジュプ、ジュプ!
キョン「うあああ〜っ!」ビクーン
ハルヒ「あ、ああああああ!」ビクビクビク

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 13:05:20.40 ID:y+bdpcTo0

ビューッ、ビューッ、ビュルッ、ビュクンビュクン……
キョン「うああ、あ、ああ……くはぁ……」
ハルヒ「ああ、あはぁあ、あ、出てる、熱い…の、たくさん……」ガクンガクン
キョン「止まらない、ぞ、こんなの…初めてだ…」ビクンビクン
ハルヒ「あ、まだ、まだ、出てるぅ……」ピクピクピク

長門「凄い射精量。時間的にもこれまでで最長……」
橘「凄いのです…手が震えちゃいます」ゴクリ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/25(木) 13:08:17.51 ID:y+bdpcTo0

キョン「はあはあ、き、気持ち良かったか?」
ハルヒ「うん、気持ち……良かった…よ、キョン///」ギュウウッ
キョン「ああ、お前の中、良すぎるぜ……」ハアハア
ハルヒ「まだ……おっきいまま///」
キョン「このまま、まだ出来るぞ」ナデナデ
ハルヒ「あっ、あたしは…別にいい…けど///」

長門「……次は私だということを忘れている」
キョン「す、すまん長門。でも撮影はバッチリ……?」

古泉「……ンアーッ」ビクンビクン
橘「撮影忘れてシコってどうするのです」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「一番くじセカンドインパクトー?」