古泉「失恋した者同士、食事でもどうです?」ハルヒ「フン!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:工藤新一「これは……ダイニングメッセージだ!」

ツイート

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 09:08:19.78 ID:ehdBWR++0

キョン「有希、今日の放課後はどこか行きたい所あるか?」

長門「あなたとなら、どこにでも」

キョン「……ああっ、畜生!可愛いなぁ有希!!」



古泉「いやぁ、相変わらず彼と長門さんは仲睦まじいですね」

ハルヒ「……ふん。何よジョンったらあんなにデレデレして。
    あんなだらしない顔じゃあ、一緒にいる長門さんの恥じゃない」

古泉「まぁまぁ、恋愛というものは往々にしてそういう物ですよ。
   長門さんの方も嬉しそうですし、優しく見守りましょう」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 09:15:15.42 ID:ehdBWR++0

部室にて

┏━━┓          ┏┓  ┏━━━┓┏━━┓┏┓
┗┓┏┛        ┏┛┗┓┗┓┏━┛┃┏┓┃┃┃
┏┛┗┓┏━━┓  ┃┏┓┃┏┛┗━┓┗┛┃┃┃┃
┗┓┏┛┗━┓┃  ┗┛┃┃┗┓┏━┛    ┃┃┗┛
┏┛┃  ┏━┛┗┓  ┏┛┃  ┃┗━┓    ┃┃┏┓
┗━┛  ┗━━━┛  ┗━┛  ┗━━┛    ┗┛┗┛

ハルヒ「はーい注目注目!」

長門「え…っ」

みくる「ひぃいい」

古泉「…」

キョン「またか!ってか今度はなんだ」

ハルヒ「宝よ!」

キョン「宝ってなんだ」

ハルヒ「宝の地図よ!昨日骨董屋で見つけたの!きっと金銀小判が埋まってるに違いないわ!そうね、今のお金で100億円分ぐらい!」

キョン「そうがなるなハルヒ!みろ、思いっきり有希や朝比奈さんがビビってるだろうが!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 09:20:52.43 ID:ehdBWR++0

ハルヒ「がなるとかがならないとか、目標とはてんで無関係じゃないの!」

キョン「俺は目立たない人生を目標にしてるんだって!」

ハルヒ「そんな目標、屋上から紙飛行機にでも乗っけて飛ばすと良いわ!」

キョン「いや、無理だろ、ふつーに」

ハルヒ「あのねジョン、いい?あんた若いのに無理とかいわないこと。
     人生を語るのは大往生を遂げる三秒前にしなさい!わかった?」

キョン「三秒で語れる人生なんて嫌だぁ―――っ!」

古泉(………)


ハルヒ「今日のSOS団の活動はこれで終了!あしたは8時に、北口駅!分かった?」

みくる「ひょえー」

長門「…うん…」

ハルヒ「じゃあ、古泉くん、帰りましょう」

古泉「はい」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 09:24:23.39 ID:ehdBWR++0

下校中

ハルヒ「このあいだ、借りた本だったけど」テクテク

古泉「いかがでした?」テクテク

ハルヒ「――普通ね。あまり目新しくもなかったわ」

古泉「そうでしたか……。それではまた別のものもお貸し致しましょう」

ハルヒ「そう…」

古泉「…」

ハルヒ「…」

古泉「……」

ハルヒ「……」

古泉「………」

ハルヒ「………」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 09:31:55.22 ID:ehdBWR++0

古泉(彼と話すときは、あんなに目が輝いているのに)

古泉(僕と話すときは、目が死んでいる)



ハルヒ「じゃあね、古泉くん。また、明日」

古泉「はい、それではまたお会いしましょう」

古泉(あの笑顔を、僕に向けてくれれば良いのに)

古泉(…僕じゃ無理か、はは…)

テクテク





古泉(うらやましい、…ですね…)

テクテク

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 09:37:32.05 ID:ehdBWR++0

翌日・北口駅

ハルヒ「どうしてジョンだけ遅れるのよ。あたしが来たときにはみんなちゃんと待っててくれたわよ!
    とくにそう、長門さん待たせて少しは心苦しいとおもわないの!」

長門「え…えっ…わたしは…」

長門「…だいじょうぶ、気にしないで」

キョン「ほら、有希も大丈夫っていってるじゃないか」

ハルヒ「なぁ〜に、開き直るようなこと言ってるのよ。遅れてきたのはあんたじゃない!」ニコ

古泉「…」

キョン「不幸だ…果てしなく不幸だっ…」

ハルヒ「もっときびきびした顔しなさいよ!それともなに?風邪でもひいたの?」

キョン「いーや、ただ寒がってるだけだ」



ハルヒ「…なによ古泉くん。まるで悩み事でもあるような顔してるわよ。どうかした?」

古泉 「…なんでもありません」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 09:56:12.83 ID:ehdBWR++0

喫茶店

ハルヒ「で、これが、宝の地図なんだけど」

キョン「どれどれ…なるほど、 ✡印が2つあるな」

ハルヒ「そうそう、だからここで二手に分かれるべきだと思うの」

キョン「で、登場するのが爪楊枝くじね。へいへい、これですか」

ハルヒ「そうそうこれこれ、あんた案外、気が利くじゃない」

キョン「まあ、前の世界のお前がそうやってたからな」

ハルヒ「あ、その話、こんどまた聞かせてよね、ジョン!」ニコニコ

キョン「言うまでもなく語ってやるよ。お前がどんだけ迷惑女だったかくらいは、な」

ハルヒ「ふんっ…!言わせておけば……じゃあみんな、さっさと引きなさい!」

193 名前:id変わった[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:04:32.45 ID:5/QewjIe0

>>192
古泉(涼宮さんと一緒でありませんように…)
古泉(一緒になっても、もっと印象が悪くなるだけだから…)

しゅっしゅ…

古泉「赤ですね」

しゅっ…

キョン「白だ」

しゅっ

みくる「白ですぅ」

しゅっ

ハルヒ「白よ」

…と、いうことは

長門「赤」



A:長門・古泉
B:涼宮・ジョン・朝比奈

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:12:13.47 ID:5/QewjIe0

ハルヒ「じゃ、これで決まりね!」
キョン「…なんか微妙だが」

駅前

キョン「いいか古泉、マジデートじゃないんだぞ!しっかり不思議を探せよ!な!」
ハルヒ「じゃ!行くわよキョン!この世の不思議を探しに!」

キョン「この世の迷惑女を捜しに…」

ハルヒ「…え?ジョン、今なんか言った?」ギリ
キョン「あのぉ、涼宮さん?何、抱きつかないで…ってか、間接技はやめて、やめて、痛い、アッー」

ハルヒ「変態ね?あんた変態なのね!」テクテク
キョン「ぎゃー…」テクテク

みくる「あのお、涼宮さん、らめです。やめてあげてくらさーい…」テクテク

<さあとっとと行くわよ
<やめろぉおお〜
<ぴー

長門「…」
古泉「…」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:22:03.88 ID:5/QewjIe0

駅の南側のはずれ。用水路沿いに小さな公園がある。

古泉「缶コーヒー買ってきましたよ」

長門「…」

古泉「いよいよ桜も咲き出しましたね」

長門「…」

古泉「この公園にも桜はありますが、やはり、祝川の桜並木に尽きます」

長門「…」

古泉(何話しても反応がありませんね)

古泉「どうせですから、こんなところより祝川へ行きませんか?」

長門「…」コクン

古泉(この人、とても話しづらい…)

199 名前:またid変わった[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:36:09.26 ID:31E6A1cX0

>>196
祝川

古泉「おにぎり、買ってきました」

長門「…」

古泉「いやぁ、すばらしい桜ですね」

長門「…」

古泉「おにぎりで花見も、乙なものです。ほんとうに、すばらしい桜です」

長門「…」

古泉(…正直、つまらない人…かもしれない)

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:37:16.47 ID:31E6A1cX0

古泉(…きっと涼宮さんにとって、僕はこんな感じなんだろうな)

長門「…」

古泉(彼は…なにがよくてこんな人と付き合ってるんだろう)

長門「…」

古泉(容姿?…確かに美人ではあるけど…)

子供「わーい!」

古泉(あ、あのままだと躓くな…)

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:47:12.34 ID:wVQBwhvB0

>>200
子供「あっ」コテン

長門「あっ…」

子供「…うぅ…」グスン

子供「ぅぅぅ」

子供「うわぁあああああああん!」

……

長門「…大丈夫?」ニコ



古泉(え…、いまの笑顔…)



子供「ぅぅぅ、お姉ちゃん…ぅぅぅ…ぅん…だいじょぶ、だよ」

長門「…よかった」

子供「うん、僕、いい子、だから、ぅぅぅ―、うん、泣かない」

古泉(ちょっと、今のはめまいがしました…)

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 10:58:51.59 ID:gW+hAFkQ0

子供「ありがと―――!おねーちゃ〜ん!」

長門「元気で」

子供「また、会おうねー!」


古泉(そういえば、僕は涼宮さんに笑って欲しかったけど)

古泉(そのまえに僕は、涼宮さんに笑いかけていただろうか)

古泉(泣いている子供でさえ、笑いかければちゃんと笑ってくれるんだ…)

古泉(…)



長門「そろそろ、集合時間」

古泉「そうですね。じゃあ、駅前に戻りましょう」


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 11:03:19.52 ID:gW+hAFkQ0

解散の後、帰路

ハルヒ「このあいだ、借りた本なんだけど」テクテク

古泉「いかがでした?」テクテク

ハルヒ「――やっぱ普通ね。あまり目新しくもなかったわ」

古泉「そうでしたか……。それは残念です」

ハルヒ「そう」

古泉「…」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 11:05:06.83 ID:gW+hAFkQ0

ハルヒ「古泉くん?」

古泉「何でしょう」

ハルヒ「気のせいだけど雰囲気、変わった?」

古泉「そうでしょうか」ニコ



ハルヒ「そう変わったわ。なんかキモくなってない?
    ってかそのにやけ顔、結構むかつく………」 プイ




――

―――

ハルヒ「じゃあね、古泉くん。また、明日」ニコ

古泉「あ…、はい、それではまたお会いしましょう」

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/23(火) 11:14:06.07 ID:gW+hAFkQ0

はあ、オワタ、
ってか結構呼称ミスってる

わーい(。0。/



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:吹雪「変な艦娘と閉じ込められた…」