古泉「失恋した者同士、食事でもどうです?」ハルヒ「フン!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門がひっついて離れない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 20:51:21.06 ID:PBK256b70

キョン「有希、今日の放課後はどこか行きたい所あるか?」

長門「貴方となら、どこにでも行く」

キョン「……ああっ、畜生!可愛いなぁ有希!!」



古泉「いやぁ、相変わらず彼と長門さんは仲睦まじいですね」

ハルヒ「……ふん。何よキョンったらあんなにデレデレして。
    あんなだらしない顔じゃあ、一緒にいる有希の恥じゃない」

古泉「まぁまぁ、恋愛というものは往々にしてそういう物ですよ。
   長門さんの方も嬉しそうですし、優しく見守りましょう」

ハルヒ「……うー」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 20:57:39.40 ID:PBK256b70

ちょっと世界救ってくる。後は任せた

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:08:31.49 ID:qHY1wu6uO

古泉「涼宮さん涼宮さん」

ハルヒ「…なによ」

古泉「今日の日曜洋画劇場はハリーポッターと秘密の部屋ですよ」
ハルヒ「…あっそ」

古泉「…はは」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:11:00.74 ID:qHY1wu6uO

古泉「涼宮さん涼宮さん」

ハルヒ「…なによ」

古泉「最近寒くなってきましたね。風邪をひかないように、体調管理には十分注意しましょうね」

ハルヒ「…そうね」

古泉「…はは」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:13:15.31 ID:qHY1wu6uO

古泉「涼宮さん涼宮さん」

ハルヒ「…なによ」

古泉「外、暗くなってしまいましたね…」

ハルヒ「…そうね」

古泉「…帰りましょうか」

ハルヒ「…うん」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:17:26.85 ID:qHY1wu6uO


古泉「うー、寒い。廊下は冷えてますね」

ハルヒ「…ええ」

古泉「寒くないですか?」

ハルヒ「…ええ、大丈夫よ。古泉くん」

古泉「そうですか」ニコッ

ハルヒ「…、あ…」



キョン「ん?古泉と、ハルヒじゃないか」
長門「…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:20:42.45 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「……」

古泉「おや…あなた方もこれからお帰りでしたか」

キョン「ん、まぁな。長門がなかなか図書館から出ようとしなくてなー」

長門「…迷惑だった?」

キョン「んな訳あるか」


ハルヒ「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:23:31.96 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「……」スタスタ

古泉「あ、涼宮さん!で、では僕たちはこれで。涼宮さんっ」タタッ
キョン「あ、ああ…」

長門「……」





25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:26:06.21 ID:qHY1wu6uO

古泉「涼宮さん…っ涼宮さん!」

ハルヒ「……」スタスタ

古泉「はぁっ…やっと追いつきました。歩くの早いですよ、涼宮さん…」

ハルヒ「……に…よ…」

古泉「え?」

ハルヒ「なによ…なんなのよ!涼宮さん涼宮さん涼宮さんって!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:30:32.87 ID:qHY1wu6uO

古泉「涼宮さん…」

ハルヒ「うるさい!呼ばないでよ!名前呼ばないでよ!」

古泉「……」

ハルヒ「どうせ、笑ってるくせに…っ私が、有希に、負けたって…キョンとられたって…!」

古泉「……」

ハルヒ「う、うぅ…っ」





27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:35:12.04 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「なんで…キョン、なんで…っ私…キョンの、こと…っ」

古泉「……」

ハルヒ「…ッグス……ズズッ…」

古泉「……」

ハルヒ「……ごめん、古泉くん。私…最低ね…」

古泉「そんなことはありませんよ」

ハルヒ「……」

古泉「さぁ、帰りましょう」ニコッ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:41:40.99 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「…そうね、帰りましょう」

古泉「あ、そうだ。失恋したもの同士、食事にでも行きませんか?」

ハルヒ「ふっ…なにそれ、古泉くんにしては笑えない冗談よ?それに古泉くんは失恋してないでしょ?」

古泉「はは…(現在進行形でしてますよ、涼宮さん)」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 21:45:25.02 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「まあ、でも…そうね…気晴らしにはなるかもね。どこに連れてってくれる?」

古泉「え?あー…そうですねぇ…えっと…(話題を替えるために振ったのはいいが、何も考えてなかった…まずいですね…)」


古泉「…さ…」

ハルヒ「さ?」

古泉「サイゼリア…」

ハルヒ「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:50:36.85 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「……」

古泉「そ、そんな非難の目で見ないでくださいよ」
古泉「学生のオアシス、サイゼリアですよ…?」

ハルヒ「……」ジトー

古泉「ほら、あそこ、安いですし!財布に優しくて…っ」
古泉「奢りますから…ね…?」

ハルヒ「…ぷっ、あはは!」

古泉「え…」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:00:43.41 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「ふふふっ。だって、サイゼリアって…っ」

古泉「い、嫌ですか?」

ハルヒ「うーん、嫌じゃないの。でも古泉くんだからもっと気品のあるような、高そうなお店に連れてってくれるかと思ったのよ」

古泉「はは、それは誤解ですよ。僕だってただの一般人、学生ですよ。彼と同じ…あ…!」

ハルヒ「……」

古泉「す、すみません」

ハルヒ「…いいの。大丈夫よ、古泉くん」
ハルヒ「あーお腹空いた!はやく行きましょ!」

古泉「…はい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:06:44.72 ID:qHY1wu6uO

inサイゼリア

店員「っしゃーせー」


古泉「やはりこの時間帯は学生が多いですね」

ハルヒ「でも席はあいてるわ。ほら早く」グイッ

古泉「わっ…!」
古泉(わ、わっ…腕を、引かれてる…!)

ハルヒ「とりあえずドリンクバーふたつ」

店員「かしこまりましたー」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:19:33.05 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「ドリンクバーって名前負けしてるわ。決まった種類しかないもの」

古泉「そうですねぇ。月毎に種類が変更されるとか…」

ハルヒ「そんなのあまっちょろいわ!日替わりにしなさい!」
ハルヒ「メロンソーダにしよっと」トポトポ

古泉「はは、仰る通りかと。では僕はコーヒーを…」トポトポ

ハルヒ「…とりゃ!」ドポッ

古泉「ああ!ちょ、涼宮さんっ、何してるんですか!」

ハルヒ「ふふん、甘い…甘いわよ古泉くん」
ハルヒ「何時なんどき危機が迫るか分からないのよ?もっと神経を尖らせ、アンテナを張りなさい!」

古泉「善処します…あぁ…僕のコーヒーが炭酸と混合されて絶妙なハーモニーを醸し出していますよ…」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 22:27:53.09 ID:qHY1wu6uO

古泉「これ絶対飲めませんよ…お腹下っちゃいますよ…」

ハルヒ「弱音を吐かない!男でしょ!」

古泉「はいぃ…」

40 名前:>>35 ふひっありがとうございます![sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:32:08.16 ID:qHY1wu6uO

古泉「さて、メニューは何を…」

ハルヒ「私、イカスミパスタ」

古泉「決めるの早っ!まさか、涼宮さん…」

ハルヒ「ふっ…お察しの通り、常連よ」キリッ

古泉「なんと!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:41:47.04 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「高校に入学した初日、お母さんと生まれて初めてサイゼリアに来たわ」
ハルヒ「私は驚愕したわ、メニューの多さに…そして制覇したいって思ったの」
ハルヒ「誰かがやらなきゃいけない…私は使命感に燃え、メニューをすべてノートに書き出し、その日から毎日通いつめたわ!」
ハルヒ「1日一品!自分でルールも決めて、団活が始まってからも毎日毎日…」
ハルヒ「そして、先日やっと完遂したのよ!」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:48:27.73 ID:qHY1wu6uO

古泉「それはそれは。驚きの域を通り越して尊敬してしまいますよ」

ハルヒ「ふっふっふ!でしょでしょ?!」
ハルヒ「それなのにキョンったら『馬鹿らしい』って一言で…!」
ハルヒ「それだけで、終わっちゃって…」
ハルヒ「私は…キョンに…」

古泉「…涼宮さん、僕にオススメを教えてください」

ハルヒ「え…?」

古泉「僕もパスタがいいです、美味しいパスタはどれですか?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 22:53:38.92 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「古泉くん…」

古泉「ペペロンチーノとか美味しそうですね、んーでもタラコスパも捨てがたい…梅なんてあるんですか?」

ハルヒ「そ、そうね!私の、オススメ…オススメ、は…」ポロッ

古泉「!」

ハルヒ「っ…ごめんなさい、トイレ行ってくるわ」ガタッ




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 23:00:11.97 ID:qHY1wu6uO

店員「イカスミおふたつ、以上でよろしーでしょーか?」

店員「しょーしょーお待ちくださいませー」


古泉「……はぁ、まいったな」

古泉(彼と長門さんが付き合い初めて1週間、涼宮さんの精神は毎々酷く不安定になっている…)

古泉(今の涼宮さんを支える事が出来るのは、僕しかいない…僕がしっかりしないと…)





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 23:11:19.62 ID:qHY1wu6uO

五分後

ハルヒ「お待たせ。あら、古泉くんもイカスミにしたの」

古泉「おかえりなさい。実は初めてでして…」

ハルヒ「ふぅん。さ、食べましょ!いただきまーす」
古泉「いただきます」


ハルヒ「んーやっぱり美味しい!」ズルズル

古泉「…そ、そうですね」ズル…ズル…

ハルヒ「…口に合わなかった?」

古泉「い、いえ、はは…、喉が乾きますねぇ…」ゴクッ
古泉「っ!?ぐへあ!」ブーッ!!

ハルヒ「ええっ?!」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 23:18:44.56 ID:qHY1wu6uO

古泉(なっ、なんだ?!このコーヒーの味は…!マズッ…不味い!)

ハルヒ「……」ポカーン

古泉「ゴホッ、すみませっ…お見苦しい所を…うぇ…」

古泉(しまった…涼宮さん特製メロンコーヒーソーダ、完全に忘れていた…)
古泉(しかも涼宮さんの目の前でこんな醜態を…っ)

ハルヒ「…っぷ!あっはっは!今日の古泉くん超変!おっかしー」ケラケラ

古泉「はは…本当にすみません…」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 23:28:11.43 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「なんで謝るの?」

古泉「え?」

ハルヒ「古泉くんってそんな表情も出来るのね。なんだか新鮮だわ」

古泉「あ、ありがとうございます」

ハルヒ「あー、もうイカスミ飛びちってる…ほら、口元も汚れてるわ」スッ

古泉「え…」

フキフキ

古泉「っ…あ、わわ…すみません…」

ハルヒ「こら、謝らないの」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 23:36:58.54 ID:qHY1wu6uO

outサイゼリア

ハルヒ「ふう、食べた食べた!満腹よ」

古泉「はい、グラタン美味しかったです」

ハルヒ「でしょ?コイズイカスミくん」

古泉「うわ、止めてください…忘れてくださいよ…」

ハルヒ「イヤよ、せっかく握った古泉くんの弱み…ふふふ」

古泉「うう…」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 23:49:39.64 ID:qHY1wu6uO

ガヤガヤ
学生「次どこいくー?」
学生「カラオケいこーよ」
学生「テストめんどくさいよー」


ハルヒ「あれって確か光陽園学院の制服よね」

古泉「そのようですね」

ハルヒ「お嬢様学校とか言ってる割りに遊びまくりじゃない…」

古泉「はは」

ハルヒ「……私も、光陽行けばよかったかな」

古泉「え…」

ハルヒ「そうすれば、こんな苦しい思いもしなくて済んだのに…」
ハルヒ「こんな卑怯で、自分勝手で、ワガママで…」
ハルヒ「そりゃキョンだって振り向かないわよね」
ハルヒ「いっそのこと、会わなければ…」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 23:57:45.54 ID:qHY1wu6uO

ハルヒ「なーんて冗談…」

古泉「嫌です」

ハルヒ「え?」

古泉「嫌ですよ、涼宮さんがいなくなるなんて」

古泉「絶対に嫌です」

ハルヒ「こ、古泉くん…?」

古泉「しかも光陽園?ダメです、そんな所に転校なんてできません」
古泉「もしかして、僕の女装姿がお望みですか?仕方がありませんね、メイド服を朝比奈さんにでも借りて…」

ハルヒ「ちょ、ちょっと何を言って…」

古泉「そういうことですよ、涼宮さん」

ハルヒ「え…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/22(月) 00:05:34.64 ID:+hTYO6NeO

古泉「いなくなるなんて、言わないでください」

古泉「僕の…僕たちSOS団、団長でいてください」

ハルヒ「…ふふ、当たり前よ!私を誰だと思ってるのかしら?」
ハルヒ「これからも私の背中は任せたわよ、副団長!」

古泉「承知致しました。団長殿」



ハルヒ「古泉くんは女装癖アリ、と…」メモメモ

古泉「……え?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/22(月) 00:14:36.93 ID:+hTYO6NeO

古泉(今はまだ自分の想いは伝えられない)

古泉(…それでいい)

古泉(涼宮さんが、傍にいてくれるだけでいい)

古泉(機関も、閉鎖空間も、彼も関係ない…)

古泉(これは僕と涼宮さんの……)

古泉(…………)

古泉(それに…現状維持が僕の精一杯だから)


古泉「涼宮さん涼宮さん」

ハルヒ「なに?古泉くん」

古泉「また一緒に、来ましょうね」ニコッ

ハルヒ「ええ!」






63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/22(月) 00:18:59.73 ID:+hTYO6NeO

これ以上何を書けば…状態なのでこれにて終了です。みんなありがとう、優しいなおまえら。処女作で古ハル書けてよかった。

古泉が好きだ、ハルヒも好きだ、みんな大好きだー!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「エンドレス・エイトぉぉぉぉぉん!!!!!」ブリリ