キョン「古泉! もうオナニーを止めるんだ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:L「月くん……はっきり言いましょう」月「……」ドキッ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 23:25:46.64 ID:0eeeOX0B0

「まだですよ……まだ、まだ……」

そう言って古泉はペニスから手を離さない。
既に毛細血管が破壊され、赤黒く変色したペニスを右手でしごく。

「無理だ、古泉……」

俺はそう呟くしかない。

「無理でも、無茶でも。やらなくては世界が滅びます」

力無く微笑む古泉。
今日の団活が終わった後の、ハルヒの言葉。

『明日までに、このバケツに一杯に精液を溜めておいてね、古泉君!』

古泉は、その言葉に忠実にバケツに精液を流し込んでいた。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 23:33:56.03 ID:0eeeOX0B0

「大体、あんな言葉はハルヒの気まぐれだろう?」

古泉は頭を横に振る。

「僕には分かるんですよ。何故、彼女が僕の精液をバケツ一杯に欲しているか……。
 その意味は不明です。しかし涼宮さんは本気ですよ」

「本気でバケツ一杯の精液を欲しがっているというのか?」

古泉がしこりながら呟く。

「はい。今現在、閉鎖空間は拡大中です。
 明日のこの時間。それまでに、このバケツが精液で一杯でなかったら……」

俺は唾を飲み込んだ。

「世界は――崩壊します」

時計の音。

明日までの時間は、残り少ない。

古泉の表情は険しく、バケツには十分の一ほどの精液しか存在しない。

精液で世界が崩壊する?
そんな馬鹿な! と叫びたいが、これは覆しの無い事実であり、喉元に突きつけられた刃物の様な現実だった。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 23:43:42.72 ID:0eeeOX0B0

精液独特の臭気の中、古泉を見守るのは俺、長門、朝比奈さん。

古泉は、俺が貸してやった【お兄ちゃん!Hしよ?】というエロ本を片手に、二時間オナニーを続けている。

長門はいつも通りの冷静な目で古泉を見つめ。
朝比奈さんは細かく震えながら、お盆を握り締めている。

「……しまった」

「どうした、古泉?」

古泉は途方にくれたように俺を見る。
まさか……!

「このエロ本に、飽きてしまいました」

なんてこった。
いくら上質のエロ本であっても、何十、何百回とオナネタにすれば飽きるに決まってる。

俺は鞄の中身を漁る。
しかし、今日はいつものように何冊もエロ本は常備していなかった。

そう――自分の部屋に広げ、陰干しする日だったんだ。
なんて都合が悪いんだ。
いつもなら、【妹シリーズ】の十冊や二十冊は持ち歩いているというのに!

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 23:49:37.12 ID:0eeeOX0B0

恭しくエロ本を俺に返す古泉。
それを受け取る事しかできない、俺。

俺は何と無力な存在なんだ。
古泉のオナニーを支えてもやれないなんて。

「長門さん。お願いがあります」

古泉が顔を上げる。
お前、まさか?

「僕を、罵ってください」

何て素敵な馬鹿野郎だ。

こいつは、プライドも、何もかも捨てるつもりだ。
俺も言った。

「長門、頼む。古泉を、罵ってやってくれ」

毎度毎度助けになってくれる、このスーパー宇宙人は、自信に満ちた表情で頷いた。

「任せて欲しい」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 23:55:15.54 ID:0eeeOX0B0

「この変態」

「っ!」

「いつも視姦している事は気づいている」

「ぉっ!」

「正直、気持ち悪い。吐き気がする」

「んっ!」

どくどくと、よく残っていたものだと感心するくらいに、古泉は三回、射精した。

しかし、長門の言葉が止まる。

「どうした、長門?」

「……これ以上、仲間を悪く言いたくは無い。例え本当の事だとしても」

長門は、長門の表情はまるで泣きそうだった。
俺は長門の頭を撫で、労う。

「もういい。もういいんだ」

「うっ!」

何かが琴線に響いたのか、古泉がもう一度射精した。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 00:13:40.36 ID:tfKel41O0

バケツの中は、まだまだ一杯というにはほど遠い。

「済まない、古泉一樹」

長門が謝る。

「いえ、無理なお願いをして、こちらこそ申し訳ありません」

古泉はそう答えながらも、自分のペニスをしごき続ける。
そのペニスは、ぐったりと頭を下げ、まるで長門に謝っているかの様だった。

「あっ、あの!」

朝比奈さんが声を上げる。

「わ、わたしにも……手伝える事は、ありませんか……?」

耳まで真っ赤になりながら、目を涙ぐませて言う朝比奈さん。

正直言って、俺は勃起した。

「朝比奈さん……」

古泉が驚いたように朝比奈さんを見つめる。

「では……では。目の前で縄跳びをして頂けますか?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 00:20:52.35 ID:tfKel41O0

「縄……飛びですか?」

朝比奈さんはその意味が分かっていないようだ。
長門が縄跳びのロープをどこからか見つけ出し、差し出す。

「じゃ、じゃあ、飛びます」

朝比奈さんが飛ぶ。

髪が、胸が揺れる。

朝比奈さんが飛ぶ。

汗が迸り、乳が揺れる。

古泉、お前はこんな時まで紳士的な奴だな。
朝比奈さんに羞恥心を与えないために、あえてこれを選ぶとは。

朝比奈さんの胸が、上へ、下へ。
古泉の右手が、上へ、下へ。

それは調和の取れたダンスのようであり、俺には美しさすら感じた。

「おぅっ!」

「はぅっ!」

立て続けに、ニ回の射精をする古泉。
俺のペニスもカチカチだ。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 00:27:28.30 ID:tfKel41O0

と、ここで予期せぬアクシデントが発生した。

縄跳びのロープに足を引っ掛けた朝比奈さんが、転んだ。

そこには、古泉が懸命に出した精液が入ったバケツ。

必死に手を伸ばす俺。

全てがスローモーションの様に視え、聴こえる。

しかし。

大きな音を立ててバケツはひっくり返された。

そこにあったのは、バケツに頭を突っ込んだ朝比奈さんの、無残な姿だった。

時計の音のみが、静寂を遮っている。

ああ、時間を戻せれば。

せめて、俺が股間を勃起させていなければ。

こんな事態には、ならなかっただろう。

床に零れ、流れる精液。

古泉の産みの苦しみが、一瞬で泡と化した。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 00:35:23.86 ID:tfKel41O0

「は、はは……」

流石の古泉も笑顔が引きつっている。

「ふdぎhgggghr7g777f!?」

朝比奈さんがバケツの中で何か叫んでいる。

長門は数秒、その光景を眺めた後、掃除道具入れからホウキを取り出した。

「この、役立たず。この、無駄乳。この、脳無し」

およそ長門らしく無い事を言いながら、ホウキで朝比奈さんの尻を叩く。

「長門。止めるんだ」

「しかし」

古泉が、朝比奈さんの頭からバケツを外しながら言う。

「いいんですよ、長門さん」

「……そう」

朝比奈さんは、髪の毛を精液まみれにして、呆けて座り込んでいた。

「わっ、わた、わたしっ、こんなドジをっ、せっかくっ、古泉君がっ」

朝比奈さんの目から、涙が溢れる。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 00:46:19.33 ID:tfKel41O0

朝比奈さんは、がくがく震えながら呟く。

「わたし、が、役立たず、で、だから、バケツを、こんな」

古泉がふらつきながら朝比奈さんの肩をぽん、と叩く。

「大丈夫ですよ。……精液は、また出せばいいんです」

その言葉に、俺が止める間も無く、長門が言う。

「実際的な問題として、これ以上の古泉一樹の自慰行為は危険」

「長門!」

「現実は現実。目を背けてはいけない」

「そうかもしれないが! 今のは事故だ!」

「事故。そうかもしれない。朝比奈みくるは、事故を起こした」

「長門さん!」

その時、朝比奈さんが急に立ち上がり、脱兎の如く団室から飛び出した。

「朝比奈さん!」

古泉は、下に何かを着る暇も無く、朝比奈さんを追いかける。

俺、そして長門が一足遅れてそれに続いた。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 00:53:58.11 ID:tfKel41O0

何という足の速さ。
まるで朝比奈さんとは思えない。

古泉はペチンペチンとペニスが両股に当たるのも意に介さず、走る。
俺も勃起を気にせず走る。

追いつけない。見失う。

朝比奈さんから垂れた精液の跡は、屋上への階段へと続いていた。

「これは……!」

「朝比奈さん、まさか!」


真夜中の屋上は、寒かった。
月明かりの中、人影を探す。

いた。

フェンスの外に、髪を精液で濡らせた美少女が。

「朝比奈さん!」

古泉が、ペニスをぶらぶらさせながら飛び出す。
俺も、勃起させながら飛び出した。

「――来ないで!」

拒絶する、朝比奈さんの声。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 01:04:27.82 ID:tfKel41O0

「朝比奈さん……」

古泉と俺は、その場で立ち止まる。

朝比奈さんが、喋る。

「わたしは。未来から来て。SOS団に入って。最初は嫌だった。
 でも。楽しくて。みんながいて。いる。それが嬉しくて」

朝比奈さんの言葉は、支離滅裂だ。

「一所懸命。わたしなりに。頑張って。でも。違うの。
 何の役にも。わたし。駄目だから。馬鹿だから。胸が大きくて可愛いだけ」

「朝比奈さん!」

俺が叫ぶ。けれど彼女には届かない。

「世界が。崩壊しちゃう。なら。わたしは。責任。先に。死ななきゃ」

「駄目だ! それは駄目だ、朝比奈さん!」

俺が走って手を伸ばす。
古泉が走ってペニスを突き出す。

その、どちらにも、朝比奈さんは応じない。

涙を滲ませ、消える朝比奈さん。

影が走った。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 01:13:40.07 ID:tfKel41O0

フェンスをぶち破り、朝比奈さんにぶつかった影。

長門!

長門はそのまま朝比奈さんを米俵のように担ぎ、宙を蹴り、屋上へと戻ってきた。

「長門さん、朝比奈さんは?」

「問題無い。気絶してるだけ」

「そうか……。良かった、ありがとう、長門」

「……いい。朝比奈みくるは、大切な仲間だから」

そうかい。
俺は長門の頭を撫でた。
嬉しかった。

「しかし……長門さん、先程は空中で方向転換されたように見えましたが」

「例の情報操作ってやつじゃないのか?」

「違う。古泉一樹、気づかない?」

古泉の顔色が変わる。

「閉鎖空間……!」

「そう。既に世界は99%が崩壊している。残ったのはこの校舎。
 私は、閉鎖空間の壁を蹴って戻ってきた」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 01:23:12.15 ID:tfKel41O0

「早すぎる! バケツ一杯の精液は、明日までだろ!?」

「……恐らく、涼宮さんは気づいたのでしょう。
 たった一日で、精液をバケツ一杯にする事などできないという事を」

何だってんだ、あの気まぐれな神様は!
一日くらい待ちやがれ!

ふと、視線に気がつく。

屋上に上る階段の建物の上。

そこに、ハルヒが立っていた。

「……あれは、涼宮さん本人です。間違いありません」

「なら、説得するしかないだろう」

「精液が無いんですよ?」

「それでもだ。……最後まで、足掻いてみようじゃないか、副団長?」

「貴方って人は……分かりました。お付き合い致しましょう」

「勿論、私も」

長門は朝比奈さんを担ぎ、頷いた。

それじゃあSOS団員全員で、団長様に抗議するか。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 01:37:27.41 ID:tfKel41O0

「ハルヒ」

「……キョン? 古泉君? 有希? みくるちゃん?」

「お前、何が不満なんだ。精液は明日必ず用意すると、古泉が言ったはずだろ?」

「……無理よ。家に帰って、ネットで調べたら――古泉君一人でそんな量は出せないって分かったの」

「大体、何で僕の精液をバケツ一杯なんて欲しがったんです!?」

ハルヒは、熱に浮かされたように話し出す。

「知ってる? クレオパトラって、精液を美容に使ってたそうよ」

「……そう。だから?」

「あたしも精液を顔に塗ったり、飲んだりすれば、今より更に綺麗になれるんじゃないか、ってね」

「古泉一樹の精液でなければいけない理由は?」

「別に……。イケメンの精液なら、効果が高いかな、って思っただけ。
 でも、もういいの。すぐに手に入らないのなら、精液なんて要らない」

――そうかい、そういう事かい、ハルヒ。
綺麗になりたかった、それだけの為に古泉に無理をさせた。
それが叶わないとなると、世界を崩壊させるってか?

ふざけるなよ。
俺たちが、いつもお前の事で苦労させられてるって知りもしないくせに。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 01:45:33.01 ID:tfKel41O0

俺がいつの間にか握り締めていた拳を、古泉が抑えた。

ああ、分かってるよ。

「ハルヒ。精液なら、俺のをやる」

「あんたの? でも、バケツ一杯になんて無理でしょう?」

「そんな事は無いさ。ここから見える風景を、俺の精液で埋め尽くす事もできる」

「嘘! 嘘よ!」

「本当だ! ハルヒ、お前が望むなら、俺にはできる!」

その時。
勃起していた俺のペニスは更なる怒張を始め、
ズボンを突き破り常識では考えられないほどの大きさ――俺自身と同じサイズにまで膨れ上がった。

「キョン……!」

俺は両手でペニスを抱えると、摩擦を始めた。
感度は良好、ハルヒの姿はペニスで見えないが、視線はばっちり感じるぜ!

「おっおっおっおっおっ〜〜〜っ!」

俺のペニスの尿道から出た精液は、打ち上げ花火のように空高く舞い上がり、止め処なく溢れかえった。

「凄い、凄い! 精液の雨よ! あはっ、あはははははっ!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/14(日) 01:57:27.44 ID:tfKel41O0

俺の精液は、閉鎖空間、というより残っていた世界を埋め尽くした。

ハルヒがいつのまにか全裸になり、精液の海を泳いでいる。

長門が朝比奈さんをボードにしてサーフィンをしている。

古泉が沈んだまま浮いてこない。

この、まるで地獄のような楽園で何時間過ごしたか――。


目が覚めると、自分の部屋のベッドの上だった。
フロイトがどうのとか思う前に、あれが夢でなかった事を示すものがあった。
俺自身と同じサイズの、俺のペニス。
抱き枕を抱くようにして、俺は横たわっていた。
妹が闖入してダイブしてくる。
おいおい、そっちは俺のペニスだぞ?

妹に触れられたお陰で射精したせいで、俺の部屋は精液まみれになった。

俺は精液まみれの制服を着て、ペニスを抱えて学校への坂道を歩く。

前を歩く、馴染み深いカチューシャの女生徒が振り返って俺を見た。

ハルヒは、確かに前より綺麗になったように見えた。


 〜fin〜

95 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/11/14(日) 01:58:09.12 ID:tfKel41O0

 オナニーSSに付き合って頂き、ありがとうございました。
 それでは、おやすみなさい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:綾波「へへ…使徒を殺したあとは小便がしたくなる」