キョン「ハルヒのまんこは黒まんこっ!!!!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:両津「アイドルと酒を飲むことになった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 20:39:16.33 ID:o9H1jVXpO

自分の寝言の大きさに驚き、目が覚めた。
いつの間にか眠っていたようだ。

ここはSOS団の部室。俺はあたりを見渡す。

朝比奈さんはとても驚いた顔で、
古泉は軽蔑するようにこちらを見ていた。

こころなしか、長門の顔も
いつもと違う表情に見えてくる。

ハルヒはというと、羞恥か、はたまた怒りのためか、
顔を真っ赤にしながらこちらを睨んでいた。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 20:41:47.96 ID:o9H1jVXpO

まるで時間が止まったかのように、
誰も動かす、そして何もしゃべらなかった。

長い、とても長い沈黙が続いた。


その空気に耐えられなくなった俺は、
なんとか場を和ませようと
明るく冗談を飛ばしてみることにした。

「お、おはよう!黒まんこ!
どうした?そんな赤い顔して!
生理の血で黒まんこどころか
顔まで赤く染まっちまったってか?」

決まった…!
これで部室はハルヒもろとも爆笑必至…!!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 20:45:07.45 ID:o9H1jVXpO

「ばっっっっっっっっっかじゃないの!!!!!!!!!」

突然ハルヒの怒声が響いた。
近くでC4を爆発させたら、
こんなにでかい音がするんだろうか。
耳がキーンとする。

な、なんだ。
なんでそんなに怒ってるんだハルヒよ。

いつの間にかみんなが俺に対し
冷たい視線は放っている。

どうしたんだよ、お前らまで…。

俺は何だか疎外感を感じ、イライラしてきた。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 20:47:46.46 ID:o9H1jVXpO

「なんだよ!
いきなり怒鳴るなよ!うるせえよ!
おまえらも!なんだよその目は!
そんな目で見てんなよ!」

俺はあたり構わず、わめき散らした。

「ハルヒのまんこは黒まんこ!
なにか間違ってるか!
中学で何人も男を食って
使い古されたダメまんこが!」

俺はもう、止まらない。

「どんくらい黒いんだ!?ええ!?
言ってみやがれ黒まんこが!
鉛みたいに黒光りしてるのか!ひゃははは!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 20:52:04.58 ID:o9H1jVXpO

「キョンくん!!
もうやめてください!!」

朝比奈さんの静止の声で、俺は我に返った。

目の前でハルヒが泣いている。
いつも気丈な、あのハルヒが。
まるでか弱い普通の女の子のように。

ハルヒよ、そんな顔をしないでくれ。
俺は本当はお前のことを…。


しかし、何となく気まずくなった俺は、
逃げるように部室を後にした。

「じゃあな。暗黒まんこ」

という捨て台詞が、最後に
思わず口から出てしまった。



その夜、ハルヒが自殺した。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 20:55:53.14 ID:o9H1jVXpO

ハルヒの自殺は、翌朝のHRで
担任の岡部から知らされたことだ。

クラスの反応は意外にもあっさりとしたものだった。

そりゃそうか。元々みんな、
特別ハルヒと仲が良かったわけじゃない。

こいつらにとってハルヒの死は、
どこかで誰か人が死んだという、朝のニュース番組と
大して変わらないってことだ。

みんな多少の動揺はあったものの、
そのほとんどが、HRが終わる頃には
元に戻っていた。


ただ、俺一人を除いては。

クソ!ハルヒ、なんで自殺なんか…!
いったいおまえに何があったんだよ…!

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:03:33.61 ID:o9H1jVXpO

その日、俺は学校を早退した。

ハルヒが…なんで…ハルヒ…ハルヒ…

あいつ、何か悩みがあったのか。
何で相談してくれなかった。
ハルヒの少しキツめだが整った顔、
いやらしく男性の本能を刺激する身体、
声、ののしり、傲慢な態度…
もう、会えないのか…どうして、どうして…

どこかにハルヒがいる気がして、俺は街を駆け回った。


ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ
ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ
ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ
ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ
ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ
ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ
ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:10:06.33 ID:o9H1jVXpO

一晩中街を駆け回り、涙も枯れ果てた俺だが、
翌朝はなんとか学校へ行った。

教室に着き、携帯電話を開くと古泉からメールが入っていた。

「涼宮さんのことでお話があります。
昼休み、部室に来てください」

こいつもハルヒの自殺の原因が気になるんだな。
俺は一言「わかった」とだけ返した。


HRの時間になり、岡部が入ってきた。

「さて、今日はこのクラスへ転入生がくることになった。
じゃあ、入ってくれ」

教室のドアが開く。
そこにいたのは…ハルヒ…?

「鈴原ハルミ!まんこはピンクです!
みんなよろしくね!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:20:04.45 ID:o9H1jVXpO

ハルヒそっくりのハルミという女の子は、
そのまま空いている俺の後ろの席に座ることになった。

しかし見れば見るほどハルヒに似ている。
俺は授業中にも関わらず、イスを後ろにして
鈴原ハルミと向かい合い、彼女を見つめ続けた。
「えっと、あの…」

鈴原は何か言いたげだったが、
俺はかまわず見つめ続ける。


本当は、この子はハルヒなんじゃないだろうか…。

いや、ないな。名前とか違うし。
まんこはピンクだって言ってたしな。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:26:26.08 ID:o9H1jVXpO

休み時間になっても、
俺は鈴原ハルミを見つめ続けた。

「なあ、鈴原は不思議なものって好きか?」

俺の他愛ない質問に、彼女の顔は突然輝いた。

「不思議!?大好きだよ!
ほんとは宇宙人や未来人と友達になりたいんだあ!
でも、今はクラスのみんなと
早く仲良くなりたいなっ!」

ハルヒに似てることは似てる。
しかし、性格は大違いみたいだな。
まんこはピンクらしいし。

「おまえ、まさかハルヒじゃないよな?」

「私はハルミだよー。名前が違うじゃん?」

そう言って彼女は笑った。
そうだよな。名前も違うよな。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:32:39.29 ID:o9H1jVXpO

昼休み、鈴原は女子に囲まれていた。

「鈴原さんの前にいた高校ってどんなだった?」

「好きな食べ物ある?」

「まんこがピンクってホントなの?」

その質問一つひとつに、鈴原は笑顔で、丁寧に返していく。

そんな教室を後にして、俺は部室へ向かうと、
ハルヒを除くSOS団のメンバーが
すでに到着していた。

「来て早々ですが、単刀直入に申し上げます。
あなたのクラスに転入生が来ましたね?
あれは涼宮さんです」

いつもの爽やかフェイスで、古泉はそう言った。
なっ、バカな…
だって、あいつのまんこはピンクだぞ…!!

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:35:22.34 ID:o9H1jVXpO

「どういうことだ?
ハルヒは自殺したって…」

そう。ハルヒは自殺した。
それと入れ替わりに登場した女、鈴原ハルミ。
いくら容姿がハルヒに似ているからと言っても、
性格は全然別物だ。名前も違う。
まんこもピンクだ。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:40:14.31 ID:o9H1jVXpO

「涼宮ハルヒは以前から自分を変えたいと
思っていた。これはその結果」

ほう。
相変わらず無駄がなさすぎるほど、簡潔な説明だが、
今回はなんとなくわかるぞ、長門。

「つまりですね、涼宮さんは少し前から
ご自身の性格、口調、他にも色々あるでしょうが、
とにかく変わりたいと思っていたようです。
しかし、突然変わっても、
これまでの自分を知っている人たちは受け入れてくれるだろうか。
気味が悪いと思われないだろうか。
それならいっそリセットして、
涼宮ハルヒとは違う自分で新しい人生を歩みたい。
そうして出来たのが、彼女、鈴原ハルミというわけです」

古泉の無駄に長い説明を聞きながら、
俺はふと教室に出る前に見た、
女子に質問攻めにあっている鈴原の姿を思い出した。

そうか。あれがハルヒの理想の学校生活だったんだな。
でも俺は、ハルヒ…お前を…!

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:46:58.66 ID:o9H1jVXpO

「まあ、変わったところで彼女は彼女ですから、
能力は失われていません。ですから、閉鎖空間が
発生することもあるのでしょう。
しかし性格自体が丸くなっているので、
とりあえず今のところは平和ですね。
むしろこちらとしては、以前の彼女よりも
都合がいいと言っていい」

そうだよな。閉鎖空間なんてふざけたもんの為に
命懸けで戦わなきゃいかん古泉からしたら、
ハルヒが大人しくしてるにこしたことはない。

「そこで、今回お聞きしたいのは、あなたの気持ちです」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:51:36.02 ID:o9H1jVXpO

「どういうことだ?」

「彼女、鈴原ハルミを、元の涼宮さんに戻せるとしたら
あなたはどうしますか?」

「そんなこと、出来るのか!?」

ハルヒが…!ハルヒが戻ってくる!?
そんなことが出来るなら俺はなんだって…!!

「問題は簡単です。今までも変わりたいと
思っていた涼宮さんですが、
今までは実行に移すことはなかった。
では、変わろうと思ったキッカケはなにか?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 21:56:21.56 ID:o9H1jVXpO

キッカケ…なんだ…?
二日前のハルヒに何があった?
俺は頭を抱えた。

すると、それまで黙っていた朝比奈さんが口を開いた。

「本当に、覚えてないんですか?
あの時、キョン君が部室を出て行くとき、
涼宮さんに、どれほどひどいことを言ったか…」

俺が言ったこと…?
俺が…言った…ひどいこと…?


『じゃあな。このゆるゆるド腐れ暗黒まんこ。
さっさとくたばれ』

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:03:29.13 ID:o9H1jVXpO

「俺は…たしかにそう言いました…」

そう、俺は勢いでハルヒに対して悪態を吐いてしまった。

「いや、そんなにひどくはなかったような…」

朝比奈さんが何か言いかけたが、
古泉が割って入ってきた。

「とにかくですね、あなたのその一言、
いや、その時の暴言すべてでしょうね。
それがキッカケで涼宮さんは自分を
本気で変えたいと考えたのだと思うのが妥当でしょう」


でも、あれは俺からしたら、
ただの根も葉もない勢いだけのもので…
実はハルヒのまんこの色なんて知らない。

いや、でもそれがキッカケってことは、つまり…

「つまり、ハルヒのまんこは…」

「真っ黒だったのでしょう。鉛のごとくね」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:12:39.56 ID:o9H1jVXpO

「つまり、知らなかったとはいえ、
俺がうっかりあいつの傷口をえぐってしまったと…」

「そう。涼宮ハルヒのまんこは黒い。
まるで鉛のように。夜空のように。
ブラックホールのように。
宇宙人もびっくり」

「私と長門さんは実際に見たことがあったから、
あのときは本当に気まずかったんですよ」

「私たちも本当は、あの場逃げたかった」

女性二人がここぞとばかりに事情を説明してくれる。
そうだったのか。ハルヒ、ごめんな。ごめんなあ…。

「まあとにかく、原因はほぼ確定した訳ですから、
あとはあなたが暗黒まんこの涼宮さんを
受け入れるか否か。それで彼女が
元に戻るか決まるでしょう」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:15:43.61 ID:o9H1jVXpO

選択を迫られた。

しかし、俺の心は決まっている…
俺は、ハルヒを…

「キョン!こんなところにいたのね!
女の子たちと話してたら突然いなくなっちゃうんだもん!
ちょっと寂しかったんだから!」

俺が答えを口にする直前、
部室に鈴原がやってきた。
鈴原ハルミ…ハルヒの理想とする姿。
ハルヒの持ち前の明るさを保ちながら、
非常に素直で、社交的な女性。
まんこはピンク。


俺の心が少し揺らぐ…。
でも、俺は…!俺はっ…!

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:17:24.94 ID:o9H1jVXpO

「悪いな鈴原。でも、もう終わりにしよう」

「え…?どういうこと…?」

鈴原の顔がわずかにゆがむ。
しかし、俺はかまわず続けた。

「元に戻ってくれ。俺はたとえ黒まんこでも、
あのハルヒを受け入れる…!!
鈴原…お別れだ…」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:21:21.04 ID:o9H1jVXpO

「何よそれ…じゃあ私の存在意義ってなんなの?
キョンは…涼宮ハルヒの黒いまんこをバカにした!
ののしった!見下した!
だからピンクのまんこになったのに…
それも否定するっていうの…?
ふざけるんじゃないわよっ!!!!!!!」


突然、あたり一面の景色が灰色に変わった。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:27:28.93 ID:o9H1jVXpO

閉鎖空間…。
ここには以前にも来たことがある。
しかし、以前とは明らかに違う部分があった。

閉鎖空間は現実の空間とは違う。
そのため、いつもはこの世界には誰もいない。

しかし、今回は誰一人消えていなかった。
外のグラウンドでは、相変わらず
運動部の威勢のいい声が聞こえるし
音楽室の方からは吹奏楽部が
演奏の練習をしている音がしていた。

なにより、目の前のSOS団のメンバーも、
誰も消えることなく、みんな残っていた。

そう、鈴原…いや、涼宮ハルヒを除いては…。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:31:05.05 ID:o9H1jVXpO

「古泉…これはいったい…」

「僕にもまだ事態が飲み込めません…。
しかし、もしかしたら、現実世界がそのまま
閉鎖空間化してしまった可能性があります。
このままでは、建物や、他の生徒たちにも被害が…」

「恐らく古泉一樹の予想は当たっている。
これが、鈴原ハルミの新しい能力」

なんてこった。
鈴原になって、いい方にばかり変わったと思ったら、
とんでも能力までバージョンアップしてやがったのか。

とにかく、あいつを探さないと…。
と思った次の瞬間、外から くぱあー!! という大きな鳴き声が聞こえた。

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:32:36.06 ID:o9H1jVXpO

神人…!?
しかし、俺が以前見たそれとは明らかに違う。
今、視界に入ったそれは、巨大な黒いまんこだった。

「くぱあああああああああああああ!!!!!!!!」

「あれも、鈴原ハルミの新しい能力。
というより、彼女そのもの。
あなたはあれとしっかり向き合わなければならない」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:37:51.95 ID:o9H1jVXpO

長門…そんな、向き合うったって…。
校舎をゆうに越えるでかさを持つ黒まんこにどうやって…!!

そう考えているうちに、巨大な黒まんこは次々と生徒を飲み込んでいく。


「イヤだ!助けてくれ!」
「ひいいいいいいいいい!」
「こんな童貞卒業なんてええええっ!」
「誰かあああああああああ」

生徒たちの断末魔が聞こえる。
それをあざ笑うかのように、巨大な黒まんこは

「くぱぁっ!くーぱぁっぱぁっぱぁっ!くっぱぁっ!!」

と快調な鳴き声をあげていた。

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:40:34.10 ID:o9H1jVXpO

「今から情報操作であなたを巨大化させる」

そう言って、長門はまたよくわからない
呪文めいた言葉を早口で唱え始めた。


ドクン


ドクンッ!


なんだ…?身体が…熱い…!

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:43:56.86 ID:o9H1jVXpO

「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおああああ!!!!!」

巨大化した俺は、同じく巨大化した真っ黒なまんこと対峙した。
改めて見ても、でかい。そして黒い。


「よう…ハルヒ。いや、今は鈴原なのか?
まあ、そんなことはどっちでもいい。
俺は、お前を、止めにきたんだ!!!」


俺とまんこの戦いが始まった。

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 22:51:17.38 ID:o9H1jVXpO

どれくらいの時間が経っただろうか。
数十分、数時間、数日のようにも感じられた。

しかし、勝負はまだ続いていた。

その間も、黒まんこに飲み込まれた者、
俺に踏みつぶされた者など、
数多くの生徒たちが犠牲となった。

だが、もうこれ以上…おまえの好きにはさせないぜ。

俺はいったん体制を整えたのち、
すぐさま自分のいきり立った肉棒を露出させ、
黒まんこへ向かって走り出した。


これが、おまえとの最後の勝負だっ。

「ハルヒいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!

俺は実はあああああああああああああ!!!!!!!!!!

黒まんこ萌えなんだああいああ!!!!!!!!!!!!!」


「くっっっぱああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」


俺とまんこが衝突したその瞬間、
あたりがまばゆい閃光に包まれた。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 23:01:21.82 ID:o9H1jVXpO

翌日、いつものように教室へ入ると、
いつもよりも不機嫌そうに見えるハルヒが
いつものように窓の方を向いていた。

「最悪な夢を見たのよ…」

というのはハルヒの言葉。
ハルヒ、昨日のことは夢なんかじゃないさ。

事実、北高の生徒数は、昨日の今日で
約600名ほど減っていた。

しかし、その理由をわざわざ
こいつに言う必要はないと俺は思う。

自分のまんこで、何百人もの
生徒を飲み込んだなんて、そんな話、誰が信じるものか。

俺が今、こいつに言わなきゃいけないことはたったひとつ。
これだけだ。

「暗黒まんこ、似合ってるぞ」

ハルヒが、顔を真っ赤にしながら俺を殴った。

しかし、その口元が確かに微笑んでいたのを、俺は見逃さなかった。


おわり

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 23:04:51.96 ID:o9H1jVXpO

終了です。

ストーリーの流れはある程度考えてはいましたが
思ったよりうまくいかんもんですね

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 23:09:11.94 ID:o9H1jVXpO

ちなみに処女作は

シンジ「父さん!やめてよ・・・やめてよっ!」
ってやつです。
これのほうが受けが良かったのでよかったら読んでください

では乙



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、浮気してない?」