ハルヒ「メントスとコーラを混ぜるとすごいのよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「あなたが好きです」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 23:17:14.78 ID:ELDGsx3q0

ハルヒ「これ見てみくるちゃん」

みくる「なんですかぁ?」

ハルヒ「面白い動画見つけたのよ。ほら」

みくる「・・・メントスコーラ?」

『ブシャアアアアアアアアアアアア!!』

みくる「ひゃっ!す、すごいです」

ハルヒ「ね!すっごい面白そうじゃない?」

みくる「そ、そうですね」

ハルヒ「というわけで、じゃーん!」

つコーラ・メントス

みくる「これって・・・真似したら危ないですよぅ」

ハルヒ「大丈夫大丈夫、キョンに仕掛けるだけだから」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:20:24.32 ID:ELDGsx3q0

みくる「それは・・・やめたほうが」

ハルヒ「なんで?」

みくる「だ、だって・・・流石にキョンくんも怒るんじゃ」

ハルヒ「いいのよ、団員は団長を楽しませるためにいるんだから」

みくる「で、でも」

ハルヒ「なに?文句あるの?」

みくる「あ、あう・・・ないです」

ハルヒ「それでいいの。それじゃさっそく用意しましょう」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 23:23:52.67 ID:ELDGsx3q0

ハルヒ「よし・・・これでキョンがコーラのふたを開けたら勢いよく吹きだすって寸法ね!」

みくる「あぁ・・・」

古泉「ふむ・・・涼宮さん、流石に」

ハルヒ「なによ」

古泉「・・・いえ、なんでも」

ハルヒ「よし、キョンの馬鹿がメントス爆弾に引っかかったらみんな傘でガードするのよ」

みくる「わかりましたぁ」

古泉「はい」

長門「・・・」

ハルヒ「とっとと来ないかしら」

『コンコン』

ハルヒ「お、ちょうどいいタイミングね」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:27:31.29 ID:ELDGsx3q0

みくる「ど、どうぞ〜」

『ガチャッ』

キョン「こんにちわ朝比奈さん・・・おっと、俺が最後でしたか」

みくる「・・・」

キョン「ん?・・・さて、昨日の続きといこうか古泉」

古泉「えぇ、今用意しましょう」

ハルヒ(みくるちゃん)

みくる(は、はい・・・でも)

ハルヒ(なによ、だったらみくるちゃんがコーラ飲んだ後メントス食べてみる?)

みくる(い、いやですぅ)

ハルヒ(ならとっととなさい)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:32:15.27 ID:ELDGsx3q0

みくる「きょ、キョンくん」

キョン「はい?」

みくる「今日は、熱いからお茶じゃなくてコーラを用意してみました」

キョン「お、いいですね。ちょうど炭酸が飲みたかったんです」

みくる「よ、よかった・・・はい」プルプル

キョン「朝比奈さん?」

みくる「ひゃいっ!」

キョン「なにかあったんですか?」

みくる「な、なんでも。どうぞ」

キョン「いただきます」

みくる「っ!」スタタタ

キョン「・・・?」プシュッ

キョン「・・・ん?」

『ブシャアアアアアアアアアアアア!!』

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:35:37.85 ID:ELDGsx3q0

キョン「おわっ!!なんだ!!?」

『ブシャアアアアアアアアアアア・・・・・・』

キョン「・・・・・・」ビッショリ

ハルヒ「ぷっ・・・くくっ・・・」プルプル

みくる「あぁ・・・」


ハルヒ「あっははははははは!!!」バンバン

キョン「・・・・・・」

古泉「おやおや」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:41:49.45 ID:ELDGsx3q0

ハルヒ「あーーーはっはっはは!!おわっ!だって、おわっ!聞いたみくるちゃん!ひーぃひぃぃひっ!」バンバン

みくる「あ、うぅ・・・」

キョン「・・・これはお前の仕業か?ハルヒ」

ハルヒ「そうよ!ふっふふひっ!それにしてもおわって、もうちょっとマシなリアクション取りなさいよ!せっかく団長がドッキリ仕掛けてあげたのに」

長門「・・・」

キョン「あーあ・・・ケータイつかねえわ」

ハルヒ「あーはっはっは」

キョン「はぁ・・・なぁハルヒ。ケータイが壊れたんだが」

ハルヒ「ふーん、で?」

古泉「涼宮さん、それは」

キョン「いいんだ古泉」

ハルヒ「・・・なによ」

キョン「帰るわ、じゃあな」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:49:08.81 ID:ELDGsx3q0

ハルヒ「ちょっと、待ちなさいよ」

キョン「・・・なんだ?」

ハルヒ「部室こんなにしたまま帰ろうっての?雑用なんだからちゃんと掃除くらいして帰りなさいよね。まったく」

キョン「・・・てめぇ」

ハルヒ「なによ、ちょっと悪戯されたくらいで怒るなんてツマンない男ね」

みくる「わ、わたしがお掃除します!」

古泉「ええ、僕も手伝います」

キョン「・・・」

長門「わたしもやる」

キョン「・・・・・・帰るわ」バタン


ハルヒ「なによみんなノリ悪いわねー。なんかシラけちゃったじゃない」

ハルヒ「わたしも帰ろ。じゃあね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:55:49.04 ID:ELDGsx3q0

翌日

国木田「あれ?キョンケータイ変えたの?」

キョン「ああ、ちょっとな。そうだ、データも飛んじまったからまた送ってくれるか?」

国木田「うん、分った。ついでにみんなのアドレスも送っとくよ:

キョン「すまん」

国木田「あ、おはよう涼宮さん」

ハルヒ「ん」

キョン「・・・・・・」

国木田「キョン?」

キョン「っと、なんだ?」

国木田「・・・うぅん、なんでもない」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 00:02:34.59 ID:Ii/q9tax0

放課後

キョン「さて、国木田、一緒に帰ろうぜ」

国木田「うん・・・あれ?SOS団はいいの?」

キョン「ああ、もう行くこともないだろう」

国木田「なんかあったの?」

キョン「まあ、我慢の限界ってやつだ」

国木田「そう・・・そうだ、駅前に美味しいタイ焼き屋さんが出来たんだ。いかない?」

キョン「タイ焼きか・・・いくか」

国木田「うん、今日は僕が奢るよ」

キョン「いいのか?」

国木田「たまにはね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:27:06.00 ID:WFZGpcVp0

国木田「はい、キョン」

キョン「お、サンキュー。 でも、ホントに良いのか?」

国木田「気にしないでよ」

キョン「・・・そうか。じゃ、ありがたくいただくとするか」

国木田「うん」

キョン「・・・美味いな」

国木田「だね」

国木田「ねぇ、キョン。・・・涼宮さんの事だけど」

キョン「・・・あいつが何だ?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:30:17.17 ID:WFZGpcVp0

国木田「なんかあったの? いつもと雰囲気違ってたけど」

キョン「俺もそろそろ我慢の限界ってやつだな。
あいつのくだらない遊びには構ってられん」

国木田「涼宮さんが団の中で好き勝手してるのは噂には聞いてたけど・・・
何されたの?」

キョン「・・・メントスコーラだ」

国木田「え?」

キョン「知らないか? メントスコーラ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:35:31.77 ID:WFZGpcVp0

国木田「メントスとコーラを組み合わせて爆発させるあれ?」

キョン「そうだ。お陰で携帯も変える羽目になっちまった」

国木田「あー」

キョン「しかもあいつ、自分の手は使わず朝比奈さんを利用して仕掛けて来やがった。
可哀想にな。朝比奈さんも被害者だ」

国木田「そんな事があったの」

キョン「ああ、いつもの事だが今回はやり過ぎだ」

国木田「その時の涼宮さんは?」

キョン「腹抱えて笑ってたよ。俺に一言も謝る気すら無かっただろうな。
携帯が壊れたと言っても知らん顔だ。
挙句の果てには逆ギレしやがった」

国木田「・・・」

キョン「あれでイラつかない奴がいたら真性のマゾだぜ。
ある意味尊敬するね」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:40:18.70 ID:WFZGpcVp0

国木田「・・・大変なんだね、キョンも」

キョン「大変なんてもんじゃないぜ」

国木田「僕は結構楽しくやってるものだと思ってたんだけど」

キョン「あいつはな」

国木田「・・・で、キョンはこれからどうするの?」

キョン「分からん。 ただ、あいつがちゃんと頭を下げて謝るってのなら考えてやらん事もない。
加えて今後の態度も改めるならな」

国木田「そっか。 まあ、涼宮さんも鬼じゃないし、明日には反省してるはずだよ。
彼女、賢いし」

キョン「どうだろな。 俺にはそうは思えんがな」

国木田「ははは・・・ ちょっとは信頼してあげなよ」

キョン「・・・」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:42:41.23 ID:WFZGpcVp0

国木田「あ、じゃあ僕こっちだから」

キョン「おう、今日はご馳走になったな。
色々愚痴を聞かせて悪かったよ」

国木田「聞いたのは僕の方だしそんなの気にしなくていいよ。
じゃあね」

キョン「ああ、また明日な」

国木田「うん」



キョン「・・・ふぅ、明日か。
さて、あいつはどう出るだろうか・・・」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:46:52.22 ID:WFZGpcVp0

次の日

国木田「あ、キョンおはよう」

キョン「ん、ああおはよう」

国木田「涼宮さんは?」

キョン「まだ来てないようだな」

国木田「まだ、早いしね」

キョン「あいつまさか休む気なんじゃなかろうな」

国木田「それはどうだろ」

キョン「だとしたら本当の卑怯者だよ」

国木田「まぁまぁ・・・
あ、来たよ」

キョン「!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:50:16.72 ID:WFZGpcVp0

国木田「涼宮さん、おはよう」

ハルヒ「・・・おはよう。

って、そこアタシの席なんだけど?」

国木田「え? ああそうだったね。ごめんごめん」

ハルヒ「・・・」トスッ

キョン「・・・」

ハルヒ「・・・」

キョン「・・・」

谷口「やばい空気だな。見てる俺らですら耐えられん」

国木田「しーっ」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 09:55:54.14 ID:WFZGpcVp0

ハルヒ「・・・ねぇ」

キョン「・・・」

ハルヒ「ねぇ、キョンってば」

キョン「・・・なんだ?」

ハルヒ「はー、聞こえてんならシカトしてんじゃないわよ・・・ったく」

キョン「・・・」イラ

ハルヒ「今日は町に出て不思議探検するんだからちゃんと来なさいよね」

キョン「・・・お前、昨日の事で何か俺に言う事は無いのか?」

ハルヒ「昨日? ああ、あれね。
しいて言うなら、もう少しマシな反応しなさいよってトコね。
お陰で白けちゃったじゃないの」

キョン「・・・」ピクッ

キョン「携帯も壊れたんだがな」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:03:47.76 ID:WFZGpcVp0

ハルヒ「そうだったわね。
まっ、あの場を白けさせちゃったんだからその償いだと思えば安いもんでしょ」

キョン「!」

ハルヒ「ほんっとに使えない団員よね。
皆して固まっちゃって! おかげで笑ってたアタシが変みたいじゃないの」

キョン「・・・お前、本気で言ってるのか?」

ハルヒ「当然よ。
それにあの後、アンタが帰ったせいで片付けにも時間かかっちゃったんだからね。
みくるちゃんとユキじゃ作業は捗らないし、男手は古泉君だけだし」

キョン「・・・お前はどうしてたんだ?」

ハルヒ「? 見てたわよ?
そもそも団長のアタシが手を汚すなんて有るまじき事だし。
あ、現場の指揮はしたわ。
みくるちゃんがドジばっかするもんだから苦労したわよ」

キョン「・・・
皆に謝る気は無いのか?」

ハルヒ「無いわよ」


ブ チ ッ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:09:56.39 ID:WFZGpcVp0

ガタッ

い い 加 減 に し ろ ッ ! ! ! ! !


ハルヒ「な、なによ大声だして・・・」

キョン「・・・お前ちょっと来い」ガシッ

ハルヒ「痛っ! ちょ、ちょっと・・・」

キョン「いいから!」

ハルヒ「髪を引っ張らないでよ! 痛いじゃないっ!」

キョン「黙ってろ!」ツカツカ

ガラッ

ピシャ

谷口「・・・どうしたんだ?
マジでキレてるの初めて見たぜ・・・」

国木田「・・・うん」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:14:16.59 ID:WFZGpcVp0

校舎裏


ビシッ

ズガッ

バキッ

ハルヒ「あ・・・う・・・」

ドゴォ

ハルヒ「ぐっ!!」

キョン「どうした? いつものような口をきいてみろよ?」

ハルヒ「や・・・め・・・」

ブンッ

ハルヒ「・・・がっ!!」

キョン「ふー、ふー、」ハァハァ

ハルヒ「・・・」ピクピク


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:19:28.48 ID:WFZGpcVp0

キョン「・・・」ガサガサ

プシュ!

キョン「ハルヒ・・・ 口を開けろ」

ハルヒ「・・・?」

キョン「早くしろよ」グイ

ハルヒ「ーーー!!」

キョン「飲めッ!!」

ハルヒ「!?!!」ゴバァ

キョン「ほら、お前の好きなメントスだぞ」

ハルヒ「・・・ぁぁ」ダラダラ

キョン「食えよ」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:23:45.93 ID:WFZGpcVp0

キョン「・・・好きなんだろ?
五粒くらい余裕だよな?


・・・いや、やっぱり全部食え」

バラララ

ハルヒ「んーっ!!」

キョン「ははは、コーラも残ってるぞ」

バッシャアア

ハルヒ「うぇぇ!!」

キョン「本当はコーラとメントスなんかヤワなモンじゃなくて、ニトログリセリンでも飲ませたい気分なんだぜ俺は」

ハルヒ「・・・ぉおお ぁえぇ・・・」

キョン「分かる言葉で話せ」

ドガッ

ハルヒ「えぐっ!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:29:04.80 ID:WFZGpcVp0

キョン「やばい、これマジで楽しいわ。
少なくともお前の言う不思議探検(笑)とか言う小学生レベルのごっこ遊びより何倍もな」

ハルヒ「・・・ぅぅ」

キョン「安心しろ。さすがに殺しはしない。
本当はバラバラにしてやりたいけどな。
俺は普通に高校生活を満喫したいんだ」

ハルヒ「・・・」

キョン「今までやりたい放題やってきたんだ。
これくらいはその償いになるだろ? なぁ?」

ハルヒ「・・・」

キョン「なんか言え」

ドガッ

ハルヒ「っ!!」

キョン「ははは、良いザマだ。
朝比奈さんや古泉や長門にも見せてやりたいくらいだ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:33:10.80 ID:WFZGpcVp0

キョン「ふー、今日はこれくらいにしとくか。今日はな」

ハルヒ「・・・」ガクガク

キョン「ちょっとは楽しかったぜ、団長さま」

ハルヒ「・・・」

キョン「あ、あとこの事は誰にも喋るなよ?
まあ、プライドの高いお前には言えたもんじゃないだろうけどな」

キョン「また相手してやるからな。
じゃあな」

ハルヒ「・・・」




キョン「最高だわ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:37:17.15 ID:WFZGpcVp0

キョン「ただいま」

妹「おかえりっ!」

キョン「おお、妹よ。ただいま」

妹「キョン君なんか機嫌良さそうだねっ」

キョン「ああ、ちょっとな」

妹「ふーん」

キョン「とりあえず風呂に入るから部屋に戻ってなさい」

妹「うん」タタタ


キョン「・・・あーあ、コーラと血で服が汚れちまったぜ。
チッ、ハルヒのやつ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:42:12.07 ID:WFZGpcVp0

次の日

キョン「よぉ、ハルヒ」

ハルヒ「ひ!」ビクッ

キョン「おいおい、どうした? そんな驚かなくてもいいだろ?
ご挨拶だな」

ハルヒ「・・・ぉ…はよ‥ぅ」

国木田「あれ?」

国木田「ボソボソ・・・(涼宮さんと仲直りしたんだ?)」

キョン「・・・(ああ、昨日あの後な)」

国木田「そう、良かったね」ニコ

キョン「本当にな」




キョン「・・・本当に、な」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:47:53.38 ID:WFZGpcVp0

キョン「それにしても・・・ あれだけ殴ったりしてたけど、顔を狙わなかったのは正解だったな。
顔だとすぐにバレるからな」

ハルヒ「・・・」ガタガタ

キョン「ははは、落ち着けよ。
いつもみたいなスカして見ろよ? なぁ?」

ハルヒ「・・・あ・・・の」

キョン「ん?」

ハルヒ「あの・・・ こないだの事・・・

あ・・・やまる・・・から
だから・・・」

キョン「・・・」

ハルヒ「本当にごめんなさい・・・」

キョン「・・・」

ニコッ

ハルヒ「っ!」



キョン「も う お そ い わ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:01:02.89 ID:WFZGpcVp0

キョン「じゃ、今日は活動は休みにして俺の家に来い」

ハルヒ「!?」

キョン「わかったか?」

ハルヒ「・・・ゎ、わかったわ」

キョン「それでいい。随分と素直になったな」

ハルヒ「・・・」

〜放課後〜

ハルヒ「・・・という訳で今日はアタシの
都合が悪いから活動は無しっ!
良いわね、皆?」

古泉「これはこれは。そういう事でしたら」

朝比奈「わかりましたぁ〜」

長門「・・・」

朝比奈「でも涼宮さん何の用事なんですか〜?」

ハルヒ「・・・それは言えないわよ!
みくるちゃん、あまりプライベートな事を聞くならお仕置きしちゃうわよ!」

朝比奈「ひっ! すみません〜!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:05:16.32 ID:WFZGpcVp0

下校

キョン「いいぞ、ハルヒ。いつも通りの団長さま(笑)っぷりだったな」

ハルヒ「・・・そう」

キョン「少しでもいつもの雰囲気を崩すようなら容赦はしないからな。
そのつもりでいろ」

ハルヒ「・・・」

キョン「と、ここだ」

キョン「ただいまー」

妹「キョンくんおかえりー!

??
ハルにゃん?」

キョン「ああ、今日はちょっと二人で宿題やるんだ。
邪魔しちゃダメだからな?」

妹「うん! わかったー!」

キョン「ははは」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:09:32.22 ID:WFZGpcVp0

キョン「素直な妹で助かるぜホント」

ハルヒ「・・・」

キョン「暗いな。なんか喋れよ」

ハルヒ「・・・いつまでこんな事続けるの?」

キョン「おいおい、それを聞くか。
そんなの俺にはわからないさ。
人間ってのは気まぐれな生き物だからな。
ま、わかってるのは俺はお前を許すつもりは無いって事だ」

ハルヒ「・・・」

キョン「なんか言え」ビシッ

ハルヒ「ぐっ!」

キョン「・・・」チッ

ガチャ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:13:22.33 ID:WFZGpcVp0

キョン「ふー、やっぱり自分の部屋は落ち着くぜ」

ハルヒ「・・・」

キョン「これでも少しは気を遣って片付けたんだぜ?」

ハルヒ「そう」

キョン「お前、長門みたいになってるな。ははは
ユニークユニーク」

ハルヒ「・・・」

キョン「さて、と・・・

どうするかな。まさか本当に宿題やるつもりは無いからな」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:16:26.43 ID:WFZGpcVp0

キョン「そうだ。 せっかくのお客様なんだから何か飲み物を出してやらないとな。
待ってろ」ガサガサ

ドン

キョン「コ ー ラ だ 」

ハルヒ「っ!!」ビクッ

キョン「コーラに恐怖するヤツなんて初めて見たぜ」

キョン「ま、飲めよ」

プシュ

ドン

キョン「さあ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:28:10.44 ID:WFZGpcVp0

ごめん、もう面倒になったわ
誰かリレーしてくれ。あと分かってると思うが俺は>>1じゃないから。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 11:39:01.87 ID:qZ5dMhOW0

ハルヒ「うめぇ!メントスコーラうめぇぼげげいおうおあhがおfhぎおあhぎおあがぼごぼごぼぼげぽ」







ブッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアア









――――世界はメントスコーラの津波に飲み込まれて滅亡した――――










                     -完-

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 11:53:09.70 ID:qZ5dMhOW0

                  ._
                   \ヽ, ,、
                    `''|/ノ
                     .|
                 _   |
                 \`ヽ、|
                  \, V
                    `L,,_
                     |ヽ、)  ,、
                    /    ヽYノ
                   /    r''ヽ、.|
                  |     `ー-ヽ|ヮ
                  |       `|
                  |.        |
                  ヽ、      |
                    ヽ____ノ
                   /´`       ヽ、
                      ,'        、} ト.
.    rr、                ,'    '   ,.イ゙V }
  ,イ川、             ,' .!  ,' .i  〈_,イ「l/
  |  !」_          / ,'::! .!,': ::! .:.:| ハ〉|
  l  //```ヽ、       l:i::!::! :::l:::l :::l ::::,`:!:i::|
  `ーl_{     ``丶、__ _从{::|:::::l::,':::::| ::::,':::'l::l::!                 ,.┐
     \_          `/ Λ!::/:ノ!::/!::ノ::/ノノノ                 /フ′
       `¨` ー- 、_   / /  ´ ´ ''´ '´7´/´ ̄`¨¨`¬……――''"´`>ーァ'´,イ__
             \! ..___    / /               / /  '´,.-┘
                 ...___   ̄´ /     ___ ___      {___j--‐'´
              |      ̄ ̄´ ´厂 ̄´        ̄`¨¨´
┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「なにそれ」コナン「これね、光彦の苗木」