ハルヒ「団室がイカ臭いわ……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン{ハルヒのマンコって変わった色してるよな}

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:07:42.75 ID:WeSouV8I0

涼宮ハルヒは団室を訪れて、はじめにそう思った。
そして理解した。あぁこれは男性特有が発する臭いなのだと、
今現在団室には全員そろってる。
だが、女の子は除外してもよいだろう。
そうなると、キョンか古泉君ということになる。
─しかし古泉君がそんなことするのか?
しない。その仮定が正しければ、
臭いを発しているのはキョンという事になる。
その意味を涼宮ハルヒは知っている。
同時に気づいた。

この間約5秒、だが不審に思われるのには、
十分な時間だ。─涼宮ハルヒは平常を装い歩き出す。
だがこれがまずかったのだろうか

「ハルヒどうしたんだ?そわそわして」

「─何でも、ないわよ……」

涼宮ハルヒは考える。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:14:22.69 ID:WeSouV8I0

キョンなのか?キョンじゃないのか?
ハルヒはそれだけでよかった。
それ以外に求めない

現在、この臭いに気づいてるは誰かと考える
朝比奈みくる─ありえない、論外だ。
長門有希─可能性はある。しかし表情には出さない。
古泉一樹─気づいてるだろうが臭いの発生源が古泉君という可能性もある。
キョン─そんな話し持ちかけられない。

涼宮ハルヒは考える。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:17:44.70 ID:WeSouV8I0

「お茶が入りましたよ〜。?」
はっと気づく、どうやら心配されてる
─あぁ大丈夫そこ置いといて

「涼宮さんねぶそくなんですか〜。?」

大丈夫だから─ありがとみくるちゃん。

キョンに視線を向ける。
古泉君とチェスをしてるらしい。

こっちには気づかない

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:21:21.98 ID:WeSouV8I0

─いや、しかしまだ古泉君という可能性もある。

ハルヒは悩んでいた。
そして、状況の打開をしたかった。

キョンなのか?キョンじゃないのか?
それだけでよかった

長門に聞いてれば─あるいはわかったのかもしれない。

だが、長門を普通の一人間としてるハルヒとして
その選択はなかった。

パソコンを立ち上げる
意味はない─

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:25:41.97 ID:WeSouV8I0

「おい古泉、なんか今日ハルヒの奴変じゃないか?
キョンがたずねる─もちろんヒソヒソ声でだ。
ハルヒには聞こえてないらしい、
パソコンのディスプレイを凝視している。
そして思い出したかのようにチラッとこっちをみる。

─なんだよ気持ちわりい。

「そうですか?僕にはわかりかねますね。」

古泉が言う。ハルヒが視線を向けてるのは、
俺であって、古泉ではない─当然なのかもしれない。

9 名前:ちょくちょく休憩挟んじゃいます[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:32:02.96 ID:WeSouV8I0

俺が当然のように古泉に勝つ
こいつの借金は日々増える一方だ

それはそうと、ハルヒの件だ。
早く何とかしたい。
なぜ、こっちを見てるのか物凄く気になる。

理由がわかれば対処ができるのに…

どうしよう?

簡単なことだった。直接聞けばいい

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:36:23.89 ID:WeSouV8I0

「おいハルヒ何こっち見てんだ?気持ち悪い」

ちょっと強めな口調になったのは、
照れ隠しが含まれている。

「な、何よ平団員が偉そうな口きくんじゃないわよ」

反論しても無駄なので、こちらが折れる

「へーへーすいません。で、なんで何だ?」
気になってしょうがない。

「─な、何でもないわよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:40:50.67 ID:WeSouV8I0

─聞けるわけないじゃないのこんなこと、
だけど気になる、それは確かだった。

「あ、キョンちょっと団活終わっても残ってなさいよ。」
聞かないで後悔するより聞いて後悔そんな人間だった。

「なんでだよ?」
一応聞いておくキョン─

「な、何でもよ」
古泉君たちに聞いて欲しくないそれが本音だった。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:45:21.42 ID:WeSouV8I0

「断る。」

意味もなく反抗してみる。
反抗期をむかえた子供の気持ちを再確認したキョン

なぜ断ったか?
自分にもよくわからなかったが、ただごねているわけではなかった。
態度が気に食わない。こいつの横暴にはあきあきだ。

─まあどうせ意味はないだろう

「何よ、キョン逆らおうっていうの?いいわよじゃあ勝負よ!」

「勝負で決めましょ。そっちがルールを決めていいわ」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:46:30.49 ID:WeSouV8I0

なにかがおかしい

それはコイツの性格だった



意味わからん……

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:53:18.72 ID:WeSouV8I0

勝負内容を考える

実をいうと勝負内容はすぐ決められる

何にしたもんか?

その前にやっておくことがある。

「ハルヒ、お前が負けたら団活終わった後残ってやるが、
お前が負けたら何してくれんだ?」

当然の確認だった。この辺に抜かりはない

「そうね〜、何でも一個言うこと聞いてあげるわよ」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:56:18.91 ID:WeSouV8I0

「何でも…それは大丈夫なのか?いや、俺らまだ高校生だし…」
「あんたあたしが負けたら何させる気よ、─それはそうともう勝った気かしら。」

正直言うと負ける気はしなかった。
この勝負に勝って俺は─俺は、




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:02:52.41 ID:WeSouV8I0

* * *

俺が決めた勝負方法は─これだ!!
歯ブラシを構える俺、
反応しないハルヒ
絵的に大丈夫なのだろうか?

「は?あんた歯ブラシで何する気?」
頭いかれたの?と続けたいかのような口調だ。

「歯ブラシでやることといえば一つだ─歯を磨くんだよ。」
ハルヒの顔は変わらない
仕方なく補足する

「他人に歯とか口の中いじられるのって不快なんだぜ」

ようやく理解したかのような顔をする。

馬鹿め、化物語を余すことなく読んでる俺に死角はないぜ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:05:58.14 ID:WeSouV8I0

化物語を読んでない人のためにいっとくが、
歯ブラシで口の中をいじられるのは凄く快感なんだ。
とても気持ちよくて我慢できないぐらいだ。

「いいわよ望むところだわ、かかってきなさいキョン全力で相手してやるわ」

─勝った。

20 名前:ちょっと休憩してきます[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:09:24.26 ID:WeSouV8I0

戦いの火蓋が斬って落とされる。
5分間耐えられたらハルヒの勝ち
耐えられなかったら俺の勝ちだ

歯ブラシで口の中をいじくってやる。
最初はすまし顔だったハルヒも
異変に気づいたようだ

「あ、ああ・・あううう」

しかしもうおそい

朝比奈さんが心配そうに見ている

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 12:25:12.26 ID:WeSouV8I0

ハルヒは異変に気づいたようだ。
そう、快感に…

口の中というデリケートな場所に歯ブラシを突っ込まれ
優しく擦るようにいじってやる。

「あっああい…」

口から唾液がこぼれる。
いつもは汚く感じるそれだが、なぜか愛おしく感じた。

は、恥ずかしい…
そう感じたキョンだった。


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 12:34:31.66 ID:WeSouV8I0

「あ、……」
そうもらしてしまったキョンだった。
か、可愛い。どうしようこれ可愛すぎる。

「あ…キョン、キョン!」
ハルヒの頬は紅潮している。

「ハルヒ!ハルヒ…」
気持ちが高ぶってきた。
何も…考えられない…




「…コホン、あのーキョン君たち私たちがいること忘れてませんか・・・?」
朝比奈さんが赤い顔でつぶやく。
周りを見渡すと古泉がいつものように微笑をしていた。
長門は…いつもどうりだな。

急に恥ずかしくなったキョンだった。

51 名前:>>49気にスンナ暇つぶしぐらいで読んでってくれ[] 投稿日:2010/09/25(土) 12:38:22.94 ID:WeSouV8I0

恥ずかしくなったのはキョンだけではなく、
ハルヒもだったようだ。

ハルヒはうつむきながら言った。

「もう、五分どころか十分たってるわよ。」

言われて気づく、本当だ。
つまり、俺の負けである。

─まあ別にもともと負けてもよかったし…

決して負け惜しみではない。
決して…

そうして俺の居残りが決定した

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 12:46:02.52 ID:WeSouV8I0

その後、団活はいつもどうり進められ
長門の本を閉じる音によって終わりをむかえた。

さあ、なんと言われるんだろう。
朝比奈さんはなぜかそわそわしている。
古泉はむかつく薄ら笑いをあげている…
いやいつもどうりか。

そして部室には俺とハルヒしかいなくなった。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 12:53:23.70 ID:WeSouV8I0

ハルヒは考えるような仕草をし、
やがて俺に顔を向けた。

「・・あの実は今日、団室がイカ臭かった。」
言葉が終わる。

「はあ?」

「いや、だから団室ガイカ臭かったの。
あんたが…─お、オナニーしたんでしょ。
いつしたのよ?誰をオカズに?」

「大声でそんなこと言うなよ!」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 12:58:41.41 ID:WeSouV8I0

言っておくが、
俺はそんなことしてない。

俺も一人の高校生だ。
オナニーぐらいはするが、
外、ましてや部室なんかでするわけがない。

「そんなことしてねえよ!」

「嘘つかないで!あんた以外に誰がいるっていうの?」

「─古泉だっているじゃねえか」

「古泉君がするわけないじゃないの!」

「アホか古泉だって高校生だオナニーぐらいはするさ
俺だって…」

失言だ。
ハルヒがニヤニヤしだす。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 13:04:19.50 ID:WeSouV8I0

「ふうん、俺だって…なにかしら?」

楽しそうにしやがって…

「なんでも…ねえよ」

「俺だってそれぐらいするって続けたかったのかしら?」

「………」
図星ゆえに黙っていると
ハルヒは上機嫌になっていった。

「ふうん、そうなんだ。誰をオカズに?」

「誰でもいいだろ…」


「答えなさいよ。団長命令よ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 13:12:17.18 ID:WeSouV8I0

「いつも決まってる相手はいないな…」
嘘をついた
いつもハルヒで抜いているなんていえないじゃないか。

「ふううんそう、で今日イカ臭かったのもあんたなんでしょう?
もう恥ずかしい発言しちゃってるんだから、白状しなさいよ」

「…いやそれは俺じゃないな。本当だ。」

「嘘」

「いや、これだけは譲れん本当だ。」

「じゃ、じゃあ古泉君…」

「…そうなるな。」

あの野朗だんだんむかついてきた

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 13:18:20.12 ID:WeSouV8I0

「そうじゃああたしもう用が済んだから帰るわね。
あんたも早く帰りなさいね。」

そのまま涼宮ハルヒは姿を消した。
まあいいや…俺も帰ろう。

****

夜遅く、俺は歯磨きのときのハルヒを思い出して
オナニーした。

「はあ、はあ…うっ、うっ」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 13:23:24.27 ID:WeSouV8I0

朝、学校を行ってみると後ろに涼宮ハルヒの姿があった。
コイツ人の苦労も知らないで…

「あ、キョンもう一回勝負しないかしら。ほら暇だし…」

「……お断りだね。」
これ以上頭をおかしくされちまったら困る。



「─それはそうとキョンあんたイカ臭いわよ。」

「…………」


fin

68 名前: ◆8/Q4k6Af/I [] 投稿日:2010/09/25(土) 13:31:06.15 ID:WeSouV8I0

正直最初は糞ラノベの真似して
ネタで書いてたんですが、疲れるんですよね。
だから、途中から切り替えました

あと視点ころころ変えてたのは仕様です
わかりにくかったらごめんなさい

しえんしてくださった方、保守、乙してくれた人達
ありがとうございました

駄文読んでくれたありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「BLって素晴らしいわね」